プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤閣下を再評価するのは不可能だと
■伊藤博文の韓国統治 日韓両国の研究者が再評価  朝日新聞

 戦前の日本の朝鮮半島支配の象徴として韓国で厳しく批判されてきた伊藤博文(1841~1909)。その人物像と韓国統治の実態をとらえ直す作業に、日韓の研究者が取り組んでいる。研究成果は今秋、シンポジウムで発表し、来春には出版する予定だ。
 日本は、日露戦争後に韓国の外交権を奪うなどして「保護国」とし、韓国統監府を設けた。伊藤は1906~09年、その初代統監を務めた。韓国では「一貫して併合を推し進めた」とのイメージが一般的だ。
 研究会のまとめ役の伊藤之雄京都大教授(日本政治外交史)によると、伊藤が韓国併合に消極的だったことには多くの史料的裏付けがある。伊藤は初め、司法と行政の分立や、韓国独自の法典作りを進めるなど、保護国としての韓国の「近代化」を目指した。
 だが、07年に日本が大韓帝国軍を解散させたことなどから反日の義兵運動が激化。在韓日本人の間で併合を認める山県有朋系官僚への支持が高まる。春畝公追頌(しゅんぼこうついしょう)会編『伊藤博文伝』には、09年4月、併合に積極的な桂太郎首相と小村寿太郎外相が伊藤を訪れ併合への同意を求めると、彼らの予想に反して同意したという趣旨の記述がある。
 韓国に議会を設けることや韓国人の大臣による責任内閣制を唱えた、伊藤が書いた文書も最近確認された(『公刊明治天皇御紀編修委員会史料 末松子爵家所蔵文書』)。伊藤教授は「1920年代に内務省で検討された自治のシステムをいち早く視野に入れていた」と指摘する。
 今回の研究会は2006年スタートした。日本側10人、韓国側から6人の研究者が参加。伊藤の韓国統治を日韓両国の視点から総合的に描き出すのが目的だ。
 韓国では盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時に、戦前の積極的な「親日派」の罪を暴き財産を没収した。こうした政策を支持する世論がある一方、国際日本文化研究センターの松田利彦准教授(近代日朝関係史)は、伊藤の進めようとした近代化に疑問は抱くが「イデオロギー的に物事を切り取らず、例えば親日派イコール悪とは考えないような考え方が、80年代ごろから、若手研究者から出てきている」という。
 研究会の韓国側まとめ役で啓明大学日本学科の李盛煥(イ・スンハン)教授(政治科学)は「韓国と日本での伊藤像は全く違うが、同じ人物。日韓で広く知られている伊藤の共通認識を探ることは、両国が理解し合う道筋をつけることにもつながるのではないか」と語る。
 「伊藤は併合を視野に入れていたが、政策面を見ると(併合論者だった)山県や桂、小村とは確かに違う部分がある」と李教授。メンバーには研究結果が韓国で批判を受けないかという心配もあるが、「共通認識づくりへの壁は誰かが越えなければならない。ならば私たちがやろうと思っています」と話している。


伊藤博文が韓国独立派だったのは、ちょっと当時のことを調べたことがある人にとっては有名な話。
だけど、韓国で再評価されることは絶対にありませんね。絶対に

理由は簡単、安重根の立場がなくなるから

ただの粗忽なテロリストに過ぎない存在なんだけど、かの国では大英雄ですからね。元々、英雄と呼べる存在が皆無なせいで、余計にそこに執着しちゃうんでしょうねぇ。日本なら、良くて由井正雪ってとこですかね(目的を達成してないし)。あるいは生麦事件か。(安と比べると失礼だな。)


まあ、記事中にもあるけど、良くて「独立派だったのは認めるけど、最後は併合派になった。だから、安重根の行為には正当性があるから問題ない」ってところかね。
(まあ、伊藤が転向したのも、ロシアへ内通だのハーグだの、散々裏切られたためだといえばそれまでなんだが。)
スポンサーサイト
アイヌ民族の敵とは何なのか?
■「日本の先住民族と認めて」 首都圏のアイヌの人々、民族衣装着て署名集め…政府の動き鈍く  痛いニュース

