プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョッパリはウリに従わなくてはならないニダ
■青瓦台「韓日首脳会談、秋夕連休後開催に向けて推進」  韓国新聞

 青瓦台(チョンワデ、大統領府)当局者は29日、韓日首脳会談の開催時期について「10月中旬前を念頭において協議中で、中秋(チュソク、中秋)の名節に支障のない日程で行うのが政府の立場」と述べた。
 この当局者はこの日、記者たちに「昨日、両国首脳が電話で適切な時期に首脳会談を行うとし、具体的時期と場所については実務的に協議中」と明らかにした。
 韓日首脳会談成功のための前堤について「この問題に対する政府の立場に変わりはなく、そのような韓国政府の立場を日本政府はよく分かっている」とし「新しい日本の首相が来たからと立場を変えることはなく、政策の継続性を維持している」と言った。また「日本は我々が言う原則に符合する行動をとらなければならない」とし「行動というのは、『行動をしない』という行動と『行動をする』行動があるが、どちらだとは言えない」とした。「しかし周知のように日本がしてはいけないことはしてはいけない」と付け加えた。
 政府は、まず安倍首相がこれまで韓日首脳会談が中断した決定的理由だった小泉純一郎前首相の靖国参拝を含む歴史認識問題に対して誠意ある立場を表した場合、首脳会談を行うことができるという立場だ。
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は10月中旬ごろ胡錦涛中国国家主席と韓中首脳会談を行う予定で韓日首脳会談日程が最終調整、確定する場合、韓中-韓日、または韓日-韓中首脳会談が続けて開催される見通しだ。


日本は我々が言う原則に符合する行動をとらなければならない
また言ってるよ。懲りない奴らだ。

問題なのは、そう思っていることではなくて、それを口に出してしまうことなんですけどね。


本来、こういう強い言い方をするのは、例えばブッシュが核放棄を迫ってる時とか、そういう場合に使うのであって、たかが歴史問題でこういう言い方をするのはバカと。
逆に言えば、韓国にとっては歴史問題というのは、もはやそういうレベルと同等の問題と認識しているともいえるわけですが、その前提に、北朝鮮によるミサイル問題などを一切、無視している現状がある以上、例えるならば、家が燃えているのに、今日の夕食の献立は何にしようかと考えているような物で。
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

韓国皇室復活すると良いですねー(棒読み
【韓国】大韓帝国皇室が復活[09/29]

最初、バーボン(´・ω・`) だと思った。最近、韓国で日本の親王誕生により、王族がうらやましいから「韓国王室復活させよう!」とかいうニュースあったけど、さすがに、いや、逆にだからこそ、釣りスレだと思った。

そう思いながら、スレを見て ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン したのはこれで何度目だっただろう。

■大韓帝国皇室を復活、皇族会が皇位継承式を開催  聯合ニュース

 日本による植民地化のため没落した大韓帝国皇室の子孫が、大韓帝国皇室の復活を宣言した。「大韓帝国皇族会」が29日、ソウル市内のホテルで大韓帝国皇位継承式を行い、義親王・李ガン(1877~1955)の二女、李海ウォン(イ・ヘウォン)さん(88歳)を30代皇位継承者に推挙するとともに戴冠式を行った。皇族会はまた「文化大韓帝国」の総理大臣として孝寧大君(1396~1486)の子孫に当たるイ・ガンム聖民大学総長を、秘書室長に南延君・李球(イ・グ)の末裔(まつえい)となるイ・ソンジュ氏を任命した。皇族会は李玖(イ・グ)さん(29代皇位継承者)の他界などを契機に、大韓帝国の末裔ら10人余りを中心に結成されたもの。
 皇族会は「大韓帝国の皇室が日本により侵奪されて100年、祖国の解放から61年となるが、28代英親王・李垠(イ・ウン)の息子である李玖が昨年7月に東京で他界し、英親王家の血筋が途絶えたことから、李海ウォン氏を30代皇位継承者に推挙した」と説明した。李海ウォンさんは女性として大韓帝国皇室を継承し、皇室の代表全権、皇室の維持保存事業権、31代皇位継承者指名権などを持つことになる。
 イ・ソンジュ秘書室長は「今回の皇位継承は大韓民国にも皇室が存在していることを全世界に知らせるためのもの」と話している。皇族会によると、李海ウォンさんは生存している義親王の子女のうち最も序列が高いため皇位を継承することになったとし、女性が皇位を継ぐことも問題はないとしている。
 大韓帝国皇室の末裔が、没落した皇室の再建に向け具体的な行動を起こすのはこれが初めて。皇族会は今回の皇位継承の事実について、政府と海外の皇室関係者に正式に報告するとともに、海外の皇室との交流も進めていく計画だ。



じゃあ、まず細かい所でもツッコミ入れようか。
日本による植民地化のため没落した大韓帝国皇室
逆!逆!
日本によって、まず清から独立したので「皇帝」と名乗れるようになった。さらに、併合後は、その社会的地位を確約して、決して軽んじなかった(かなり高いほうの貴族の地位だったか。詳しくは知らないけど。)

それで、終戦後に、祖国へ帰ったら、国を裏切ったとか言って、没落させたんだろ?他でもないお前らが。記事中にも書いてあるように他界した先代というのが、日本のホテルで死亡したくらいだし。

しかし、どこまで本気なんだろ?当の韓国人も、あんまり気にしていないようだが。

こういうのは、基本的に"国家"と一緒で、自分達がそう名乗るからというよりも、他国がどう認識しているかですから。

ゆえに
今回の皇位継承は大韓民国にも皇室が存在していることを全世界に知らせるためのもの
だとか
皇族会は今回の皇位継承の事実について、政府と海外の皇室関係者に正式に報告するとともに、海外の皇室との交流も進めていく計画だ
なんてやった日には本気で笑われる。というか、良いネタね。(まあ、この手の「私は○○の子孫だから~ 王である」というのは、そんなに珍しくないっていえば珍しくないし。)

王室じゃなくて皇室と名乗る云々に関しては、まあ、大日本帝国時代に、皇室と名乗ることを認めてるから、しょうがないかな?まあ、あくまで漢字の話で、英訳で Emperor になるかは知らんが。

あと、どうでもいいことですが、服の色が黄色ですね。
東は青、西は白 というように、中国由来で方角には色がある。その中で、中央を表す色もあって、それが黄色。つまるところ、中華思想で王の色は黄色。やっぱり小中華のことだけはある。
(これで服に龍が9頭描かれていれば完璧なんだけどなぁ。)
経済一流政治三流なんていうけど経済知識とか酷いね
■高校生の経済理解力、韓国は日米より低い水準  聯合ニュース

 経済についての理解力テストで、韓国の高校生が米国や日本の高校生より低い点数にとどまったことがわかった。韓国開発研究院(KDI)経済情報センターの全洪沢(チョン・ホンテク)所長とキム・ジンヨン専門委員が27日、ソウル・明洞で開かれたセミナーで発表した「青少年学校経済教育実態に関する韓米日比較」と題した論文を通じて明らかした。

 韓米日3カ国の高校生を対象にした理解力テストで、韓国の高校生は平均55.7点を獲得したのに対し、米国は61.2点、日本は57.3点を獲得した。経済科目を受講した生徒とそうではない生徒との点数の格差は、韓国では受講した生徒が3.0点、日本では受講しない生徒が0.5点高かったが、米国では受講した生徒が16.7点も高く大きな差があった。米国と日本では経済科目の受講比率が高く授業時間も多いなど、韓国より経済科目の重要度が高かった。また、経済科目を担当する教師も多かった。
 全所長らは、韓国の経済科目の授業時間は社会科目授業時間全体の16分の1にすぎないとして、科目別授業時間の割合を見直すべきだと主張した。また、経済科目を担当する教師の資質向上に向け、研修を拡大し経済教育協議会の学校経済教育に対する支援機能を強化する一方、経済教育をサポートできる民間経済教育財団の設立を進めることを提案した。


記事自体は韓国ソースですし、内容も韓国がビリだったというやつですが、中身をよく読むと、日本はかなり酷くないか?

