プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善であることを偽ることもできない偽善
■ZEEBRAのハイチ支援活動に非難殺到 "出る杭は打たれる"日本のチャリティー事情  Exciteニュース

 日本ヒップホップ界を牽引するカリスマ・ZEEBRAが、つぶやきサイト・Twitter上で「全国民がやるべき」と呼びかけ、ハイチ大地震の復興支援活動を開始した。「JP2HAITI」なるプロジェクトを立ち上げ、K DUB SHINE、DJ OASIS、RHYMESTERらラップ界の盟友のほか、大沢伸一、EXILEのHIRO、いとうせいこう、さらに、原口一博総務大臣、サイバーエージェントの藤田晋社長らも賛同。「団結は力なり」をスローガンに寄付を募っている。だが、ZEEBRAのそんな活動にTwitter上では、協力者以上に、"フルボッコ"に近い非難の声が寄せられている。ユーザーたちは次のようにつぶやいている。
「ハイチ支援してる奴らって全員偽善者だよね? 特にラッパーやってる奴ら見苦しいんだけど。お前らが曲作ってどうなるの? 現地の奴らは物資の支援を望んでんのに、お前らの話題作りのために美談にしてんじゃねぇよ」
「ちゃんとユウザロックについて発言してるのはDJ OASISだけな気がする。ハイチも良いけど、身近なとこからクリーンにしていかないと届かないでしょ。偽善と思われても仕方ない。なぜ膿を出さないのか?」
 ZEEBRAと親交の深いYOU THE ROCK★が、2月10日に大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されたこともあり、今回の行動が偽善者扱いされている状況だ。これに対して、ZEEBRAは次のように反論した。
「チャリティーを支援するからといって、別に聖人君子を気取るつもりはありません。私財を投げろとのご要望がありますが、出来る事をするだけです。希望が持てるチャリティーにするべく邁進いたしますので、末永く見守って頂けたらと思います」
 日頃から「マイクを持つことの意義」をリリックにし、非難の声はありながらも、多くの人に影響を与えるアーティストだからこそ、支援を始めたZEEBRA。ある音楽雑誌の編集者は次のように明かす。
「ミュージシャンが災害や戦争への声明を出し行動すると、賛同者と同じくらい、それを偽善扱いする"アンチ"も現れます。GLAYのTAKUROが2003年のイラク戦争開戦の際に、反戦メッセージを新聞各紙に掲載したところ、それを良しとしない団体からクレームが寄せられ、家族やメンバーを危険にさらしたことを著書の『胸懐』(幻冬舎)で明かしています。日本の音楽業界は、そんな"出る杭は打たれる"日本文化を反映して、政治や社会へのメッセージを歌うのが敬遠されています。J-POPの歌詞がベタベタな応援ソングや、ラブソングしかない原因もそこにあります」
 海外アーティストが参加してハイチ支援を行う「We Are the World 25 for Haiti」には、アース・ウインド&ファイアー、ブラック・アイド・ピーズ、セリーヌ・ディオン、ジャネット・ジャクソン、そして、故・マイケル・ジャクソンも映像で参加するなど、盛り上がりを見せている。日本でも、2月23日に音楽プロデューサー・小林武史が、一青窈、Salyuらとハイチ地震救済支援イベントを開催する予定だ。また、3月14日には湘南乃風の若旦那が妻のMINMIと共に『LOVE for HAITI × NEWS ZERO』というイベントを行う。こちらには、ZEEBRAとの確執で知られるDragon Ashが参加する。外野からの反発の声もあることを理解しながら、震災支援への道を踏み出したアーティストたち。ただライブを行って自己完結するのではなく、ぜひ、震災によって困窮にあえぐ被災者たちに募金が正確に行き渡るところまで、面倒を見てもらいたいものだ。


