プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観と客観の定義
前に評論文で、本当の客観性はありえない。みたいなことを主張するやつがあった。
人間という入れ物から出ることは出来ない、どんなに客観性を持とうとしても、それは結局のところ完全に主観を排斥できるものではない。と。

これ自体は科学における客観性を念頭に置いていたが、科学における客観性とは、同じ状態なら同じ結果が出るということや、メートルや重さなどの定義をそろえることでの共通性の話だから、「的外れこの上ない」という印象だった。

しょせん、文系による哲学的な意味で、理系における定義に対して文句言うなよ。というのがこの評論文に対する正直な感想。

それで、これとは別に、日本人が何かと「客観的に物を見ろ」という言葉を使うことに関連して、「日本人は個人主義には程遠い」とか、別の意見だと「主観無き客観性とは主体思想と変わらない」みたいな結論付けをする人もいた。

まあ、一見すると確かにそれらの指摘は正しいように感じる。

ただ、「主観無き客観性」とまで言うとこれには正直、納得が出来ない。「もっと客観的に見ろ」と言う言葉に、「主観性を完全に排除しろ、自分で物を考えるなッ」という意味は含まれてない。
だけど、客観的に考えろは言い換えれば、主観的には考えるなということだし、論理的には間違ってない。何がおかしいのか。

そもそも、客観性という言葉の使い方自体が間違っていて、正しく言うなら、マクロ、大局的視野という方が正しいんじゃないかと考える。

逆に言えば、この辺りが、本当に自分の頭で考えているか、それとも単に誰かの意見(より正確にいえば、大勢を占める意見)に乗っかっているだけかの違いにもなるんじゃないかと思う。
それこそ後者ならば、「主観無き客観性」だろうし。

だから、主観と客観の実際に使われ方というのは、本当は「ミクロとマクロ」或いは「局地的と大局的」という使い方の方が妥当ではないか?

と、重箱の隅をつつくような観念的な話でした。
スポンサーサイト
ただ事実を拾うと単なる墓穴にしかみえない
■「あのとき日本に勝っていさえすれば」 … 『高麗・モンゴル連合軍の日本征伐』出版  2ch
「仮に○○ならば、××だった。」というのは、ウリナラ史観の特徴であり、こんな考え方は学問として失格で馬鹿馬鹿しいといういつものはさておき。(また、日本の外征は悪いが、ウリ達の外征は正しいもさておき。)

>高麗・モンゴル連合軍の日本征伐
あくまで対等な関係に置きたいのね。( ´-ω-)y‐~~
あとカミカゼ特攻隊に繋がったって、単に名前だけだしねぇ。幸いなことに今回は学者じゃなくて作家という点かな。(嫌韓厨的には面白くないが。)

■『馬鹿馬鹿しい山陰中央新報らの独島関連古地図の報道』~北東アジア歴史財団の反論  2ch
外国人がソウル大で見つけた!って記事に対する反論ですね。ま、単に向こうで喚いているだけだから、反論になってないが。(本当に反論するつもりなら、山陰中央新報に載せるべきだし。)
内容を見ても、于山島=竹島 がもう大前提として組み込まれてる時点で致命的。

■捕虜虐待などで有罪となった韓国人B・C級戦犯の遺族らが遺族会結成。日本に謝罪と補償を要求  2ch
まあ、ある種、従軍慰安婦問題に近い面もありますが、、例えば韓国では親日派にされると国家レベルで村八分にされてしまうので、その親日派の汚名を無くすために、論理的に考えればおかしいようなことも主張すると。無論、「金目当て」という面を否定するつもりはありませんが。
まあ、とにもかくにも、彼らの目的はあくまで「我々の先祖は日本に味方したんじゃなくて、むしろ被害者だったんだ!」と"韓国世論に訴える"ことにあるという点を念頭におきたい。

■日帝徴用の資料379点を公開…『強制動員』をありありと証言  2ch
>写真資料の特徴は大部分を日帝機関と日本の会社によって美化されているという点だ。
>節制された姿勢と淑やかな身なりの写真中の人物たちから強制動員の跡は簡単に発見されない。
物は言いようってか。
写真見ても、文章見ても、むしろ墓穴というべき感じが。(いつものことだけど。)


■日本関東軍731部隊の生体実験歴史館、臨時オープン「日帝の蛮行知らせ、犠牲者追悼」  2ch
仮に731部隊の蛮行を認めるとしても、韓国は関係ないですよね?

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

ソウル大で韓国の主張を覆す竹島資料発見される
■竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つかる  山陰中央新報
逃げてビーバーズ氏!!

