プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古き自民党を壊せと言う古き自民党
子供手当ての受給申請が始まったけど、ここに来てテレビも批判するようになってきたかな?(もっとも、昨日の鳥越さんは、党首討論に関してメチャクチャな擁護してたから変わって無い所は全く変わって無いけど)。ここ最近のトレンドは、自民を批判することで民主を目くらましすることだったがこれが限界にきてる。

亀井さんの郵便貯金の限度額引き上げ問題もあるし、普天間と違っていわば起死回生の目玉としてるような政策までマスコミが批判を始めると、もうダメだと思う。選挙直前で小沢が辞めて支持率回復!とはいかないと。

まあ、それより問題は自民。
今の執行部はそれなりにやってる。正直、谷垣さんは嫌いだけど、失点というようなことはやってない。だけど、マスコミの問題もあってイマイチ効果が出ない。で、それは仕方がない。マスコミを上手く取り込むなんて言うのは小泉さんくらいしかできない。

そこで本来一丸となるべきなのに、内部抗争を始める。古き自民党だなんだといって若手が攻める。

そういう上層部の足を引っ張ってグダグダにするのが古き自民じゃないのかね、と思う。とにかく、もはや相手の自滅を待つだけで良い。野党でいる以上は、麻生さんの時のようなくだらないことで足を取られる必要も無い。なのに、古参と若手という名を変えたしょうもない派閥抗争を始める。自分達から本来の原因であるマスコミに餌を与えている。

何とかならないかなあ。
スポンサーサイト
善であることを偽ることもできない偽善
■ZEEBRAのハイチ支援活動に非難殺到 "出る杭は打たれる"日本のチャリティー事情  Exciteニュース

 日本ヒップホップ界を牽引するカリスマ・ZEEBRAが、つぶやきサイト・Twitter上で「全国民がやるべき」と呼びかけ、ハイチ大地震の復興支援活動を開始した。「JP2HAITI」なるプロジェクトを立ち上げ、K DUB SHINE、DJ OASIS、RHYMESTERらラップ界の盟友のほか、大沢伸一、EXILEのHIRO、いとうせいこう、さらに、原口一博総務大臣、サイバーエージェントの藤田晋社長らも賛同。「団結は力なり」をスローガンに寄付を募っている。だが、ZEEBRAのそんな活動にTwitter上では、協力者以上に、"フルボッコ"に近い非難の声が寄せられている。ユーザーたちは次のようにつぶやいている。
「ハイチ支援してる奴らって全員偽善者だよね? 特にラッパーやってる奴ら見苦しいんだけど。お前らが曲作ってどうなるの? 現地の奴らは物資の支援を望んでんのに、お前らの話題作りのために美談にしてんじゃねぇよ」
「ちゃんとユウザロックについて発言してるのはDJ OASISだけな気がする。ハイチも良いけど、身近なとこからクリーンにしていかないと届かないでしょ。偽善と思われても仕方ない。なぜ膿を出さないのか?」
 ZEEBRAと親交の深いYOU THE ROCK★が、2月10日に大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されたこともあり、今回の行動が偽善者扱いされている状況だ。これに対して、ZEEBRAは次のように反論した。
「チャリティーを支援するからといって、別に聖人君子を気取るつもりはありません。私財を投げろとのご要望がありますが、出来る事をするだけです。希望が持てるチャリティーにするべく邁進いたしますので、末永く見守って頂けたらと思います」
 日頃から「マイクを持つことの意義」をリリックにし、非難の声はありながらも、多くの人に影響を与えるアーティストだからこそ、支援を始めたZEEBRA。ある音楽雑誌の編集者は次のように明かす。
「ミュージシャンが災害や戦争への声明を出し行動すると、賛同者と同じくらい、それを偽善扱いする"アンチ"も現れます。GLAYのTAKUROが2003年のイラク戦争開戦の際に、反戦メッセージを新聞各紙に掲載したところ、それを良しとしない団体からクレームが寄せられ、家族やメンバーを危険にさらしたことを著書の『胸懐』(幻冬舎)で明かしています。日本の音楽業界は、そんな"出る杭は打たれる"日本文化を反映して、政治や社会へのメッセージを歌うのが敬遠されています。J-POPの歌詞がベタベタな応援ソングや、ラブソングしかない原因もそこにあります」
 海外アーティストが参加してハイチ支援を行う「We Are the World 25 for Haiti」には、アース・ウインド&ファイアー、ブラック・アイド・ピーズ、セリーヌ・ディオン、ジャネット・ジャクソン、そして、故・マイケル・ジャクソンも映像で参加するなど、盛り上がりを見せている。日本でも、2月23日に音楽プロデューサー・小林武史が、一青窈、Salyuらとハイチ地震救済支援イベントを開催する予定だ。また、3月14日には湘南乃風の若旦那が妻のMINMIと共に『LOVE for HAITI × NEWS ZERO』というイベントを行う。こちらには、ZEEBRAとの確執で知られるDragon Ashが参加する。外野からの反発の声もあることを理解しながら、震災支援への道を踏み出したアーティストたち。ただライブを行って自己完結するのではなく、ぜひ、震災によって困窮にあえぐ被災者たちに募金が正確に行き渡るところまで、面倒を見てもらいたいものだ。