政府の経済顧問が「ウォンを刷れば良い」と短絡的なこと言ったり、ワロス曲線を発生させていたりしている韓国の経済認識が酷いなんていうのは、別に驚くべきニュースでも注目に値するニュースでもない。
 
>日本では受講しない生徒が0.5点高かったが
これは一体なんだよ? おかしくないか?
何で受講してない方が、専門に受講してる奴に勝ってるんだよ。変だ!

経済を文系に入れてる弊害か、あるいは、経済を教える時間が短いのか、といった原因はこの結果からじゃわからないけれども、ただ、日本はノーベル賞で唯一経済学賞受賞者がいないように、経済学に関しては、もっと力を入れるべきだと思う。(別にノーベル経済学者を作るために力を入れろというわけじゃないのであしからず。)前に経済だって大切な授業科目だと述べましたが、今回改めてそう思いました。

(つうか、まず、経済学を文系という枠組みから外すことから始めた方がいいんじゃないかな。かといって単純に理系というわけじゃなくて。経済学部で「数学科と社会科」を優先するってところ無いでしょ? まあ、単に変化に弱い人たちから、マルクス経済学やっている教授達なんか含めて、そういう風になるのは無理でしょうけど。)

テーマ:これでいいのか 日本の教育 - ジャンル:政治・経済

日本でアニメが発達したのは九条のおかげなんじゃないかという考察
最近、中韓で「日本アニメに文化侵略を受けている!」という記事をよく目にする。
中国の方では、日本アニメの放映を禁止した上で「7年の年月をかけて作った抗日アニメを放映するアル!」と意気込んでる。(あとなんか、自称アニメの権威である中国の教授が自説を展開したら、中国のオタクに滅茶苦茶に叩かれたらしい。)

で、韓国の方は、「ウリナラに創作能力が無いのは出資者がいないためニダ!」と言い訳してるし。金があれば創作意欲が沸いて日本に追いつけるってか。

まあ、何にしても日本アニメというのは、影響力が大きい。これは確かな事実。

実は、私は日本がアニメ(あるいは特撮)を発達させたのは、憲法九条のおかげじゃないかと思ってる。まあ、何の脈絡も無くこんなこと言うと誤解を受けそうだけど。(つうか、確実に受ける。)

というのも、実のところ、戦争とか兵隊って、もっと端的に言えば「戦い」って、現実がどうのこうの関係無しに人気がある。別に戦車や戦闘機イメージしなくとも、例えば「戦国時代」や「ヤクザの抗争」とかね。
平和主義者の人には受け入れがたい事実かもしれないが、やはり闘争とは人間の本質的なところだと思う。

ゆえに、ほぼ世界のどこの例外も無く「戦争映画」だとか、自国の軍隊を扱った作品は存在する。

ところがだ。
日本は憲法九条のおかげで現実関係なしに、ちょっと「軍隊」だの「戦争」だの持ち出せば、右翼だなんだとレッテルを張られて、社会的抹殺を受けてきた。それが反戦のプロバガンダを持たない、逆に好戦意欲を煽る主旨でもない、単純に「闘争」を描いた作品でもだ。

そういう言論封殺が行われている中でアニメは違った。何故なら、アニメは「しょせん子供の見るもの」と馬鹿にして、当然、自称インテリの左巻きの人間は見向きもしなかった。だから、アニメはかなり自由な表現の場を得ていた。

それも、視聴者に政治的プロバガンダを発するというわけじゃなく、ただ純粋に娯楽としての「闘争」を提供した。「起動戦士ガンダム」とか「宇宙戦艦ヤマト」とか。
実際、もしも、サヨクが他と同様にアニメに対しても言論封殺を行っていれば、「宇宙戦艦ヤマト」なんか絶対無理でしょう。

さらに、こういう題材というのは、何も幼い子限定じゃない。中高生辺りが見たって良い。

アメリカとか他の国なら、別にアニメーションにしなくたって良い。いくらでも実写という映画で表現できる。だから、外国ではアニメが、あくまで「子供向け」の域を出れなかった。

また、かなり昔の韓国の記事で非常に面白い指摘をしていたが、日本のアニメやマンガには何かと日本文化を主張する表現が多いんだと。基本的にマンガというのは、特に登場人物は中立的に描かれる。金髪・茶髪はおろか、緑や青、ピンクの髪に、これまた、色々な色の瞳の色とか「これは何人だ!」とははっきり断定できない場合が多い。まあ、確かにこれだけならば、日本と断定できないんだけど、何かしら日本と思い浮かべるようなアイテムが出てくると。あるいは、あくまで日本が主体とか。
確かにディズニー映画辺りなんか思い浮かべると確かに米国のみを表すようなのは少ないような気がしないでもない。

まあ、その辺は個人の感覚だし、しょせん韓国の見方ですから、完全に鵜呑みにこそしませんが、そういえば「宇宙戦艦ヤマト」って、地球の危機なのに何故か「搭乗員は日本人だけ」とか考えると、あながち的外れな指摘でもないと私は思うんですけどね。

それで、あくまでそれらの根幹は娯楽としての「闘争」を提供しているだけであって、政治的なメッセージを載せているわけじゃない。戦争は酷い物だとわからせるために戦争を題材にするわけじゃない。あくまで純粋に娯楽として提供したからこそ発展した。

だからね、例えば嫌韓流のような始めから政治目的に描かれた場合を除いて、あくまで娯楽として作られたはずのアニメとかマンガに政治的メッセージを載せるようになったら、その時、アニメとしてお仕舞いだと私は思う。

娯楽のために作られた作品より、政治目的の作品の方が面白いなんてわけがない。

だから、中韓の言うところの、「文化侵略に対抗する」だの「抗日アニメを増やす」だの、そんな陳腐な目的のアニメで、日本のアニメに勝つのは難しいし、世界的に共通してオタクの底力って結構バカにできないから、そこから案外中韓に綻びが発生したりして。

また、結果としてなぜ軍隊が必要なのかという話で「抑止力」とかで説明しても、平和主義者は理解できないように、(萌え系じゃない)アニメオタクの方がよっぽど、平和主義者より「平和と戦争」を理解していると思いますよ。

とまあ、アニメなんかあまり見ない人間の考察ですけどね。(ここ数年でまともに見たアニメって「鋼の錬金術師」と「BLOOD+」くらいか。「BLOOD+」はロシア編辺りから、見るの疲れたけど。)


追記:
ちょっと書き忘れたので追記すると、単に「闘争」を扱うというのであれば、最初に書いたように「ヤクザ物」や「歴史物」があるが、これらは国家間の対立というところには関連が無い。(まあ、戦国時代は厳密に言えば国家間の対立だけど。ただ、現在の一般の感覚からすれば、同一上にある者同士の戦い。)ヤクザの戦いは「抗争」であって「戦争」ではない。歴史者は「戦争」であっても、通常にイメージする「戦争」とは遠い。

だけど、その後に述べた「起動戦士ガンダム」だとか「宇宙戦艦ヤマト」というのは、まさに戦争だ。 そこが、同じ「闘争」でも、戦争を娯楽として扱うという意味で、「ヤクザ物」や「歴史物」とは一線を画すと考えてる。

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済

米の下院が従軍慰安婦に対する決議案を採択したことに関し
米国下院で従軍慰安婦に対する批難声明だかなんだかが採択させた話に関して。

まあ、結論から言うならアメリカ人はバカだから。
世界史ジョークなんかでもよく出てくるし、あとバカがバカらしく下手に正義感が強くてヒーロー願望が強いというのもアメリカ人らしさ。ってやつですね。

だから、その内容が正しいかどうかなんかあんまり関係ないんです。それに対しどう行動するのが「セイギ」なのか? それがアメリカ人の気質ってやつでしょう。

だから、「従軍慰安婦はかつて日本が行った悪行の1つだ!」とでもいえば、アメリカ人がろくな検証もせずに正義感に駆られるというのも、別に予想できないことじゃない。

でも、別にこれは日本にとって不利ということじゃない。むしろ、この感覚を逆に利用してやるのが外交って奴でしょう。だから、「拉致問題」や「困窮する北朝鮮人」というやつを「人類に対する挑戦だ」何だと訴えれば、アメリカは動く。
現に拉致問題を米国が大きく見てるのは、そういう正義感の側面が強いからだと私は考えてます。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

わかりにくい評論文
今月は既に模試3つですよ。来週にまた1つあるので、今月は計4つ。浪人生は大変だね!

