プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中台が狙うはハイチではなく
■「地震外交」で火花=ハイチとの国交めぐり援助合戦-中台  時事通信

 【台北時事】中国が大地震の発生したハイチで援助活動を活発化させている。ハイチとの国交樹立に向けた布石とみられ、同国と外交関係を結ぶ台湾の馬英九政権は対抗措置として、追加支援を相次いで打ち出した。中台は国交締結国を奪い合わない「外交休戦」方針の下、関係改善を進めてきたが、今回の「地震外交」をきっかけに、国交争奪戦が再燃する恐れもある。
 台湾は地震発生直後に計4500万円の支援を表明。中国も赤十字を通じて9000万円の支援を公表した。台湾は対抗上、援助を総額4億5000万円に拡大したが、中国もその直後に4億円の緊急支援を発表し、援助合戦は激化している。
 一方、台湾は13日に救援隊を派遣。しかし、ハイチの交通網が寸断されているため、同隊は16日まで隣国のドミニカ共和国に足止めされた。中国の救援隊は早々と現地入りしており、台湾の劣勢は鮮明だ。(2010/01/16-18:35)


ハイチ自体は割とどうでも良くて、問題は難民などの方。難民が隣国ドミニカなどに流れ込んで政情不安にする可能性が高い。で、そのドミニカは台湾派。まあドミニカに限らず、カリブ海諸国は基本的に台湾派だから、ハイチよりもその周辺国の支持を取り付けるために、ハイチに支援をする、って話らしい。

まあ、地震がなくても破綻してる国家の支持を得てもなあと、確かに思う。

スポンサーサイト
米世論6割が原爆投下肯定
■6割超が「原爆投下は正当」=根強い肯定意見-米世論調査  時事通信

 【ワシントン時事】米キニピアック大学(コネティカット州)の世論調査研究所が行った調査で、64年前の広島と長崎への原爆投下について、米国人の61%が「投下は正しかった」と考えていることが4日、分かった。投下を支持しない人は22%にとどまった。
 オバマ大統領は「核なき世界」の実現を訴えているが、米国では依然、原爆投下を肯定する意見が根強いことが浮き彫りになった。
 調査は7月27日から今月3日にかけて、全米で約2400人を対象に実施された。男性の72%が投下を支持したのに対し、女性は51%。年齢層別では、18~34歳は半数が「正しかった」と回答し、「間違っていた」は32%だったものの、55歳以上では投下支持が73%に上った。
 政党支持者別では、共和党支持者の74%が投下を評価、民主党支持者では49%だった。


原爆が、大量殺戮兵器として一般人を大量虐殺したことが戦争の倫理に反するとか、逆に原爆が戦争を終わらせたとか、その後の強力な抑止力を持つことを証明させたとか、その辺りは、色々と言われてきたことだから今更言わない。まあ、真珠湾は正当だが原爆は不当みたいな意見には辟易するけど。

ただ、アメリカ人も自分達が原爆を落とされたら、肯定意見は大幅に減るだろうなと思う。そもそも洋画なんか見てると、原爆はよく出てくるけど、単純に爆発威力の高い爆弾程度の認識しか無いみたいだしなあ。放射線の怖さとか全く無い。まあ、その辺りは日本人の場合は必要以上に刷り込まれているような気がしないでも無いが、一般的なアメリカ人の原爆に対する認識の軽さは映画を見るたびに異常と思う。原爆が落ちた場所で暢気にテント張って治療行為するとか普通にあるし。

唐入りに対する従来とは変わった角度からの屁理屈
■「韓半島の分断、400年前の壬辰倭乱が源流」(1)  中央日報
■「韓半島の分断、400年前の壬辰倭乱が源流」(2)
■「韓半島の分断、400年前の壬辰倭乱が源流」(3)