前に、折り紙を折ってる人たちに「やらない善よりやる偽善」は的外れと言ったけど、逆に、こういうのこそ「やらない善よりやる偽善」を用いるべき好例だと思う。己れ素直ならねど、人の賢を見て羨むは尋常なり。動機ではなく行動がその評価を決める。
本人でもない、たかが友人がジャンキーだったからって、チャリティーその物を否定される云われは無い。まあ、最後に言及されているように、集められたお金がどう扱われるかに、非難する余地が生まれるかもしれないけど。

でまあ、本論はそこに無くて(どうでも良くて)、日本のチャリティーや災害・反戦に対する声明に関してだけど、それはもう、その言葉に重みが無いで全て。(人の心は読めないとは言え)偽善であることが透けて見える。

例えば、欧米の場合は、(元からの寄付文化や減税ってのもあるだろうけど)別に大規模災害が起こったから寄付をしましょうってわけじゃなくて、元から寄付をしている。今回のハイチ支援にしろ、あくまで今回はハイチという話であって、普段から別の分野にも私財を投げ打っている。
ところが、日本の場合はそうじゃない。そういう人がいることを否定するわけじゃないけど、こういうセンセーショナルなことが起きた時だけ取り繕ったようにチャリティーを始める。しかも、私財を出すということはせず(下手をすればギャラとして金を貰い)、本当にただ金を集めるだけ。今回のやつも「私財を投げろとのご要望がありますが、出来る事をするだけです。」って一体何だと。別に56本のギターを売れとは言わないが、何だこの返答。

また、イラク戦争に対する非難声明にしろ、それに自分を賭けてない。日本と言う安全圏から物言いすること自体でも軽いのに、それから1年経たずして米国に行って、反戦運動するわけでもなく、はしゃげば、誰だってその言葉に真剣さなんて感じないだろう(某宇多田の話)。もっとも、米国のアーティストは全員自分を賭けているかって言えば、民主支持者というオチがほとんどだけど。

記事中にある、「叩かれるから、日本にはベタな物しか無い」っていう指摘自体がナンセンスで、本当にそれに思想信条をかけているなら、叩かれることなんて問題にならない。結局、叩かれることにビクビクするってのは、しょせん、それがファッションに過ぎない物だと自分たちで喧伝しているのに等しい。世界の状況や国際関係とか全く関係なしに、あくまで心に訴えようとしている人間が、お金も人生も自分の何物も賭けないんじゃ、その目的が達成できないのは当たり前で。

私は「やらない善よりやる偽善」という言葉に一定の価値観を置いているから、その本当の目的がどこにあろうと、結果として、表明したことが履行させるのであれば構わないと思う。たとえ自分たちの宣伝のためだとしても、それでハイチの人たちが救われるのならば、非難する云われは無いと思う。でも、もうちょっと上手くやってくれよと。騙すなら騙すで詐欺師のごとく徹底してやるべきなのに、その最低限のラインすら超えられない。本当に、私たちはファッションでやってますと、自分たちで喧伝している。

「偽りても賢を学ばんを、賢といふべし」とは言うけど、ここまではっきりと「私は善を偽ってますよ!!」なんて行動や態度を見せられたら、いや、だからこそ、その評価は「善人」ではなく、やっぱり「偽善者」だろう。行動や態度がその人の評価を決めるのだから。