まあ、実際のところ、のん気なこと言ってられるような結果を得られてないんですが。特に前にも言ったように英語はヤバイね。あと、行った高校と予備校の進行方法の関係で化学Ⅰが酷い。Ⅱは良いんですけどね。(化学は好きな分野だし、教えられた部分は綿が水を吸うように理解していってるから、この先、急速に伸びると予想。)

あと基本的に言語類は苦手だから、英語も苦手な様に国語も苦手なんですけど、小さい頃から本が好きで読書していたり、新聞を読んでいたりした介があって、現代文は結構できる。特に漢字や慣用句の問題は滅多に落とさない。ただ、そんな現代文でも、小説に関しては、「恋愛もの」とか来ると結果が酷い。

問.下線部Aに関し、このときの○○の心境に近い物はどれか?

なんてこられた日には「そんなこと知るかボケ! 他人の考えが何かわかるわけねえだろ!」だし。で、文句言ってもしょうがないから、センターなら消去法で二択まで絞って、最後50%の確率を外す。(解答を見て死にたくなる。)

まあ、人を殺すことに罪悪を感じた脱走兵が主人公の小説からの問題は満点でしたけどね。(つくづく題材だと思う。まあ、運しだいか。)


論説文の方は― (というより、これが今回の本題なのですが)
これは小説以上に当たり外れが大きい。というのも、大きく分けて「内容」と「表現法」の2つに大きく左右されるからだ。
「内容」というのは、そのまま内容。 普段、こんなブログで新聞から様々な文章を「こんなバカなこと言ってんじゃないよ」と批難している人間にとっては、内容如何でやっぱり「なんだこの変な論説は?」とツッコミを入れながら読んでしまう。ツッコミを入れながら読むってことは、もうその文章を100%受け入れるのではなくて、自分なりの解釈で読み勧めるということだから

問.筆者がここで言いたいことは何か?

なんて聞かれれば、もはや答えはわからない。つうか、こんな変な結論書いてる奴の真意など知りたくも無い。ちなみに、この手に多いのは、理系分野の話を文系分野に無理やり置き換えてこじつけるというタイプかな。
例えば、未だに記憶に残っている奴は、理系における「主観性」と「客観性」というのは、誰しもが、同様の実験を行っても、同様な結論を得られるというのと、また、例えば単位系を設定することで研究内容を共有できるようにするといったのが理系における「客観性」なのに、科学がどうのこうのと述べておいて、突然、「人間は身体から離れることはできないから、真の客観性などというのはまやかしだ!」なんてこられた日には「お前は何を言っているんだ?」となる。

この前の模試では、「昔における未来というのは死後の世界を指し、現在(近代思想)における未来というのは現実の延長線上にある」という内容で始まり、近代思想に関連した描いた未来像の結果、新たな問題が起こる(例えば、病気を治すために抗原剤を使ったら、新たな体性菌が生まれたという事例など。)を持ち出して、さあどんな結論を出すかと思えば「だから、私は未来を見ないことを推奨する」だ。「はぁ?」ですよ。
じゃあ、それって未来ばっか夢見て、現実という足元を省みない、結果、現実に足元をすくわれているという様なことを批難しているのかと思えば解答は全く違う。とにかく「近代思想に寄る未来は素晴らしい物」という思い込みを捨てよらしい。

解説を読むと、近代思想は未来をよりよくするために矛盾自体を解決しようとした結果、矛盾を受け入れる覚悟を喪失した云々 と述べているが、この論説文は、「矛盾を解決するために新たな矛盾が増える」というのが無条件で組み込まれてるし、(それを証明するかのような事例を上げてはいたが、到底、それを証明できるような内容じゃない。)さらに矛盾自体を解決することよりも、矛盾を受け入れる方が優越であると、それらしいプロセス無しに言い切ってる。
しかも、これは次の「表現法」に繋がる話ですが、「私は決して高みから物を述べるつもりは無い」と言いつつ、明らかに何か私は真理に近い所にいるみたいな文章で言ってるから余計に酷い。

まあ、今回のエントリーと直接関係無い無いのでこれくらいにしますけど。(ちなみに、内山節という人の「未来をどう生きる」というのが出典のようですが。)

さて、脱線したので軌道修正して、もう1つの「表現法」という奴。
評論文が今回の本題とは言ったけど、より正確に言えば「評論文の表現法」が今回の本題と言った方が正しいかもしれない。

そもそも論説文というのは、というより文章というものは、本来、自分の考えを他人に伝えるという目的の手段だ。「相手に自分の考えをわかりやすく伝える」これが何物にも最優先される。そのためには、論理的な組み立てをしっかりする必要があるし、相手でもわかるような表現に努めなくてはならない。
もっとも、文才というのもあるし、どんなにわかりやすく説明しようとしても、上手くできないというのはある。他ならぬ私だって昔の文章を読み返せば、文法がおかしかったりして判りづらいし。つうか、昔といわず1週間前の文章 いや、現に今書いている文章の前半部が既に文法的におかしなところが出てきたりしていて判りにくくなってるかもしれない。

ところが、時々、論説文にはそのルールを守らない物がある。
端的に言ってしまえば、あえて難解な回りくどい表現を使ったり、普通、使わないような難しい言葉を使ってる文章。(そんな言葉より、もっと普通に使われてる言葉があるだろう!!)

そういう文章を書くのは、やっぱり難解な表現の方が「カッコいい」とか「知的に見える」とか「文学的」だと勘違いしてるんじゃないかと思う。川端康成目指して、純文学の作家でも目指してるというなら文句は言いませんよ。しかし、論説文がそれでは困る。

小学生に面積を教えるのに、積分を持ち出して教えるのは、知的に見えて、頭が良い証拠になるだろうか?いや、そんなわけはない。それは単なるバカである。
相手にわかるように説明してなければ、いかにその説明が"高度"であっても、もはや意味が無い。

「自分の考えを伝える」という目的じゃなくて、「自分の頭の良さを誇る」が第一目的になって書かれてる文章を読み解き易いだろうか?読み解き易いわけがない。

まあ、問題となる文章を選ぶのは、その著者ではなく答案作成者ですから、「そんな文章書くな」というより、「そんな文章選んでくるな」と言ったほうが正しいかもしれませんけどね。

違ったタイプでは、例えば高校の現代文にのっていた上野千鶴子の評論文が見下ろすタイプの文章の論説でヒジョーにうるさかったけど。「私は物に縛られない!本当の自由を手に入れてる!!」ってそれって単に野暮なだけじゃ?
(お土産用の灰皿使ってるから、私は物に縛れてない、物を使う側の人間だ!なんて胸を張って言うのってどうよ? 趣味の良い人は物に縛られてるから、自由じゃないみたいなこと言っちゃって。)

こういう「結局のところ、お前さんが単に○○なだけだろ?」的なツッコミが入れられる論説文も、読み解けなくはなくても、読み解きにくくなってると言えるだろうな。
タイ軍事クーデター
タイで軍事クーデターが起こり、既にタクシン首相の追放は決定事項っぽいですが、タクシン首相って中国寄りの政策で有名なんですよね。

だから、クーデターの主要要因にもなった汚職疑惑でその進退が取りざたされてるときに、中国寄りの政権がなくなるという意味では日本にとっては良いんじゃないかとネットを見ると流れてた。