1592年4月13日、小西行長率いる日本軍の先発隊が釜山(プサン)沿岸に上陸し、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)は始まった。 火縄銃で武装した日本軍が釜山からソウルまで占領するのには20日もかからなかった。 今年は壬辰倭乱勃発から416年、終戦から410年になる年だ。
宋復(ソン・ボク)延世(ヨンセ)大社会学科名誉教授とハン・ミョンギ明智(ミョンジ)大史学科教授(46)が8日午後、中央日報の会議室で、壬辰倭乱の意味を振り返る特別対談を行った。 宋教授は定年退任後、「朝鮮のリーダーシップ」研究に没頭、昨年末には『偉大な出会い-西・柳成龍(リュ・ソンリョン)』を出版し、壬辰倭乱の性格について新たな視点を掲げた。 壬辰倭乱を韓半島分断の源流と把握し、分断を阻止するのにリーダーシップを発揮した人物に西・柳成龍を挙げた。
ハン・ミョンギ教授は99年に著書『壬辰倭乱と韓中関係』を出して以来、壬辰倭乱研究を代表する歴史学者として注目されている。 日本と中国という強大国に挟まれた韓半島の状況は、400余年前も今日も大きく変わらないという意見に、2人は共感した。 また、韓半島の力が弱まる度に韓半島の自尊はもちろん、東アジアの平和までが崩れる状況が繰り返されてきたという点を改めて考えなければならない、と強調した。

