プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脅威だからこそ"脅威"と言わないほうが良いってなぁ
中国脅威論は、それで既に疑う余地のないことなのは言うまでも無いですね。
未だ「中国は脅威じゃない」とか「脅威と呼ぶと仮想敵国になってしまう」だの言うのは現状認識が出来てないといわざるを得ないし、そんな人間が日本の代表者として国会にいたり、TVで見識者として喋っているのを見ると虫唾が走る。

ただ、先日の内閣府調査での日本人の対中感情が悪化が示しているように、進歩的文化人やら売国政治家、或いは反日メディアなどの世論形成が利かなくなってきているのが幸いだけどね。


それで本題ですが、某大型掲示板群の関連スレで、「脅威だからこそ、"脅威"と挑発しない方が良い」ってのがあったけど、この意見はどうかと思う。

他国の肥大化を指をくわえて見てるのは、相手の行為を黙認しているのと同じ。舐められるだけ。

確かにこれが、弱小国家なら戦略の幅として有りだと思うが、それ以前に日本は中国に対抗できる。対抗できる国が、強いから怒らないように気をつけなければなんてのは、馬鹿じゃないの?

中国のご機嫌をとらないと経済で日本が損失を被るというが、それは逆に中国も同じ。というか、中国の方は日本のそれとは比べ物にならないくらい大きい。当然、中国は日本以上に経済熱が冷めることを懸念する。

他にも、この前の韓国の寄生虫キムチに関しては、中国が化粧品の輸入を取り消したが、普通に考えれば韓国のこの対策は妥当だった。(注:最初に中国産キムチに寄生虫がいることが判明し、韓国が輸入制限措置を取った。その後、中国も韓国産キムチに寄生虫がいると報道し、泥沼化。で、それは事実だった。)が、中国はそれを恥じるどころか、韓国から中国への主要輸出品である化粧品の輸入を制限した。
そんな無理が通るのは中国が韓国より強いから。
別に中国に限らず、米国がスーパー301条を発動など平気で言えるのは、米国が強いから。

無理が通れば道理ひっこむ。

確かに日本にとって米国は強いから、下手に扱えないだろう。が、中国に対しては別に日本は弱くない。米国からの要求だって度が過ぎてることが多いのに、同盟関係でもない中国の無理が通るのはおかしい。
今はまだ靖国とかだが(自衛隊の軍昇格などにも隙あれば干渉しようとしているが)、これが経済分野にまで踏み込んで来たらどうするんだよ。(まあ、いくつか既に経済分野で圧力もあるが。)

そもそも挑発しない方が良いというならば、ミサイルを向けたり、潜水艦が領海侵犯したりするのは挑発以外の何者でもないだろう。
向こうは挑発するが、こちらは挑発しない。紳士的で結構。でも紳士的だけでは国は守れない。
紳士的に行こうというならば、先の強い方なら無理が通ると言ったが、そうはせず、あくまで弱い国に対しても道理を通すということですよ。
(念のために言いますが、挑発は無理じゃないよ。)

そもそも挑発というのが間違っている。これは牽制。
「我が国は脅威だと考えている。」という旨を伝えることは、つまり私たちはそれだけ貴国を敵と感じてもしょうがない。といっていることに等しい。
敵対関係になることは、日中関係において中国の方が被る損害が大きいのだから(それこそ国家が崩壊するくらい)、当然、中国は自制しようと動くだろう。少なくとも滅茶苦茶な増強は止まる。

むしろ黙ってたら、どんどん軍事を増強してくる。
日本に侵攻できるくらいになってから「脅威だ!脅威だ!」と騒いでも遅いんですよ。

ここで「謝罪外交で良いじゃん。謝罪なら金もかからないし、パフォーマンスとしても良い」みたいな意見もあったが、これにも私は反対だ。

これが欧米ならまだ良いんだ。自称でも紳士の体裁を取り繕ってる国達なら。(或いは東南アジアでも良い。)中国しいては韓国では謝罪外交には何の意味も無い。
現に今まで謝罪してそれで収まった?

「政府がダメでも国民なら―」っていうのも、日本が公式・非公式問わずに何十回と既に謝罪していることを中国の国民が知らない。知っていても極一部。中国世論から中国政府に働きかけるってのも絶望的だろう。知っていても、韓国みたいになる可能性もある。

中国に直接意味が無くても、同情した国際世論が… と、言ったのもあったけど、あの大規模デモの時には、欧米でも「既に日本は謝罪をしている。」とニュースが流れたよ。でも、その後に中韓は謝罪要求を止めた?

そして、謝罪外交にお金はかからないというのも的外れ。その後に
「なら誠意を見せろ」「対中ODAは国家賠償と同等と考えている」「遺棄兵器は日帝の・・・」etc,etc・・・
やたら金がかかるのは目に見えてないかい?

韓国の「謝罪と賠償」という言葉が端的に表しているだろう。謝罪だけではすまないんだ。


謝罪外交に関連しては、他にも色々なブログを見てて面白かったのがカノッサの屈辱を出した意見だね。カノッサの屈辱を持ち出すとは斬新だ。誰も思いつかない(笑

その論拠は、カノッサの屈辱の8年後に教皇は客死しているから、事実上皇帝の勝ちで謝罪外交の勝ちだとさ。何で教皇は客死せざるをえなかったか知ってるのかな。

理由は簡単。
"カノッサの屈辱では武力を用いなかったハインリッヒが今度は武力を用いてローマを包囲したから"
結局のところ謝罪なんかより武力が問題を解決した。
(実際、カノッサの屈辱も、最初は法皇は、皇帝が攻めてきたと勘違いして怖れていたくらいだし)

解決したと書いたけど、実際そもそも事の発端となった叙任権闘争自体は、この後も半世紀続いてる。つまり、カノッサの屈辱を含めたグレゴリウス7世とハインリッヒ4世の対立の時には何も解決してないし、下手をすれば最終的には教皇側に叙任権があると認められたんだから、教皇の勝ちというべき。
あくまで、グレゴリウスとハインリッヒの小競り合いが終わっただけなんだよね。

でもまあ、カノッサの屈辱は確かに教訓になりますね。

謝罪だけでは結局のところ何も解決しない

小競り合いですらね。
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
カノッサの屈辱ですか・・・懐かしい
謝罪外交で良いなんて言ってる人は、脳天気なんですよ。多分。

こういう人は、人付き合いの中でも、一番やっかいな、親戚づきあいをしてみたら解ると思います。
私はかってに、日本と中国と韓国と北朝鮮とアメリカの関係は、親戚づきあいみたいな物だと思っています。
親戚といっても、やっかいな親戚をもつと、大変ですよ・・・。
いや、もう、人間の嫌なところ全部見ましたもん。法事の度に嫌なこと言われるし。
【2005/12/28 23:42】 URL | 飲み屋。 #- [ 編集]


いつもコメントどうも。

親戚付き合いも遠い親戚じゃなくて、隣に住んでる親戚ですからね。より厄介です。
まあ、幸いなことに私には厄介な親戚はいませんね。まあ、大叔母の娘の結婚相手の家族がかなり厄介らしいですが。(直接は関係ないですけど。)

【2005/12/29 09:53】 URL | Eule@管理者 #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/145-f9130ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。