プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばななと自己責任論と和の心
まあ、吉本ばなな氏個人には何の興味も無くて、実際、中学だか高校の時の国語の参考書籍に、著名な日本人作家の一覧として顔写真と一緒に乗っていたことと、別冊宝島の「まれに見るバカ女」及びその続編において、おちょくられていた程度の認識しかない。もっとも今回の騒動を見るに、「まれに見るバカ女」で皮肉られた点は治っていなかったようだが(もうこれも5年前の書籍か)。

そんなわけで、ばなな氏が何してようと、どうなろうと知ったっちゃ無いのだけど、今回の騒動について思うことがあったので述べてみる。


前に自己責任論の本質は、自らを省みる前に(あるいは省みらずに)他者に原因を向ける行為が、自己責任論者の勘に障るからだ、と書いたけど、今回の騒動の広がりもそんなところだと思う。

別に、居酒屋の持ち込みを認めるか認めないかなんてどうでも良いんだ。別にばななを叩き台とせずとも、その程度の論点・話題なんか特に珍しい物じゃない。二十歳になってまだ数年の自分ですら居酒屋でこっそり持ち込みなんて既に何度か経験したし、「おい持ち込んでいいのかよw」「こっそり、ばれない様にw」なんてヒソヒソと軽くやり取りするなんてままある。

しかし、そこでヒソヒソとやりとするのは、それが一般常識に照らし合わせて、(程度の問題はあれ)悪いこと、あるいは問題行為と認識されているからであって、例え、有名無実なルールであろうと、これを大っぴらに破る、あるいは自己肯定するというのは許されない。バレたらその場は素直に謝って、せいぜい帰り道で友人に愚痴をこぼす程度で終わらすべきなのに、これをネットでおおっぴらにやっちゃうから叩かれる。路上でワインを回し飲みにして終わらせば良いのに。

こっそり破るから許容されているのに、大手を振って破れば、より強力な制限となって目の前に立ち塞がる、という計算が働いているのかまでは知らないけど、そういう意味でこれは集団を守る装置なのだと考える。P2Pソフトの辺りがそんな感じだけど。タブー化?

ま、とにかく、日本人は(あるいは日本的な価値観としては)、一般常識に照らして自明なことにおいて、自らに原因を求める前に他者に原因を求める者に容赦をしない。例え、自分も破っていようとも、それを大っぴらに肯定することは許されない。それは意識下であれ無意識下であれ、ほどほどに自由な社会を維持する装置として機能している。悪く言えば出る杭は打たれる、良く言えば和の心。

逆に、自分の問題点を前面に押し出して、でも、こういうことを認めれば居酒屋業界にとっても良いんじゃないか?みたいなラインで書けばここまでは叩かれなかっただろうなと。

GHQのプレスコードが何だかんだ言うけど、実際のところ、日本人はタブー化が好きなんだと。前はあくまで自己責任論という観点から書いたから自己責任論者に限定したけど、自己責任論も今回の騒動も日本人的な価値観なのだとしみじみ思う。

追伸:
普通は中高校生向けの著名な日本人作家の一覧に登場するくらいだからファンもいるはずで、そういうファンの無理やりな擁護を酒の肴にするのが・・・・・・ と思ったのだけど、全然擁護が無いな。かろうじて居酒屋論みたいなのはあるけど、吉本ばなな個人を擁護する意見はほとんどない。ってかファンいるのか?

そういえば、この辺りも「まれに見るバカ女」の続編で皮肉られてたなあと。
スポンサーサイト
米世論6割が原爆投下肯定
■6割超が「原爆投下は正当」=根強い肯定意見-米世論調査  時事通信

 【ワシントン時事】米キニピアック大学(コネティカット州)の世論調査研究所が行った調査で、64年前の広島と長崎への原爆投下について、米国人の61%が「投下は正しかった」と考えていることが4日、分かった。投下を支持しない人は22%にとどまった。
 オバマ大統領は「核なき世界」の実現を訴えているが、米国では依然、原爆投下を肯定する意見が根強いことが浮き彫りになった。
 調査は7月27日から今月3日にかけて、全米で約2400人を対象に実施された。男性の72%が投下を支持したのに対し、女性は51%。年齢層別では、18~34歳は半数が「正しかった」と回答し、「間違っていた」は32%だったものの、55歳以上では投下支持が73%に上った。
 政党支持者別では、共和党支持者の74%が投下を評価、民主党支持者では49%だった。


