プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞を信じられないと言っていいのは新聞を読んでいる奴だけだ
■マスコミに代わり年次改革要望書を読み解くスレ  ブログちゃんねる

年次改革要望書を知らない人が多いことは否定しないけど、メディアが全く取り上げたことが無いってのは無い。少なくとも、郵政民営化の辺りで反小泉派が鬼の首でも取ったかのように喜々として取り上げていたわけで。(そして小泉首相が年次改革要望書のはるか昔から郵政民営化を唱えていたとボコボコに叩かれたわけだが、それを知らずに未だ郵政民営化も米国の~ なんて言っている奴いるし。あるいは知っててアジってるのか。)

もっとも、要望書をどう見るかは別ですけどね。
ただ、小さい政府を目指すなら、米国の要望はかなり妥当なのが多い。指摘されて管理人が消しちゃったようだが(場所が場所なら炎上している)、タミフル関連の話とか。
「小さい政府が良い」って言っていて、「米国が命令するのは気に入らん」と言うなら、それは米国に文句を言うのではなく、米国に背中を押してもらわないと改革できない日本の政治家に文句を言うべきだ。年次改革要望書が気に入らないから、その案も全否定というなら、そりゃ馬鹿な話だよ。

別に要望書の大半が受け入れられているわけでもない。郵政民営化のように既に日本国内でも構想がある物が改めて書かれている例もある。その辺り一切無視して、命令書だなんだ騒ぎ立てるのはアジテーションって言うんだよ。ネラーが嫌いなはずの朝日お得意のやつ。
本来、年次要望改革書の論点は「要望書の無茶苦茶な点は拒否すべき」に帰結すると思うんだが。その点に関しては、日本も要望書を出していると言っている人もいるのに、要望書全否定している人とは残念ながら、かみ合ってない。


で、今回それとは別に思ったのが、その否定派の主張の不味さ。
例えば370が、「年金が民間に委託することが見えにくくなってる」とか言っていることなんて、年金とは何かわかってない以上に、新聞やニュース読んで無いだろ?としか言いようが無いし。(少なくとも新聞や一通りニュースを読んでれば、実現するかはともかく、年金の民営化を知らないなんてことは無いはずなんだが。)
397は、民営化したのに国家が補償を設けている方がおかしいだろう。(民営化後も国家が保障していると思ったなんて言う奴は、海賊版OS買ってMSを訴えた北京市民とさして代わらん。)そんな当たり前のことをアメリカが御丁寧に要望書に書いたのは、きっと397のような人がいるとわかってるからじゃないか?(苦笑)
(そりゃ当たり前のことにまで口出しされるのは腹が立つが、それ以上にアメリカが口出さないとその当たり前のことが行われない可能性がある日本政府に腹が立つし。)

まあ、赤旗出したり、ゲンダイ出したり、ゴー宣出してる時点で、今回のこの書き込んでいる人達の背景がある程度にわかりますけどね。(笑)

それにしたって、その発言から推測するに新聞やニュース読んでなさそうなのに、新聞が信じられないとか、国民の大半は知らないだろうって言っちゃうところに、今後のネットの危うさを感じますが。週刊誌の中身を鵜呑みにして居酒屋で高説たれるオッサンレベルなら実害も無いんだろうけど、そのスレしいてはエントリーの主旨は「国民は知らないから啓蒙する」って面があるからな~(とはいえ、その手段ってのが、どうせ関係無いスレやブログに現れて、テンプレ貼り付けるだけなんだろうけど。でも、そう考えれば実害無しかw)


ネットは既存のメディアを制すとか、色々言っているけど、結局、この程度なんだと。
前にPJやオーマイニュースの件でも言ったように、ネットはしょせん二次情報にのかっているだけという点に注意した方が良い。マスコミの二次情報が前提にある以上、それを無視することはできないし、まして超えることなど無理。
ネットができるのはあくまで二次情報の吟味することであって、マスメディアは信じられないから、マスメディアが提供する情報を見ずに、勝手な憶測に基づく情報を振りまくことではない。

