プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベヒモスがいてリヴァイアサンがいる(そしてジズ)
■【コラム】ろうそくデモと『リバイアサン』(上)
■【コラム】ろうそくデモと『リバイアサン』(下)  朝鮮日報

 韓国で米国産牛肉の輸入に反対するろうそくデモの勢いが収まりつつあった昨年9月中旬ごろ、親しい間柄の教授から電話があった。「李記者は学校で哲学を学んだから、トマス・ホッブズの『リバイアサン』という本を読んだことがありますよね。少し前に翻訳書が出たので読んでみたのですが、完全に『ろうそく批判書』ですね」と言うのだった。
 さらに教授は「まるでホッブズが韓国のろうそくデモを見て、それをきっかけに書いたような記述が数多く出てくるんですよ。ろうそくが韓国社会に投げかけた意味を改めて振り返るためにも、『リバイアサン』を必ず読んでください」と続けた。
 哲学史や思想史で要約された内容はずいぶん目にしたが、『リバイアサン』をしっかりと読んだことがなかった記者は、さっそく2冊から成る『リバイアサン』の翻訳本を購入し、読み始めた。思想史や哲学概論書を見ると、「万人に対する万人の闘争」が起きる自然状態を克服するため、人間が国家という怪物(リバイアサン)をつくり出した、というのがこの本の骨子として要約されている。
 教授と電話で話した直後は、「ろうそくを『万人に対する万人の闘争』と解釈し得る分析がその本に集約されているのだろう」という程度に考えていた。
 しかし、1651年に書かれたというこの本を読みながら、しきりに本を伏せ、呼吸を整えざるを得なかった。1651年は韓国の孝宗2年に当たる。盛んに北伐を行おうと腐心していた時期だ。そんな虚勢を張らなければ、清が李氏朝鮮に侵入した丙子胡乱(1636-37年)で崩壊寸前の国家の基本を支えることが難しかったからだ。
 ところで、357年前のホッブズは驚くべきことに今起きていることをすでに語っていた。彼は良心という言葉が人々によって堕落してしまったとして、「自分の意見に頑固に執着するか、不合理な意見を執拗(しつよう)に主張しようとするとき、自身の意見に『良心』という恐れ多い名前が付く」と嘆いた。
 人々がそうする理由についての分析にはギョっとさせられた。「それは他人の意見を変えようとしたり、自分の意見に反対すれば違法行為であるかのように思わせるためのものだ。せいぜい自分はそう考えているという程度にすぎないことを、(良心という言葉を用いることで)まるで真理を知っているかのごとく主張する」という指摘だった。
 ろうそくは良心の象徴だと言わなかっただろうか。
 昨年のろうそくデモのもう一つの要素は群衆だ。左派が今でも「参加型民主主義の芽」だと称賛してやまないあの群衆。ホッブズは「自身がお告げを受けたと信じる人々のことを考えてみよう。そんな情念にとらわれ、とても奇怪な行動を取る人がたった一人の場合、彼のおろかな行動の結果は目に付かないこともあり得る」と書いている。
 問題は昨年われわれがこの目ではっきり見たように、彼らが塊を成すときだ。ホッブズは「そんな人々が多数集まり、共謀した場合には、群衆の激怒が目に見える形で表れる。われわれが親友たちに向かって叫び声を上げ、殴ったり、石を投げることよりも明らかな狂気の証拠はどこにあろうか」とした上で、群衆の後ろに隠れようとする匿名の個人についても、「万一これが群衆の狂気だというならば、群衆を成す個々人にも狂気が存在すると言わざるを得ない」と指摘した。
 この本には昨年から今年にかけての韓国社会を読み解くのに必要な記述やテーマが、挙げればきりがないほど盛り込まれている。それはともすれば、近代国家の水準において、われわれがまだ遅れているということを意味している。『リバイアサン』という本は大きく「人間について」と「コモンウェルス(国家)について」という二つの記述に分かれている。
 「人間について」は一言で表現すれば、国家を形成しようとする場合、どんな人間であるべきかを扱っている。そこには虚像に頼り、独善を主張する、判断力が欠如した人間に対する容赦ない批判が出てくる。良心の名で包まれた独善や群衆の狂気の問題もそんな脈絡から取り上げられている。
 つまり、どういうことか。
 昨年韓国が経験した「狂乱の夏の夜」は国家を論じる以前の段階に起こり得る情けない水準の話であり、国家をさらに成熟させる新たな次元の話ではないということだ。それゆえさらに恥ずかしさを感じる。