前に、折り紙を折ってる人たちに「やらない善よりやる偽善」は的外れと言ったけど、逆に、こういうのこそ「やらない善よりやる偽善」を用いるべき好例だと思う。己れ素直ならねど、人の賢を見て羨むは尋常なり。動機ではなく行動がその評価を決める。
本人でもない、たかが友人がジャンキーだったからって、チャリティーその物を否定される云われは無い。まあ、最後に言及されているように、集められたお金がどう扱われるかに、非難する余地が生まれるかもしれないけど。

でまあ、本論はそこに無くて(どうでも良くて)、日本のチャリティーや災害・反戦に対する声明に関してだけど、それはもう、その言葉に重みが無いで全て。(人の心は読めないとは言え)偽善であることが透けて見える。

例えば、欧米の場合は、(元からの寄付文化や減税ってのもあるだろうけど)別に大規模災害が起こったから寄付をしましょうってわけじゃなくて、元から寄付をしている。今回のハイチ支援にしろ、あくまで今回はハイチという話であって、普段から別の分野にも私財を投げ打っている。
ところが、日本の場合はそうじゃない。そういう人がいることを否定するわけじゃないけど、こういうセンセーショナルなことが起きた時だけ取り繕ったようにチャリティーを始める。しかも、私財を出すということはせず(下手をすればギャラとして金を貰い)、本当にただ金を集めるだけ。今回のやつも「私財を投げろとのご要望がありますが、出来る事をするだけです。」って一体何だと。別に56本のギターを売れとは言わないが、何だこの返答。

また、イラク戦争に対する非難声明にしろ、それに自分を賭けてない。日本と言う安全圏から物言いすること自体でも軽いのに、それから1年経たずして米国に行って、反戦運動するわけでもなく、はしゃげば、誰だってその言葉に真剣さなんて感じないだろう(某宇多田の話)。もっとも、米国のアーティストは全員自分を賭けているかって言えば、民主支持者というオチがほとんどだけど。

記事中にある、「叩かれるから、日本にはベタな物しか無い」っていう指摘自体がナンセンスで、本当にそれに思想信条をかけているなら、叩かれることなんて問題にならない。結局、叩かれることにビクビクするってのは、しょせん、それがファッションに過ぎない物だと自分たちで喧伝しているのに等しい。世界の状況や国際関係とか全く関係なしに、あくまで心に訴えようとしている人間が、お金も人生も自分の何物も賭けないんじゃ、その目的が達成できないのは当たり前で。

私は「やらない善よりやる偽善」という言葉に一定の価値観を置いているから、その本当の目的がどこにあろうと、結果として、表明したことが履行させるのであれば構わないと思う。たとえ自分たちの宣伝のためだとしても、それでハイチの人たちが救われるのならば、非難する云われは無いと思う。でも、もうちょっと上手くやってくれよと。騙すなら騙すで詐欺師のごとく徹底してやるべきなのに、その最低限のラインすら超えられない。本当に、私たちはファッションでやってますと、自分たちで喧伝している。

「偽りても賢を学ばんを、賢といふべし」とは言うけど、ここまではっきりと「私は善を偽ってますよ!!」なんて行動や態度を見せられたら、いや、だからこそ、その評価は「善人」ではなく、やっぱり「偽善者」だろう。行動や態度がその人の評価を決めるのだから。

スポンサーサイト
経済産業省が落ち目の韓流れ
■競争力強化 新たな指針策定へ  NHKニュース

日本経済の国際的な地位の低下が懸念されるなか、経済産業省は、成功事例として産業再編を大胆に進めた韓国の取り組みなどを参考に、日本経済の競争力強化に向けた新たな指針を策定することになりました。
中国など新興国の急成長に伴って、世界のなかで日本のGDPが占める割合は、1990年の14.3%から2008年には8.9%まで下がるなど、日本経済の国際的な地位の低下が懸念されています。こうしたなか、経済産業省は、「日本経済の行き詰まりは深刻だ」として産業界の代表らからなる検討会を発足させ、日本経済の競争力強化を図るための新たな指針「産業構造ビジョン」を策定する方針です。このなかでは成功事例として、産業再編を大胆に進めた結果、サムスンやヒョンデといった企業が世界市場で存在感を増している韓国などを参考に、企業再編による特定分野への集中投資や、海外の大規模プロジェクト受注に向けた官民の一体的な取り組みなどを分析して、指針に反映させることにしています。経済産業省は今月中に検討会を設置し、ことし5月をめどに「産業構造ビジョン」を取りまとめることにしています。


