プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盧武鉉の明日はどっちだ!?
■次期政権の省庁再編案に反発=拒否権行使も-韓国大統領  (時事通信)

 韓国の盧武鉉大統領は28日、記者会見し、李明博次期大統領が実現を目指す中央省庁再編について、「現政権をすべて否定するものだ」などと語り、激しく反発した。また、盧大統領は省庁再編のための改正法案が国会で可決されれば、拒否権行使も辞さない考えを示した。
 李次期大統領は北朝鮮に対する融和政策を進めた統一省を解体するほか、女性家族省などを、関連する業務を担当する省に統合する方針。これについて、盧大統領は「政権が努力してつくった哲学と価値を壊す」と批判。その上で、「(改正法案への)署名は盧政権がしたことが間違いだったと認めることになる」と語った。


代替わりすると前任のやってきた事をことごとくぶち壊して自らの正当性を図るってのは、易姓革命という思想の影響か何か知らないが、朝鮮では古来よりポピュラーなことだということを差し引いても、こればっかりは盧武鉉が悪いからな。

まあ、外交はもとより、経済問題から官僚肥大化まで、盧武鉉がやらかした負債は大きすぎる。
非難が大きい運河構想も―確かに壮大な失敗になると思うが― 盧武鉉がやった経済政策に比べればマシだしね。というより、盧武鉉のおかげで、よほどの政策でも無い限り戻れないだろうけど。。(長期的に見ればマイナスにしか見えないけど、公共事業という一点を見れば、短期的な経済活性化は計れそうだし~)

とはいえ、その盧武鉉を選んだのは国民なわけで、自業自得と言ってしまえばそれまでなんだけど。


あと任期1ヶ月だけど、何か壮大なことやってくれないかなー 戒厳令発令で任期延長とか終身大統領宣言とか統一宣言とかw
スポンサーサイト
「社会主義国家の強みなのかもしれない」by沖縄タイムス
■[北京五輪]華麗な技と友好に期待  沖縄タイムス-社説

 北京五輪が七カ月後の八月八日に開幕する。一九六四年の東京、八八年のソウルに続くアジアで三回目の夏季五輪。日本とは時差一時間の隣国で世界の注目を集める初めての国際的な大イベントが繰り広げられる。
 昨年は日中国交正常化三十五周年、来年は中国建国六十年だ。そんな節目の年に世界のトップアスリートが隣国の首都北京に集うのも歴史のめぐり合わせ。友好平和の発露にしたい。
 中国は前回アテネ五輪で金メダル三十二個を獲得。金メダル数ではロシアを上回り、首位米国の三十五個に肉薄した。四年後の地元開催に向けて、外国人コーチの招請や強化資金を増額したことなどが実を結んだのだ。
 金メダルの獲得数とともに関係者を驚かせたのが、中国選手のドーピング(薬物使用)違反者ゼロだった。
 ドーピング違反が相次いだアテネ五輪にあって、中国の反ドーピング対策は際立った。薬物スキャンダルにまみれてスポーツ界が壊滅的な打撃を受けた九四年の広島アジア大会から十年で立ち直ったのだ。社会主義国家の強みなのかもしれない。
 国威発揚につなげたい中国共産党は北京五輪の開催を「中華民族の復興と近代化達成の象徴」と位置づける。今、選手強化策の一環で約三十人の外国人コーチが指導に当たっている。比較的マイナーな競技でのメダル獲得以外にも陸上や水泳、バレー、バスケットボール、サッカーのいわゆる「三大球技」など、国民に人気の高い競技でのメダル獲得を目指しているのだ。
 日本は前回五輪で金十六個を含む史上最多の三十七個のメダルを獲得し、ランキング五位に躍進した。とは言え、中国には差をつけられた。今回は歴史的に関係の深い中国での開催。応援にも自然に力がこもる。
 五輪にナショナリズムはつきもの。だがメダル獲得競争のあまり、五輪が本来持つ友好の精神を忘れてはなるまい。一衣帯水の隣国だからこそ、過剰なナショナリズムに走ることがないようにしたい。


良いですよね、素でやらかした感じの文章って。

例えば、この「社会主義国家の強みなのかもしれない」の一文なんて普通に使われたら皮肉なのに、それを感じさせない文章力!「いったい、お前はどこの国の立場でこれを書いたんだ?」とツッコミたくなる文章!!実に素晴らしい。

大体、美辞麗句を並べるか、わけのわからん論理で煙に巻いたような文章で、読者をミスリードしようとする文章が多い中、ところどころにはっきり書いちゃうなんて本当に凄い。前述のように一歩間違えば、意味がまったくの逆、単なる皮肉文になってしまうのに、あくまで中国を応援したいという気持ちが伝わってきてしまうこの社説。素晴らしい!!エクセレント!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。