結局のところ、マスメディアが、一見するとセンセーショナルな話題を持ってきた>>1か有力ブロガーにとって代わるだけでね。
スポンサーサイト

テーマ:雑感 - ジャンル:政治・経済

何がやりたいのかわからない
■筆洗  東京新聞コラム

 ドイツのハイリゲンダムで始まった主要国首脳会議(G8サミット)にはせ参じた安倍首相、参院選目前に急落した支持率をなんとか回復しようと懸命だ
▼五千万件の“消えた年金”に加え、松岡前農相自殺のダブルショックを強行採決の連発でしのぎ、サミットでは地球温暖化対策の独自案を提出して、これを追い風に来年の北海道洞爺湖サミットまで生き延び、議長を務めたいのだろう
▼だが、来月の参院選の苦戦が予想される安倍首相と同様、サミットに集まる各国首脳は、退陣が決まったブレア英首相や、任期あと一年半、支持率最低のブッシュ米大統領ら、旗色の悪い人が多い。安倍首相のドイツ現地での認知度は17%で七位、好感度も六番目とか
▼サミットといえば、世界制覇をもくろむ“東インド貿易会社”の攻勢に対抗しようと、世界中から“伝説の海賊”九人が“世界の果て(ワールド・エンド)”に集まるのが、ハリウッド映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』完結編『ワールド・エンド』だ
▼五月末から世界同時公開で、興行記録を塗り替える人気。安倍首相もあやかりたいところだ。映画ファンとして寂しいのは、この大航海時代に活躍する伝説の海賊たちの中に、日本人が含まれていないこと。アジアの国々といまだに歴史を共有できないこの国は、エンターテインメントの仲間には入れてもらえない
▼十六世紀、ボリビアのポトシ銀山と並び、世界の銀産出量の三分の一をまかなった島根県の石見銀山がことし、世界遺産登録から漏れたのはそのせいかも。


何が言いたいのかサッパリわかりません・・・
(いくら何でも、新聞のコラムでこんな小学生以下の悪文載せていいものかね?小学生だって、もうちょっと論旨をはっきりさせるぞ。)


■韓国で映画不法ダウンロード対策~封切り前に感想を書いた人は映画館で割り引き  2ch
不法ダウンロードした人を対象に割引きで先行上映招待・・・

(゚Д゚)???

無理に考えればおとり捜査の一貫だが、、、 斜め上すぎて理解できません_| ̄|○

アシモに勝つためのウリナラ的転換
■マイカーに乗った「ヒューボ」~進化し続けるヒト型ロボット  2ch
アシモより遅い歩行速度は、専用マイカーで乗り越える、というのがヒューボ研究チームの戦略です
( ̄△ ̄;)いや・・・ 二足歩行ロボットの主旨が・・・・・・

韓国人はより人間に近いロボットを作るのが目的なんじゃなくて、単に日本の技術力が気に食わないというだけなんですね。
(二足歩行の意味が無いはともかく、実際にセグウェイもどきを操縦できるなら凄いかも。ただ、何らかのトリックの臭いを感じちゃったりしますが。)

■中国は反省せよ・・・我々の祖先の国は「韓国古代国家」と明らかになったではないか  2ch
まあ、仮に古代半島国家が独立国家だったとしても、その後は、日本が解放するまで、やっぱり中国の属国だったわけで。。

■日本の「倭寇のほとんどは中国・朝鮮人」説は誤り・・・アルカイダのようなプロのテロ組織だった  2ch
テロリストと海賊を一緒くたにする時点でアレだが。

世界的に見て海賊って単純に略奪者と見れない部分がある。
日本の水軍も商人としての一面が強かったと言う見方も出てきてるし、バイキングも商人+入植の意味合いが強かったとも言われてるし。(そもそもバイキングって海賊よりも恐ろしいというイメージがありますが、その行為って当時の海賊や山賊と大して変わらないんですがね。バイキングは教会も襲ったから野蛮とされただけで。)
イギリスに至っては、国家公認の海賊もいたくらいで。ドレーク船長なんか典型例だし。あるいは、そのまま海軍の基礎になっちゃうような例もあるし。

