プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカイダに戦略性が無くなった?
■スンニ派武装勢力「アルカーイダに復讐を」  産経新聞

 1日付のアラブ紙アルハヤトは、イスラム教スンニ派部族を基盤とするイラク人武装勢力が、有力者暗殺への復讐(ふくしゅう)として、ヨルダン人のザルカウィ容疑者が率いる「イラク聖戦アルカーイダ組織」など外国人中心の武装勢力に対する攻撃を準備していると報じた。
 一般市民を狙った無差別テロを続けるザルカウィ容疑者らと、以前からこれに批判的だったイラク人武装勢力との分裂が鮮明になってきた。イラク人武装勢力に対話を呼びかけ、ザルカウィ容疑者の孤立化を図るタラバニ移行政府大統領の戦略を勢いづけそうだ。
 イラクでは今週、イスラム聖職者協会の幹部らスンニ派の有力者2人が相次いで暗殺された。同紙によると、2人は15日の総選挙への参加や、外国人武装勢力との決別を訴えていた。
 このため中部ファルージャなどでは、ザルカウィ容疑者らの犯行との見方が強まり、イラク人中心の「1920年革命旅団」などが復讐を呼び掛けているという。
 イラク人武装勢力筋は同紙に対し「スンニ派住民は、占領に抵抗する武装勢力と、犯罪的なテロリストを区別し始めている」と話した。(共同)


さてさて「イラクにいるのはテロリストじゃなくてレジスタンスだ!」なんて日本国内で言っていた人たちもいましたね。実際にテロを起こしているのはイラク人じゃない。イラク人からはむしろ嫌われているって言っても全然、聞く耳を持たない。
そんな論争やってる時期が私にもありました。

友好関係を作るないし、結束力を強めるのに、共通の敵を作り出すというのはとても有効な手だ。(まさにアメリカは対テロ戦争、悪の枢軸国を共通の敵とさせることで結束力をはかってるわけですね。)その意味でテロ組織に対し、色々と内輪揉めの多いイラクが結束する可能性が出てきたのはとても良いことだ。敵という対象が国となると、また新たな憎しみを生む可能性もありますが、テロリストとなると正当性がありますから。

それで別に米国だけじゃなく、まず多くの国には、それなりのスケープゴートが存在します。特に日本を対象にしてくれているのが他ならぬ特定アジア三国。
(もしも半島が南北統一した場合、経済格差のある南北を上手く統一させるために日本を今以上にスケープゴートにする可能性は非常に高いですし。)

まあ、そんなイラクに関しては米国の思惑通り進んでなくも無いといえますけどね。

ただ気になるのは、テロリスト(或いは反政府ゲリラの類)は本来、地元の人間に嫌われることをもっとも嫌うはずなんですが、、、(政府要人の家族が誘拐されたときに、世論を使って家族を奪還したと言う話もあるくらいです。)
この状態になる前に、既にイラク人は米国やフセイン以上にテロを憎んでいる的な話があったんだから、ここまでくることくらい予想できたと思うんですが。それとも単にスンニ派とシーア派間工作に失敗したか、、、

単純に失敗だったのか、実際にはもっと別の思惑があったのか。考えてもわかりませんね。


追記:
ちょっと他所のブログを読んでて思ったのが、イランはそんなにイスラム教に対して厳格ではない。
(フセイン大統領の裁判でイスラムの教えでは・・・ うんたら言ってるところがあったので。)

むしろ、フセインによる独裁があったとはいえ、中東ではかなり民主主義など近代化(脱宗教っていうの?)が進んでいた方だった。そういう意味では、アメリカがイランを叩いたのは戦略として間違いだったといえる。
スポンサーサイト

テーマ:テロリズム - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/126-c2c0a9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。