プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる自己満よりやらない善
■ハイチ千羽鶴騒動、ネットの批判に「何もしない人間が叩くな」「やらない善よりやる偽善」と反論の声も  痛いニュース(ノ∀`)

「ハイチ大地震の被災者を元気づけるため千羽鶴を贈ろう」という動きが、コミュニティサイト『mixi』で広がり、全国から折り鶴が続々と集まっているとの報道があった。これに対しネット上では「被災地に迷惑だ」との批判が
相次いでいる。
(中略)
しかし、『Scarborough Fair』のブロガーは、「義援金を送るほうが歓迎される」としながら、「現時点でなにもしていない自分には、(発起人の)この子を叩くことはできません」との見解だ。「存在が遠すぎる」ハイチに、支援したいと思わなかった自分より「たとえ偽善だったとしても、“千羽鶴を折る!”という行動をしようとすることができたこの人は素晴らしいと思います」という。

「自己満足だの偽善だのと責めるほどのことでもないし、反論されて腹をたてる話でもないような。人のことはどうでもええから、とりあえず自分が何かするってことが大事なんちゃう」との意見も。ハイチには今なお命の危機にさらされている被災者が大勢いる。それに対し、鶴を折る人、批判に熱心で自らは何も行動しない人、いずれも今の日本人の姿なのだ。
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/blog-201001291048/1.htm


まあ、きっと今も一生懸命に鶴を折っているだろうお馬鹿さんたちには何も言うことは無いけど、案の定、これを擁護する人間が現れたので少し。

前も派遣村で言ったけど、「やらない善よりやる偽善」ってのは「動機は行為の是非の判断基準にはならない」ってことなんだ。

だから、行為が是の場合に「それは偽善だ」と動機を持ち出して非難するような奴への返答としては正しいが、行為その物の是非を問われている時に「やらない善よりやる偽善だ」ってのは全く反論にならない。

それに偽善だと自覚してあいつらは鶴を折ってるのか?なら、まだ救いようはあるが違うだろ。本気でそれが善行だと思ってやろうとしているわけだろ?

こういうのが擁護される時、半ば常套句的に「やらない善よりやる偽善だ」って意見は出るけど、やってる本人たちは至って真面目なのに、これを擁護する人間が「偽善」なんて言っちゃったらダメじゃないの?(苦笑)。


やってる本人もそれを擁護する人間も、もっと相手の気持ちを考えなさいと。

スポンサーサイト
鳥越さんの言論人としての手腕を改めて認識いたしました
■鳥越俊太郎 「今回、私たち世論は操作されている!」「鳩山内閣の支持率低下、マスコミの小沢報道が原因」  NEWs保存道場
たまたまリアルタイムで放送見てたけど、まあ面白かった(苦笑)。正直、番組その物は露骨に民主よりと言うほど酷くなかったが、―例えば私達が支持率下げないように頑張ってるとか言ってた、みちこが歯切れが悪いながらも距離をとるような発言してた。てっきり検察のリークがどうたらこうたらとでも言って、擁護してくると思ってたから肩透かし。

「まあ、さすがにこの後に及んで小沢擁護は難しいだろうな」なんて思ってたら、この記事中にあるように鳥越が発言し始め、突然、東京新聞の論説がどうたらこうたらで「私たち世論は操作されている」ってw オイオイ。

また、上手いよね。さすがジャーナリスト(笑)だよ。あくまで「東京新聞の論説がこう言っていた」と逃げ道を用意しておくんだから、さすがだよね!これなら、小沢逮捕が決定して、この発言を批判されても、「あれは私の意見じゃなくて、こういう意見もあるよと・・・」なんて逃げられるもんねw

いや、ホント、鳥越さんの言論人としての手腕を改めて認識いたしました。


今国会は小沢問題を抜きにしても、予算に関して自民党の反発が大きいことは予想され、当然、予算成立も遅くなるだろうけど、これも、麻生政権の時の態度はどこ吹く風で「この大変な時期に予算成立を遅らせるとは何事だ」「小沢問題を使ってこの一大事に国会を空転させようとしている」とか何とか平然と言うんだろうな。まことに顔の面が厚いことで。

中台が狙うはハイチではなく
■「地震外交」で火花=ハイチとの国交めぐり援助合戦-中台  時事通信

 【台北時事】中国が大地震の発生したハイチで援助活動を活発化させている。ハイチとの国交樹立に向けた布石とみられ、同国と外交関係を結ぶ台湾の馬英九政権は対抗措置として、追加支援を相次いで打ち出した。中台は国交締結国を奪い合わない「外交休戦」方針の下、関係改善を進めてきたが、今回の「地震外交」をきっかけに、国交争奪戦が再燃する恐れもある。
 台湾は地震発生直後に計4500万円の支援を表明。中国も赤十字を通じて9000万円の支援を公表した。台湾は対抗上、援助を総額4億5000万円に拡大したが、中国もその直後に4億円の緊急支援を発表し、援助合戦は激化している。
 一方、台湾は13日に救援隊を派遣。しかし、ハイチの交通網が寸断されているため、同隊は16日まで隣国のドミニカ共和国に足止めされた。中国の救援隊は早々と現地入りしており、台湾の劣勢は鮮明だ。(2010/01/16-18:35)