山賊というと悪いイメージしかないのに、海賊と言うと必ずしも悪いイメージのみではないのはその辺が大きいんだろう。だから、別に(少なくとも)日本で「私は海賊の子孫」って言われても、偏見どころか、武家の家系みたいな憧れや尊敬みたいな感情すら出てくるし。
そこを、先祖が海賊という事実を隠そうとしている云々は、明確に反論してない単なる願望という時点で学者として失格だし、海賊=恥としか見えないというのは、海賊しいては歴史のロマンを感じられないってことなんだろうなぁ。

そもそも倭寇に中国・朝鮮人が混ざっていたというのは、中国の史料が根拠の1つだったような。(もしかしたら韓国の史料。ただ、前期のことを指しているならば、よく知らない。)

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

国民を冒涜しているのはどちらかな
■週のはじめに考える 50年前の憲法論争  東京新聞社説

 「戦後レジーム」は戦前の体験に学んで築かれました。教訓を忘れないよう、歩んできた道を振り返りながら未来を見つめ、憲法と向き合いたいものです。
 一九九〇年、天皇は即位を国内外に披露する「即位礼正殿の儀」のお言葉で、「日本国憲法を順守し、日本国及び日本国民統合の象徴としての務めを果たす」と誓われました。憲法第九九条で公務員に憲法の擁護尊重義務が課されていることに配慮されたのでしょう。
 「米軍基地の中の村」と言われた沖縄県読谷村の村長を二十三年も務めた山内徳信さんは、この条文を大きな掛け軸にして村長室に飾っていました。

自分の権力基盤を否定
 今年の憲法記念日、安倍晋三首相の談話は「戦後レジーム(体制)を原点にさかのぼって大胆に見直し、憲法について議論を深めることは新時代を切り開く精神につながる」と改憲へ強い意欲を示しました。
 首相の権力は憲法によって与えられています。自分の権力基盤を否定するのは矛盾のようですが、よく似たことが五十年前にもありました。安倍首相が敬愛する祖父の故岸信介らが、新憲法制定を目指して内閣に憲法調査会を設置した時です。
 岸は当時の自民党幹事長、後の首相です。戦前は中国大陸で植民地経営に重要な役割を演じ、東条内閣の商工相として開戦の詔勅に署名し、起訴は免れましたがA級戦犯の容疑に問われました。
 現憲法施行から十年もたっていない五六年三月です。自民党は今と同じ押しつけ憲法論を軸に戦後体制脱却を主張しました。憲法調査会設置法を審議する衆院内閣委で、公述人の故戒能通孝・東京都立大教授(当時)がこれを批判しました。
 「内閣は憲法の忠実な実行者でなければならない」「憲法擁護の義務を負っている者が憲法を非難、批判することは論理的に矛盾する」

