プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンテンポずれてますが、何か
本来、月曜に公開する予定だったのを今更、学校にて更新。
(だって!だって!IEがエラー起こして消えたんだもん  涙)
というか、それでも火曜に更新するつもりだったが、火・水とネットに入らず・・・

■【主張】靖国神社 首相参拝は日本の慣例 戦没者に敬意を払いたい  ―産経新聞
 今年は戦後六十年の節目の年にあたる。また、日本の国連安保理常任理事国入りの問題もある。こうした中、中国は、ことあるごとに、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題を取り上げて激しく批判する事態が続いてきた。小泉内閣は、中国の内政干渉には動じない覚悟と準備が必要である。改めて首相の靖国参拝の意味を考えてみたい。
≪伝統踏まえた政教分離≫
 現在、東京や大阪などで小泉首相の靖国参拝に反対する訴訟を起こしているグループは、首相の靖国参拝を憲法違反と決めつけている。いずれも一審判決で、原告側が敗訴している。首相の靖国参拝を違憲としない司法判断が定着したといえる。
 唯一、福岡地裁だけが国に損害賠償を求める原告の請求を棄却しながら、主文と関係のない傍論の中で、首相の靖国参拝を違憲とする判断を示した。しかし、傍論には拘束力がない。
 日本では、憲法の政教分離規定は政治と宗教の厳格な分離を求めていないとする解釈が、津地鎮祭の最高裁大法廷判決(昭和五十二年)で示され、その判例が踏襲されている。
 米国では、大統領が選出されると、その大統領は就任式で、聖書に手を置いて宣誓する。日本でも、歴代首相は毎年一月、伊勢神宮に参拝する。政教分離の原則も、その国の伝統や文化を無視できないからだ。
 首相の靖国参拝も、昭和六十年までは慣例として春秋の例大祭などに行われてきた。それが途絶えたのは、昭和六十年八月十五日の中曽根康弘元首相の公式参拝を、中国が批判してからだ。小泉首相は四年前の平成十三年から、靖国参拝を復活させ、中国の内政干渉を受けない以前の状態に戻った。首相は自信を持って、この靖国参拝の慣例を継続させるべきである。
 中国は「A級戦犯」が靖国神社に合祀されていることを問題視している。いわゆる「A級戦犯」は、東京裁判で裁かれた被告を指す連合国側の呼称である。日本はサンフランシスコ講和条約で東京裁判の結果を受け入れたにもかかわらず、その「A級戦犯」を合祀している靖国神社に首相が参拝することを中国は許せないらしい。
 だが、現在の共産党独裁国家の中国は、東京裁判や講和条約の当事国ではない。しかも、連合国は「A級戦犯」合祀を問題視していない。
 講和条約で日本は東京裁判の判決を受け入れたが、それは刑の執行や赦免・減刑などの手続きを引き受けたに過ぎない。「南京大虐殺」など事実認定に誤りの多い東京裁判そのものを受け入れたわけではない。講和条約を論拠に、「A級戦犯」合祀を批判する中国の主張は通用しない。
≪「A級戦犯」分祀は誤り≫
 日本の一部政治家に、「A級戦犯」を分祀すべきだとする意見もある。日本の神社では、祭神を残したまま別の社に移す「分霊」はあるが、祭神を取り除いて別の社に移すという意味での「分祀」はあり得ないのである。
 靖国神社には、戊辰戦争以降の戦死者ら二百四十六万六千余人の霊がまつられている。「靖国」は「安国」ともいわれ、国の平安を願う意味だ。明治二年の創建時は「東京招魂社」と呼ばれた。「招魂」は日本古来の祖霊信仰に由来し、死者の魂を招きよせる儀式である。
 終戦後、靖国神社を国家神道の中心とみなすGHQ(連合国軍総司令部)は、その焼却を計画したとされる。だが、駐日ローマ教皇庁代表だったイエズス会のビッテル神父は「いかなる国家も、その国家のために死んだ人々に対して敬意を払う権利と義務がある」とマッカーサー元帥に進言し、靖国神社は焼失を免れた。
 戦死者を慰霊する儀式は、世界各国で行われている。米国では、五月末の戦没将兵記念日や十一月の復員軍人記念日に、大統領や閣僚がワシントン近郊のアーリントン墓地に赴き、戦没者らをたたえる演説を行う。フランスでは、第一次大戦の休戦記念日の十一月十一日と第二次大戦の戦勝記念日の五月八日に、大統領が凱旋門の下の無名戦士の墓に献花する。
 日本では、これにあたる重要な儀式が、首相の靖国神社参拝である。靖国神社は昔も今もこれからも、日本の戦没者慰霊の中心施設なのだ。

言わずもがな産経の社説です。
別に産経新聞は素晴らしいはいいませんよ。ただ、今回の靖国問題に関するこの社説はスクラップすべきだと感じたのでこうして全文抜き出しました。
知らないこともあって、たとえばGHQが靖国廃止しようとしてたのは知ってましたけど、それを取りやめた理由は知らなかったので「へー」と本当に感銘を受けましたし。
とりあえず靖国参拝は問題だ。と、考える人はこの社説に反論できないとダメでしょうな。( ̄□ ̄)y─~

■対日の韓国「恥辱の歴史清算」 反民族行為究明委が発足  ―産経新聞
元々、本国である朝鮮日報や中央日報では報じてましたけどね。
やっと日本のメディアでも報じたので、昨日の記事ですがこのエントリーに。

大切なことは、いくらこちらから手を差し伸べても、向こうがすでに反日一色に染まってる限り無駄ですから。そりゃ心の奥では日本が好きな韓国人もいるだろう。しかもそれが実は大多数だったなんてこともありうるかもしれない。しかし、表面上、どこからどうみても反日であり、反日が既に国家構成の重要なシステムに組み込まれてる時点でもう無駄。
日本は韓国とは仲良くなれない。 仲良くなれたとしても、ずーと先。現状は無理。

さてと、それとは別に与党も野党も政府関係者の一体何人、いや何百人が血祭りに上がるんだろ。(ワクワク

/●皿●\y─~ シュゴー(訳:おまけ)
■ダース・ベイダー、女性に股間の「暗黒面」を見せつける
■ダース・ベイダー、各地で現金を奪う
■ダース・ベイダー、シートベルトをせず注意される
By Tokyo Fuku-blog

股間の暗黒面だとか明らかに物理的なフォースだとかの表現に腹痛い(笑
どうせ劣化版を提供するだけなら、ライブドアのPJもこういうニュース書けばいいのに。

追伸:
確か朝日新聞にあったニュースも書こうとしたんだけど、なぜか今、学校からだと朝日新聞につながらない(苦笑
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/11-3b923d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。