プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海総領事館員自殺のニュース
■上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書  読売新聞(YAHOO)

 中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。
 外務省は館員が死亡したことは認めているが、「遺族の意向があり、詳細については話せない」としている。
 複数の政府関係者らによると、館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる公電の通信技術を担当する「電信官」だった。
 自殺後、総領事や家族などにあてた遺書が数通見つかっており、このうち総領事あての遺書の中に、中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう求められたという趣旨の内容が記されていたという。
 要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に利用する航空便名――などだったといい、男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。
 遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、館員は外交機密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。


もう、あちこちで取り上げられてるニュースですね。
で、大体取り上げられてる人たちと意見は一緒なので特別言うことはありません。

ただ、取り上げた方達の大体が言っている、「せめて、相談なり、告発していれば自殺は防げたのではないか」と言うやつですが、考えすぎかもしれませんが(何より陰謀論に近いですが)、相談すべき相手、例えば上司などが既に中共の手先になっていたために相談できなかったとか。
別に上司が手先じゃなかったとしても、既に何名かが内通者になっていればこの自殺した職員が「自分の上司(ないし相談すべき相手)も既に内通者なのでは。」と思ったとしてもしょうがないですし。

周りが既に敵だらけで信用できないため、だからこそ最大の抗議の方法が自殺だった。とくれば、中国の日本への情報戦略はかなりヤバイことになってますね。現にオーストラリアに亡命した中国の外交官が、「何で日本に亡命しなかったのか?」という問いに対して、「日本は中国のスパイだらけだ。」と言う旨の発言もしてますし。
(まあ、小説にしろ映画にしろミステリーやサスペンスが好きな男の戯言なので気にしないでください。)
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/146-bf1c8472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。