経済産業省が落ち目の韓流れ
■競争力強化 新たな指針策定へ  NHKニュース

日本経済の国際的な地位の低下が懸念されるなか、経済産業省は、成功事例として産業再編を大胆に進めた韓国の取り組みなどを参考に、日本経済の競争力強化に向けた新たな指針を策定することになりました。
中国など新興国の急成長に伴って、世界のなかで日本のGDPが占める割合は、1990年の14.3%から2008年には8.9%まで下がるなど、日本経済の国際的な地位の低下が懸念されています。こうしたなか、経済産業省は、「日本経済の行き詰まりは深刻だ」として産業界の代表らからなる検討会を発足させ、日本経済の競争力強化を図るための新たな指針「産業構造ビジョン」を策定する方針です。このなかでは成功事例として、産業再編を大胆に進めた結果、サムスンやヒョンデといった企業が世界市場で存在感を増している韓国などを参考に、企業再編による特定分野への集中投資や、海外の大規模プロジェクト受注に向けた官民の一体的な取り組みなどを分析して、指針に反映させることにしています。経済産業省は今月中に検討会を設置し、ことし5月をめどに「産業構造ビジョン」を取りまとめることにしています。


無いわ。これは無いわ。

ってか、これ韓国モデルというより、高度経済成長期の日本のモデルなんだよね。
官民一体で、官が方針決めて特定の分野に集中的に財を投入するっていうのは。

池田信夫じゃないけど、こういう方式は昔は良かったのかもしれないけど、今は無理。現に成功例って本当に初期だけであり……
まあ、その池田氏が言うところによると、未だに古き良き時代を引きずっている勢力が経産省にいるらしく、まあ、おそらくそういう勢力が韓国持ち出して云々ってのが真実だと思う。懲りねえなあと。

やる自己満よりやらない善
■ハイチ千羽鶴騒動、ネットの批判に「何もしない人間が叩くな」「やらない善よりやる偽善」と反論の声も  痛いニュース(ノ∀`)

「ハイチ大地震の被災者を元気づけるため千羽鶴を贈ろう」という動きが、コミュニティサイト『mixi』で広がり、全国から折り鶴が続々と集まっているとの報道があった。これに対しネット上では「被災地に迷惑だ」との批判が
相次いでいる。
(中略)
しかし、『Scarborough Fair』のブロガーは、「義援金を送るほうが歓迎される」としながら、「現時点でなにもしていない自分には、(発起人の)この子を叩くことはできません」との見解だ。「存在が遠すぎる」ハイチに、支援したいと思わなかった自分より「たとえ偽善だったとしても、“千羽鶴を折る!”という行動をしようとすることができたこの人は素晴らしいと思います」という。

「自己満足だの偽善だのと責めるほどのことでもないし、反論されて腹をたてる話でもないような。人のことはどうでもええから、とりあえず自分が何かするってことが大事なんちゃう」との意見も。ハイチには今なお命の危機にさらされている被災者が大勢いる。それに対し、鶴を折る人、批判に熱心で自らは何も行動しない人、いずれも今の日本人の姿なのだ。
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/blog-201001291048/1.htm


まあ、きっと今も一生懸命に鶴を折っているだろうお馬鹿さんたちには何も言うことは無いけど、案の定、これを擁護する人間が現れたので少し。

前も派遣村で言ったけど、「やらない善よりやる偽善」ってのは「動機は行為の是非の判断基準にはならない」ってことなんだ。

だから、行為が是の場合に「それは偽善だ」と動機を持ち出して非難するような奴への返答としては正しいが、行為その物の是非を問われている時に「やらない善よりやる偽善だ」ってのは全く反論にならない。

それに偽善だと自覚してあいつらは鶴を折ってるのか?なら、まだ救いようはあるが違うだろ。本気でそれが善行だと思ってやろうとしているわけだろ?