が、実は野党党首が実は、タクシン首相以上に中国にべったりしてて、もっとヤバイという話も。

なんて風にタイ情勢を見てたから、まさか軍事クーデターが起こるとはねー

別にタイがどうなろうと、日本のいる私は知ったこっちゃありませんが、それが日本にとってどういう影響を及ぼすのでしょうかね。
日本政府は近く軍部による暫定政権が建つだろうから、既にそこと外交交渉を始める準備だと言っているのを見ると、完全にタクシン政権を見限ったようですけど。
その軍部は国王派だけど、対外政策は、日中どっち寄りなのか? 日本人の私としてはそれが気になる。
インスタントラーメンを世界的に一般化したのはウリナラニダ!
■外国人も参加する『麺食修行』~インスタントラーメンの一般化は韓国である  DCインサイド

 国民のイージーなラーメン。一日にラーメンだけを三食食べるという『麺食修行』と言う言葉が出る程に我が国の人々のラーメンに対する愛情は深い。ラーメンの元祖は日本だが本格的に一般化させたのは我が国だと言える。食糧不足で絶大な貧困に陥っていた我が国で、1963年に初めてインスタントラーメンが作られ、その後様々な製品が生まれながらラーメンは我が国の代表的な食品として位置している。
 料理が簡便で価格の安いなラーメンは、その種類も非常に様々である。チャンポン、うどん、チャジャン、カレーなど、その種類を選んで食べる楽しさもかなり良い。ラーメンの袋を収集するという人は、数年間一日も欠かさずにラーメンを食べたが同じラーメンは一度も食べて無いと言うくらいにラーメンの種類は想像以上である。
 一番韓国的な事が一番世界的な事であると言った所だろうか。国内のラーメンはアメリカ・日本・中国・香港など世界の約70カ国に輸出されていて、ラーメンの元祖である日本のラーメンを追い越して堂々と韓国ラーメンの地位を世界中に拡大している。世界での我が国のラーメンの人気を証明するように、最近のインターネットコミュニティの掲示板では外国人達の載せた我が国の『ラーメン記』が話題となっている。
 外国人達はラーメンの袋と自分が作ったラーメンの写真の下に、ラーメンの重量・成分・価格など共に試食した感想と評価点を付けて多くの人と共有している。試食した感想にはスープの味、麺の弾力性や堅さ、そして作る方法などに対して詳細に説明している。そしてラーメンを購入できる商店の事や、新製品のラーメン情報も共有していた。
 また、自己流のノウハウを書いていたのも多かったが、驚くべき事は外国人達のノウハウが我が国の食性と似ているのである。『ラーメンをほぐす時に卵やチーズを入れると更にマイルドな味を感じる事が出来る」、「卵は最後に入れなければならない」など、外国人達のレスはまるで韓国人が書いたような気がする程である。
 外国人が作ったラーメンの写真を見れば、我が国の人が作ったような完璧な写真も多いが、たまに気の毒な写真もある。煮込んで食べるとラーメンの水の量が多かったり、野菜スープを最初から入れずになじませないでそのまま食べたり、更にははスープをラーメン上にそのままふりかけて食べている写真もある。この写真を見たネチズンたちは、「私が作ってあげたい。スープの色はどうしたの?」、「説明も見ずに作るのか?」などのレスを書いた。


         ◤◥◣        スープ噴いた
  ▂  ◢◤▀〓▲▂▐         ▂ ▪ ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ … .
 ▍ ▼     ◥◣▼        .▂▅■▀ ▪ ■ ▂¨ ∵▃ ▪ ・
  ▀▍ ◢◤     ▅ ▐◣   ◢◤ ◢▇█▀ ¨▂▄▅▆▇██■■〓◥◣▄▂
    ▍  ▅ ◢■     ▍ ■ ▂▅██▅▆▇██■〓▀▀ ◥◣ ∴ ▪ .
  ▐   ▂   ▐◣ ▐▅▇███████▀ ▪ ∴ ….▅ ■  ◥◣
   ▀◣▂  ▀◥▅▆▇████████▆▃▂  ▪ ■▂▄▃▄▂
     ◥◣▄▂▄▅▀   ■  ¨ ▀▀▀■▀▀▀ ▪ ■ ∴‥

なんかどこから切っても、ウリナラマンセー!! だなぁ。

そもそも、韓国のインスタントラーメン云々って結局、単に多く食べてるだけじゃん?理由は作るの楽だからという程度で。

極論を言えば、つまるところ、作るのが楽だから。味が良いとか種類が豊富だとかは後付けに過ぎない。 別にそれらを否定するわけじゃなく、実際に作った料理の方が、例えばラーメン屋で食べるラーメンの方が美味しいのは自明の理であって、「食事はなるべく美味しい物を食べる」という観点からすれば、結局、面倒くさがり屋の自己弁護にすぎない。

別に私自身味覚に自信があるわけじゃないから、そういう人を断罪するつもりはなく、それ系統のマニアとかオタクとかが色々言うならわかるけど、「韓国人はわかってる!」と来られると「韓国人は基本的に怠惰で、味覚オンチだと主張してんのか?」という風にしか読み取れない。

一番韓国的な事が一番世界的な事である(以下略
韓国的=世界的 じゃなくて 韓国的⊆世界的 ってことじゃん?

「私絶対これは売れると思ってたんだよねーw」 って、みんなそう思ってたから売れたんだよ バカヤローメ!!

と、最近、TVで見かけなくなったお笑い芸人のネタにありましたが、まさにそんな感じですね。


ちなみに、インスタントラーメンの一般化といえば、やはり「カップラーメン」の功績だろう。
ちなみにカップラーメンが出来たのは、日清が米国にインスタントラーメンを売り込みにプレゼンをしに行ったとき、いざ相手に試食してもらおうとしたら米国にはドンブリが無かった。相手方はそこでどうしたかというと、飲み物の用の紙カップを器として代用した。そこからヒントを得てカップラーメン(つまりは、カップヌードル)が誕生したわけだが、このエピソード1つ取っても、世界中に売り込みをかけたのも、より手軽な形へ発展させたのも、日清だったわけだ。

別に韓国だけじゃなく、米国からヨーロッパ、果ては裏側の南米まで技術供与など行なってインスタントというより、ラーメン自体の世界化に成功したわけで、韓国にインスタントラーメンが渡ったこと自体が、他ならぬ日本によるインスタントラーメンの一般化の過程なんですがね。


しかし、「一般化したのはウリナラニダ!!」って新パターンだなぁ。あまりに時代が浅いと捏造がきかないから「一般化したニダ!!」にしざるをえないんだろうけど。まあ、別にそれが"本当"ならば、文句は無いんですけどね。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

李氏朝鮮が対馬の支配権を確立していれば対馬は歴史的にウリナラ領土だったのに!
たびたび出てくる「対馬は歴史的にウリナラ領土!」という主張の一環↓
■李氏朝鮮の対馬征伐は「失敗した戦争」  聯合ニュース