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日:2008/03/24(月) 16:13:42 ID:???0
アイヌ民族を日本の先住民族として認めるよう政府に要望するため、首都圏に暮らすアイヌの人びとでつくる「アイヌウタリ連絡会」(丸子美記子代表)のメンバー約30人が23日、手縫いの刺繍(ししゅう)を施した「アミップ」(民族衣装)を着て、東京・有楽町の街頭で署名集めをした。
国連は昨年9月の総会で「先住民族の権利に関する宣言」を採択。だが、宣言に賛成した日本政府の動きが鈍いことから街頭活動にのり出した。
首都圏に住むアイヌは約1万人と推定されるが、差別体験から隠して暮らす人が少なくないという。千葉県の村上恵さん(23)は「政府が認めないため、アイヌがアイヌであることを堂々と語れない。先住民族でないなら私たちは何なんでしょうか」と話した。
会では、北海道・洞爺湖(とうやこ)での7月のG8サミットに向けて政府や国会議員への働きかけも強める方針だ。
http://www.asahi.com/national/update/0323/TKY200803230259.html



はい、認めますよ。で?

結局、何をしたいのかわからない。その元ソースでも散々突っ込まれてるけど。
差別されて出自を隠して生活してるって言われても、どんな差別を受けたのかわからないし。ナチス政権化のユダヤじゃあるまいし、バレたら即死ってわけでもなかろうに。(これがまた70、80の高齢者ならともかく、20代の話しだしな、、、)

一応、今回の活動の主体である「アイヌウタリ連絡会」とやらを検索かけてみたけど、出てくるのは、「○○(政治家)が日本は単一民族だと発言したので○○に抗議した」っていうのだけ。

主張が全部、受動的。
具体的に何をされたのかわからないし、何をしたいのかもわからない。

欲しい権利って、同和みたいのことかね?(あぁ、これは権利じゃなくて利権か。似て非なるもの。自動車の免許取るのに全額補助が出るとかね!)

別に政府が権利を剥奪しているわけでもなし、政府が認めないと堂々と語れない出自なんて、自分達で自分の出自を馬鹿にしてるだけだろ。

で、その元となった「先住民族の権利に関する国際連合宣言」ってのも調べて見ると、要は、基本的人権や財産権、社会権とか、そういう最低限守られるべき権利もマジョリティと同等に守らなくてはならないって方が主体みたいだし。まあ、言うまでも無く守られてる。

文化的アイデンティティにしても、別に、アイヌの民族服禁止令があるわけでもなし、3月は雛人形飾らなければ非国民で抹殺というわけでもなし。
アイヌ民族の服を着て町を歩けば、違った目で見られることが差別とか?だったら、ヤマト民族が鎧甲冑着てたって、違った目で見られるし。

今回に限らず、特に日本の少数民族問題(アイヌや琉球)が出てくる時に思うのは、対立構造がおかしいんだよね。
アイヌ民族に対する概念はヤマト民族だ。だけど、その対立構造は少数民族VS近代文明となってる。

生活様式がマジョリティによって押し付けられるって言うが、もし伝統的な生活という物を考えるならば、そのマジョリティもまた、近代文明への進化の過程で伝統的な生活を破棄してる、或いはさせられてる。現代に対して伝統的な生活様式を維持するのが困難なのは別に少数民族に限った話じゃない。藁葺き屋根の家よりも、トタンの方が安価で長持ちするから、そう変えようが、そのまま藁葺きを維持しようが、それは勝手。
で、あまりにも人気が無くて絶滅の憂き目に遭いそうなものを、国が補助金を出して守るってのが文化保護。

そういうラインで考えるなら、アイヌ文化だろうが、有田焼だろうが、輪島漆器だろうが同じだろうに。
そこでアイヌ民族のみを特別視するのは変だし、近代文明の前にそのアイデンティティを脅かされてるのはヤマト民族も同じ。