宋教授=私は現在の韓半島分断の源流が壬辰倭乱にあるとみている。 日本と中国が400年前、韓半島をめぐって激突した歴史が今日の現実として表れている。 壬辰倭乱は結果的に‘朝鮮分割戦争’だった。 当時日本は‘朝鮮割地’という表現を使った。 明が救援軍を送った理由は、遼東と北京を守る壁として朝鮮が必要だったからだ。 柳成龍は『懲録』で‘藩籬之戦’と記録した。 日本と明の朝鮮分割の意図を見抜き、これを阻止するのに卓越したリーダーシップを発揮した人物がまさに西・柳成龍だった。 壬辰倭乱当時も今も、韓半島は中国・日本という大きなクルミ割りに挟まれたクルミのような存在だ。
ハン教授=壬辰倭乱は16世紀、朝鮮の対日政策が破たんした状況で起きた。 15世紀まで朝鮮はかなり開放的かつ弾力的で、軍事力も強かった。 例えば申叔舟の『海東諸国記』は、今でも日本で‘外国人が書いた歴代最高の人文地理書’という評価を受けている。 このような対外感覚が16世紀に入って弱まり、結局、日本で起きた変化を読みとるのに失敗した。 韓国の国力が弱まった時には東アジアで戦争が起きている。 われわれの自尊だけでなく、東アジアの平和を維持するためにも、われわれは一定水準以上の力を維持する必要がある。 壬辰倭乱の意味を改めて見直さなければならない理由だ。
 宋教授=壬辰倭乱当時の朝鮮は、日本が分割しようとすればそうなるしかなく、中国が合意を要求すれば合意するしかない、力のない貧しい国だった。 将軍は俸禄がなく、兵士は兵器がなかった。 軍隊ともいえない状態だった。 壬辰倭乱といえば栗谷(ユルゴク)李珥(イイ)の‘10万養兵論’を思い出す人がいるが、これは虚構だ。 栗谷の死から数十年が経過した後、栗谷の弟子による碑文に出てくるだけだ。 当時、朝鮮の人口は約400万人だった。 このうち兵農が分離された軍隊に行ける20歳代の男性は30万人程度だ。 両班・奴婢・障害者などを除き、また農作業をする人を考えれば、兵士10万人を養成する方法はない。 当時、米穀生産量は多い時で500万石程度で、政府税収が60万石だった。 10万人の軍隊を養成するとしても、軍用米も問題だ。 柳成龍の計算によると70万石が必要になる。 兵曹判書まで務めた栗谷がこうした事実を知らなかったはずはない。 一方、壬辰倭乱当時、日本は世界有数の軍隊を持つ国だった。 新武器の火縄銃の生産量が当時ヨーロッパ全体の生産量とほぼ同じだった。
ハン教授=それでも二強国の間に挟まれた朝鮮は、壬辰倭乱で滅びたり分割されたりせずに生き残った。 むしろ朝鮮は壬辰倭乱後も王朝が維持された半面、明は清に滅ばされ、日本では徳川幕府が創設されるなど、王朝が交代した点にも注目しなければならない。 とにかく多くの副作用があったが、明の軍を呼び入れたのは、世宗(セジョン)以降受け継がれてきた朝鮮の外交的力量が決定的な瞬間に成功したという点を傍証している。 中国との外交はそれなりに成功したということだ。 日本に対する文化的な優越意識は抵抗の基盤になり、戦争が終わった後にもずっと維持された。 また戦争期間中、義兵がずっと出てきたのは、朝鮮の支配層が地方社会を統制する能力を喪失しなかったという点も表している。 下層民からして民心を完全に失うことはなかったのだ。
宋教授=私は壬辰倭乱当時の朝鮮社会を‘依明派’と‘自彊派’に分けて考えている。 歴史学者は東人・西人・南人・北人・老論・少論に分ける。それは政治権力上では一定の意味があるだろうが、国家権力の側面では意味がない。 国権を維持するうえでは意味がないということだ。 自彊派には柳成龍・李舜臣(イ・スンシン)と義兵が属する。 依明派には宣祖とほとんどの臣僚が該当する。 朝鮮分割を阻止した最大の功労者は自彊派のリーダー、柳成龍だった。
 ハン教授=壬辰倭乱の克服の3功臣を選ぶなら、李舜臣・柳成龍・郭再祐(クァク・ジェウ)を挙げたい。 李舜臣は東アジア海域の覇権を掌握し、明の安保も守った。 柳成龍は宰相として、一方では王権を守るのに及々とする宣祖を保衛し、もう一方では戦おうとはせず朝鮮の内政に干渉する明軍指揮部をなだめようと苦闘した。 忠誠心と愛国心の塊だった郭再祐は義兵長の表象だった。
宋教授=柳成龍の卓越したリーダーシップが最も引き立って見えた部分は、陸軍だった李舜臣を水軍将帥に任命し、7段階も昇進させたことだ。 パラダイムを完全に転換した人事起用だった。 李舜臣と柳成龍が海と陸地で体を張って守った国を、300年後の子孫は一度の戦争もなくそのまま日本に明け渡してしまった。 リーダーシップの重要性を痛感する。
ハン教授=当時、柳成龍にとって最も恥辱的なことは、明軍指揮部に会い、日本軍との決戦を繰り広げてほしいと訴えることだった。 明は自国の戦略的目標(戦争を遼東に拡大させないこと)がある程度達成された後、朝鮮の立場は全く考慮しなかった。 強大国が他国の戦争に加わって目標を達成した後の行動様態は概して似ている。 明と日本の江華(カンファ)交渉が始まった後、‘朝鮮問題’は明内部の政治問題になる。 朝鮮は徹底的に疎外され、‘中日戦争’に戦争の性格が変わっていくのだ。 朝鮮としては思ってもいないジレンマだ。 明は戦う考えはなく、長期間駐屯しながら弊害を及ぼし、日本軍は南海岸に長期間留まって略奪と捕虜確保を行なった。 この状況で朝鮮の民衆は最悪の苦痛を味わうことになった。 壬辰倭乱で最も注目すべき部分はこうした点だと思う。

◇懲録=朝鮮・宣祖のとき領議政として壬辰倭乱を総括指揮した西・柳成龍(1542-1607)が、戦後に戦争状況を回顧して記録したもの。 戦争に対する反省とともに後難を警戒する内容が書かれている。 日本の長所も記述するなど、史料的な客観性を持つと評価されている。


まず、タイトル見て、はいはい時空太閤のせい、時空太閤のせい。全部一通り読んでみたら、どこにも分断の源流が秀吉のせいだとは書いてない。タイトルに偽りあり?
ってか、「ヒデヨシの侵略でも国が維持できたのは優秀な朝鮮人がいたからだ!」とか「明や日本は王朝(幕府?)が変わったのに朝鮮は政変してない!」みたいな単なる自画自賛してるだけの記事?