 「1419年の対馬島(テマド)征伐は、軍事戦略面から見て、失敗した戦争だった。」国防部の戦史編纂研究所(所長:安ビョンハン)は17日、古代から李氏朝鮮時代までの軍事戦略を分析した資料3冊を発刊したが、そのうちの「朝鮮時代の軍事戦略」編では、対馬征伐(訳注:日本側の呼称は「応永の外寇」)の過程を詳細に扱っている。
 この本によれば、対馬征伐は李氏朝鮮の軍事力が投入された最初の海外遠征だった。攻勢的な奇襲戦略で局地戦形態の小規模戦争方式を通じて、当時の対馬島主だった都都雄瓦(訳注:日本の史料では「都都熊丸」。後の宗貞盛)を降伏させ、政治・外交的には成功的な作戦だった.
 しかし軍事的側面から見ると作戦は失敗であり、対馬に対する直接支配体制を確立できなかったなど、現代的軍事戦略面では成功できなかった戦争だったという。
 李氏朝鮮は1419年6月、三軍都体察使(征伐軍総司令官)李従茂の指揮の下、艦船227隻と兵力17,285人からなる征討軍を編成し、対馬征伐に出た。巨済島南端から10隻の偵察船団を先頭に出発した征討軍は、3日で対馬の浅茅湾沖に到着した。当時、対馬の倭寇は朝鮮の偵察船団を倭寇船団と間違えて歓迎の宴の準備しており、征討軍の本隊が近付くと慌てて山岳地域で退避した。
 最初の小規模上陸作戦では賊船129隻を捕えて家屋1939軒を燃やし、倭寇114人を射殺す戦果をあげるとともに、倭寇に連行されていた中国人131人を救出する成果をおさめた。しかし本格的な上陸作戦を敢行した際は、指揮官らの戦術知識不足や上陸戦の経験不足で100人余りの我軍の死傷者を出すなど、拙劣な戦闘だった。
 地上戦に失敗した李氏朝鮮軍は海上封鎖で倭寇たちの投降を期待したが、征伐作戦の開始から20日にもならないうちに台風を心配して引き返さざるをえなかった。
 同年7月、李朝の朝廷は、対馬攻撃軍と倭寇要撃軍の2つの部隊からなる司令部を編成して第二次征伐を命じたが、征討軍の士気低下と軍船の破損、気候条件などを考慮して出兵を延期すべきとの上訴のため、決行することはできなかった。
 しかし、兵曹判書・趙末生名義の書簡を対馬島主に送り、朝鮮に「君臣の礼」で仕えれば武力行使を中断することがありうると通知ししたのに続き、9月と10月には軍船整備の指示を各島に下達して対馬島主に圧力を加えた。
 李氏朝鮮の圧力の結果、対馬島主は李氏朝鮮に人を送り、君臣の礼をとるという内容の降伏文書をもたらした。
 「対馬は土地が不毛で生活が苦しい。島民を巨済島などの島に住まわせて下さり、対馬を朝鮮の領土の州郡と思って州郡の名称と印信(確認書)を頂戴できましたら、私どもは適切に臣下の礼をもって命令に従います。」 世宗20年の1420年7月、李氏朝鮮は対馬島主に「宗氏 都都雄瓦」という印信を授け、対馬島主としての地位を認めてやった。対馬の戦略的価値と潜在的経済価値を認識することができずに、対馬島主に自治権を認めてやるという愚を犯したのだ。
 李氏朝鮮が当時、対馬の戦略的価値を理解して官吏を派遣して直接支配体制を確立していたら、対馬は朝鮮の領土になったに違いなく、後日の壬辰倭乱(訳注:秀吉の朝鮮出兵のこと)も予防できたはずだ、と著者は指摘している。


豊臣秀吉が朝鮮出兵に成功して、当初の計画通り北京を支配すれば、中国大陸は日本の領土~
十字軍の遠征が成功していれば、エルサレムはキリスト教徒だけのもの~
ワーテルローの戦いでナポレオンが勝っていれば、ナポレオン完全復活~

ウリナラ歴史観といえば「~していれば―だった」
自分達に有利な条件を設定しておけば、お好みの結果が得られるなんて当たり前だけど。当たり前という以前の問題として、そういう歴史解釈しはじめたら、無限の通りが存在するから、その時点で学問としておしまい。

第一、その後に再び奪取される可能性とか考えないのか?

もっとも、今回の「~していれば―だった」というのは、微妙に違いますけどね。

過去にも「対馬の日」が決定した時だかに言いましたが、日本ではこれを「応永の外寇」といいますが、当初奇襲作戦で朝鮮側が優勢だったんですが(このとき、この記事が主張するように確かに一時的な負けを認めたらしい)、軍備を整えて反撃されて朝鮮側は敗走。最終的に和平条件が提示されて朝鮮側からも官吏を送ってこれを認める。

韓国人は、どうも、その前半部の「当初負けていた」というところまでしか史実に無いようで、完全な李氏朝鮮側の敗北だったということを知らない。知らないから、軍事的には成功だったが、政治的には失敗だったとかわけのわからい結論が出てくる。軍事的にも失敗だったんだよ!!
(注:記事中には「政治的に成功だったが、軍事的には失敗だった。」と書いてありますが、「自治権を認めたらから失敗した」って政治的な理由ですよね?逆に戦闘では勝っていたとか書いてあるって事は、軍事的には成功だったってことじゃないの? 韓国では政治と軍事の定義が違うのか?)


まあ、ともかく、日本では応永の外寇を教えてない。教えてないってことは、逆に言えば大した内容の歴史事象ではないということの証明であり、本当に例え一時期でも現在の領土が、外国勢力によって領土が確立されていたのであれば、絶対、教科書に載ります。近代史のごたごたがあるわけでもあるまいに。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

盧武鉉大統領の訪米を簡単にまとめると

ブッシュとの会談時間 30分満たない


その後のホワイトハウスの公式見解の語数 280語


土産(インディアンの酋長の棒) 42ドル


訪米中に発覚したウォン高の阻止を目的としたドル買いに使われた予算 17兆ウォン


訪米による外交成果 Price less





盧武鉉大統領の訪米は期待を裏切らず中々高評価だったようで。(2ch的に)

ちなみに盧武鉉が、主に2chで酋長と呼ばれているのは、親族を側近にしたり、地位を上げたりするという、近代国家というよりどこぞのジャングルの部族社会みたいなことをやってるので酋長と呼ばれてる。
韓国人の日本分析はいつみても笑える
まずは、この記事↓
■「現場メモ」日本が異種格闘技に沸き返える理由  スポーツソウル(韓国語)

(前略)
 格闘技に沸き返える日本人たちの心理的なコードは果して何だろう。
 日本人特有の心理的遺伝子と関連があるように見えた。よく表と裏が違うという本音とタテマエに象徴される日本特有の二重性が異種格闘技と選択的な親和力を持つという分析は説得力がある。日本人たちは一人でいれば大人しいが、個人同士が団結すれば眠っていた野獣的本能が化学作用を起こしながら爆発する。最近、日本の極右保守主義者たちが意識の集団化を通じて軍国主義の復活を夢見ることも同じ脈絡だ。
 国家と個人の特殊な関係も日本人たちを異種格闘技にはまる、もう一つの要因ではないかと思う。日本は個人の上に国家がある。国家は富裕だが個人は貧しい国。国家全体のために個人は犠牲にしてもよいというイデオロギーが社会全体を貫いている。
 国家という巨大な恐竜に押さえ付けられた個人は痛々しくてつらい。疎外の崖の先に追い出された個人は押えつけられた感情を爆発させるブレークスルーを求めるものと決まっている。異種格闘技は押えつけられた自我に通快なカタルシスを提供するのに、ちょうどよいスポーツだ。
 生死をかけた選手らの戦いを見て楽しみながら快楽を追い求めた貴族達の遊戯文化はローマの滅亡をは早めた。異種格闘技は現代に復活した剣闘士たちの対決に違いない。異種格闘技に沸き返える日本人たちの心理的コードを解剖して見ながら突然浮び上がる心配事だ。


∑( ̄△ ̄;)なんだこの心理分析・・・


まず、始めからおかしい。「本音と建前」と「集団性」は全く別。
まあ、「集団性」を円滑に維持するために「本音と建前」という日本人らしさみたいなのが構築されたという意見を否定するわけじゃないですが、あくまで両者は別物。

そして肝心なところは、スポーツに関して熱狂的になるってのは日本に限ったことじゃないだろう。私は「人の殴りあいなんか見て何の価値がある?」という人間だから見ないけど、格闘技に限らず、サッカーにせよ、アメフトにせよ、テニスにせよ、少し大きな舞台になれば大衆が見る、集まる。

そんなの韓国だって例外ではない。

で、今回の記事の最後はローマのコロッセオだよ。ちょっとローマ史知ってれば、この結論付けは笑うしかないけど。


まあ、本題はここからで、韓国の日本分析は今回の記事にも見られるように、欧米人(世界の一般認識)から見た日本観を直接借り受けつつ勝手な拡大解釈をしているというのが多い。さらに言うと、他ならぬ拡大解釈された点が韓国人自身に当てはまってることには気づいてない。

例えば、一般に日本人といえば「集団性」だが、これは韓国人にも当てはまる。反日なり反米なりで簡単に世論が一挙一動するなんて、日本だってそこまで大衆化しちゃいないよ。前のこの記事の最後で「韓国の事例じゃん!」と連呼したように、領土問題なんかでも、簡単にナショナリズムで火がつく。(本当に火つける人もいますけどね!)