この記事自体も面白いし、これを紹介した2chの記事
■【朝鮮日報コラム】ろうそくデモと『リバイアサン』 「まるでホッブズが韓国のろうそくデモを見て書いたようだ」 2ch東亜板
のレスも中々面白いと思う。

ただ、(多少、記事中にも言及されているけど)これはロウソクデモに限らず、韓国全般の事象に当てはまると考える。実際の論理よりも、その外にある曖昧な概念を用いて相手の発言権その物を奪おうとする行為。典型例として、歴史問題で、日本の意見に反論するのではなく、「道徳性」という言葉を用いて、「発言する資格その物が無い日本」の意見をまともに扱う必要が無い、というような態度を取るわけだ。まあ、実際には、市民革命とか民主主義の発展とか抜きに、韓国の場合には儒教的観念からくる道徳性もあるんだろうけど、あるからこそ、余計に酷くなってるのかもしれない。

まあ、程度の問題こそあれ、この問題は日本でもある。最近だと、スレでも指摘されているように鳩山兄が、在日参政権に愛がどうのこうのと言ってたわけだし。反対方向だと、否定しよう物なら、それは売国奴的な考えだと(私達の考えは愛国心的だと)、左翼認定して発言権を奪ってくる人たちがいるわけで(まあ、良心は、概念的には愛国心より人権とか平和とかの方に結びつき易いから、右より左の方が顕著に現れるのだろうけど)。

日本だと、ホッブズは、せいぜいルソーの社会契約説の踏み台程度、良くてリバイアサンを三権(立法・行政・司法)の権化のような見立てをして終わるんで(「万人に対する万人の闘争」は、アナーキーな状態をイメージさせるだけで、市民運動の様な面とは結び付けられない)今回の記事はそういう面でも新鮮だったなと(人文系で大学行けばわからんが)。

ベヒモスがいて、何故、ホッブズはリヴァイアサン(レヴィアタン)を持ち出したのか納得したのは良い思い出。
スポンサーサイト
老人が若者の声を代弁していたのでなんとなく
■過剰なスポーツ年俸報道を懸念
無職 塚越 敏弘(埼玉県深谷市 66歳) 毎日新聞読者投稿欄

 最近はスポーツ報道の比率が格段に増えた感がする。気になるのは、一部の選手たちが手にする、途方もない金額に関する報道の仕方だ。
 彼らの年俸や契約金、それに賞金などは、本来はスポーツマンのパフォーマンス自体とは別の物だ。それなのに、その金額の多い少ないが、若者の価値を測る尺度でもあるかのような報道姿勢は、どんなものだろうか。
 スポーツ以外の世界では、働きたくても働く場のない若者たちや、たとえ職に就いていても劣悪な労働条件に苦しむ人たちが多数いるのだ。
 私は、スポーツの果たす役割を過小評価するつもりはない。また、それぞれの競技で並外れた成績を収めた人を称えるのは、自然な情であろう。
 しかし、獲得するお金の額と一緒に、彼らを大げさにもてはやす報道姿勢は、多くの若者達の神経を逆なでしてはいないだろうか。節度と抑制のきいた報道が大切だと思う。