日本が攻め込むと王族などの支配者層が率先して逃げ出して、一般民衆は日本の味方となり、むしろ、率先して王宮を焼き払う。兵站の概念が皆無の明兵は、朝鮮半島で略奪しながら日本と戦う。
そもそも日本の目的は明であって、実際に朝鮮の軍ではなく明と戦い、それに負けたと言っても等しく、その講和で、朝鮮が全く相手にされなかったのは有名な話(まあ、記事中にもあるけど)。

まあ、その辺の前提知識持って読むと、スゲエ屁理屈wってな感じの内容。一応「○○は虚構だ」とか「当時の朝鮮は軍隊といえない」とかはっきり言ってるので、なまじ真相を知っているからこそ、屁理屈立てないと自尊心を得られないんでしょうね。

あと柳成龍が陸軍の李舜臣を7段階昇格で海軍将にしたってのも、同郷のよしみというか(出身地が同じ村)、自身の派閥を大きくしようしたように思えなくも無いんですけどね。李舜臣の実際の戦績を考えると特に。
北朝鮮の核実験に関して雑感
北朝鮮が核実験を行ったと"発表した"わけで、成功したのか失敗したのか、そもそも本当に実験したのかどうかわからないんですよね。はったりの可能性も無きにしも非ずと。(まあ、核実験によるものと見られる地震が観測されたそうですけど。)

まあ、それでも常に悪い状況を想定するという意味で、例え嘘だったとしても、見過ごせるような問題じゃないですね。

北朝鮮の核実験で最も恐ろしいことは、日本にとって完全な敵性国家である北朝鮮が核を持つこともあるけど、世界中の核を持ちたい小国やゲリラやテロリストに売る可能性が高いことですからね。

まして経済制裁やられて資金に困れば、核兵器を売って資金を得るなんて小学生でも思いつくことだし。

当然、北朝鮮はそんなことはしないと言うだろうが、KEDO合意を反故していたなど、そんな約束を破ることなど目に見えている材料がいくらでもあるので。

核兵器って、例えば、通常、戦争などになった場合、大国と小国が戦えば、多少なり大国に損害を与えることはできても、一方的にたこ殴りになるが、核兵器を持っていると、大国でも下手に手を出せなくなる。たった1発でも甚大な被害がでるから。

だから、持っているだけで強力な抑止力が働く。だから、大国からにらまれているような小国は自国を守るためにこぞって核兵器を手に入れたい。ただ、目的はあくまで抑止力であって使うわけじゃない。というか、使ったら色々な意味で終わり。

だけど、テロリストが核を持つと話が変わる。
テロリストは守るために核を持つのではなくて、使うために核を持つ。核を使うってことは核による反撃を覚悟しないといけないわけだが、テロリストは核を使われることは無いから。

というわけで、国が核を持つのと、テロリストが核を持つのでは全く意味が異なってくる。

そんなわけで、ヨーロッパ諸国も、イランの核開発に対する熱意をもうちょっと北朝鮮にも向けてもらいたいなぁと思う今日この頃。(まあ、イランの核問題だって看過できる問題じゃないですけどね。)

また、北朝鮮の核は、まだ脅威じゃないが、米国の核は脅威だとかアホなこと抜かしてる平和主義者の人は、米国がテロリストに核を売る可能性は限りなく0という点をぜひ考えてもらいたいね。

あと、核兵器の意味が攻撃のためじゃなく守るために重きがあるという点で、私は日本は核武装すべきじゃないと思ってますけど。別に日本は大国からにらまれてる小国じゃないし、米国の核の傘があるから無理して持つ必要ないし。テロリストでもない限り、わざわざ日本に核を打ち込むメリットが無い。

テーマ:北朝鮮核実験実施 - ジャンル:政治・経済

米の下院が従軍慰安婦に対する決議案を採択したことに関し
米国下院で従軍慰安婦に対する批難声明だかなんだかが採択させた話に関して。

まあ、結論から言うならアメリカ人はバカだから。
世界史ジョークなんかでもよく出てくるし、あとバカがバカらしく下手に正義感が強くてヒーロー願望が強いというのもアメリカ人らしさ。ってやつですね。