冗談はともかく(でも、冗談が実現しそうな国だからな。)、もし韓国の主張通りなら、岩島の竹島には該当しないという話は、何も今回の竹に限ったことだけではなく、家が数戸あっただの、ウサギがいただの、今までも散々指摘されていることなので目新しいことでもない。

まあ、ソウル大で見つかったというのが肝心なのだけれども、1年経たずうちに紛失とか普通にありえそう。

■剽窃、世界の大学では通じない  東亜日報
グローバル化とか関係ないし。当たり前だし。
いかに韓国で他人の物を盗むというのが当たり前になっているかわかる良い記事かと。

■非受精卵からES細胞作製 神戸の理化学研  神戸新聞
今後の予測
1.日本の研究は捏造ニダ
2.研究室に在日韓国人がいるニダ
3.ウリナラをパクッたニダ
4.あくまでES細胞はウリナラ起源ニダ

■盧武鉉政権の失敗の原因は「時代錯誤・無能・国民無視」  朝鮮日報
■「失敗した雄弁家」盧武鉉  朝鮮日報
酷い言われようだなぁ。選んだのは誰?

■「ロリータ・シンドロームは減刑事由に該当しない」  朝鮮日報
少なくとも今まで韓国では「彼は変態だからしょうがなかったんです」と。アホか。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国映画産業が上手く行かないのは日本映画のせい
■韓国映画の海外輸出、障害は日本映画?  朝鮮日報
分析がメチャクチャ。まあ、いつものことなんだけど。(苦笑) その中でも特に、
>ただ、タイだけはかなり輸出額が増えた。これについてもこの関係者は「東南アジアでほとんど唯一、侵略された経験のない国で、日本からの侵略もなかったのがタイ。それほど日本文化に親しみがなく、相対的に日本映画の影響をまだ受けていない」と説明する。
これは酷い。本気で言っているなら、この発言こそ「売れない証拠」だがね。
(まあ、どうしてこんな分析をしちゃうのかという話は、次のベトナム投資の記事にも繋がると思う。)

むしろ、韓国映画(ドラマも含めて)の広がりが、(実態はどうであれ)日本で有名になって東アジアに広がっていったのを見ると、結局「日本で売れたから」と言う理由で韓国映画が他国にも輸入されたとも言える。(これは決して嫌韓厨の戯言ではなく、事実、韓流の広がりを見てもらえばわかる。)
韓国映画の売れ行きが悪いのは日本のせいどころか、日本のおかげでここ2年程良かったんじゃないの?

それに韓国映画の後を追っているとか言ってるけど、そもそも、香港映画や日本映画は世界的に既に地位を持ってて韓国映画の方が新参者なんだがね。
あと、2000年代初めからと言っているが、韓国映画の輸出は、先の日本でのヒット辺りで区切りをつけるべきだと思う。少なくとも、韓流なんて馬鹿げた単語が出てくる以前の韓国映画といえば「JSA」や「シュリ」であり、これは確かに質の高い作品だったと思う。(まあ、私はシュリはあまり好きじゃなかったが、でも悪いとは思わなかった。)嫌韓が多い2chでさえ「JSA」や「シュリ」は評価されてる。
本当に映画産業を輸出で成り立たせたいなら、アホみたいな「涙頂戴もの路線」を早々に切り上げて回帰すべきじゃないかな。なまじ「韓流」なんて単語で勘違いさせたのが「涙頂戴もの路線」だったから、本人達がそこに気づくとは思えないけど。
もう1つ「グムエル」なんかで指摘されいたように、昨今の韓国での反米感情を意識して作られたような「韓国国内向け」映画を何も考えずに輸出したところで、売れるわけないだろう。(韓国でこんなにヒットしたのに、海外でヒットしないのは何故だ!?なんて馬鹿げた記事を良く見る。)少なくとも国内用と国外用に分けた方が良いんじゃないか。ハリウッド映画や、日本映画だと黒沢作品のような自国かつ海外でも通用する作品なんてそうそう無い。(もっともハリウッド映画が世界に通用するのは、ある意味でハリウッドの価値観が世界的になっているからといえるけど。)

だから、本当に韓国映画を海外でも評価してもらいたいならば、「JSA」などに戻るか、少なくとも国内用と国外用を分けて作るとかした方が良いんじゃないかね?


■ベトナムで「帝国主義」と戦う韓国投資ファンド(上)  朝鮮日報
帝国主義って。未だに帝国主義なんて言っているの、共産主義者かアラブの過激派くらいなもんでしょ。
韓国人が自分達にとって居たいと思う位置に、反日とか植民地とか帝国主義が必要だからしょうがないと言えばしょうがないんだけどさ。

ここのところ「ウォン流戦士」とかいう、また微妙な造語を良く見る。
実態は、禿鷹ですらない、要は国内の問題点を理解しているから海外に目を向けてる逃亡組じゃないの?