ハイチ自体は割とどうでも良くて、問題は難民などの方。難民が隣国ドミニカなどに流れ込んで政情不安にする可能性が高い。で、そのドミニカは台湾派。まあドミニカに限らず、カリブ海諸国は基本的に台湾派だから、ハイチよりもその周辺国の支持を取り付けるために、ハイチに支援をする、って話らしい。

まあ、地震がなくても破綻してる国家の支持を得てもなあと、確かに思う。

ウリはインスタントの違いがわかる(キリッ
■「この製品は韓国で通用するだろうか…」(上)  中央日報
■「この製品は韓国で通用するだろうか…」(下)

韓国が「グローバル・スタンダード」を作る
 コーヒー文化の元祖は、ヨーロッパだ。しかし、世界のインスタントコーヒーのトレンドと技術を主導している国は、韓国だ。
(中略)
ネスレは、気難しい韓国の消費者の口に合わせるために(後略)


ドリップや豆についてならともかく、インスタントについて、こう「気難しい韓国の消費者の口」って説明されるのは、なんともモヤモヤ感がある記述というか何と言うか。

何か見たことあるなあと思ったら、インスタント・ラーメンでの話ですね。インスタント・ラーメン宗主国ニダ!って言ったりしているの。インスタントラーメンの種類が豊富で、韓国人はインスタントラーメンの味にうるさいみたいな。

別にインスタントを馬鹿にするつもりは無く、その中でより味を改良していくってのは良いことだと思うけど、でも、実際にドリップしたコーヒーやラーメン屋のラーメンを全く無視するかのようなのは、それはそれで変であると。

コブラのクリボーネタで、裸の女を抱えながら、これでオナニーする!みたいに言うのと同じような、、本末転倒的と言うか、何と言うか・・・ 何か感覚が前提からずれていると言うか、、

後のカーナビとかの話は、記述中にも言及があるように、あくまで試験市場的な意味合いしか無いと思うんだけどなあ。別に「韓国で流行れば世界に流行る!」とか「韓国人の感性は素晴らしい!」とかそういうのじゃなくて、そんなに大きく無くて(失敗してもリスクが低くて)、そこそこ社会が発達しているから、ちょうどいい試験場みたいな。カーナビなんかだと特に、欧米や日本でテストやろうとしたら広いわけだから、ここに挙げられているようなオプション付けたらデータがでかくなりすぎる。


■【竹島・日本海問題】 日本の歴史歪曲、論理的に制圧しよう~「東海は日本海より千七百年も前から使われてきた」[01/13]  東亜板
「論理的に」と言うだけあって、今までの韓国人の主張の中では論理的な方。「論理的な」であって「論理的」ではないけど。

名称の問題なんかは、あくまで慣習・慣例の問題ということを無視している時点でダメ。

ただまあ、今は併記を狙って最終的に東海にする、とか、こういうのが増えるとちょっとなあと思う。近視眼的で、自己矛盾を平然と起こしてこそ韓国人なのに。


その他:
二兎は追えないから、鳩兎は逃げきるっぽいな。その分、岩手の黒兎は検察に確実に葬ってもらいたい。

嫌消費世代は実在するのか?
■「嫌消費」世代 経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち…週刊ダイヤモンド 痛いニュース(ノ∀`)
相変わらずだなあと。前も似たような記事はあったが。

彼らは、消費をしない訳ではないが、他世代に比べて、収入に見合った消費をしない心理的な態度を持っている。このような傾向を「嫌消費(けんしょうひ)」と呼んでいる。


もうね、1つ1つの前提からして感覚がずれてるんだよ。
>収入に見合った消費をしない
ここで言う収入に見合った消費って何よ?と。収入の何%って基準があるのか、ローンを組むという話なのか、何なのかわからん。

ここで既にさも当たり前という前提が根底にあるから、結論も歪む歪む。

最終的には前の奴と同じで、バブル世代は自己実現のために消費した、みたいな自慢で終わり、集団主義が消費を抑えるとか馬鹿みたいな結論であり。バブルの感覚が異常だと認められない限り、この手のマーケティングは常にずれた結果を出すと思う。

まあ、馬鹿なバブル世代の成金感覚に対する意味で、スマートな感覚が大事って意味なら概ね指摘も当たってると見るか。
ひいて言うなら嫌消費世代がいるんじゃなくて好消費世代がいるって話で。


余談:
とはいえ、消費が無ければ経済は成り立たぬ。

ところでマスコミが散々怖がらせたせいか、いまやデフレに対する拒否感はインフレ以上だと思う。どっちも良くないのに。まあ、特にデフレスパイラルに関してインフレより問題だって反応するわけだ。

でも、デフレスパイラルの問題は、それによって収入の低下も招くことにあるわけで、収入の低下を招かない、つまり、団塊世代より上にとってはむしろ消費を促進するのではないか?言うまでも無く人口構造は、ジジババの方が多いわけで、ゆるやかなデフレはむしろ消費を増やすんじゃないかなと。

まあ、しょせん素人考えだし、デフレが良くないのは否定するつもりはないけど、それこそあえてインフレを誘発しないといけないというほど危険な物ではないんじゃなかろうか。

デフレスパイラルの危険性を訴える人はたくさんいるけど、その要素である給与の低下が起きない、かつ好消費世代の団塊世代との関係で述べている人は見たことないから、ぜひ識者にその辺の予想を立ててもらいたいなあと言う勝手な妄想の発表をもって本年の初エントリーとする。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。