プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日が武士道を騙る
■武士道をどう生かす 2006謹賀新年  朝日新聞

 明けましておめでとうございます。
 今日はこの言葉が日本中を行き交っていることだろう。
 正月がめでたいのは、気分新たに幸せが来そうな気がするから。英語で「ハッピー・ニューイヤー」、中国語では「新年快楽」や「新年愉快」。この気持ちは世界に共通のようだ。
 あなたの願いは何だろう。入試、就職、恋愛、仕事、健康、平和……。みなさまの幸せを心からお祈りしたい。
 ところが困ったことに、幸運は平等にはやってこない。スポーツに勝者と敗者があるように、我が身の幸せはしばしば他人の不運と重なり合う。
 昨年は郵政民営化で勝者と敗者が明暗を分けた。織田信長を好む小泉首相は気迫で総選挙の勝負に出ると、造反派のもとに「刺客」を送る非情さも見せた。
 内外のいらだち
  「戦国武将に比べれば、いまの権力闘争などなまっちょろい」
 甘えやもたれ合いの時代が去ったからこそ、これが余計受けたのか。いまは能力や成果を争う「競争」の時代だ。
 しかし、それはちょっと嫌な言葉も生んだ。「勝ち組」と「負け組」である。
 IT事業や投資ブームの波に乗ったリッチな人々。一方で倒産、失業、リストラ。正社員は減り、フリーターやニートが増える。所得の差は広がり、自殺者は空前の水準。競争と二分化によって生まれる社会のいらだちは、これからの大きな課題に違いない。
 そんな折、この国の近所づきあいがすっかりこじれたのは偶然ではないかもしれない。日中も日韓も首脳間の信頼がこれほど壊れてしまうとは……。
 大きな火種は小泉首相の靖国神社への参拝だ。悪いのはそっちだ、いや、そっちの方がおかしい。子供のようなけんかは歴史の歯車を逆転させ、せっかく緒についた「東アジア共同体」の機運にも水を差してしまった。
 昨春、北京や上海で暴力騒ぎになった反日デモのように、中国や韓国には荒々しいナショナリズムが横たわる。中国の強権的な支配や軍事力膨張の不気味さなども厄介で、こちらがきちんともの申すべき点は少なくない。
 他者への哀れみは
  だが、それだけに身をただすべきこの日本は、どうだろう。
 「牙を剥(む)く中華帝国」
 「反日国際ネットワークを粉砕せよ」 まるで戦争前夜のような見出しが一部の大手雑誌に毎号のように躍る。呼応するかのように有力政治家も寄稿する。
 空前の韓流ブームは救いだが、一方で『嫌韓』の言葉を冠した漫画が何十万部も売れている。インターネットにはさらに激しい言葉があふれる。冷静さを欠いた言論は、まるで国内のいらだちを外に吐き出しているかのようだ。
 「外国の干渉を許すな」と、首相の参拝を支持する人々の声もとかく勇ましい。郵政問題を武将の流儀で押し切ったように、ここでも強気で押してこそ国家のリーダーだ、といわんばかりに。
 そういえば少し前、映画『ラストサムライ』のヒットもあって、ちょっとした「武士道」ブームが起きた。忠義のため命を捨てる潔さがたたえられがちだが、その本質は決して好戦的ではない。
 1世紀ほど前、新渡戸稲造は英語で出版した名著『武士道』のなかで、「いつでも失わぬ他者への哀れみの心」こそサムライに似つかわしいと書いた。弱者や敗者への「仁」であり、「武士の情け」「惻隠(そくいん)の情」のことである。
 最近では数学者の藤原正彦氏がベストセラー『国家の品格』でそうした側面を強調し、武士道精神の復活こそ日本の将来のカギを握ると唱えている。
 ならば「武士道精神に照らし合わせれば、これはもっとも恥ずかしい、卑怯(ひきょう)なこと」(藤原氏)だった日中戦争に、いまだけじめがつかないのでは話にならない。あの時代、アジアでいち早く近代化に成功した「勝ち組」が「負け組」に襲いかかったのがこの戦争だった。
 靖国神社はその軍部指導者までたたえて祀(まつ)っている。そこに、中国などの神経を逆なでして首相が参拝し続けるのは、武士道の振る舞いではあるまい。参拝をはやしたてる人々もまたしかりだ。
 品格を競いたい
  いま「60年たっても反省できない日本」が欧米でも語られがちだ。誤解や誇張も大いにあるが、我々が深刻に考えるべきはモラルだけでなく、そんなイメージを作らせてしまう戦略性の乏しさだ。なぜ、わざわざ中韓を刺激して「反日同盟」に追いやるのか。成熟国の日本にアジアのリーダー役を期待すればこそ、嘆く人が外国にも少なくない。
 中国の急成長によって、ひょっとすると次は日本が負け組になるのかも知れない。そんな心理の逆転が日本人に余裕を失わせているのだろうか。だが、それでは日本の姿を小さくするだけだ。
 武士道で語られる「仁」とは、もともと孔子の教えだ。惻隠の情とは孟子の言葉である。だからこそ、子供のけんかをやめて、大国らしい仁や品格を競い合うぐらいの関係に持ち込むことは、アジア戦略を描くときに欠かせない視点である。秋に新たな首相が選ばれる今年こそ、大きな転換の年としたい。
 ことは外交にとどまらない。
 国民の二極分化が進む日本では、まだまだつらい改革が待っている。競争や自助努力が求められる厳しい時代だからこそ、一方で必要なのは弱者や敗者、立場の違う相手を思いやる精神ではないか。隣国との付き合い方は、日本社会の将来を考えることとも重なり合う。
 自分の幸せを、少しでも他者の幸せに重ねたい。「新年愉快」ならぬ「年中不愉快」が続いては困るのだ。


