プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺師の国から見ればそりゃ馬鹿正直に見えるだろう
■日本の郵便局は馬鹿正直?  朝鮮日報
 韓国政府と金融会社が最も安全な元金保障型投資商品として宣伝してきた株価連携証券(ELS)で、大きな損害が相次いで発生しています。信用してお金を預けていた顧客はどれだけ呆気にとられたでしょうか。
 先日日本出張の際、金融専門家から聞いた話が思い浮かびました。
 日本は先月から郵便局で投信商品の販売を始めています。個人資産約1416兆円という莫大な金融資産の半分以上が現金や貯蓄預金に入っていますが、これをより高収益の株式投資へ促そうという趣旨だそうです。いわば「貯蓄から投資へ」というキャンペーンです。日本には全国に約1万5000の郵便局がありますが、このうち大都市にある575ヶ所で投信商品を販売しています。
 一ヶ月後ふたを開けてみると、郵便局で売られた投信商品売上額はわずか100億円。いくら初めてのこととはいえ、最低200億円と踏んでいた予想が見事に外れました。なぜこのようなことになったのでしょうか。
 日本証券経済研究所の佐賀卓雄主任研究員は次のように説明しています。
 「郵便局職員は顧客に投信商品の説明に入る前に、まず同商品は元金が保障されないという話から始めます。それから元金が保障されない構造について説明し、顧客に理解してもらったと判断すれば商品の長所について説明するわけです。個別投信商品の説明ひとつにも2~3時間はかかりますので、いざ顧客資産のポートフォリオ構成についての説明はできず、相談が終わってしまう場合も多いです」
 果たして日本の郵便局職員は「馬鹿正直なこと」をしているのでしょうか。

政府主導で金融商品を「元金保証」していたって・・・・・・ さすが韓国・・・

最初は日本は馬鹿正直だと嘲笑してる記事かな?とも思いましたが、朝鮮日報なので日本を引き合いにだしての自国批判でしょうね。
これを果たして馬鹿正直と言えるだろうか?と。

これが自国に対する批判にしろ、日本に対する嘲笑にしろ、唐突に馬鹿正直と言う言葉を使ってることを見れば、韓国人はこういった日本人のやり方を普段から馬鹿正直だと思ってるってことですね。まあ、政府まで詐欺師の国には理解できないのはしょーがない。
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/105-a7aac173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛国者たち!w

政治団体事務所を家宅捜索 中国領事館の消火器噴射で「名古屋市の中国領事館が入居するビルで消火器が噴射された事件で、愛知県警は18日夜、威力業務妨害などの疑いで逮捕した ネット右翼監視所【2005/11/19 11:03】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。