確かに欧米人から見れば、日本は個人が育たない集団主義的な国なのかもしれないが、それは韓国から見ても同じ基準じゃない。

はっきりと言ってしまえば、己の立ち位置を理解してないんですよね。自己分析ができてない。

そして、ジョークや皮肉で使われる「日本は社会主義国家」というのが、拡大解釈されて分析の要素に入れられてるし、さらに、反日からくる日本との差異化を目立たそうと思って、よく言うのが「ウリナラは自力で民主化したけど、チョッパリは米国の支援で民主化したニダ!」という奴ですね。今回の記事にも出てるけど。

そんな感じで韓国の日本分析というのは、馬鹿馬鹿しいのが多い。

でも、しょせんスポーツ新聞の記事でしょ?なんて思う人もいるかもしれないけど、この傾向は、韓国の教授の肩書きを持った人間の日本観でもたびてび出てくる。まあ、通常は、小出し程度だけど、今回はかなりまとまって出ていたので、良い資料としてスクラップ兼ねて長々と書いたわけですけど。

あと蛇足ですが、前に尊敬している(尊敬というより優良と言った方が近いけど)ブログで、私がよく思っていることが書いてあったんですが、韓国って第二次世界大戦前のドイツに近いんですよね。
「ユダヤ人をスケープゴート」にして政権の指示を得ることは、まさに「反日を餌に支持率を得る」ことだし、「アーリア人の優秀さ」は「韓国人の優秀さ」。その辺り(優生学)とも関係のある障害者に対する差別意識なんてのも韓国では深刻な問題だ。(ソウル五輪の後のパラリンピックを放映したら、気持ち悪いから放映するなとテレビ局に大量の抗議が送られたというようなエピソード持ち出したらキリ無いし。)
「退廃芸術」辺り云々も、芸術と固定されているわけではないまでも、文化に対してその傾向が見られるし、これは無理やり感が強いですが、最近の戦時統帥権の話ってヴェルサイユ条約破棄辺りに似てないかなぁと思ったり。
特に、韓国の経済成長率が落ちつつある現状を鑑みると、近い将来、ナチスのような政党が台頭する可能性は決して無くは無いと思う。まあ、あくまで思想的な面であって、周辺諸国を侵略するなんてことが起こるとは言いませんけどね。(周辺国が日米中露じゃあねぇ。)

ちなみにナチスという思想形態は、本来、近代国家には起こりにくいそうです。例えば、KKK団を引き合いに考えてみるとわかりやすいんですが、いくら白人優位を訴えようと、ベースボールやバスケなどにおける黒人の活躍というのを防ぐことはできないし、文化面でも、例えば音楽分野で活躍する黒人というのを押さえ込むことは出来ない。

ある程度に情報が共有化され、また、民族という単位ではなくあくまで国家という単位で活動する場合はということらしいですけど。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

詭弁論理学の感想というか鏡の問題
最近、中央公論出版の「詭弁論理学」というのを読んでましたが、まあ、中々面白かったです。

詭弁論に出てきたいくつかのパターンってのが、これがちょうどテレビでやってた劣化ウラン弾のドキュメンタリー(多分HNKだった。)に当てはまってたので思わず苦笑してたし、序盤の強弁論における二分化とか読んでる時は、ちょうど親王誕生に関連して男系派の主張見てる時で、男系・女系・皇統並べて「これを見れば女系はダメだとわかるはず」なんてのがあった時だったんで、「うわぁ、魔女狩り」なんて思ったり。


それで、前にこのブログでやったある論理パズルの問題点がこの「詭弁論理学」にも載ってた。

そのエントリーの最後の方にも書いたように「こんな問題を深夜に2時間もかけて解く私ってバカね」なんてやってたけど、この詭弁論理学の初版が30年前なので、もっと早く読んでいれば、あの二時間を無駄にしなくてすんだってことですね。
しかも、こっちの方がもっと詳しいですし。

まあ、答えを知ることよりも、考える過程が重要なのだ!! と哲学者っぽいこと言って本題。
その「詭弁論理学」に、時間が無いからとあまり詳しく書かれなかった問題に、これまた有名な「鏡の問題」があったのでそれを、自分なりに考えてみる。


「鏡の問題」を知らない人のために、まず説明いたしますが、この問題というのは、鏡を見た際に、例えば右手を上げれば、鏡の中の自分は左手を上げ、左手を上げれば左手を上げるというように左右対称である。だが、上下は変わらない。それはどうしてか?という問題。

以外と簡単そうで、考えてみると難しい。 特に「上下が反転しない理由」と「左右が反転する理由」を別個に考えると、それなりに答えも出るけど、
「左右が反転するのに、上下が反転しないのは何で?」とまとめられると、もう考えれば考えるほど、頭が混乱する。

この問題を考える上では、もう1つひっくり返っている物がある。それは前後。前と後も、また左右と同じように実像と虚像は反転している。つまり、裏返っている。

それを見る人間は無意識のうちに、虚像も裏返すことで、実像と重ね合わせを起こそうとし、結果として上げた手が裏返る。

と、これは「詭弁論理学」にも少し載ってるし、鏡の問題の解決法としては割とポピュラーな方。

ただこの解法にしても、裏返しがなんで縦軸で行われるかという点を突っ込まれると弱い気がするんですよね。
例えば、元の字が、
609091.jpg

の場合、鏡に映った文字が
609092.jpg

になるのに、なんで
609093.jpg

にはならないの?(これだって裏返しにした文字ですよ。)

最初に言ったように、この問題は「左右が反転する理由」と「上下は反転しない理由」を別々に考えるとわりかし上手くいくが、一緒に考えるとわからなくなる。

なので私は別面から考える。
とはいえ、一般的に平面的に考えがちだか、この問題は空間的に考えなければならないという点では一緒。

そもそも上下と左右&前後の違いは何だろうか?それは基準の違いだと私は考える。

例えば、新宿とか東京ディズニーランドとか人がたくさん集まる場所なんかを想像してもらって、そこにいるたくさんの人間の左右や前後はバラバラである。左右や前後は統一されていない。が、上下は別である。万人が上は上であり、下は下である。

つまり、上下とは違って左右、あるいは前後という物は、「相対的な物である。」ということだ。つまり、これを絶対的な基準に置き換えてみてみれば、それが反転することは無いということになる。

例えば東西南北。(自分の北方向に鏡を置いたとして)
東側の手を上げれば、虚像も右側の手を上げる。決して西側の手が上がることはない。逆側の手もまた然り。

以上、鏡の問題についての解答終了。


と言いたいところだけど、私がもし説明される立場ならば、寝転がってる人は?とか、逆立ちしている人は?とか特殊な事例を持ち出して、だから上下が絶対的基準とは言い切れないと指摘するんだろうなぁ。

さすが、長年、数学者から物理学者まで苦しめた問題ですね。
正論でも言う資格が無い
■民意の反映  朝日新聞

 進化し続ける携帯電話の活躍の場が着実に広がっている。全地球測位システム(GPS)機能を使って居場所が確認できるとして、子どもに携帯電話を持たせる保護者も増えているという。
 終戦記念日に生放送されたNHKの特番「日本の、これから」では、「首相の靖国神社参拝の是非」のアンケートに携帯電話が使われた。
 これに違和感を覚えた。携帯電話を苦手とする人が少なくない中高年層がどれほど参加したのかという疑問である。
 回答者が携帯電話を得意とする若者層に偏っていたとすれば、結果は民意をきちんと反映していないおそれがある。
 NHK広報部は「携帯電話はより多くの人に開かれており、生放送中に統計的データを得るには有効な手法」という。
 今回の参拝是非アンケートは番組中で参考にしてもらう程度のデータともいう。だが、あの数字が独り歩きするおそれはないのだろうか。
 現段階では、携帯電話だけに頼る調査は、若者を対象にした調査でしか使えないのではないかという懸念が消えない。


全く正論ですが、朝日が言うことじゃないですよね?
あー 何か生まれたようなので
天皇嫌いなので祝福いたしません!!(ウソウソ


皇族だろうが、共産主義者だろうが、これから生まれてくる者を何者も否定はできない。(某神父風に。)

親王誕生おめでとうございます。


まあ、後は7ヶ月前に言ったことの復唱。

「男の子が生まれたから、これで女系派を牽制できる」

バカか?(もう、本当にこの手の意見見たら口に出たよ。)

男子が生まれたから、あと10年(下手すりゃ30年?)かけて議論した方がいいなんて意見もあったが、現時点で改正論議しているのが既に遅いのにこれ以上先延ばして何するの?