その中でそれをどう維持しようかは色々な形があると思うが、少数民族が云々は詭弁じゃないのかね。

テーマ:社会 - ジャンル:政治・経済

南極で氷が売れないのは南極のせいではない
■<グローバルアイ>韓日FTAと日本の排他主義  中央日報

日本人は元々地域特産品を好む。最高級米の品種コシヒカリが代表的だ。改良を繰り返して作り出したこの品種は、ご飯を炊けばコシも強く、ツヤもあって一般品種より2倍近く高い。この品種の栽培に相応しい新潟地方は、この米で作った日本酒の名産地に挙げられる。人形といえば九州地方の博多人形を掲げる、などだ。単純なかけうどん、そばの店が代を継いで栄えるのも、どの地方で誰が作ったのかを重視する日本人特有の文化のため可能なのだ。こうした日本人の情緒は販売の舞台をグローバル市場にしている工産品でも例外ではない。機能や価格にかかわらず電子製品も日本の地で日本人の手で作られたという事実が重要だ。
電気・電子メーカーのシャープは製品の広告でこんな日本人の心をよく掘り下げている。シャープの超薄膜液晶(LCD)テレビを宣伝する広告にはフィンセント・ファン・ゴッホの名作『ひまわり』の絵に日本の“国民女優”の吉永小百合を登場させる。吉永小百合は北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長も“日本で最も美しい女優”と言ったほどだが、日本人の愛を一身に受けている。吉永小百合はゴッホが歩いたフランス南部アルルのひまわり畑を歩きながら「名画のように、壁掛けに。美しい日本の液晶」と言う。電子製品を、どの地方の何の特産品だという同じやり方で宣伝しているわけだ。シャープが消費者に刻印させようとするのは“メイド・・インジャパン”である。消費者は電子製品売場で初めから“シャープの亀山モデルください”と注文する。日本の三重県亀山工場で作った製品をくださいという意味だ。日本国内の工場で日本技術として一貫生産体制で作った製品だから信頼できるというのだ。
三星は昨年、日本で運用していた個人対象インターネット販売市場から撤退した。三星のある幹部は「三星ロゴが付いた製品では日本人の心を決して開くことができなかった」と打ち明けた。液晶テレビ分野世界1位を占めるほど技術力を認められてはいるが、日本では事情が違った。テレビや冷蔵庫、コンピューターは完製品だから、ロゴをつけなければならなかった上、これは電子製品の盟主だという日本人のプライドに触れた。日本市場の特性を痛感した三星は、ソフトバンクに供給する携帯電話に期待をかけている。三星ロゴは偶然見えるよう何気なく表示している。最近のモデルにはフォルダを開くとロゴが出るように神経を使った。現代(ヒョンデ)自動車が苦戦しているのは言うまでもない。現実がこうなると、日本では完製品として売れる“メイド・イン・コリア”製品が「キムチとカップめんしかない」と自嘲が自然と出る。日本はキムチさえ味を日本人の口に合うように変えた“きむち”として元祖キムチの牙城をゆさぶる。韓国人の象徴であるキムチまで日本化したわけだ。
李明博(イ・ミョンバク)政府は韓日自由貿易協定(FTA)交渉再開を控えている。こうした日本人の“心理”を理解できなければ交渉は同床異夢の果てに“不平等交渉”になるほかない。日本は間違いなく「君が1つ出せば、私も1つあげよう」というやり方の、はたから見れば対等な交渉を主張するだろう。こうした交渉の結果は目に見えている。1億3000万人に迫る日本人一人ひとりが皆“非関税障壁”でねばっている限り、FTAを結んでも韓国が日本に売ることができる商品はほとんどないと思っても過言ではない。その上、日本は経済産業省が大型企業を後ろから手を差し出している。ソニーがシャープから液晶パネルの調達を受けて、半導体、携帯電話会社が合従連衝をしているのもすべて見えない手として作用する日本政府の教唆と作戦によるのだ。韓日FTAを決して楽観視することができない理由の数々だ。


まあ、中央日報はサムスンとの関係が強いところなので仕方ないと見ても、、、

全体見るとやっぱり思うのは、韓国はFTAを理解してない。

今日の記事なんかFTAが問題じゃなくて、日本に韓国製品が入れる市場が無いってことでしょ。どんなに御託を並べようと、日本人にとって韓国製品は魅力が無い。それはもう、FTAがどうとかの話じゃない。

そもそも日韓FTAっていうのは、(日本から見て)別に韓国製品が欲しいからやるわけではない。
日本は日本でしか作れないような精密部品の工場になって欲しいわけでもないし、最悪でも組立工場以上のモノを韓国に求めてない。
どこでも造れるような部品を作ったり、日本から工作機械や部品を買って欲しいからFTAをやろうと言ってる(機械は当然、部品にだって関税はかかるし。)。最終的に日本が(つうか、経済産業省と経団連が)目指してるのは、基幹技術以外を外注して、あとは日本で作る、ある種の共同体でwin-winの関係を作ろうって話。ようは比較優位の関係。