10年前の通貨危機の際も、韓国は海外投資盛んだったと言うし、ウォン高や短期国債乱発で、死亡フラグが結構立ってるんだけど、さて、10年前の再来はいつになるのかね。


■空軍のミスでF-15K翼が破損  中央日報
予想できるけど予想したくない。ここまで斜め上だとは思いたくない。
(飛ばないのに落ちた!!しかも、原因がマンホールって。)


■盧大統領「韓国の進歩、変わるべき」  中央日報
理解できるけ・・・ いや、理解できません。何が言いたいのかわかりません。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

高句麗はどちらの物か
■東北工程:中国の主張に海外の研究者も懐疑的見解  朝鮮日報
たった3人の意見じゃーねー。
で、竹島問題もそうなんだけど、「相手国の領有の証拠にならない」は「自国の領有の証拠」ではない。
少なくともこの記事から読み取れることは、「高句麗は中国史と見るのは難しい」であって、「高句麗は朝鮮史である」とは言ってない。
これが竹島問題なら、よく韓国側が主張するのが(その真偽はともかく)「歴史的に竹島は日本領じゃなかった」OR「1905年のは無効」だが、だからといって「歴史的に(国際法的に)韓国領だった」という証拠にはならない。

まあ、それとは別に、(琉球などの例外もあるが)日本は原則的に1つの統治機構が日本列島という領土を支配してきた。だが、海外に目を向けた時、こんなのはかなり珍しい例で色々な民族や国家によって支配者層がとって変わったのが多い。
例えば、元朝は中国史ともいえるが、モンゴル史とも言える。そもそも、ある国家が過去に領有していた部分を自国史に自国中心組み込むというのであれば、モンゴル帝国が支配した地域は全てモンゴル帝国を自国史中心に組み込むことが出来る。
だから、言うならば、高句麗は中国史でもあり朝鮮史でもある。というのが一番正しいんだが。まあ、二国ともこういう妥協はしないだろうな。


■「謝罪はした。いつまで謝ればいいのか」一部の米国議員、聴聞会で日本の肩を持つ  2ch
日系ホンダ議員が頑張ってる例のやつ。
日本の肩を持ってるんじゃなくて、あくまで中立的立場からの正論ですね。
日本の肩を持つなら、「慰安婦はいなかった」ですから。でも、残念ながら河野談話のせいで、日本の公式見解は「従軍慰安婦はいた」になってる。その前提においてあくまで中立的に「日本は既に謝罪している」「米国がどこまで他国の政治問題に干渉できるか」と述べているだけ。しごく当たり前。


■3人のあなたを忘れない  東京新聞
映画を観てないので映画の詳しい内容についてはとやかく言いませんが、
>「あなたを忘れない」とは、李さんや宮本さん、映画には描かれなかったがもう一人の勇気ある人・関根史郎さんにもささげたい言葉だ。
フィクションで人物像作り上げて、関根さんを無視し、あからさまな目的の内容の映画に、天皇も見たとか何とか喧伝したから、反発くらってるんでしょう?
本当に良い映画であれば、嫌韓なんて取るに足りない障害なんだよ。


■バレンブラット氏が聯合ニュースの報道を否定 … 「『"ヨーコの話"は全部ウソだ』なんて言ってない」  2ch
2つ前の「加害者と被害者を入れ替えたことだ!」の記事にあったことに対するコメントですね。

「そんなことは言ってない。」

あぁ 様式美だ。

韓国のそれは「ゲーム産業」ではなく「オンラインゲーム産業」
■「破竹の勢い」のゲーム産業、文化産業の主流になるためには…  東亜日報
ゲームじゃなくて「オンラインゲーム」というのがポイント。(正直、ゲーム産業で韓国ごときでは、日米には勝てんよ。)
ゲームの中毒性という言葉を使うなら、その性質上、オンラインゲームの中毒性は高い。そこにある種の韓国人のメンタリーが加わるから、ゲームのやりすぎで死亡というギャグとしか思えない事例が韓国では起こる。
さらに付け加えるならば、韓国の場合、日米の作品からのパクリが多い。この前も屁理屈並べて、堂々とパクリを行うと宣言する記事もあったくらいだし。

