プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前ら「集団的自衛権」が何か知らないだけなんだろう?
平和憲法は大事だ、九条は人類の宝だ、なんだ言う人たちが決まって言うのが「徴兵制」と「集団的自衛権」
前者は既に全労から、現状を認識していない馬鹿馬鹿しい話だと言う意見まで出てきた。確かに、いまどき九条を改正したら徴兵制の可能性がある!なんてちょっと考えればいかに馬鹿馬鹿しい話かわかりますよ。

で、今回のエントリーの主題は後者の「集団的自衛権」
前に集団的自衛権の明記反対!って意見は何がしたいのかわからないで書いたように、なんで集団的自衛権に反対するのか私には理解できなかった。そして、あちこちその手の人たちの意見を見て思ったのが、集団的自衛権が何か知らないで集団的自衛権は危ないとバカみたいに騒いでいること。まったくもってタイトル通り。
(別に私だってそんなに胸を張って詳しいと言えるほどでは無いので、間違いも多々あるかもしれませんが、、)


まず、集団的自衛権の話に移る前に「勢力均衡方式」を知ってる?これを知らなければ集団的自衛権が何かわからない。
例えばサヨクの人たちが「集団的自衛権を認めれば米国の戦争に日本が行かなくてはいけない!」と声を荒げるが、さてここで問題です。
「日米同盟は集団的自衛権でしょうか?」

答えは違います。最初に言った勢力均衡方式です。
集団的自衛権と言う概念が存在するのは国際連合のみ。日米の二国間はおろかNATOだってワルシャワだって集団的自衛権では無い。

じゃあ、その勢力均衡方式とは何か?と言う話ですね。
ようはごく一般的な同盟の延長線上と考えてもらえば結構。それこそ有史以来、三国志にも日本の戦国時代にもあり、ナポレオンに対抗するためにヨーロッパ諸国が結集しあった同盟などなど。まさにそれ。
これら同盟は何かと言えば、共通の目的のために手を結ぶってことですね。
基本的に戦争は1国対1国。だが、直接利害に関係の無い第三者の国が、その戦争に仲間と言うことで肩入れを行う。

もっとも具体的な例が第一次世界大戦。これを引き起こしたのが、この勢力均衡方式。本来ならばハンガリーとセルビア間のみの戦争だったものが、ヨーロッパ全土を巻き込む戦争に発展した。

これを集団的自衛権だと思ってるから性質が悪い。

集団的自衛権は、1つの国が問題を起こしたら、残り全ての国が制裁する。極論を言えば、ある国がある1国に戦争をしかけたら、全世界が敵に回るということ。こんなの米国だけじゃない?できるのは。
これがまさに国連の本来の目的であり機能で、この集団的自衛権を標榜したのは国際連合が最初だが、概念自体は国際連盟にもあった。

ただし具体例と言うと、実際に集団的自衛権が行われた例は無い。
なぜならば、戦後60年、冷戦と言う名の勢力均衡方式が存在したから。国連軍がまだ一度も組織されて無いと言うのがもっとも良い例だろう。

それでももっとも近い例と言うと湾岸戦争が挙げられる。
あくまでイラクはクェートに侵攻しただけったのが、相手はほぼ全世界だった。


身近な例に例えてみると、太郎と次郎の2人だけがケンカしているのが普通の戦争。
太郎が三郎グループ、次郎が四郎グループに属してて、三郎グループと四郎グループのグループ通しのケンカを始めるのが勢力均衡方式。
太郎と次郎のケンカで太郎の方が明らかに悪い場合に、教室の太郎以外の先生を含めた全員が太郎を断罪するのが集団的自衛権。

戦争の抑止力として何が違うか?
勢力均衡方式の場合、グループと言うまとまりでの牽制で、国と言う規模が一回り大きくなっただけ。(ただ昔から国家同士の勢力均衡が破れたら侵略戦争が起こるように、このグループの均衡が破れても侵略戦争が起こる可能性がある。)
集団的自衛権の場合、どこかに手を出したら残り全てに叩かれる。ゆえにどこにも手が出せない。