だから、その内容が正しいかどうかなんかあんまり関係ないんです。それに対しどう行動するのが「セイギ」なのか? それがアメリカ人の気質ってやつでしょう。

だから、「従軍慰安婦はかつて日本が行った悪行の1つだ!」とでもいえば、アメリカ人がろくな検証もせずに正義感に駆られるというのも、別に予想できないことじゃない。

でも、別にこれは日本にとって不利ということじゃない。むしろ、この感覚を逆に利用してやるのが外交って奴でしょう。だから、「拉致問題」や「困窮する北朝鮮人」というやつを「人類に対する挑戦だ」何だと訴えれば、アメリカは動く。
現に拉致問題を米国が大きく見てるのは、そういう正義感の側面が強いからだと私は考えてます。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

タイ軍事クーデター
タイで軍事クーデターが起こり、既にタクシン首相の追放は決定事項っぽいですが、タクシン首相って中国寄りの政策で有名なんですよね。

だから、クーデターの主要要因にもなった汚職疑惑でその進退が取りざたされてるときに、中国寄りの政権がなくなるという意味では日本にとっては良いんじゃないかとネットを見ると流れてた。

が、実は野党党首が実は、タクシン首相以上に中国にべったりしてて、もっとヤバイという話も。

なんて風にタイ情勢を見てたから、まさか軍事クーデターが起こるとはねー

別にタイがどうなろうと、日本のいる私は知ったこっちゃありませんが、それが日本にとってどういう影響を及ぼすのでしょうかね。
日本政府は近く軍部による暫定政権が建つだろうから、既にそこと外交交渉を始める準備だと言っているのを見ると、完全にタクシン政権を見限ったようですけど。
その軍部は国王派だけど、対外政策は、日中どっち寄りなのか? 日本人の私としてはそれが気になる。
制裁決議案は日本の勝利といえるんじゃないかな
■安保理、中露も含む全会一致で北決議案採択  産経新聞

 国連安全保障理事会は15日午後(日本時間16日未明)、北朝鮮のミサイル発射で日米などが提案した決議案を中国とロシアを含む全会一致で採択した。決議は北朝鮮のミサイル発射を非難、ミサイル物資などの移転阻止に必要な措置を取るよう各国に求めた。  北朝鮮のミサイル問題で安保理が決議を採択するのは、1991年の北朝鮮の国連加盟以来初めて。15日始まった主要国(G8)首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)に合わせた採択も実現した。
 日米は中露の反対を受け、英国とフランスの妥協案を受け入れ、当初の制裁決議案から経済制裁の根拠となる国連憲章7章の言及を削除して、譲歩。全会一致での採択は国際社会の「北朝鮮包囲網」構築に向けた一歩となり、安保理は分裂を回避した。
 決議は「7月5日の北朝鮮による複数回の弾道ミサイル発射を非難」した上で、同国に対し「ミサイル開発に関連するすべての活動を凍結」し、ミサイル発射凍結を再公約するよう要求、6カ国協議への「即時復帰」も「強く」求めた。


日本の勝利といえるのではないか?
[続き...]

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

目下のところ日米の目的は実は対中国政策だったり
北朝鮮に対して圧力をかけるために、拒否権を持つ中国をどうにかしないとならない。

というのが、今の状態。

なんだけど、なんかここ3日の流れを見てると、そもそも目的と手段は逆で、実は中国の国際権威失墜を狙うために日米が北朝鮮を利用しているように見えてきた。

実は過程の方が最終目的で、目的だと思われていたのは過程に過ぎない。

といっても、別に北朝鮮のミサイル発射が日米によるものなんてバカなことは言いませんよ。あくまで渡りに船というか、対中戦略の有効なカードが向こうからやってきたというか。麻雀に例えるとロンですね、ロン。

だから、安保理決議が議決されるにしろ否決されるにしろ、金王朝が存続するにしろ崩壊するにしろ、上手く中国へ批難が向くように流れるんじゃないですかね。そう思えてきました。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