今度、オンラインゲームについての自分なりの考えをまとめてみようかな。


■韓国政府、‘公開ソフト’率先して普及~MSの横暴に「独立宣言」  2ch
大方はマイクロソフトの方が悪いんですが(苦笑)、韓国に限ってはマイクロソフトは必ずしも悪いとは限らない。
そもそも、韓国で普及しているウィンドウズのほとんどがコピー品で、メンテナンス上の問題からセキュリティホールを埋められなかったり。また、マイクロソフトとしても利益を出すために値段を上げざるを得ないが、それを批難する。(値段に関係なく、買う気無いくせにw)

それに記事中で「ActiveX」がどうのこうの言ってますが、それはマイクロソフトのせいじゃなくて「ActiveX」に依存した韓国の方の問題だろう。
しかも、その対策が「Linux」って、そもそも「ActiveX」のせいでLinuxユーザーが排斥されていたのが自称IT大国の韓国の実情なのに。


■「『ヨーコの話』の最大の過ちは被害者と加害者を入れ替えた点」  中央日報
被害者と加害者が確定的であると思い込んでいる時点で誤りであり、被害者と加害者は時に逆転する場合もあるという理由でおそらく米国に推薦図書にされた「ヨーコの話」に対する反論としては的外れも良いところ。(比較的「ヨーコの話」に冷静な中央日報にしてこれだから、韓国全体の勘違いがいうに及ばず。)


■島根に民団サポーター会発足  山陰中央新報
わかりやすいな。そうえば竹島の日まで、あと5日か。
しょせん南京大虐殺はプロバガンダ
■映画「南京」 サンダンスで初公開 際立つ「日本の残虐性」  産経新聞
一時期、イーストウッドがメガホンを取るとか嘘が流れたやつですね。

南京大虐殺って、まず日本で言うのと中国で言うのとでは意味としても場所としても範囲が大きく違う。その辺の認識の誤りを解消しないと、そもそも噛み合ってないんだよね。

30万人の根拠も国民党の大げさな発表なのが有名だけど、その内訳も軍属が含まれてる。これは単に戦闘員の死者も数に含まれているというだけじゃなくて、虐殺という定義を考える上で戦闘員を殺すことが虐殺行為に当たるなかどうかの話になる。そう考える人はいないでしょ。なら、硫黄島の戦いは米軍による「硫黄島大虐殺」と呼ばなければならない。

一般人の死者の内訳に関しても、虐殺行為と一般戦闘による死者は別物だし。
市街地戦で一般人にも被害が出ることは普通だし、一般民衆を脱出させなかったのは国民党の責任。
一部虐殺否定派が主張する、ゲリラと疑われて処刑された民間人がいなかったとは思わないし、それらがゲリラが悪いと日本軍を肯定する材料にもならないと思うが、少なくともいえることは、それを虐殺とは呼ばない。
イラク戦争でもファルージャ制圧なんかで民間人にも死傷者が出ているが、反米の人間でもこれをファルージャ虐殺事件なんて言っている人はいないわけで。

まあ、言うまでもないことですが、南京大虐殺の重要な点は、真偽でも数でも実態でも無く、単にナチスにおけるホロコーストと同列におきたい中国のプロバガンダなので。従軍慰安婦も同じですが。
製作者サイドが平和に駆られようと、反戦に駆られようと、しょせん史学として確定してない政治問題なんだから、これは単なるプロバガンダ。
孤立しているどころか着々と孤立化させている
■対北朝鮮で連携確認=日・チェコ首脳会談  時事通信
チェコも孤立?(苦笑
そういえば、六者協議の分担割合において日本は早々と拒否して、ロシアと米国も後に続くみたいで。孤立してる国が増えてるなー(棒読み
(マスコミはどんな言い訳するんだろうと思ったら、山崎とか使って「与党内部からも孤立化の~」とか、責任転換始めてますね。)

■日本「韓国に奪われた市場を取り戻せ」…‘円安空襲’  中央日報
円安空襲って。どっちかって言うと、生産力の向上の方が大きいと思うんだけどなー。プラス、韓国側のウォン高と生産力の停滞。

■中国企業が鳥インフルエンザに有効な漢方薬を開発  人民網日本語版
嘘くさい。ってか嘘だろ。
日韓が共同と言いつつ中身は全て韓国学会の主張のまんまの共通教材販売だってさ
■来月出版の日韓歴史共通教材、日帝占領期を「収奪論」で記述、慰安婦強制動員にも言及  2ch
また、何も臆することの無い故意的な歴史解釈ばっかで逆に清々しいな♪
とりあえず任那日本府説は韓国ネタ的には、実際にあったかどうかではなく、韓国の学会が日本書紀などを資料として使ってくる癖に任那日本府を著述しない点にあります。端的に言えば、任那よりも怪しい王仁博士とか、自分達に都合の良い歴史しか認めたくないということですが。