原爆が、大量殺戮兵器として一般人を大量虐殺したことが戦争の倫理に反するとか、逆に原爆が戦争を終わらせたとか、その後の強力な抑止力を持つことを証明させたとか、その辺りは、色々と言われてきたことだから今更言わない。まあ、真珠湾は正当だが原爆は不当みたいな意見には辟易するけど。

ただ、アメリカ人も自分達が原爆を落とされたら、肯定意見は大幅に減るだろうなと思う。そもそも洋画なんか見てると、原爆はよく出てくるけど、単純に爆発威力の高い爆弾程度の認識しか無いみたいだしなあ。放射線の怖さとか全く無い。まあ、その辺りは日本人の場合は必要以上に刷り込まれているような気がしないでも無いが、一般的なアメリカ人の原爆に対する認識の軽さは映画を見るたびに異常と思う。原爆が落ちた場所で暢気にテント張って治療行為するとか普通にあるし。

ウィキペディアでの活動と自嘲
ウィキペディアで色々やってるが、ここ半年程は本当に酷い。履歴を見てもノートかwikipeia系ばっかで、通常ページを編集頻度が大きく減ってる。これは良くないと自覚しているのだが、何故かなし崩し的にそっちへ流れてしまう。自分の編集分野はもっぱら、映画やサブカルと決め、政治や歴史(近代史)、そして運営には、なるべく手を入れないように気を付けているのに、きっかけは些細なことで巻き込まれる、いや、巻き込まれに行く。

フィクサーになるとか、そんなつもりは全く無いのだけれど、論争に無能がしゃしゃり出て、自体をひっかきまわす。そして風呂敷広げた手前、おかしな責任感を感じて逃げ出せなくなる。泥沼。いや、お兄さん、1つ間違えば疲弊させるユーザーとしてとっくの昔にブロックされててもおかしくないですよ。

去年からやってた某漫画作品の独立・統合の案は、なし崩し的に仕切る側なってしまい、それで無能だから議論をグダグダ化させてしまう。それでいて変な責任感を持つせいで、終盤、収拾を付けるのに焦って、自体を余計に悪化させる。決まって常に最悪の選択を行う。せっかく意見を出してくれた人たちに申し訳なくて、最大限立ち回ろうとするんだけど、泥沼の中でもがいてるだけで、端から見ると、わけのわからん行動。

そして、一番やらからす問題は、相手の最終的な着陸地点は自分と同じか、それに近いのに、相手の論理プロセスが気に入らぬと反対してしまって、変な混乱を招くこと。お前はあんだけ反対しておいて、何で賛成(肯定的)なんだよと。精神分裂症かよと。なんやかんやでフィクサー気取るなら、なお更、自分の思惑を達成するために、相手を利用すれば良いのに、それができない。1+1かルート4の違いなのに、それが許せない。

松江騒擾事件に関して無条件降伏か、単なる降伏で揉めてるが、私は一向に構わないのだ。そんなのどっちでも良いだろう。真面目にやってる方々には悪いけど。なのに、相手の論述展開の手段が気に入らないからこれに抵抗する。自分にとって何の意味もないのに抵抗しちゃう。まあ、中立的な第三者のおかげで降りることができたけど。

現在の問題だって、既にそれを無理に維持する必要性は無いと判断し、ゆえに言及を避けて、書き込むのを止めたはずなのに(出された改定案も、判りにくく賛同できないのに)、何か変な論理展開をやってるなあと思って、首を突っ込んでしまう。で、思ったとおりの展開になって、しかも、その予測が実に的確だったから泣けてくる。

自分で省みてさえ、そうなのだから、他人が見たら、なお更だろう。民主党が自民党とやってることは同じなのに、精神分裂症のように感じるのも、実はそうだったりして。うわ、同属嫌悪だったのか。

まあ、現在進行の議論は、前の無条件の話などとは違い、明確にその論理展開はおかしいと信じてるが、あえてそれに乗っかって自分の狙いを通す器量が欲しいなあ。


で、こんなことブログに書いたって何の意味も無く、かと行ってウィキペディアに書く内容でもなく、コンビニ行ってジャポニカでも買ってこいって話なんだけど、ここ最近、ブログの更新が滞ってるから愚痴で更新をしておく。まあ、ウィキペディアよりブログに時間を割いてる方が、他人に迷惑をかけないという意味で有用なんだがなあ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。