新年早々朝日新聞が武士道を「語る」ならぬ「騙る」のは、笑えない冗談ですね。相手が保守だから、武士道を持ち出してやりこめようとしたら、かえって失敗した感が否めません。

しかも、ちょうど去年の最後のエントリーで、新渡戸の武士道が出てきましたが、朝日が新渡戸を出すと利用してるだけに見えて反吐が出る。

相変わらず情報操作も多いですね。
「非難しているのは欧米もやってて中韓だけじゃない」とかだと、NYタイムスのオーニシか?だし、
「日本は品を持つべき」とか、じゃあ中国には何も言わないの?とか。

>靖国神社はその軍部指導者までたたえて祀(まつ)っている。そこに、中国などの神経を逆なでして首相が参拝し続けるのは、武士道の振る舞いではあるまい。参拝をはやしたてる人々もまたしかりだ。
敵でも賊でも、死者に一定の敬意を払うのが武士道ですがね。例えそれが利益に適わなくとも。
そもそも物質にとらわれず、あくまで精神面で論じるのが武士道ならば、いかにも精神面での話をしているようで結局、精神面を無視し国益だの言ってる時点で武士道を語る資格は無いのです。

>武士道で語られる「仁」とは、もともと孔子の教えだ。惻隠の情とは孟子の言葉である。だからこそ、子供のけんかをやめて、大国らしい仁や品格を競い合うぐらいの関係に持ち込むことは、アジア戦略を描くときに欠かせない視点である。
あれ、孔子って、品格を競えない野蛮な相手は対等に接するも何も、そもそも相手にしてはいけない。って言って無かったですっけ?

>「新年愉快」ならぬ「年中不愉快」が続いては困るのだ。
まあ、朝日にとって不愉快なのは否定しませんよ(苦笑
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
靖国自体を否定しませんけども……

>惻隠の情とは孟子の言葉
記者が書きたいのは、仁そのものでなく、この「惻隠の情」です。
新撰組の近藤勇が斬首になった例や、西郷隆盛が靖国に祀られていないことを考えてもらえればわかりますが、明治政府は「惻隠の情」からほど遠い、高度に政治的な判断で、死者の名誉を平気で傷付けてきました。まるで今の北京政府です。まして相手が士族でないとなると……、いうまでもないですよね。岡田以蔵をあのように辱めた人たちの一派が、そのこと自体を反省することなく、自由民権を謳ったのですから、限界もわかろうというもの(明治政府の主流派は、その民権派をも弾圧するのだから、なにをかいわんや)。
もっというと、女性の場合は、……マスラオの心を持った人間でないと、人でない、半ば本気で戦前の人たちはそういっていました。
外国人でも利用価値のないものには、辱めを与えました。ソ連から追われて亡命してきたはずのスタルヒン(巨人のエースだった)を無理矢理「帰化」させたあげく、ロシア民族だからソ連のスパイに違いないと軽井沢に収容したりもした訳です。
靖国は宗教法人だから、自らの判断で宗教行事をやるよりなく、部外者(含む日本の非信者)がとやかくいってはなりませんが、その教義がいまだに明治政府から与えられた「使命」に基づいたものであることは、事実なのです。「日本人だから差別なく祀る」というのも嘘なら(上の通り選別している)、「日本人だから差別なく祀る」という考え方も現在の一般的な宗教観とは相容れません。
(かつて私(仏教徒)は、靖国で合掌だけの礼拝をしたとき高圧的に神道的な礼拝を強要された。「あんたは、神社の参り方も知らないのか!」と決めつけられ私は激怒し大げんかに発展した)
なんとなく、昔からあるものだから、と納得できるのは、私たちが日本の社会にどっぷり浸かって生活しているからです。他民族から見れば、不思議で矛盾に満ちた存在のはずです。