結局、男子は一人だけ。
この先、新宮の子が3人くらいで、いずれも男子ならば、問題は回避されたと見てもいいかもしれない。が、そんな保障はどこにも無い。いや、もしかしたら何かしらの理由、例えば病気や事故などで、他ならぬ本人が皇位に付くだけの体力が無い、いや、下手をすればその前に亡くなるという可能性すら否定できない。
また、女系にするにしろ、旧宮家の復帰をするにしろ、そんなの一朝一夕に行うことができるようなものじゃない。はい、皇室典範改正したので、あなた天皇になってください、旧宮家は戻ってきてくださいなんてやるのかね?

それこそ「天皇になる可能性がある」ので、小さい頃から、それなりの躾というものを行うんじゃないのかね。本人の自覚という面も重要だろう。(むしろこっちが重要か。)

どうもね、あくまで男系派に拘って主張する人間の大半は単なるファッションで、ろくにこの問題について考えてないとしか思えない。
そもそも、この問題は、血が絶える可能性があるから論じているはずなのに、それについてはあまり言及は少なく、その過程が気に入らないとそこを問題にする人が結構多い。

別に現実よりも理想を取ることは個人の優先順位の問題だから私には関係ないが、端から理想しか見てないのは論外です。


まあ、ともかく、今回一番言いたいことは、「新宮さまがお生まれなったので皇室典範改正論議は、数十年の猶予を得た」なんて言ってる人は、何故、今、皇室典範の改正が議題に上っているか考える必要があるんじゃないの?


関連:
男系派は論点を明確になされてはいかがですか?(系譜と権威)
男系派は論点を明確になされてはいかがですか? その2(代価案と旧宮家)
男系派は論点を明確になされてはいかがですか? その3 (科学的根拠と男系の支持)

男系派は論点を明確になされてはいかがですか? 閑話休題

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

本家金城摸版嫌日流「そこに直れ、嫌韓流」日本販売決定
■金城摸版『嫌日流』、9月中旬に日本で発売~「そこに直れ、嫌韓流」  東亜板

 「そこに直れ嫌韓流!、嫌日流が通る!」人気漫画家の金城摸(キム・ソンモ/写真)氏が発行した『嫌日流』が、韓日間で間もなく大きな波紋を呼ぶ事と予想される。金城摸氏の嫌日流は、昨年日本で発行した『嫌韓流(山野車輪:作)』に対して『向かい火(山火事などを抑える為に放火する事)』を付けたマンガである。
 嫌韓流は韓国と韓国人を感情的・怨色的に見下して韓国で大きな反発を買ったが、金氏の『嫌日流』は徹底的な検証と理性的な反論で日本人達の歴史的無知を覚まし、日本の右翼論客の思惑と野望を暴露した本である。金氏は1年以上几帳面な資料調査と日本での現地調査をして、韓国はもちろん日本でも販売される予定で『マンガ・韓日戦争』が予想される。
●嫌日流とはどんな本?
 金城摸氏の『嫌日流』は、昨今の韓日紛争の最大焦点である靖国神社参拝問題と独島紛争に対する日本の詭弁を項目別に反論する。日本に留学して復校した韓国の20代の青年キム・ハンスが、同じ学科に編入した日本人学生達との論争を展開する。その後入社した会社で会った日本人貿易業者との衝突を通じて、日本の政治的な野望を鋭く暴いて行く。
 金城摸氏が嫌日流を出す事にした動機は簡単である。昨年の夏に日本で発行されて100万部を超えて日本人に人気を呼んだ『マンガ・嫌韓流』を読んだのがきっかけだった。金氏は韓日歴史に対する事実が無視されて、日本の右翼側主張だけの嫌韓流を見てから怒りの感情を抑えられなかった。実際に嫌韓流では日本の韓国に対する皇国殖民化政策が、韓国を先進国に作るきっかけとなり、強制徴用などは韓国人の自発的な支援だったなど歴史歪曲として問題になった事がある。金氏は、「マンガではなければ読んでそのまま無視したが、マンガなので更に激怒した」とし、「我が国の作家が対応するのを待っていたが、誰も反論する本を出さないので、直接私が本を描いた」と明らかにした。
●几帳面な資料調査と現地調査で臨場感を生かして…
 だが嫌韓流のように歴史的な事実を無視して感情的には対応しなかった。金氏は去年の6月から今までの1年2カ月間50冊の本を読破して証拠資料を集め、日本に3度訪問して日本のジャーナリストなどと討論をした。また靖国神社も行き、日本の人々も会って肌で日本を感じた。金氏は、「セリフの一つからも資料を捜し出して書いた」と日本側のごり押し論理を理性的に論破したと語った。彼は続いて、「日本に行って見れば日本人は悪くないが、日本の政策とその政策を作る政治家が悪いという事実をつくづくと感じた」と強調した。韓日関係を扱う本なので、以前の他の作品よりも更に熱心に完成しなければと言う使命感が大きかったと語る金氏は、この作品を通じて韓国人という事実を更に生き生きと感じる事が出来たとうちあけた。
●今月の中旬頃に日本で出版予定
 嫌日流は国内だけでなく、今月の中旬頃に日本でも出版される予定である。金氏側の代理人は現在、日本の出版社と嫌日流の出版契約を控えている。この本が日本市場で出版されれば日本人達の間で大きな論議が起きる事が予想される。「この本を見て是非とも日本人達が、正確に自分と自分達を感じてほしい」と熱弁した金氏は、以降嫌日流の2巻も出版する計画を立た。2巻では在日韓国人と日本人の人種差別主義。慰安婦問題などを集中的に扱う予定である。嫌韓流と嫌日流を巡る『マンガ韓日戦争』は韓国と日本を熱く焦がす事となる。

ソース:NAVER/スポーツソウル


やっとか。当初の予定では今年の3月だったはずだが、さすがに半年も過ぎると、口先だけで逃げたかと思ったんですが。
この間に同じ韓国人からさえ猛烈に批判された別の嫌日流も出ましたが、同胞に批判されるだけあって酷い内容でしたが、本家「嫌日流」は如何に?

この紹介を読む限りにおいては、嫌韓流の反論本という体裁を取っているので登場人物のパターンが似ているというのはしょうがないとしても、「日本の政治的な野望を鋭く暴いて行く」というのが引っかかる。先に「徹底的な検証と理性的な反論」と書いているのに「右翼論客の思惑と野望を暴露した本」とも来ているとなおさら不安が募る。

嫌韓流というのは、その主旨においてはあくまで歴史事象についての検証だ。韓国がこういう歴史観を持つのは、韓国人のこういうメンタリィで、現代韓国において~ というのは、全く無いとは言わないけど、そんなの嫌韓流においては主旨ではない。
ところがこの紹介文を読むと、歴史事象についての検証じゃなくて、歴史認識についてページが割かれてるような気がする。

あくまで歴史認識と来るならば、結局、それは感情論の介在しやすい分野になるので、どうも今までの韓国人と大して変わらないような気がするが。。。
あと、いつものお決まりである「日本人は悪くない!日本政府や日本右翼が悪いんだ!」ってな感じかな。