国民と政治家を冒涜
 これに対抗し「戦前に戻そう」と言わんばかりの論陣を張ったのは、旧内務官僚、元海軍少将、元陸軍参謀といった顔ぶれの自民党議員たちでした。安倍首相とその取り巻きの人たちの「自前憲法制定論」「戦後レジームからの脱却論」や、日本人としての誇りを声高に主張する一部の雰囲気は、この時の議論にオーバーラップします。
 自前憲法制定の欲求が「現憲法はマッカーサーの言うなりに作ったものだから」というのなら、事実に反し、当時の国民と政治家に対する冒涜(ぼうとく)です。あの時代の日本人の気持ちを反映していることは多くの研究で明らかになっています。
 原案を審議した衆院小委員会の芦田均委員長(後の首相)は、四六年八月二十四日の衆院本会議で次のような趣旨の報告をしました。
 「過去の過ちを切実に反省し、新しい日本を建設する基盤として新憲法を制定する」
 「大胆率直な戦争放棄の宣言は、数千万の犠牲を出した大戦争の体験から人々の望むところであり、世界平和への大道である。理想の旗を掲げて世界に呼びかけよう」
 「憲法がいかに完全な内容でも、国民がその目指す方向を理解し、その精神を体得しなければ、日本の再生はできない」-六十年後のいまも輝きを失わない格調の高さです。
 戦後レジームは戦前、戦中の体験を教訓として生まれたのです。その教訓を投げ捨て、旧体制に戻すわけにはいきません。
 日の丸、君が代の強制、愛国心教育や教育の国家統制強化など、戦前回帰のような最近の政治の流れをみると、これを杞憂とは思えません。
 国民投票法が成立し、安倍首相は改憲を今度の参院選の争点にすると言います。必要期間だけみれば、新議員の任期中に改憲発議が可能になりますから選挙結果は重大です。
 投票という主権行使を前に、私たちは「無知は罪」と自覚しなければなりません。後になって「知らなかったから」ではすまないのです。
 「日本人の出演俳優は一度も硫黄島のことを聞かされたことがなかった」-大ヒットした映画、硫黄島二部作の監督、クリント・イーストウッドのこの発言が本当なら、私たちは戦後の反省をきちんと継承できていなかったことになります。
 改憲の核心である第九条を考えるには、日本とアジアの民衆があの戦争で味わった苦しみ、近隣国の日本を見る目を学ばねばなりません。
 いまの憲法がなければ日本がどうなっていたか、世界各地における米国の軍事力行使がどんな結果になっているかも大事な視点です。

正面から向き合って
 施行から六十年もたった憲法ですから手当てしたい部分はあるでしょう。しかし、一時の気分や目先の利害得失だけで論じられてはなりません。政権の都合で規定や解釈を変えるのは立憲主義に反します。
 どのような国、社会を築き、国際社会とどう付き合うか、歴史を振り返りながらそれを考え、憲法と正面から向き合いたいと思います。


文体からして気持ち悪い。
まあ、レッテル貼るのはよくないかもしれないけど、この社説の中身、ほとんどレッテルだしなー。(戦前に戻そうとする云々の件なんか特に。)

今回に限らないけど、法は改正される可能性を初めから持っているわけで、法を守ることと改正することは矛盾しない。ってか、そんなこと言い出したら、「○○法改正案」という議案を片っ端から批難しろよ。法を守るはずの国会が法を改正しようとしている!ってさ。

それに最終的な決定権はそれこそ国民にあって、政府にあるわけじゃないってわかってるんなら、「政権の都合で憲法改正が行われようとしてる!」は矛盾じゃないか?

まあ、国民は愚かで時の政権の言いなりだから、私達が導かなければならないと考えているなら矛盾してないと言えますけどね。

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

独演会を行えるなんて芸人冥利に尽きますね
■【社説】自称「世界的な大統領」の独演会を見て(上)  朝鮮日報
■【社説】自称「世界的な大統領」の独演会を見て(下)
次はディナーショーかな。さすがお笑い芸人。

まあ、民主主義にもとづいて選んだんだから、最後まで付き合えよ。彼を選んだのは君達だよ?(とはいえ、朝鮮日報は最初から反対してたようだけど。)

■記者室統廃合:盧大統領「報道の自由度は韓>米日」  朝鮮日報
ある意味で、盧大統領のメディア観は正しいが、その前提にあるのは「自分を批難するから気に食わない」で、別に公平な報道を目指しているというわけじゃあない。(その典型が記事中にもある新聞法だし。)
逆に言えば、自分に賛成するメディアには規制をかけないのがノムたんだし。