毎日新聞の読者投稿ですがなんとなく。

一女性が自らを女性の代表と語る、一老人が自らを老人の代表と語る、一国民が自らを国民の代表と語る
何て言うのは良く見る形式。別に読者投稿に限らず。まあ、ある程度は仕方が無い。一々、「社会全体から見たらごく局所的な範囲かもしれないが私の見る範囲内で私と同じ属性の人たちは~」なんて断りを入れていたらキリがないし。よほど社会通念から切り離されて無い限りは許容範囲。

しかし、年寄りが若者の代表を語るのは新鮮。というわけでちょっと紹介。

まあ、中身にしても若者を馬鹿にしすぎてますね。自分は嫉妬してないんだからね!若者の声を代弁してるだけだからね!
現代社会で一番怖いのは、平等化の感覚から来る妬みであるとは誰の言葉だったか。
日本人は外交を知らない
 日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。反論する相手をねじ伏せてこそ政治家としての点数があがるのに、それができない。それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。すると議会は、いままで以上の要求をしろという。
 無理を承知で要求してみると、今度は笑みを浮かべていた日本人がまったく別人の顔になって、「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことをいうとは、あなたは話のわからない人だ。ここに至っては、刺し違えるしかない」と言って突っかかってくる。
 英国はその後マレー半島沖合いで戦艦プリンスオブウェールズとレパルスを日本軍に撃沈され、シンガポールを失った。日本にこれほどの力があったなら、もっと早く発言して欲しかった。日本人は外交を知らない。

ウィンストン・チャーチル 「対日世界大戦回顧録」


もう60年も前の言葉なんだけどね。未だ的を射ているのは、結局、日本が何も学ばなかったってことでしょうね。

いや、それは正しくないか。
昔なら、ある程度に譲歩したところで怒った。今は怒ることすらしない。まあ、それも改善されつつあるけどね。ま、それもようやく怒り始めたという点でしかないが。
賢者は歴史に学ぶ
愚者は経験に学び 賢者は歴史に学ぶ 
オットー・フォン・ビスマルク

この明言の正確な意味は、愚者は自分の経験でしか学べないが、賢者は他者の経験でも学ぶという意味なんですよね。

もうちょっと正確に言えば、愚者は失敗をして始めて理解するが、賢者はあらかじめ他者の経験から予測し、失敗を回避するだったかな。

もっと正確に言うなら、この賢者とはドイツ人のことで、ドイツ人は優秀だという意味らしいですが。

私は自分の経験から学べる分マシで、自分の経験からすら学べないのが愚者だと思いますけどね。

あと、歴史から学ぶという事を誤解しているのもいるし。
全く同じ事象は存在しえないし、時代背景の違いを捉えた上で共通部分を見出し、そこから歴史から学ぶなのにそれをしない。また、歴史というのは点ではなく線という流れなのに、それを無視して一点しか見ない。それこそ金や銀を比較するかのような。
そんなのは歴史に学んだとは言わない。

あと、学ぶべき史実というのも、意外と身近に或る場合もある。
例えば、
「かつての敗戦から歴史を学び、非武装中立を目指そう!」
というのは、何もベルギーやスイスを出すまでも無く(まあ、この2つは非武装ではないが。)まさに灯台下暗しで、琉球という良い史実があったりする。

琉球は海路の要所から、貿易で経済力があった。そこで琉球統一後に武器を捨てて非武装という体制をとる。(支那と冊封関係にあったのも大きいけど。)
その結果どうなったかというと、薩摩藩に攻められて何もできぬままあっさり薩摩藩の傀儡国家になってしまった。

先のサヨクスローガンより、もっと局所的な「米軍を撤退させて、かつ琉球独立で、非武装中立国家を目指そう」なんてのもあるけど、史実を知ればとんだお笑い種ですね。

追伸:
なんでこんな言葉を突然、引っ張り出してきたかというと特に意味は無し。このブログの説明にもあるように本来、こういう明言なんかも載せてみようと思っているのに、最近、全く載せてなかったから久しぶりに載せてみた。くらいの感覚です。
生水は危険
しょうもないけど、なんかツッコミたくなったので。
■豆知識だけどこれは大切、上海旅行での注意事項  中国情報局