ところで、日本学芸大とはどこかとね。

■中国のメーカー、ドイツで「モノマネ大賞」を受賞  exciteニュース

 世界中で深刻化している著作権侵害問題に警鐘を鳴らすため、ドイツが金曜日、中国の業者に“モノマネ大賞”を授与した。
 ドイツの団体が毎年選考を行っているこの不名誉な賞は今年、中国のメーカー「He Shan Jia Hui Vacuum Flask & Vessel」に贈られた。同メーカーはドイツ製コーヒー用品を厚かましくコピーして販売しているという。
 フランクフルトで行われたセレモニーでブリジット・ツィプレス法務大臣は、「著作権侵害は国の経済成長や私たちの仕事を脅かすものだ。侵害による被害総額は世界中で毎年3000億ユーロ(およそ47兆4545億円)と言われている」と発言した。
 「消費者の皆さん、国の経済に関わるポストの人、皆がこの問題に取り組んでいく必要がある」
 ドイツの諺に登場する「プレイジアリウス」は金色の鼻をした黒いドワーフだが、「努力もせずに大金を儲ける」ため、この賞はプレイジアリウス賞と呼ばれている。
 これまで受賞したのは中国企業が多いが、ドイツやオランダ、アメリカ、イタリア、チェコの企業も選考対象となった。
 著作権侵害と判断された商品は眼鏡や花瓶、泌尿器科医療器具、肘掛け椅子やモールスキンのノートにまで至った。


こういうジョーク的なの良いなぁ。翻って日本だと、店に楽器が置いてあるだけで著作権料を取ろうとした某音楽著作権団体がありましたけどね。(現在進行形だから過去形は変だな。)

■【萬物相】米下院議員マイク・ホンダ  朝鮮日報
票田がコリア系だからとか言っている人もいますが、ある種、典型的なアメリカ人なんですよ。彼は。

■半導体装備50%を国産に、産業資源部5カ年計画  朝鮮日報
方向性は正しい。しかし実現は難しい。
まあ、半導体の話じゃないけど、日本の一部にも言えることですけどね。(左じゃなくて右の人で。左の方は方向性自体間違ってるし。)既に組み込まれた歯車を変えるには機械自体を変えないとダメなんですよ。だけど、機械自体を変えたら大半は失敗する。そのリスクを背負うかどうかを考えて指針は決めてないとね。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

嫌中嫌韓も学生運動も根は同じと思えば面白い記事かと
■今の改憲論はサブカル的(安彦良和)  東京新聞

 機動戦士ガンダムでは、主人公の敵の「ジオン公国」はナチスなんです。整列して挙手して「ジーク・ジオン」。ところが、ガンダム人気はジオン人気というぐらい人気が出た。かなり否定的に描いたのに、それを承知で格好いいと思うのが人間の性(さが)なんですね。
 (前首相の)小泉純一郎さんも、国民は「むちゃくちゃ言っている」と思いながら、格好いいと肯定した。理屈にもならないことを押し通す方が謝るよりもいいと。あれもある種の性でしょう。
 「なにか面白いことない?」という関心にあおられるのが、サブカルチャーの世界。そこでは行儀が悪くて、刹那(せつな)的で、非日常的なものを求める。昔は「お楽しみ」にすぎなかったのに、最近は偉そうな顔をして出てきて、本当の政治気分を醸し出している。サブカル的政治ブームというのでしょうか。
 僕はアニメをやめてから「虹色のトロツキー」という満州国(中国東北部)を舞台にした漫画を描いた。満州国は日本にとって非常に存在感があった。真剣にやれば「王道楽土」ができると思って国造りをした。だけど、やはり現地では、日本人は威張り腐って結局は因果応報。本気だったけど間違っていた。
 平板な「善玉・悪玉論」では抜け落ちる、人の生きざまとか微妙なものを描きたかった。でも今の嫌中嫌韓とセットの改憲論は、そんなの関係ない言い方ですからね。「なめられて平気なのか」って。過激でインパクトがあるけど、それをそのまま受け取るのもサブカル的ですよ。
 僕が学生運動をしていたころにも、日本は米国に守られて半永久的に平和だという前提があった。甘えがあった。ぬくぬくと居心地がいいから平和憲法は捨てがたいと。そういうのは嫌だったが、人類の最高の目標を書いた看板の陰で「解釈改憲」という恥ずかしい状態も続いた。「いいかげんこの看板を外そう」という気持ちは分かる。
 でも、今のこの政治気分では非常にレベルの低い憲法改正になる。だったら恥ずかしくても分別がつくまで、この看板を掲げておけばいいと思います。