その点を念頭に置いて、RSFの日本への評価に関してはノムたんが正しいと思う。明らかに原因は記者クラブ。

あと、日本の場合は特定の情報は一切流れませんからね。例えば中国関連のニュース(暴動の発生とか。)は、日本のメディアより韓国メディアの方がちゃんと伝えてるくらいだし。そう言う意味では確かに日本よりも韓国の方が報道の自由度は高いと思いますよ。(もっとも、韓国は日本が絡むと情報にノイズがかかるけど。)

■原発の寿命が30年の韓国と60年の日米の違いとは
  朝鮮日報
まあ、ケンチャナヨ精神で作った原発なら日米と違って30年で切った方がいいかと。(そうそう、今日は"何も無いのに"線路が崩れるという事故がありましたよね。)
下手にメルトダウン起こされると、日本にも被害が及ぶんだよ。

日本の各環境団体も、原発閉鎖運動よりも原発運転の安全性確保のほうに関心を持っている
ここは違うな。安全云々言うけど、目的は閉鎖させることだし。かと言って、代価案を持ってるわけじゃなく、単に独善的偽善で「自分は良い人」を演じてるだけだし。

注意すべきは耐久寿命を超えた結果のメルトダウンを起こさないように見張ることなんだけどね。

■MBC番組「無限挑戦」日本でも'人気急上昇'~バラエティが韓流に?  2ch
人気芸能番組のMBC「無限挑戦(演出、キム・テホ)」が日本でもネチズンたちを中心に人気をあつめている
どこのネット?
日本でも認知度が高い俳優キム・テヒ、イ・ヨンエ
誰?
日本の韓流関連雑誌「韓流」
週二で本屋に行くような人間ですが、そんな雑誌見たこと無いんですが・・・

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

米国の北朝鮮核攻撃計画が見つかると統一日報
■米情報機関極秘報告書 北朝鮮攻撃のシミュレーション  統一日報

 米国が北朝鮮への武力行使を真剣に考えていたことを裏付ける具体的な資料が現れた。最近、統一日報が入手したある米情報機関の報告書で、表にはCONFIDENTIAL(極秘)のスタンプが押されている。内容は衝撃的だ。北朝鮮の核施設を、米国の特殊部隊が破壊するというシミュレーションが行われている。米国は2003年に始まった6カ国協議を通じ、北朝鮮には対話路線を取ってきたが、一方で特殊部隊による作戦を練っていたことになり、米国の北朝鮮に対する不信の深さを窺わせている。(秋一紅)
朝鮮半島の偶発的状況に備えて行われる韓米合同軍事訓練「乙支フォーカスレンズ」