おまけです
元日の朝日新聞は、一面の特集記事(日本の「カワイイ」という文化が世界に溢れ出した)という”女子供”の文化と、三面の社説(武士道=女子供にゃわかるめぇ、と肩肘張る文化)とが全然整合していなくて笑えましたよ、
どっちやねーん、て。
【2006/01/05 22:57】 URL | デルタ #- [ 編集]

またまたどうも
改めて見たら、ここもコメントしてくださってたんですね。で、反論します。

まず聞きたいのですが、私は明治政府が武士道に厚いなんて書きましたか・・・?靖国神社の成立に武士道が関連してるなんて言ってますか?そもそも私は靖国神社について何かを語ってますか?
何やら長ったらしく靖国神社や明治政府の事をかかれていますが、全部的が外れてるので返答のしようがありません。


>記者が書きたいのは、仁そのものでなく、この「惻隠の情」です。
ならば、私が言いたいのは朝日が武士道を持ち出したことのバカさ加減です。一番最初にはっきりと"相手が保守だから、武士道を持ち出してやりこめようとしたら、かえって失敗した感が否めません"とはっきりと言っているとおりです。

武士道を持ち出して「惻隠の情」を言いたがっている事がわからないほど、私は読解力には困っていません。ただし、武士道を持ち出したならば「死者への弔い」で簡単に切り返されるなんてすぐにわかることです。まして、靖国神社は「死者への弔い」と言う点が根本的な問題になっているのだから。(そもそも中韓は死者を貶めるが日本はしないと散々言ってる事だし。)それがわからないで、武士道なんて出した朝日が滑稽だと言っているわけです。


さっきもそうだったけど論旨を理解できてる?

追伸:
まあ、せっかく長ったらしく書いてくれたのに何も返さないのは失礼なので、ちょこっと言わせてもらいますが、
靖国神社の目的は「戦争で死んだ官軍の日本人の弔いです。」その靖国神社の目的から外れる人間を選んで「非道だ。」なんて訴えても、オーブンで猫を乾かしたら、当然死んでオーブン会社を訴えるようなもんです。本来の目的から外れた事象を、持ち出されても困ります。

そこに挙げられた方々のお墓を明治政府がぶっ潰したと言うなら、お話の1つでも改めて聞きましょうが。(まだ、江戸時代の大塩平八郎の方が酷い扱いでしたね。)

何より靖国神社は武士道精神あふれる神社だ。なんて言っている人いましたっけ?勝手に靖国神社それ自体と武士道を結びつけて語っても、マッチポンプとしか・・・

あ、念のために言って起きますが、日本の文化として死者を蔑まないと、武士道として死者を蔑まないを一緒くたにしないでくださいね。そんなことしないと思いますが。

あと、よくいるんですか靖国神社を本殿だけだと思ってませんか?
【2006/01/06 01:06】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]

拝復
後段(『相変わらず情報操作も多いですね。』以降)の文章が、
古今、日本は武士道を弁えている、という前提で書いておられると感じたので、上の通り書いたまでなのです。

>敵でも賊でも、死者に一定の敬意を払うのが武士道ですがね。例えそれが利益に適わなくとも。

という姿勢が、明治政府にあったかなかったか?と問えば、ない例があるわけです。現在の北京政府や韓国政府を非難するのと同じ意味合いで、「武士道」に恥じる行いをしていると、明治政府を非難せねば、ダブルスタンダードですよ、と言いたかっただけです。