結局、良くも悪くも日本の影響下にあるのに、勝手に勘違いして一人相撲した挙句、完全に日本の経済植民地になったわけで。台湾みたく、「台湾が無くなったらPC業界が大打撃!」という位置づけですらない。

そこが見えてないから、日韓FTAが互いに食い違い、挙句FTA以前の認識問題すら起こすと。

別に「あくまで韓国製品を売り込むために日韓FTAを結ぶんだ!」って言うなら、それはそれで構わない。
こちらにしたら「南極に氷を売りに行くぐらいなら、砂漠にでも売りに行けよ」って話で。南極で氷が売れないからって南極のせいにするなと。
(むしろ題にもなってる排他主義って韓国のほうが妥当だったりするんだが、、)


あと、細かいところでも色々ツッコミ。

日本人は元々地域特産品を好む
なんて、そんなの世界共通だろ?みたいな。古今東西、権力や財力のある奴が名産地と呼ばれるところから持ってこさせるなんて例は腐る程あるし。

うどんや蕎麦屋の話にしても、老舗と呼べる店が全く無い韓国には理解できない話なんでしょうけど(韓国人は味覚に問題があって、味の差異を感じ取ることがでいないつうなら、納得がいきますけどね)。

メイド・イン・ジャパンにしても、それこそ日本人だけじゃなくて、世界が認めてるし。だからこそ、韓国企業は、その社名が日本のそれと似てたり、欧米のCMに富士や桜を出して、あたかも日本企業であるかのように装ってきたんでしょう?

液晶テレビ分野世界1位だなんていっても、その中身の重要なところは日本製なわけでね。だったら、全部日本製の方が質が良いってのは自明じゃないのかね。

最後の
経済産業省が大型企業を後ろから手を差し出している
ってのも、まんま韓国の事例じゃないかと。韓国政府が補償金や関税使って韓国企業を守ってる。
自分達がそうだから、相手もそうに違いないって思い込む典型例ですね。
評価は難しいが、
■結局、小泉純一郎のやった事って未来にとって良かったのか?  アルファモザイク
私は熱烈な小泉信者ですからね、良かったと思ってます。
何ならチャーチルみたく再登板してもらっても一向に構わないんですけど(でも、5年で白髪が酷くなるくらいの激務だったんだからねぇ、それをまたやるとなったら大変だろうね。。)

で、実際に評価するってのは難しいだろう。
まあ、いくつか理由はあるけど、例えば吉田茂だって、今でこそ、戦後復興の鍵を握った名宰相みたいなこと言われるけど、任期中はGHQの手先だの何だの批難され、その任期の最期も内閣総辞職ですし、存外、評価ってのは時間がかかる。近年、田沼意次が再評価されてきてるけど、最近は、石田光成も再評価されてきてるしね。実に400年かかったわけだ。
次に、後継者である安倍さんがあっさり退場したこと。あくまで小泉首相がやったのはきっかけ。そこから、発展させないといけないのに、それが停滞してしまった。まあ、実際のところ安倍さんはその短い任期中に様々な功績を挙げてるんだが、これが評価されるのは、小泉首相よりずっと後だろうな。。結局、結果を結ぶ前に小泉路線がぶれたせいで、今もって絶対に正しかったと評価はできないと。

ただ、そこのコメントにもあるように、じゃあ、反対・批判した人たちは、他に何か有効な手立てがあったのか?といえば、全く無いんですよね。
>「平和でゆとりのある平等な社会」の実現を目指し
という目標自体、実に曖昧で何がしたいのかわからない。
そういう点で、それが実現するかどうかはともかく、はっきりと手段を示した小泉首相に支持がいったんだと考える。

で、まあ、その小泉首相がしたことに関連し、この記事。
ゆうちょ銀行、郵便局への文書送付に「クロネコメール便」を利用  東京エスノ
何が問題かと。
リンク先のコメントにもちらほらあるように、効率重視でいいじゃない。それだけ郵便局側に無駄が多いってことだろうに。

19 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2008/03/02(日) 00:54:46 0
分社化しなけりゃタダで出来たんじゃないの?
民営化は建前で、国民を欺き安売りするための背任行為がバレバレ


仮にタダでできたとすれば、その無料分は誰が負担していたかを考えるべきだな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。