「嫌中嫌韓とセットの改憲論」なんて言ってる時点で現状認識ができてないというか、もっとも実在しない自分に都合の良い敵に向かって批難しているだけだけど。
根本的に、学生運動も嫌中嫌韓も根底にあるのは似たようなもので、そこを前提に安彦氏自身が「自分が学生運動していたときは~」なんて言っているのをみると、まあ、ある意味でこの記事は面白いかな。

まあ、小さい頃も含めてロボットアニメとか興味無かったので(ビーストウォーズは別。あとは、ひょんなことからここ最近、4話くらいコードギアス見てるけど。)、当然、ガンダムとか生まれる前のなんか見たことすら無いから、ジオン公国軍の方が人気があるとかそういう点は今一わからないなぁ。該当スレのレス見る感じでは、「体制側よりも人間臭いところが良かった」とか「勧善懲悪が無い」(ってか記事内で意短くも語ってるけど)という意見があるのを見ると、この人の分析は間違ってると思うけど。

■三味線・二胡・チャング  読売新聞
こないだも、岩手の新聞の社説が民族の定義も知らないので渡来人云々言ってたっけ。まあ、それはそれとして、
>「在日」だからこそできること
在日韓国人のアイデンティティの問題で良く出てくるフレーズの気がするけど、具体的にそれは何?
日本人から疎まれ、韓国人から疎まれ(それも単に差別意識というよりも、もっと根本的な原因が存在するわけですが。)、そういう立場だから、日韓友好の役に立つというわけでもなし。(全く無いとは言わないけど、効果的とは呼べないかと。)

■米大統領ら裁く“戦犯法廷”マレーシア前首相が設立  読売新聞
日本の場合、右にも左にもいるけど、米国嫌い(あるいは白人嫌い)が過ぎる余り、わけのわからないこと始めちゃうタイプ。
最終的には、思想優先しすぎて時代に取り残されていくと。冷戦期の誤りに懲りずに今度は中国に付こうとしている国や人もいますしね。

■中国の持続可能な発展を論じる学術著作、出版  CRI
既に手遅れ。
卒業証書を西暦に変えれば国際化
■「卒業証書は西暦表記で」生徒の要望認める  佐賀新聞

 卒業式のシーズンを前に、県東部の県立高校が希望する生徒1人に、元号に代えて西暦で表記した卒業証書を手渡すことを決めた。卒業証書の記載は各学校長の裁量の範囲とされているが、県学校教育課は「調査はしていないが、県内初のケースでは」としている。
 生徒(18)と保護者(56)は今年1月に「元号は国際化の時代に合わず、国民主権の考えにもそぐわない」などとして、西暦表記を学校側に要望していた。
 同校の校長は「生徒本人からも話を聞き、総合的に判断した」と話す。県が定めた学校教育法施行細則では卒業証書を元号表記しているが、県学校教育課は「思想信条の自由の観点からも、西暦使用は問題ないと考える。今後も要望があれば、柔軟に対応したい」と話す。
 保護者は生徒の中学卒業時にも要望したが、拒否されていた。「選択の幅を広げてほしいという訴えが認められた。親子で長い間話し合い、希望してきたことがやっとかなった」と喜んでいる。
 卒業証書の西暦表記は東京都墨田区などで、希望者に対して実施している。


卒業証書の年号を西暦に変えると国際化ねぇ。随分安い国際化。(だったら、全部英語にしてもらったら?それでも安いけど。貫徹してる分まともかな。)
元号だと使いづらいとかあくまで実用面で主張するならばともかくとして(それなら納得がいく。)、国際化だの、国民主権に反するだの御託を並べるから余計に安く見える。(天皇嫌いな私だって年号にはケチつけませんよ。)

本当に、よりによって卒業証書の年号にケチを付けるなんてよく考え付くね。ましてそれを抗議して、実際に変えさせてしまうその労力には感嘆するしかない。
今度はオランダ人慰安婦ですか
■日本の従軍慰安婦に連行されたオランダ人女性が証人に
おっと、今度は日本によって植民地を追い出されたオランダ人被害者だ。
ただ、いつもは墓穴を掘ってるけど、今回は、一応、整合性は取れてるかな?しいて言うなら、
>「あのとき、私たちが『ジュネーブ協定違反』と叫ぶと日本軍はにやにや笑った」と回想した。
ジュネーブ協定?よく条約と間違える人いるけど、この人も間違えてますね。(訳の問題?)
まあ、ジュネーブ条約だったとしても、少なくともWW2中は戦争捕虜に関する条約だから、この人には関係ないわけですが。

また、慰安婦にされたオランダ人はいなかったのかといえば「白馬事件」があるので一概にこの人が嘘とも言えない。
何だけど「白馬事件」は、慰安婦側にとっては墓穴の1つで、この事件は他ならぬ日本側によって処罰されてるんですよね。つまり、本人の意思を無視して強制的にやれば刑事罰を受けると。このように無理やり慰安婦にされたという事例はあるが、その証拠となる物はブローカーが裁かれた判決書だったりして、逆に日本政府が取り締まっていたという証拠になちゃってるんですよねー。
(そして慰安婦肯定派はこれは氷山の一角でたまたま見つかったに過ぎないと強弁をはかるわけだが、そもそも慰安婦問題は国家政策としてやったかどうかという点を忘れてるんじゃないか?)