もちろん、「武士道」に恥じる行いをあげつらうのは、我が身を振り返って酷だとは感じます。
わかっていても出来ない、……それは孔子も認めるところです。
【2006/01/06 23:01】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]

やっぱり論旨を理解できてない
論旨が理解できませんか。。ダブルスタンダードと言う言葉を持ち出したんなら、それを使ってもうちょっと今回の論旨について説明しますが、

知っているであろう自説に都合の悪い部分を無視して、武士道の都合の良い所のみを持ち出し、自説に利用とした朝日の行為を私はダブルスタンダードだと非難しています。

「朝日の言う通りにするとAとBと言う事象は相反してしまう」と言う、私の説明に対して、「あなたの言うAとBは相反してるんじゃないですか?あなたの説明は矛盾してます」と言われても、非常に困るわけですが。。

わかりにくいですか?そうだねー
ある人が餡まんと肉まんを一緒に考えているから、「餡まんと肉まんとは互いに違うので、彼の言っている事は間違っています。」と私が説明したら、「あなたの説明にでてくる餡まんと肉まんは互いに違うものじゃないですか。つまり、あなたの説明は矛盾しています。」と、言っているようなもんです。

後段(『相変わらず情報操作も多いですね。』以降)の文章が、
古今、日本は武士道を弁えている、という前提で書いておられると感じたので、上の通り書いたまでなのです。
該当部分で、武士道について語っているのはここのみですね↓
>敵でも賊でも、死者に一定の敬意を払うのが武士道ですがね。例えそれが利益に適わなくとも。
>そもそも物質にとらわれず、あくまで精神面で論じるのが武士道ならば、いかにも精神面での話をしているようで結局、精神面を無視し国益だの言ってる時点で武士道を語る資格は無いのです。
これを読んで(朝日からの引用も含めて)、「日本人は武士道を弁えている」と解釈するには、正直申し上げてどう読んだら良いんでしょうか?
もしかして、一般の日本人なら、武士道に関して「生死観」と「仁」というのは「知っていること」を前提にしていますが、それを「弁えている」と解釈しているならば、、、難ありです。

ごくごく常識なことですが、キリスト教の隣人愛は倫理的に素晴らしい概念です。が、キリスト教の国が、キリストの教義をある程度知っているからといって、その教えを、特に「隣人愛」を守っているとは限らない。別にキリスト教じゃなくても言いです。ある宗教を国教にして、信じようが、その教えを守ってるかどうかはまったく別のお話です。

日本には「武士道」という概念がある。(あるいは知っている)と言う話をしたら、「日本人はみんな武士道を持っている」と解釈するつもりですか?あなたは?
明治政府はおろか、先に述べたように大塩平八郎や、武田信玄だって殺した敵兵の首を敵城の前に並べたりしてるし、関が原の合戦で負けた石田光成なんかもさらし首。水戸黄門も罪の無い人を斬ってますし、戦国時代といえば出てくる「下克上」なんて忠誠心の規定外でしょうに。(そういえば前にこのブログで忠臣蔵も武士道とは言えない。と少し書いた事があったかなぁ)

正直、歴史上の人物(或いは機関)で武士道の教えを100%守っていたことありますか?むしろ葉隠にいたってはそういう矛盾を受け入れろとまで書いておりますが。

もう一度言いますが、あなたのその論拠が成立するには、私が「明治政府(靖国神社)には武士道精神がある」と今回のエントリーで言っていないといけないわけですよ。それ以前に、明治政府や靖国神社自体については何も言ってないから、~と言う気がする。と言うだけで、明治政府の話を出されても困る。

仮に私が明治政府や靖国神社の是非について語っていたなら、「~と言う気がする。」でも、かろうじて的に入っているんですが、今回の「朝日が武士道を持ち出したこと」に、「明治政府には武士道が無かった」なんて言われても、全然的外れなんですよ。わかりますか?
【2006/01/07 00:43】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]


ようやく理解できました。
また、あなたが、どういう背景をもって、1/1の記事を書いたか、イチゲンさんの私が
理解していなかったことは堪忍して下さい。

ただ、この表現は誤解しますよ。
”>武士道で語られる「仁」とは、もともと孔子の教えだ。惻隠の情とは孟子の言葉である。だからこそ、子供のけんかをやめて、大国らしい仁や品格を競い合うぐらいの関係に持ち込むことは、アジア戦略を描くときに欠かせない視点である。
>あれ、孔子って、品格を競えない野蛮な相手は対等に接するも何も、そもそも相手にしてはいけない。って言って無かったですっけ? ”

日本と品格の高さにくらべ、アジアの中に”品格を競えない野蛮な相手”がある(だから無理な相談だな~)、と考えているみたいじゃないですか。

また
>そもそも中韓は死者を貶めるが日本はしないと散々言ってる事だし
という決めつけが、大胆すぎる勇み足ですよね。
(ところで、誰が『散々言ってる』のですか?)