この辺は少なくとも私の学校で使ってる現代社会の教科書には集団的自衛権の説明と一緒に勢力均衡方式が載ってましたけどね。えー載ってるんだって感じで。私より上の人たちの教科書には載っていなかったのかなぁ・・・
(よしんば、載っていたとしても、最近ネットで話題になってる白リン兵器も、中高レベルの化学の知識があれば笑うしかないから、教科書に勢力均衡方式が載っていたとしても理解できなかったんだろう。)

集団的自衛権が国連のみ。ってことは逆に言えば、国連のためには集団的自衛権が必要なわけだ。だから、さっき出した過去のエントリー内でも述べているように、集団的自衛権反対!とか言う人たちは国連自体を否定するのか?ってこと。

むしろ、国連が好きなのは左派でしょうに。米国は国連イラネですよ。日本の右派にもそういう意見は多いですが。その左派が集団的自衛権反対なんだから、なんて逆説的なんだろうか。

かなり極論になるが、日米同盟だけならば、日本が中国などに侵略された際に助けてくれるのは米国だけだが、集団的自衛権を認めていれば、世界が味方になってくれるともいえる。

これまたアジアから孤立だなんだ、と言う方々は左派に多いが、集団的自衛権を認めないってことは世界から孤立しますと言っているわけだが良いの?これまた過去のエントリーで言ったように日本は栄光ある孤立でも目指しましょうか? ここでもまた逆説的。


(なんかまとまりの無い文章になったので無断で修正・追加を行う可能性があります。)
スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

レフトサイド洗脳されてる人は
知らないとかじゃなく知る必要が無いのです。思考停止。
集団的自衛権→戦争 自衛隊→戦争 自衛軍→戦争 9条改正→戦争
勢力均衡方式も何も、戦争への過程、定義すら知らないだろう。

何よりも命が大事と教え、耳障りが言いようで逆説的に命が助かれば何でもOKとなり、
次いでは自分さえよければいい、と言う自己中に陥る。公的な奉仕が介在しない。

戦争は武力を伴う高度な政治的処理だと言う事を教えずに、
タダの殺人と同義に扱って教え、どうして戦わねばならなかったかなど関係ナシに
人殺しダメ→戦争ダメ→軍ダメ→9条素晴らしい→9条反対者は人殺ししたがる

というような異常じみた思考経路がつくられています。批判にはそれだけ知ってればいいので。だからサヨは論拠が薄く直ぐに逃げるんだよね。
【2005/12/06 07:03】 URL | ふじつぼん #dzG/Zdag [ 編集]

コメントどうも
一々、言われなくてもわかりますってw

こうやって一応、対サヨクと言う体裁を取ってますが、文章化しておけば、自分の考えをまとめておくのに良いって意味合いの方が強いですから。


まあ、反面教師としてレフトサイドに落ちないようにしましょうね。振り切れた右は左と一緒ですから。
【2005/12/06 23:04】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]


あらー、「集団的自衛権」と「集団安全保障」の区別もできてない間違いだらけの文を公開してよく恥ずかしくないですね。逆に感心してしまいました。

ここでも読んで、もう少し勉強してから出直しなさいな。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hmminami/note-kokuren.htm
【2005/12/07 10:08】 URL | アウトサイダー #- [ 編集]


指摘ありがとうございます。

言い訳をさせてもらうと、一応、「集団的自衛権」と「集団安全保障」はさすがに全く一緒だとは思ってませんでしたが、大して違いは無いと思っていたために気づいてもそのままでした。
ですが、調べてみると学説的にも違うと言う意見が多いようですね。政府の見解としても、自衛隊が国連軍に参加できないのは、集団的自衛権を認めて無いからだと思ってましたが、調べてみると違うようでした。なので、あとで本文を訂正させていただきます。


あと、指摘してもらってこういうのもなんですが、その違いを指摘するのに、そのソースは不適当だと思われます。
【2005/12/07 11:37】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/131-e5c31829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2014/03/31 22:54】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。