プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字はあくまでコミュニケーションの手段
■韓国文化の底流に流れる「神気」と「文気」とは  朝鮮日報

【新刊】崔俊植(チェ・ジュンシク)著『世界が高く評価する韓国の文気』(ソナム)
 1866年の丙寅洋擾(当時の韓国におけるキリスト教弾圧に対し、フランス艦隊が報復来襲した事件)当時、江華島を襲撃し外奎章閣の文書を略奪していったフランス海軍の一将校は、このように語っている。「ここでは感嘆する他ない。われわれの自尊心を傷つけるのは、どんなに貧しい家であっても、必ず本があるという事実だ」
 梨花女子大の韓国学科教授で、宗教学者として20年余りの間韓国文化の源流を探索して来た著者は、韓国文化の底流に「神気」と「文気」があると主張している。今年始めに出版した『韓国人を踊らせよ』(四季節)で、彼は「神気」について述べた。ごく簡単に言うならば、儒教的人間であるように見える韓国人の基層に、実は呪術的な気運の「神気」が流れており、これはパンソリからレッドデビルまで、熱く自由奔放な気質として表れ出ているものだ。
 それでは「文気」とは何なのか? それは、「洗練された韓国文化の気運」を指す。偉大な記録・遺産は、「神気」のように強い感情で作ることができるものではないのではないか? 著者は語る。「それは知性を用い、長い努力の末に生産されるものだ。こうした洗練された文化物が一つ二つくらいしか出て来なければ、やはり『偶然にそうなったな』ということになるだろうが、(洗練された文物が)大量に輩出されているため、極めて重要だと考えない訳にはいかない」
 その(大量に輩出された洗練された文物の)中には、世界最初の金属活字で印刷された『直指心体要節』、世界最初の木版印刷本(そうではない可能性もあるが)『陀羅尼経』、近代以前において最も完璧な大蔵教である『高麗大蔵教』、世界最大の単一王朝歴史書『朝鮮王朝実録』、世界最大の歴史記録物たる『承政院日記』、そしてこうした「文気」の中でも白眉というべき『訓民正音』が存在している。
 こうした背景から、本を読まないことで有名な21世紀の韓国でも、毎日のように出版社が生まれたりとてつもない分量の本が出版されたりする、珍しい現実も理解することができる。もともと強かった「文気」の文化的DNAが依然として流れている、というわけだ。近い将来「神気」と「文気」が融合する時、大いに活力に満ちた素晴らしい韓国文化が世界を驚かせることになるだろう、と著者は主張している。


貧しい家にも本がある~ って、日本を訪れた欧米人の評にもあったが、その辺りを参考にしたのかな?w
日本の場合、江戸時代の主要な職業に貸し本屋があり、さらに寺子屋で読み書きを教えるなんてやってたが、韓国の歴史で庶民の生活がそこまで上等だったとは聞いたこと無いし・・・
日本が比較的に早く近代化を達成したのは文盲率が低かったからとはよく言われるが、朝鮮半島は、日本が近代教育を施そうとした時にその文盲率にまず手間取ったという話があるから、朝鮮半島で読書の習慣があったとはあんまり信じられないだよねぇ。
そもそも、本はあっただけで読めなかったとかw

そして「洗練された文物が大量に輩出されている」とは言うが、実際にはそんなに無いんだよねぇ。(指摘すると時空太閤HIDEYOSHIか、残虐非道で暇な日帝が焚書したためと答えるわけだが。)


まあ、そんなテキトーな考察はさて置き、かつて本を読もうが読まいが、現代の韓国人が本を読まない理由は、韓国人が民族の優秀性の証と持ち上げて止まない「ハングル文字」が一番大きいんじゃないかな。(今回も文気とやらの根拠に、しかも白眉と持ち上げているのが皮肉であるが。)

結局、ハングル文字って、日本語で言う「あいうえお」或いは、英和・和英辞典で見られる発音記号と同等。
そんな物で文章が書かれてたら、そりゃ読みたくも無くなるわな。読みづらいし、長くなるし。
現に、日本だと1冊分で足りる分量が、韓国だと3冊、4冊になってしまうらしく、金銭的な面でもハードルになる。