合言葉は「メイフラワーが咲いた」

 極秘レポートは、北朝鮮が90年代半ばから本格的な核開発を進めていたことへの対策に端を発している。米国がこれ以上看過できないと見なすようになったのは、94年の米朝枠組み合意が反故にされてからのことだとはっきり指摘している。
 米朝枠組み合意は、北朝鮮が核を凍結する代わり、米国が軽水炉建設と重油提供を約束していた。北朝鮮が合意を反故にしていることを米国が知ったのは、2002年10月だった。
 報告書によると、2003年のイラク戦争開戦以降、金正日は、最低5つの核弾頭の製造にとりかかった。核兵器製造に欠かせないウラン濃縮施設は、地下に作られた。
 米国は地下施設を、「メイフラワー」と名づけた。メイフラワーの正確な位置は、米国の知るところとなっていた。地下施設の稼働と同時に、米国の特殊部隊は行動を起こす。
 合言葉は「メイフラワーが咲いた」。
 特殊部隊は東海岸の人気のないところまで泳いでいき、上陸後は朝鮮人民軍のトラックで施設まで移動する。重要人物の来訪だと、施設の警備兵には事前通知がされている。特殊部隊は難なく門を通過する。トラックの手配から、施設への事前連絡まで、すべて朝鮮人民軍に潜入させた韓国系米国人が手引きする。
 地下施設は、古びた石鹸工場を装っていた。米国の偵察衛星の目をごまかそうとしたのだろうか。北朝鮮の偽装はしかし、見破られていた。
 特殊部隊は速やかに作戦を開始する。通信回線の遮断、施設内の写真撮影、施設の完全な破壊まで、1時間あまりで終了した。指揮官は遠心分離機のひとつを箱に入れて持ち帰ることも忘れていない。
 綿密に練られたシミュレーションは、韓国軍の協力なしでは成功しない。北朝鮮軍の気をひくために、西海で韓国海軍による陽動作戦が行われることになっているからだ。
 しかし、作戦の実行にあたり、韓国軍の協力が得られるのか。現時点では悲観的にならざるをえない。
 作戦の結果、「ならず者国家は、もっとも危険な武器で世界を恫喝する能力を一瞬のうちに失う」と、報告書は予測している。
 北朝鮮の核問題を扱う6カ国協議と同時進行で、米国は軍事作戦のプランも用意していた。交渉のテーブルの下で、銃を握っていたことになる。
 2006年12月の6カ国協議以降、米国の対北朝鮮姿勢は明らかに軟化した。政権中枢から、ネオコンと呼ばれる強硬派の多くが去ったからだと、メディアは分析している。
 報告書の内容は米国に北朝鮮への軍事行動があり得ることを示している。「メイフラワー作戦」が消滅したプランなのか、まだ生き続けているものなのかは分からない。米情報関係者は、「時がくればわかることだ」と、意味深長な言葉で答えた。


まあ、統一日報ごときに流れた時点で怪しさ満点ですが。ネーミングセンスからして、半島っぽいしな。
合言葉は「メイフラワーが咲いた」
どこの「ムクゲの花が咲きました」かしらん?
実際に紹介されてる作戦内容も一体どこの三文小説だ。揚句に「遠心分離機を箱に入れて持ち帰ることも忘れない」とか、どんな大きさの箱だよ・・・


ところでメイフラワーを(韓国人が)選んだのは、メイフラワー号からかな?なら、それこそ自分達を過大評価してるだろう。半島ごときにメイフラワーは付けないよ。


■国連総長、ダルフール問題での中国の役割を賞賛 CRI 
さすが属国。宗主国の面子を潰さないために頑張ってますね!
(キリストからイスラムまで、市民団体が、ダルフール問題に対する中国政府を非難しているというのに。)


■穀倉地帯に深刻な干ばつ、収穫出来ない畑が激増  2ch
中国は天候をコントロールできるんだ!という記事を月に2回はみかけるけど、実際には干ばつなどは防げてない。というよりも、むしろ、その天候のコントロールが原因なんじゃないかと。

リアルアラバスタ。しかし、勇敢な王族も勇敢な海賊も存在しない。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

先進国コンプレックス
■韓国人たちはどうしてサマータイム制が嫌い?  中央日報

最後に国内はすでに誤った標準時であることから韓国人の生活リズムに合う時間より、すでに30分繰り上がった生活をしているという主張があるからだ。大韓帝国時代、標準子午線を東京の127度30分と決め、5.16軍事政変直後、日本のように東経135度に合わせたからだ。したがって私たちの標準時は日本と同じだ(「コリアンタイム」として通じる私たちの時間にルーズな感覚はこのためだという指摘もある)。


そんなことまで日本のせいかよ!
絶対に子午線じゃなくて国民性だから。だいたい30分早いと何故、ルーズになるんだよ。

まあ、この点もアレだったけど、もう一点。

日本がサマータイム制を施行すれば“先進国クラブ”という経済協力開発機構(OECD)会員国の中で、この制度を取り入れない国はアイスランドと韓国だけだからだ。


なんつうか、わざわざOECD出すだけでもアレだが、そこにさらに「先進国クラブ」なんて名称までつけるのは、昔に某教授が言った「小国の悲哀を感じ取るべきだ」って奴でしょうかね。そして先進国関連で次の記事。