無いわ。これは無いわ。

ってか、これ韓国モデルというより、高度経済成長期の日本のモデルなんだよね。
官民一体で、官が方針決めて特定の分野に集中的に財を投入するっていうのは。

池田信夫じゃないけど、こういう方式は昔は良かったのかもしれないけど、今は無理。現に成功例って本当に初期だけであり……
まあ、その池田氏が言うところによると、未だに古き良き時代を引きずっている勢力が経産省にいるらしく、まあ、おそらくそういう勢力が韓国持ち出して云々ってのが真実だと思う。懲りねえなあと。

それは過剰評価というものだよ
■あきれるしかない!「中国への恋慕バブル」を膨らませ続ける鳩山民主党政権―英経済誌  レコードチャイナ

2010年1月28日、英経済誌エコノミストは「日本の中国恋慕バブル」と題した記事を掲載、鳩山民主党の中国に対する無策を批判した。2月1日、環球時報が伝えた。
同記事によれば、地球温暖化とイランの核問題についての中国の国内世論の対立が先鋭化するなか、欧米諸国の中国に対する「楽観バブル」は弾け始めているが、日本のリーダーはこのバブルを膨らませ続けている。日本の鳩山首相は就任後ただちに「東アジア共同体」構想を掲げ、民主党の小沢一郎幹事長も代表団を引き連れて北京を訪問、表面的には日中関係は日米関係よりもうまくいっているようにさえみえる。

このことは日本経済の停滞と関係がある、と同記事は指摘。少子高齢化の進む日本では内需拡大が望めないなか、中国経済に頼るしかないのが現実だ。しかし、鳩山首相は、中国の台頭を承認しながらも日本の技術的優位を強調し、東アジアにおける日本の指導的立場を常に念頭においている。
(後略)


甘いな!実に甘いな!エコノミストは何もわかっちゃいない

技術力優位等で、東アジア共同体のトップに立ち、そこに中国を引き込んで抑えようという腹だと思ってるようだが、鳩さんはそんな稚拙な戦略論すら持ってない。

本気で友愛を信じてるよ。友好関係と称して、平然と技術流出を図るだろうし、東アジア共同体も対等関係な物だと信じている。


■【国内】シネカノン落日…映画業界は悲鳴「入るのはアニメとテレビドラマ」[02/01]  東亜板

(前略)
 邦画界では、この1年で良質の映画を公開してきた「ワイズポリシー」や「ムービーアイ」といった独立系会社が相次ぎ倒産。米国でも、大手映画会社の傘下ながら独自の世界を切り開いてきたミラマックス社が廃業に追い込まれたばかり。
 「映画賞を獲った佳作を公開しても客が入らない。入るのはアニメとテレビドラマのような映画」(都内のシネコン支配人)という惨状も首を絞めたようだ。


邦画は去年最高利益だったんだけど?
もっとも、アニメやテレビドラマのような映画が大部分を占めているってのは正しいだろうけど。

でも、シネカノンが倒産したのは、韓流のせいでしょ。
まあ、記事中にもあるように、確かに「シュリ」は良かったんだよ。あれは韓国映画としては出来の良い作品だった。在日社長ってのもあるだろうけど、その辺の成功秘話による狂いってのもあったんだろうなあ。

ところで井筒ワロスとか思ってたら、もう吉本へ鞍替えしていたようで。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。