こういうのが擁護される時、半ば常套句的に「やらない善よりやる偽善だ」って意見は出るけど、やってる本人たちは至って真面目なのに、これを擁護する人間が「偽善」なんて言っちゃったらダメじゃないの?(苦笑)。


やってる本人もそれを擁護する人間も、もっと相手の気持ちを考えなさいと。

嫌消費世代は実在するのか?
■「嫌消費」世代 経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち…週刊ダイヤモンド 痛いニュース(ノ∀`)
相変わらずだなあと。前も似たような記事はあったが。

彼らは、消費をしない訳ではないが、他世代に比べて、収入に見合った消費をしない心理的な態度を持っている。このような傾向を「嫌消費(けんしょうひ)」と呼んでいる。


もうね、1つ1つの前提からして感覚がずれてるんだよ。
>収入に見合った消費をしない
ここで言う収入に見合った消費って何よ?と。収入の何%って基準があるのか、ローンを組むという話なのか、何なのかわからん。

ここで既にさも当たり前という前提が根底にあるから、結論も歪む歪む。

最終的には前の奴と同じで、バブル世代は自己実現のために消費した、みたいな自慢で終わり、集団主義が消費を抑えるとか馬鹿みたいな結論であり。バブルの感覚が異常だと認められない限り、この手のマーケティングは常にずれた結果を出すと思う。

まあ、馬鹿なバブル世代の成金感覚に対する意味で、スマートな感覚が大事って意味なら概ね指摘も当たってると見るか。
ひいて言うなら嫌消費世代がいるんじゃなくて好消費世代がいるって話で。


余談:
とはいえ、消費が無ければ経済は成り立たぬ。

ところでマスコミが散々怖がらせたせいか、いまやデフレに対する拒否感はインフレ以上だと思う。どっちも良くないのに。まあ、特にデフレスパイラルに関してインフレより問題だって反応するわけだ。

でも、デフレスパイラルの問題は、それによって収入の低下も招くことにあるわけで、収入の低下を招かない、つまり、団塊世代より上にとってはむしろ消費を促進するのではないか?言うまでも無く人口構造は、ジジババの方が多いわけで、ゆるやかなデフレはむしろ消費を増やすんじゃないかなと。

まあ、しょせん素人考えだし、デフレが良くないのは否定するつもりはないけど、それこそあえてインフレを誘発しないといけないというほど危険な物ではないんじゃなかろうか。

デフレスパイラルの危険性を訴える人はたくさんいるけど、その要素である給与の低下が起きない、かつ好消費世代の団塊世代との関係で述べている人は見たことないから、ぜひ識者にその辺の予想を立ててもらいたいなあと言う勝手な妄想の発表をもって本年の初エントリーとする。

小泉元首相登場で最近の国内政治についてグダグダと
ついに政局に小泉元首相登場。
ただ私は小泉信者だから、これは小泉さんのブラフに見える。

この手の内輪揉めがどのように外部から見られるかはどこぞの蛮勇行革担当相と違って小泉さんは熟知している。だからこそ、いわゆる小泉劇場を演出できたし、退任後は時の政権に目立った干渉を行うようなことはしなかった。元老が出張るのは自民の負の伝統にも関わらず(今も森とかね)。

結局、造反が出るか出ないかで麻生VS小泉に国民の目を向けさせ、馬鹿な揚げ足取り報道を消し去る。そして、定額給付金問題に賛成者も反対者も目を向けさせ、なんやかんやで衆議院2/3で成立。

こんなとこだと思いますけどね。
(これを劇場型政治だの、ポピュリズムだの批判する人もいるが、それが問題であるなら政治は官僚だけに任すか、中高レベルの政経テスト結果で投票権の有無を決めれば良いじゃないか。というか、私はそっちの方が良いと思いますけどね。民主主義の理念とか色々と大事な物をぶち壊しますが。もっとも、この手の批判する人たちは最近は「チェンジ!」って言葉使いたがるから何だかなぁ)

それに郵政民営化にしても、批判されるほどぶれてない(担当相が云々はさすがに矛盾だと思うけど)。あちこちの麻生支持者が捕捉してるのでここでは述べないけど。
ただ、この問題の麻生さんの狙いは、平沼氏(や城内氏)あたりの復党では無いかと思う(私はどっちも嫌いだが)。つまり、造反組の表向きの理由は「民営化には賛成だけど、あり方には反対だからね!」だったから、そのあり方を見直す点で復党できる可能性が出てくるわけで。