■「ハシカゲーム」、後進国型の伝染病であるハシカが先進国日本を襲いイメージダウン  東亜日報
福知山線脱線事故の時も「後進国型の事故ニダ!」とはしゃいでいたのと同様、何でそこまでして先進国だの後進国だの結び付けたいかね(苦笑)

第一、天然痘とは違って麻疹は撲滅宣言するような病気じゃないと思うんだが。もっとも、先進国内で日本の麻疹の率が高いのは事実で一部の国では麻疹の輸出国だなんだと言われてるのは事実ですが。(まあ、そんなこと言い出せば、赤痢やコレラ、西ナイル熱から風土病まできりが無いんですけどね。逆に言えば、だからこそ、特定の病気のみを持って進んでるだの、遅れてるだの論じる事自体に意味は無い。)

とはいえ、その点を除けば、この記事は結構まとも。予防接種率云々のあたりはそれなりに参考になるし。

日本のマスコミは執拗なワクチンバッシングを行ったことはどこ吹く風で、今度は、今回の麻疹騒動の対応を非難するんだろうなぁ。

■「日帝が打ち込んだ『精神侵略用』の木杭が多数見つかりました」…KBSニュース  2ch

「木杭」の正体は?
<アンカー>
 我が民族の精気を断つため、日本が強占期中に我が国のあちこちに金属杭を打ち込んだことを、ご記憶でしょうか。先日ソウルの開花山(ケファサン)で、巨大な木杭が何本も発見されましたが、これらも日本が打ち込んだものと推定されています。金属杭ではなく木杭の発見されたのは、今回が初めてです。風水侵略用にまで…。日帝の支配欲がどれほど凄かったのかを、改めて思い起こさせます。金ハクチェ記者が取材しました。木杭は初めてですが、金属杭や石杭も一緒に発見された
そうですね。
<レポーター>
 そうです。開花山では16本の木杭と27本の金属杭、そして石で作られた石杭2本が発見されました。このうち金属杭と石杭はなんとか取り除きましたが、後から見つかった木杭は非常に大きく、今のところ除去作業は容易でないといいます。誰がどうやって、何の目的で打ち込んだのか…。開花山の木杭を取材しました。
<取材VTR>
 漢江をはさんで幸州山(ヘンジュサン)城と向かい合っている、海抜130メートルほどの開花山。山頂部に、正体不明の太い木杭が聳え立っています。長さと幅が少しずつ異なる木杭の総本数は16本。金属杭専門家が、先月からこれらの杭の除去作業を始めました。
<インタビュー:蘇ユニョン/民族精気宣揚委員会会長>
 「私は今まで、金属杭はたくさん抜いてきました。しかし木杭がこんなふうに打ち込まれているのを見たのは初めてです。<中略>私たちを生きられなくして、この地から大人物が出ないように、という目的のために、大変悪く自然を利用したのです。戦慄を感じます。」
<取材VTR>
 風水地理学者たちは特に、漢江をはさんで幸州山城と向い合っている開花山がソウルの重要な関門だったという点に注目しています。<中略>これまでにも全国各地の、風水が優れた場所で、これに似た杭が大量で発見されているのです。
<インタビュー:徐ギルス/西京大学教授>
 「全国の少なくとも数百ヵ所にこうした事例があるということは、個人で出来る作業量ではありません。これはよほど計画的かつ用意周到に、ある種の精神侵略の方法として風水地理説を利用したものなのです。」
<取材VTR>
 開花山で発見されたのと同じような木杭たちがどれほど多くの場所に、どんな形で、日帝時代の残滓として残っているのか。心配と憂慮が増幅しています。


まあ、今までと大して変わらない日帝の鉄杭の話なんですけどね。韓国の大手放送局であるKBSが朝8時のニュースで流した内容っていうんだから、凄いな。

麻疹なんかより、よっぽど後進国だと思うが?

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。