しかし、なんだ、1年2カ月間50冊の本って多いのか少ないのかわからないなぁ。
1ヶ月平均4冊少し。1週間に1冊ってところか。まあ、別に資料集めや本稿を仕上げたりしないといけないのも考慮すると妥当なところか?ただ、本の内容にもよるが、どうも原資料じゃなくて、一般書籍、それも一般のウリナラ史観がちりばめられた、――-例えば李泰鎮教授のような――人間の書籍を集めて読んだというような気がするのは偏見かな。。

願わくば「本家嫌日流。初日で論破される。」ということが無い様に。

テーマ:特定アジアと日本 - ジャンル:政治・経済

女が結婚できないのは女性の進化についてこれない男のせい
白河桃子の「“キャリモテ”の時代」(第3回)  日経ビジネス

“モテ”と“キャリア”の歴史 “負け犬世代”は男に期待しすぎた
 私がこの「キャリモテ」の原稿を書こうと思ったきっかけは、ある女性の一言。「若い頃はね、自分を磨いていい女になればなるほど、いい男が寄ってくると思っていた。でもそれは大間違いよ。誰かもっと早く教えてくれればよかったのに」…。
 その人は一世風靡した元モデルさんで、後に起業した。顔よし、スタイルよし、センスよし、頭もよくて家柄もいい。誰が見ても非の打ちどころのない「いい女」。そんな彼女でも「納得のいく結婚」に出合うには、苦労したとか。そこで、最初のセリフが出たわけだ。「いい女になればなるほど、いい男が寄ってくるなんて大間違い」という一言に深くうなずいた私も、気がついていた。「そうだ。日本女性の進化に男性はついてこられなかったのだ」ということに。
(後略)


要約:女も男並に馬鹿になった

妥協しないで欲かいた結果という話だろう( ´-ω-)y‐~
夏の軽井沢に行ってきた
祖母の喜寿の祝いで浅間山麓の温泉行って、帰りに軽井沢寄ってきました。
(と言ったって、軽井沢なんて自宅から車で一時間少しの距離だから、何も温泉の帰りにわざわざ寄るほどのところでもないんだけど。まして、自宅の標高と軽井沢の標高なんて大して変わらので、避暑にいく必要ないし)

夏の軽井沢を一言で片付けるとしたら、これだね。
「人がゴミのようだ」
もう、どこから沸いてきたんだという感じ。冬の軽井沢と比べてみなよ。全然、人口が違うから。むしろ、私は冬の軽井沢の方が好きだけど。

まー 軽井沢=避暑地=夏行く というのが絶対的な公式なんだろうなぁ。行く人たちって。

あと、気づいたことといえば、ツーリングの集団が多いですね。そして、ツーリングの集団って見た目は若そうだけど、ヘルメット取ると十中八九、中年のオッサン達ですね。
まあ、休みとはいえ、若い人が、集団でハーレー乗り回すなんて時間や金に余裕なんて無いですものね。
IT大国のウリナラは2chのIDから発言者の年齢がわかるニダ
昨日のフランスの国営テレビの放送云々に対しての2chの反応に対する韓国の反応
■「独島が韓国領土? そういやフランスはヨーロッパの韓国じゃないか」  民衆の声Voice of People

 フランス公営TVが「独島は韓国の島で、日本が激しく領有権を主張している」という内容などが盛り込まれたドキュメンタリーを放送する際、事前に日本政府から強い圧力を受けたという事実が明るみに出て、国際的に物議を醸している。フランス公営TV「FRANCE5」は先月18日、「日本:過去の影」というドキュメンタリーを放送した。しかしこの過程で駐フランス日本大使館は一ヶ月半にわたり執拗に取り消し圧力をかけたことで判明し、国際的関心を集めたのだ。
 そんな中、日本では現在、この問題をめぐって強い舌戦が行き交っている。特に日本の若者たちからは、「韓国の反発もうるさいのに、フランスまでもが手伝っている」という非難が続出している状況だ。
 日本で「世論」を先導している2ちゃんねるの「東アジアニュース」でのネチズンらの間では、驚くほどフランスに対するバッシングが高まっているうえ、「日本の外務省がまともに圧力を行使することができなくて結局フランスで途方もない内容が放送された」と政府を批判する内容も並んでいる。
大部分が20~30代の若者たち。日本の保守化を証明するものか?
 31日一日のレスの数だけでも130余り。大部分が韓国とフランスを攻撃する発言だ。25歳の「qtc4Z7Ie」というIDのネチズンは、日本の外務省に「ちゃんと抗議しろ」「ついでに南京大虐殺も捏造だったと言っておけ!」と糾弾した。
 また30歳のID:「meCjQ62Y」は、フランスが放送した内容について、「サンフランシスコ条約あたりを調べれば竹島は国際的にも日本領土だという点が確認できるのに、確認さえしなかったのか」と責め、「これは『外務省が悪い』とか『放送をどうして阻止できなかったのか』というより、『放送しようとする内容が国際的におかしい』ときちんと理解させるられなかった日本全体の過ちだ」と主張した。
 海外メディアを念頭においた意見もある。「jsAdLTD2」は、「皆さん、ここで怒っても『日本ネチズンの反応』が記事に書かれるから、冷静に頭を使いましょう」「フランス国営TVに、竹島は日本の物だという資料を送れば良いのです」と書いた。
 ID:「fm32Zjn9」(21歳)も、「韓国やフランスだけではなく世界のどの国でも、隅々まで共通の価値観や倫理を伝達するのは難しいこと」としながらも「しかし放送従事者までロクに調査せずに他国の問題を放送するのは、酒を飲んで酔っ払って管をまく体たらくではないか」と批判した。
 また、「eN0vV00f」というIDのネチズンは、「フランスは日本の伝統文化や芸術などに対して何も分からない所だから、日本文化を盗作してまでコリアニズムを浸透させようと思っているのだ」として、「今度の騒動も、韓国側が(仏側に)裏金を渡したり慰安婦が『モノ』を言った結果だろう。フランスはヨーロッパの韓国だから」と言った。
 プランス人たちに対する感情的非難まで躊躇しなかった。「英語もできないプランス人を見ると我慢ならない」、「フランス人は奴隷制度が大好きで、他国のアラを捜し出すのが好きだ」、「フランスは先進国だというが、パリに住む日本人たちは誰もフランスを先進国だと認めない」、「韓国がアジアのフランス? 韓国はアジアの北朝鮮だろう。北朝鮮はアジアの韓国で」などと主張した。

若者の間で起きている「世界からの孤立」現象
 実は、今度の事件に限らず、日本の若者の間の「嫌韓流」は尋常ではない。日本の保守性向週刊誌として有名なSAPIOは、総販売部数60万部のうち約30%ほどが25~29歳の読者たちだ。
 去年には、日本に現われた韓流をきれいではない視線で眺め、荒唐無稽な素材を集めて韓国を非難した「マンガ嫌韓流」が発売後わずか5日で10万部(アマゾン集計)を売り上げ、人気マンガの仲間入りをした。
 日本の出版社「三五管」営業部の金ヨンス氏(在日僑胞)も、「最近、見るからに右傾化した内容に満ち満ちた出版物が、大人気で売れている。出るなり3時間もたたず売り切れになる場合もある」と語った。
 これについてフロリダ大学法学部のロバート・ツチガネ教授は、「日本の若者、特に大学生たちが国際社会で認められた時代はずいぶん前に過ぎ去った。日本の大学生の安逸主義、世界からの孤立、忘れてしまった競争意識、自己満足などの実態が、すっかり明らかになっている」と指摘した。


2chの東ア板が日本の世論を誘導している!?
いつからあの板はそんなに凄くなったんだ( ´-ω-)y‐~

しかも、この記者はどうしてIDから年齢がわかるんだ?どうして何で20~30代とわかるんだ?( ´-ω-)y‐~
(ちなみに、韓国人は2chのIDを、それぞれに割り振られた個人IDだと思ってます。)

さらに130レスってのもレスにしてはかなり少ないし。

そもそも、ネット上の軽口を大真面目に取り上げるなよ。ましてニュースにして。

なんか読んでてかなり疲れた。

国際問題化しているとか、孤立現象とか、韓国人記者のバイアスがかなりかかった記事ですこと。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。