私は見直しだろうが「土下座で謝罪させて復党させろ」派だからすんなり戻って欲しくないけど(結局、政争にして政局を読めずにポカやったわけだから)。


結論として、私は政治家というのは1つのパフォーマーであるべきだと思うし、そうすることで国民を政治に向けさせる必要があると考える(ただし愚衆政治とは違う)。だから私は今でも小泉支持者だし、その可能性を期待して麻生さんを支持してる。

まあ、読めなかったのはマスメディアが親の仇を取るかのようにどうでも良い内容を垂れ流し続けていることでした、、、

大体、問題発言とされたのも、前後の脈絡見れば至極まともな発言だし、下手すれば、民主党の滅茶苦茶ぶりが露になる。いや、民主党側だってかなり実のあるまともな質疑だってあるのに(その場合の自民の応答もまたまとも)、マスコミは全く取り上げないか、上げてもどうでも良い些細なジョークの部分(新薬開発における今後の政策についての真髄なやり取りの日のニュースが「麻生がキャップ加えて注意を受けた」だもの、、アホかと)。

そりゃ民主党だって、まともな質疑やるより、小学生を思わせるような滅茶苦茶な質疑やった方がメディアに映る(その場合編集で民主党のアホな部分は綺麗に無くなる)なら、滅茶苦茶やるわな。二大政党制を望む者としてホント残念だよ。

テーマ:麻生内閣 - ジャンル:政治・経済

意図は計りかねるが核の傘
■佐藤首相、「日中戦争なら核で報復を」 外交文書で明らかに  AFP
産経は見てないけど、朝日新聞と東京新聞が一面で大々的に報じてた、と(その後も2,3面を割いてたけど)。
読売と毎日は一面に記事こそあれ、トップは経済関連で(特に読売は世界的な不況としてドバイ特集、さんざんドバイ、ドバイと持ち上げていた時期を思い出すと笑い通りこして感慨深い)。

わかりきった各社のスタンスが見えたのはともかくとして、あくまで公開したのは外務省。意図は図りかねるが、米中への牽制だろうか。逆に影響が無くなったということだろうか。単に期限が切れた可能性もあるけど。

まあ、どうであれ、個人的に佐藤栄作の評価はかなり上がりましたけどね。
郵政民営化賛成派が郵政民営化を阻害する
郵政民営化見直し論が起こっているようで。(何を今更)

で、何を揉めてんのかなぁと調べてみたら、単に不況で株価が下がってるから、政府が保有する株の売却を今は見送るかどうかってだけの話。

何か問題でも?

そもそもNTTの株価売却も、完全に売却が終わったのはここ数年の話であって(バブル崩壊が絡んだと推測する)、場合によっては社会情勢に臨機応変に対応するのは真っ当なことでしょ。

それが何で民営化その物の見直し論が始まったかのように扱われるのかがわからないし、何かしらの陰謀の類を勘ぐってしまう。

そしてその一因を担っている民営化推進派が軒並み「改革に逆行する」とか吼える理由がわからない。
この売却見送りをてこに、反対派がちゃぶ台をひっくり返すことを懸念しているのか、それとも「小泉路線の継承者」を主張することで国民の支持を得たいのか。

前者なら返って反対派に付け入られる隙を作っているに過ぎないし、後者なら国民の支持を得たいがために国益に損害を与えようとしている大衆迎合だから止めて欲しい。

前にも述べたが、小泉首相が支持されたのは明確なビジョンを国民に提示したからであって、「私は小泉路線の継承者」と結果的に何がしたいのかわからないことを主張しても国民からは支持されない。
つまりこれからの時代は催眠商法で売りつけろと
■若者がモノを買わない理由-「インターネット依存」、「低い上昇志向」  痛いニュース
理由は総じて正しいが、マーケティングとしては最低だな。結局「売れないのは消費者のせい」と言っているだけ。単なる言い訳。
一番重要である売れるための解決法ってのは「“背中の一押し”や“先送りはできないと”思わせること」って、今までと何が違うの?と。そんなものは、古今東西、商売の基本だろ。より具体的な、ここで挙げた諸問題に対して合った対策を提示しなきゃいけないのにアホかと。