■梨花女子大「2010年までに世界の名門大学へ」
>梨花女子大の李培鎔(イ・ベヨン)総長は「世界水準の研究と教育能力を持ち、東洋と西洋をつなぐ世界の女性教育のハブになるため、すべての領域で改革を行う。必ず2010年までに世界トップ100の名門大学に跳躍したい」とした。
つうか、本当に「ハブ」好きだね・・・ (東アジアの空港ハブ!とか、東アジアの経済ハブ!とか。ある種、バランサー論も日米中のハブだし。)

で、その世界100位以内の大学になるためにする施策というのが、
・各国に分校を作る
・今年だけで50人余りの外国人教授を招く
・専攻においては少なくとも一人以上は外国人教授
・優秀な生徒を選抜して世界の優秀な教授に学ばせる(←意味が良くわからない
・英語講義の義務化
(まあ、他にもあるみたいで元記事に図入ってますけど。)

世界的に評価されている大学というのは、歴史と実績を兼ね揃えてるから世界的に評価されるんであって、何、この成金みたいなやり方は。
もっと地道に築いていくというような発想は無いのかね。(無いんだろうなぁ)


■映画『硫黄島からの手紙』で欠けているもの
さあ、韓国人が思う欠けてるものって何でしょうか?

答え↓
「まさに植民地時代、朝鮮人の「恨」と悲しみです。」

( ゚д゚) ・・・・
いや、硫黄島に植民地関係ないし。仮に朝鮮人戦死者がいたとしても、別の話だし。

■「北、拉致問題先決を」日本の主張に韓米戸惑い
>前回の会談で、米国代表団と同じホテルに泊まった日本代表団は今度の会談では別のホテルを取った。このため日米関係が悪くなったのではないかという話も出ている。
ホテルが別々だったから、日米関係悪化って。


テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

ゲームのスーパープレイに関して雑感
ニコニコ動画のゲームのスーパープレイが凄くて、また笑える。
プレイ自体がもう凄すぎて笑うしかないってのもあるけど、そこに入れられたコメントがまた面白い。(ただVIPPERが多いらしく、VIP用語が結構でてくるけど。私はVIP用語たまに使いますが、VIPPERでは無いです。VIP板行ったこと無いし。)

まあ、いくつかあるんだけど、特に面白いと思ったのが、スーパーマリオ64のやつ。1つは、最速クリア。もう1つは、120枚スターの最速完全クリア。
まあ、最速クリアの方は、割と色々な人がやって、色々なバージョンがあるのでここで置いといて、120枚の方を。

SuperMario64(120 stars) 1:42:41.33 Part1
SuperMario64(120 stars) 1:42:41.33 Part2
SuperMario64(120 stars) 1:42:41.33 Part3
SuperMario64(120 stars) 1:42:41.33 Part4

まあ、実際にスーパーマリオ64をやったことが無いと今一わかりづらいという部分もあるだろうけど、正直、64マリオは完全クリアは難しい。単にラスボスのクッパを倒すだけなら、そんなに難しくは無いんですけどね。120枚スターは生半可では絶対無理。

それをたかだか、一時間半少し(オープニング、エンディング込み)でやってしまうんだから、一体どのくらいやりこんだんだ?と。

それにつけても、ただクリアしてない。映画なんかにも通用するが、そのアクション自体が、凄いとしかいいようが無い。確かに最速でクリアするためにそういったアクションが必要というのもあるけど、それを抜きにしても意図的にやっていると思われるところがある。

確か高橋名人が言っていた事だと思ったが、単にクリアするだけなら、誰でもできると。大切なのはどう見せるか。
シューティングゲームなら、本当にクリアするだけなら、敵が画面に入ってきた瞬間に撃ち殺せば問題ないが、見せるためには、あえて敵を貯めて、敵とその攻撃を避けつつ全滅させる。

今回、上げたそのゲームも、特にPart4の絨毯のステージ(レインボークルーズ)で、どうしても待つ必要がある場所で、ただ待ってても良いのに、壁蹴りなんかを駆使して魅せてくれる。
固定カメラにしてスライダーステージを行うのは、感嘆するしかない。