北朝鮮相手だとあま~い朝日の記事
■テポドン発射準備 北朝鮮の真意は?  朝日新聞

(前略)
 「危機の演出で米国を揺さぶり、直接交渉に誘い出すことに加え、軍事技術の進展を示して生活苦にあえぐ国民の目を国威発揚に向ける」。テポドン2発射の動きを止めない北朝鮮の狙いを、韓国の外交筋は19日こう分析してみせた。
 北朝鮮にとって当面の最大の課題は米国による金融制裁問題だ。マカオの口座を始め、金正日(キム・ジョンイル)総書記を支える「血」ともいえるカネの流れが細れば体制の揺らぎに直結する。だが、核開発問題をめぐる6者協議を「人質」にとってまで制裁解除を迫る北朝鮮に対し、米国は「6者に戻れ」の一点張りだ
 今回のミサイル準備には、そうした閉塞(へいそく)感を打開したいとの思惑が色濃くにじむ。得意の瀬戸際戦術を一層危険な領域に進めた形だ。
 「米国の敵視政策のせいで自衛のための軍事力を拡大せざるをえない」(北朝鮮外務省)。北朝鮮にすれば、ミサイル(ロケット)開発も一主権国家としての正当な権利。金融制裁解除を求める北朝鮮は、発射に踏み切った後、改めて発射凍結を米国との交渉材料に持ち出す可能性がある。
 さらには、発射で国内向けにも軍事能力を誇示でき、国民の団結を訴えて体制固めに利用できる。そんな計算も働いているに違いない。


かばいきれないけど、かばってあげたい! という感じが滲んでくる朝日の記事ですね。
[続き...]

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

国民国家というイデオロギーは依然大切だと思いますけどね
■移民法反対 NYで1万人デモ  HNKニュース

 アメリカで不法移民に対する罰則の強化に反対するデモが続くなか、1日、ニューヨークでも1万人が参加する初めての大規模なデモが行われました。アメリカでは、不法移民に対する罰則の強化を盛り込んだ法案が議会下院で可決されたのに続いて、上院での審議が本格化しており、全米各地で抗議デモが連日行われています。
 1日にはニューヨークで、移民など1万人が参加してデモが行われ、参加者は、中南米の国々や、中国、アイルランドなど、それぞれの出身国の旗を掲げて集まりました。そして、「アメリカは移民の国であり、皆アメリカ人だ。すべての移民に正当な権利を」などと声をあげながら、マンハッタンに架かるブルックリン橋を歩いて渡り、不法移民への罰則強化反対を訴えました。
 この問題ではブッシュ大統領が、一定の条件を満たせば不法移民でも短期滞在を認める措置を法案に組み入れるよう主張するなど、不法移民をめぐる議論が高まっています。


"不法"移民への罰則強化へ反対ってのもねー 泥棒が「窃盗罪強化反対!」って言っているようなもんだし。

「国籍を有しているのだから、全ての国民に逮捕されない権利を!」なんて言ってるのと一緒。法律を守らないのは別だろ?

フランスの暴動やドイツのトルコ移民問題、オランダのイスラムコミュニティなんかもあるように、先進国では移民の問題って結構バカにならない。日本だって、経団連が移民を積極的に受け入れるようにって言っているくらいだから、そう遠くないうちに日本国内でも移民の問題が起こるかもしれない。いや、不法入国した在日朝鮮・韓国人の問題を考えれば既に起こっているといえなくもない。何より外国人窃盗団の問題もありますしね。

そもそも移民っていうのは、祖国よりその移民先の国の方が豊かだから移民する。この時点で、祖国と相手国に差があるわけで、当然、教育なんかの差も出てくる。教育の差って結局、給料差なんかにも影響してくるから、不平等と。またここでいう教育の差というのは何も学業だけじゃなくて、道徳といったそういう面もあるわけで。
そんな感じで始めから不平等を内包し、さらに何十年か経って世代が変わると、その世代はその国の人間としてのアイデンティティを持つようになるから余計に悪化する。

右翼だ、時代錯誤なんだと言われようと、「国民国家とは何か?」というのを考えれば移民は極力受け入れるべきじゃないと私は思いますけどね。現にグローバル化とか言っている欧米でこういう問題が深刻化しているわけだし。

テーマ:社会 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。