前にどこかのブログ記事で読んだ内容の受け売りですが、日本では今まで売るための努力ってのはそんなにハードルは高く無かった。そりゃ競合相手とのシェア争いなどはあったかもしれないが、品物に対する購買意欲自体を湧かせる努力ってのは難しくなかった。というのも、高度経済成長期は三種の神器や新・三種の神器などの生活必需品だったし、その後のバブルは、金余りで必要ない物も買ってもらえた。それこそ「機能訴求よりも“素晴らしい自分”イメージを想起させること」を実行して買わせたわけだ。

しかし、今は違う。端的に言えば金が無いだが、正確に言えば「生活に無駄な物を買う金は無い」。

(若い世代が皆そう思ってるかは知らないけど)バブルを知らない、物心付いた時には既に平成不況だった人間から見れば、贅沢しない限り、全然生活できる。その贅沢だって、別に毎日のように物を買い漁るとか、豪邸を建てるとか、そういうレベルの贅沢であって。バブルを経験してないからこそ、割とそういう時代に対処した生活ってのには慣れてるし、むしろ、それが若い世代にとっては普通の感覚。が、バブルを知ってる世代はその感覚が理解できないと。

別に、この駄目なマーケティングした人がバブルを知っている世代だとは言い切れないが、どうしても、この手の考察を見ると非常に深い乖離が感じられる。

まあ、某東京大学の女性教授みたく、自分が野暮なことを「私は物に縛られない素晴らしい人間」みたいに言っちゃうのは、それはそれでどうかと思うが、何でもかんでも広告に煽てられて買うことが良いことであるわけはないと。


■【不思議なニッポン アジア人記者の目】(2)「他人に無関心」違和感  FujiSankeiBusiness i
全ての例にツッコミのしようがあるんだけど、電車のくだりが一番酷い。
2chのスレッドでも勘違いしていた人がいたけど、電車の中で携帯電話を使う行為を諌めてるわけじゃない。メールより電話の方がコミュニケーションとしては上だみたいな論理であって、「電車の中で電話を使うべきではない」って感覚が無い。電話の大声が他の乗客に迷惑になるとは考えない。それで「日本は他人に無関心だ」と指摘するのはなんと滑稽なことだろう。大体「思いやり」の概念が無いくせに。

韓国人の日本評ってのは、欧米などから見た評価をそのまま借りてきた物か、端から韓国を良・日本を悪と決め付けた前提のどちらか。
前者の場合、当の韓国は日本以上の悪癖だったりするのに、全然自分たちが見えてない。後者は典型的名エスノセントリズムで、日本に限らず見下した対象の国の文化・風俗に対してそう考える。
だから、たとえ無理解からくるものであっても欧米の日本評には参考になる物があるのに、韓国の日本評にはそれがない。結局「ああ、こいつらと分かり合える余地は無いんだな」と感じさせるだけ。

水しか使わない発電機が登場
■ジェネパックス、水から電流を取り出すことを可能にした「ウォーターエネルギーシステム」を公開  ニュー速
嘘くせぇ(笑)
事実ならほぼ永久機関だし、この手の奴はどうしても信じられないw

そういえば今日は、銀イオンの消臭効果だか殺菌効果で公共取引委員会が排除命令出してましたね。(やっぱりって感じで。)

もし事実だとしてもやはりオチがあるような気がなぁ。触媒が物凄く貴重だったり、寿命が短かったりで何らかの高コストがかかるとか。

■民主有志、前原に退場勧告…全所属議員にメールで配信  ZAKZAK
学校裏サイトと根が同じwww

私は、まだ民主党には自浄能力があると思ってるけど(2%くらい。まあ、裏を返せばウヨ寄せパンダなんて言われてることだけど。)、これで前原を刎ねたら完全に自浄能力無しだな。

もっとも、色々な意味で前原が離党することを望んでいる人は多いと思いますけど。

■日本人女性らを魅了させたマッコリ  東アジアニュース+
何かデジャブを感じるなと思ったら、思い出した。「日本人女性に大人気ジンロ」だ。

ちなみに日本女性に人気だったはずのジンロの日本販売部は、経営状態が悪く、売却を考えたが買い手が付かなかったという二段オチが付くんですが、この記事も推してしかるべきと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。