プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督はおびえるGKをひしと抱きかかえている―

ジーコ 「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
川口  「監督にはヘナギが見えないの。燃費が悪いのに動かない、代表のユニフォームを着ている・・・」
ジーコ 「あれは日本代表のエースだ・・・」
柳沢  「リーダー、一緒においで。オフサイドしよう。相手のゴール前には多くの不良外人がたむろしていて、キーパーもこっちに来るなと睨んでいるよ。」
川口  「監督、監督!見えないの。外国人選手のスパイが縦横無尽にコート内を走り回り、ドサクサにまぎれてぼくにシュートを打つよ。」
ジーコ 「落ち着きなさい、サントスは一旦ゴールにボールを戻そうとしているだけだよ。」
サントス「リーダー、ナイスセーブ。私と一緒に逝こう。私のシュートがネットを揺らすよ。日本代表を10 vs 12でゆすぶり、慄き、絶望させるのだ。」
川口  「監督、監督!見えないの、地蔵同然のディフェンスが相手ゴール付近で歩いているのを!」
ジーコ 「見えるよ。だが、小野はセリエAのフロント達に個人プレイを見せているんだよ。」
小野 「愛しているよ、俺の個人プレイ。コート内を華麗に歩き回る自分の美しい姿がたまらない。DFは1人でも守りきれると思ってました。」
川口  「監督、監督!代表選手が日本代表の首を絞める!選手がぼくをひどい目にあわせる!」

 ジーコはぎょっとしたが気にせずに、代表選手を全力でプレイさせた。あえぐ日本代表を両腕に抱え、やっとの思いでスタジアムに着いた・・・
 腕に抱えられた代表はすでに死んでいた。


by魔王のガイドライン4 

サッカー興味ないのでW杯も全く見てないけど、これ見たら何か悲しくなってきた。(川口カワイソス)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。