まあ、とにもかくにも、2Dならばともかく、3Dアクションで(確か64マリオは3Dアクションの走りじゃなかったかな?)ここまでやると空間把握能力とかそういった物に関して、このプレーヤーは化け物じゃないかと。製作者サイドだってまさかここまでやりこまれるとは想像すらしてなかっただろうし。

中にはただ何も魅せることなくクリアしただけの動画をアップして悦に入る人もいるけど、これからも色々なゲームが出て、それぞれに凄い攻略を行う動画が公開されて行く時に、実際にやっているわけじゃないのに(というかやったことがないのに)、面白いと感じさせてくれる物が相対的に減るようなことだけは避けて欲しいなと思う。
武士道についての考え
1年前くらいに書いた奴を読み返したら、新渡戸の武士道を読んだこととか書いてあったけど、そもそも武士道とは何か?と考えると、新渡戸が冒頭で述べているように、日本人を裏付ける倫理あるいは価値観なんですよね。

そもそも日本人が他国で「無宗教」と答えると怪訝な顔されるのは、「信じる神がいないから」ではなく、自らを律するべき道徳律が無いと判断されるから。

無論、日本人にはそれなりの倫理を持ってる。じゃあ、それは何なのかと考えた時、新渡戸が武士道にたどり着いたのは、まあ、必然だったと。現に他には思いつかない。

もっとも、新渡戸の武士道によって、日本人を裏付ける倫理としての「武士道」が確立されたと考えれば、その倫理に支配されてる現代の私が見たところでさも当たり前のように思うから、他に思いつかないという言い方は正しくないのかもしれないが。

そもそも、外国の倫理教育にあたるものが、武家の武士道という英才教育であるならば、町民や農民は武士道教育なんか当然されてないんだから、その辺に穴を感じる気がする。新渡戸は武家の出だったから、当然武士道教育を受けただろう。現にそう書いてあるし。だから、武士道だけ読むとその辺り無視しがちかなと。

ただ、やっぱり当時の町民や農民にも倫理はあっただろう。じゃあ、それを裏付けていたのは難だろうか。残念ながら、私は江戸時代の研究者じゃないからわからない。

幕府や藩などの武士による上からお達しが倫理を作り上げたというなら、それがお上意識が出来上がった理由かもしれないし、演劇や噺で、例えば水戸黄門や赤穂浪士などが人気があったことを考えれば妥当かもしれないけど、広く一般に通用するほどの影響力を持っていたかといえば、わからんし。(まあそれを抜きにしても昔話というのは、基本的に倫理教育に適していると思うんですけどね。教育改革の一環で、英才教育とかいうけど日本昔話とか小さいうちから読み聞かせた方がよっぽどまともな人間になるような気がする。)

まあ、話が脱線しましたが、
確かに武士道というのは、江戸時代において儒教の影響を取り込んでいるから、確かに倫理としての根拠としては正しいのかもしれない。

ただ、そこが逆に武士道の気をつけなければならない場所であって、結局の所、理想なんかよりも現実としてどうするかが大事であった戦国時代におけるソレと、新渡戸のソレとは全く違うんですよね。結局のところ、新渡戸の武士道というのは机上の空論という面が強い。ある種の理想論。

キリスト教の教えやイスラム教の教えが現実に完璧に適合するわけではないというのは、別に私がわざわざ言うまでも無く、宗教離れしている人間にはわかりきっていること。あくまで宗教というのは理想論で、1つの指針であって、現実問題として、時にこれを破る必要が出るというのは、普通に生活していればいくらでも直面する。

で、当然、新渡戸の武士道も、あくまで理想論であって1つの指針に過ぎない。しかしながら、戦国時代のそれと同一と考えられて、武士道は現実に即していると考えてしまってる人がいるために武士道は誤った方向に使われていることもある。

例えば、このブログでも扱った藤原氏の「国家の品格」は武士道を引き合いに出しているが、国家の品格について感想を書いたときに、藤原氏が危ないという原理主義と、藤原氏の主張する武士道という原理主義に違いは無いというようなことを書いたと思うけど、本当にそうで、結局のところ、キリスト教圏に辺るソレや、イスラム教圏にあたるソレが、新渡戸の武士道なんだ。

別に武士道は現実に即してないから参考に値しないとは言わない。その教え自体にはケチをつけられるようなものではないから。キリスト教やイスラム教の教義のように。

と、酔っ払いのよくわからない武士道論。
(眠れないからって、調子にのってウィスキー飲んだら、飲みすぎた。_| ̄|○ でも、眠くなってきたから、これで寝れる)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。