志水洋美の中国はおいしい! 第7回-志水洋美(経済キャスター)
  これまで上海の現地リポートをあげてきましたが、今日はちょっと休憩。週末から上海旅行へ行くという友人がいたので、上海豆知識をあげてみようと思います。日本人が中国で生活するのにはやはり気をつけなければならないことがいくつかありました。
  私が上海旅行に行った時にはツアーだったので、運良く日本語が話せる若い男性のガイドさんがついてくれました。そこで親切なガイドさんにいろいろと教わったことがあります。
  大切なことは三つ。
  まずは、「生水は禁止」。これは、東京でもいえることですね。例えば、上海の裏通りの格安飲み屋でグラスに入ったロックアイスを飲んだ人がお腹を壊したと聞いたことがあります。
  それからもう一つ、水といえばお値段にびっくり。それは、今時の上海っ子の最高デートコースとなっているレトロでお洒落なフランス租界というエリアでのお水。この辺りのカフェやバーで注文するとボルヴィックのような350ミリリットルの水が1本1000円くらいするそう! では、ビールは・・・? 同じく1000円程度。ビールも高いけど、水の方が割高感を感じますね。
  という訳で、安く手に入れるならコンビニで購入するかホテルのベットサイドやシャワールームなどに無料で置かれているお水を飲むのがベストです。
  水の価値一つとってもこんなに違う国ってすごい。
  続いては、ホテルに滞在中の注意事項です。「セーフティーボックスに大切なモノを保管」これは、当たり前のことですが、ちょっと外出なんてときには忘れがちですよね。
  しかし、怖いと思ったのはこれを現地中国人のガイドさんが平然と話していることです。治安の悪さを認めているという事実。上海という街一つとっても貧富の差を感じるというのは以前も話しましたが、住んでいる人全員がその中で自分はどの位にいるのかを把握して必死になって生きているんだなと思いました。だからこそ、普段は質素な生活でもたまにのデートで無理して高い水も飲むのです。日本で最近流行っているダイエット効果の高い硬水を通常よりも少しだけお金を出して買う日本の若者の感覚とはまったく違うのでしょうね。
  最後の注意は、「電圧」です。海外に行く時に必要な方は、必ず確かめることではありますが、なんと電圧は、220ボルト。日本が110ボルトに対して倍なんです。そのまま使ったら壊れてしまいます。わたしも現地でパソコンを使って原稿を書いたりメールをしていたので、この情報には助かりました。
  おまけですが、タクシーは水色がオススメ。上海では、大きなタクシー会社が4社くらいあるそうですが、ボディが水色のタクシーが一番安心できるといいます。乗ってみると緑もまぁまぁでしたけど、赤の個人タクシーはやめたほうが良さそうです。
  とはいえ、タクシーがまったく捕まらない上海の交通事情を考えると何色でもいいから捕まえようという気持ちになってきます。
  上海で旅をする豆知識になりましたか。


豆知識っていうか、生水を飲まないって旅行の常識ですが。
で、何故、(特に)海外旅行での常識と呼ばれるくらい生水はよくないか?

それは不十分な消毒というのもあるが、もう1つ大きな理由として硬水が挙げられる。ミネラルを多量に含んだ水は日本人の胃腸には合わない。だから、消毒が不十分な水はもとより、硬水にも気をつけなくてはいけない。

なのに記事中では、硬水が高価だけど安全な水のように教えているので、これってどうかな?と思う。
(そもそもダイエットに良いってのも、にがりと一緒で、何か体に悪い結果、体重が落ちるという話だったような。。)


あと、上海だけが特別水が高いかのようにやっているけど、日本が安いだけ。水と安全はタダなんていわれていた時代はもう終わりかけてきているけど。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。