プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合同映画を作るのは別に良いんだけどさ
日中韓で合同で映画を作るそうです。(合同映画というだけで嫌悪する人もいるけど、いくら嫌韓とかでもそのくらいで嫌悪して欲しくないな)

その映画のことについて朝鮮日報から。
■【撮影現場を行く】巨額を投じた韓中日合作映画『墨功』  朝鮮日報

 韓中日による160億ウォンの映像プロジェクトがベールを脱いだ。
 スペクタクル大作『墨功』(監督ジェイコブ・チャン)は韓国、日本、中国、香港がそれぞれ約40億ウォンを投じ、韓国と中国を代表する俳優、安聖基(アン・ソンギ)とアンディ・ラウがダブル共演する話題の作品。
 25日、中国で初公開された撮影現場は取材陣の想像を完全に覆した。
 まず壮大な撮影セットが目に入ってきた。6万6000平方メートルの大規模セットには黄土や木、藁、レンガなどで2500年前の春秋時代の城壁、村、監獄などを完璧に再現した。撮影現場の入口には約50頭の馬が待機し、城の外では当時の軍服に身をまとった俳優たちが緊張感に溢れた戦争シーンの撮影に余念がなかった。
 『墨功』は日本の小学館漫画賞を受賞した森秀樹の同名マンガを原作にした武侠映画。中国の春秋時代を舞台に梁城を陷落させようとする晋の将軍と晋から梁城を守ろうと一人で梁城に乗り込む用兵の火花散る対決を描いている。
 この日の撮影分は対立する二人の人物が初めて会い、碁を打ちながら互いに避けられない運命であることを直感で悟るという内容。
 このシーンは取材陣に公開されなかったが、両国を代表する俳優が演じる場面なだけに張り詰めた緊張感があったというのがスタッフの言い伝えだ。
 『墨功』は来年末にアジア各国での同時公開を目標にしている。


16億もかけるとは結構力を入れてますね。
(一緒にある写真を見た方が力を入れてあるのがわかりますけど。)

ところで
『墨功』は日本の小学館漫画賞を受賞した森秀樹の同名マンガを原作文字色にした武侠映画。中国の春秋時代を舞台に梁城を陷落させようとする晋の将軍と晋から梁城を守ろうと一人で梁城に乗り込む用兵の火花散る対決を描いている。

原作は日本で作った奴で、舞台は中国。

∑( ̄△ ̄;) どこに韓国が!?

香港が混ざってるから、きっと中国の一地方ってことなんでしょうね。


あとちなみに原作は『墨攻』です。(漢字圏に関わらずハングルしか使わなくなったせいなのでしょうがないですけど。)ググってみたら、さすが賞を取っているだけあって、中々良い作品らしいです。時間があったら読んでみようかな。
(墨攻という名前自体はおそらく墨守に対してなんだろう。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/123-321f4077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。