元々、表音文字の文化圏だったならいざ知らず、漢字圏で表意文字が主体だったのに、優秀性がどうのこうのと、唐突にハングルに切り替えたもんだからこういうことになる。
スポンサーサイト
NHKがどれだけ酷いかを知る
実際に受信料契約してみてNHKがどれだけ酷いかわかった。_| ̄|○


6月頃にあくまでゲーム用にテレビ買って、受信ケーブルは買わなかった。(=テレビは見れない状態)
まあ、元々テレビはあまり見ないから、特別不都合も無く、むしろこの時にNHKの受信料契約がきたら断る余地があると思ってたが、来ない。
で、9月入ってたまたまケーブルを手に入れたら、そのわずか1週間後にきやがった。(なんだ、モサドでも雇ってるのか!?)
契約に来た人とは長野出身関連で何故か米と蕎麦の話でそこそこ盛り上がり、全然関係の無い8月分も払わされる羽目になったが、まあその辺は気にしない。

そして本題。今月に入ったら契約不履行の通知が来た。

「家族割引」適用条件ご確認のお願い。

「帰省先の家族割引適用条件が確認できない」と、具体的(いったいどの条件に合わないのか)なことは全く書かれておらず、「詳しいことは問い合わせ先に」と書かれた紙切れが1枚。

で、帰省先(実家)と連絡を取った後にコールセンターに電話をかけて今回の内容について聞く。だけど、帰省先と連絡を取れとしか言わね。既に実家と連絡を取ったと言っても、こっちの言ってる内容理解して無いのか、帰省先に確認してくださいとしか言わね。「実家の世帯主を父名義と祖父名義取り違いてる可能性があったので」と言っても、帰省先に確認してください。

(´ヘ`;) いや、だから帰省先に確認した上でいくつかの誤りの可能性に気づいたんだってば。

いい加減、水掛け論の様を呈してきたので、ストレートに
「じゃあ、契約の際に記述にミスがあったのかもしれないから、契約内容を確認させてください」
と、聞いたら、1,2分待たされた後、

「確認できません」

(゚Д゚)ぽかーん

契約内容について確認しろと文句つけてきてるのに、契約内容を確認できない?しかも、その契約は1ヶ月足らず前にやったものなのに。

じゃあ、何が問題かわからないじゃん。


その後、結局、新しい契約書を作るという話になったが、そこでまた問題発生。
何故か知らないが、私が既に新しい契約書を持っているかのように対応してくる。しかも、ここでも何故か実家がどうのこうの言ってくるから、「実家経由で送らないとダメなんですか?」と聞くと「いや、違います」とか返してくる。じゃあ、実家がどうのこうの言うな。

で、しばらくやり取りしてやっと私が新しい契約書を持ってないことを知って、「後日、郵送します」と言ってきた。

何が問題点だったのかわからない、契約内容すらわからない、結局のところ、NHKが新しい契約書を送れば済むだけの話をただ延々と。

しかも電話代20秒で10円。時間以上に金も浪費して私涙目w


受信料払えとか言うくせに、受信契約もまともに把握できないってどれだけ殿様商売なんだよ。_| ̄|○


追伸:
受信料払わなければ良いじゃんと言われそうだけど、受信料拒否って、建前は政治的信念みたいなこと言ってるけど、本音は単に金払いたくねぇだけじゃん。給食費払わないことを財テクと称するどこぞの人間と何が違うんだ。
まあ、金払いたくないことは否定しないが、それを政治的な理由やら正義でオブラートに包む行為が解せない。
フランス人が飲むワイン
いや、まあ、だから何だって話ですが。

電車の中吊り広告見てたらワインの質問がありました。
で、その質問というのが「フランス人が最も飲むワインを知ってますか?」(と言う感じの)やつだった。
で、すぐ隣に答えと称するワインの銘柄があって、要はそれを売るための広告。

よくある「~で取れた葡萄を吟味して―」とか「○○年続く製法がもたらす深みのある~」みたいなうたい文句よりも、よっぽど記憶に残るし上手い広告だなと感じました。ボジョレーヌーボーで盛り上がる日本人にとってこれ以上無い広告じゃないでしょうか。

今年もあと約1ヶ月か。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。