個々の事実として、
大塩平八郎~水戸光圀……の例を出しながら、
日本は死者を貶めない、と総括する脈絡が、
正直理解不能です。
はたまた、『散々言ってる』のが、あなた以外の誰かだとすれば、
このような誤解を招く言い方をなぜ放置するのでしょうか?
わざわざ他国・他民族をその属性の故に貶める文脈で、自分の国の社会状況(もしくは歴史)を歪めて総括しているのですから、罪は朝日の比でないですよ。

>いかにも精神面での話をしているようで結局、精神面を無視し国益だの言ってる時点で武士道を語る資格は無いのです。

…哲学者は象牙の塔に籠もっていればいい、という考えなのでしょう。私もある局面では賛成です。御用学者へ堕落している様は、見ていて不快です。
しかし。
孟子は、徳治によって国が繁栄する、と説いて回らずにいられなかった、
彼の時代の社会環境を考えると、否定してばかりもいられないのです。
心情としては、朝日の社説を書いた論説委員たちもよく似ていることでしょう。

ところで、今回の朝日の社説は、「国益」を語ったものですか?
その言葉が出ても来ないし、
品格というものを弁えて(弁別の基準として)いながら、徹底できない私たちの社会
を変えていこうと呼びかけている、ようにしか読めないのですがね。
定着への過程(戦略?)として、政治や外交にも同様の価値基準を持ち込むべき、とは書いているだけです。

まさに、マッチポンプですよ。
【2006/01/09 00:25】 URL | デルタ #JnoDGgPo [ 編集]


理解して無いですね。
明治政府や靖国神社それ自体を論じてない。って理解しただけでしょ? もう最初のコメントから言っているようにこのエントリーの論旨を理解してくださいな。

そもそも今回のエントリーにおいて何が主題か理解できてますか?
朝日の主張する「品格を競うこと」を否定するためのエントリーだと思っているんですか?

何度か言っているように簡単に言うならば、「朝日が武士道を持ち出した事」をバカにするためのエントリーですよ?
今回のエントリーを、1から作って、朝日の社説を引用して、私の持論を述べているエントリーに見えたんですか?

タイトルといい、簡単に言ってしまえば" 皮 肉 "ですよ

無論ですね、単なる皮肉だからケチを付けるなとは、申しません。
ただしそれは内容に間違いなどがあった場合とか、皮肉ではなく自分の考えがある部分とかに対してです。皮肉と言う事柄自体にケチを付けられても困るんです。

朝日の非じゃないですよ。って朝日の文面は皮肉じゃないんでね。比較する方がおかしい。
後で出て来る「わざわざ他国・他民族をその属性の故に貶める文脈」も一緒です。皮肉だから、根拠を書かない。まさか本気で受け取って反論してくるとは思いませんから。

>武士道で語られる「仁」とは、もともと孔子の教えだ。惻隠の情とは孟子の言葉である。だからこそ、子供のけんかをやめて、大国らしい仁や品格を競い合うぐらいの関係に持ち込むことは、アジア戦略を描くときに欠かせない視点である。
>あれ、孔子って、品格を競えない野蛮な相手は対等に接するも何も、そもそも相手にしてはいけない。って言って無かったですっけ?
こんなの真面目な意見だと思いますか?(思っているかと聞かれれば思っていますが、何か?事例を挙げて欲しいなら幾らでも。でも、今回のエントリーの論旨に対しては何の意味も無いから、わざわざ真面目に反論してくる価値なんてないところです。)
あー でも、この部分でも「孔子はそんなことを言ってませんよ」って言う指摘なら大歓迎です。また1つ知識を正すことができますから。


>哲学者は象牙の塔に籠もっていればいい、という考えなのでしょう。
いえ、とらぬ狸の塔・・・
良いですか?精神面の話をして、それに現実性が無いから語る「資格は無い」なんていってませんよ。
精神面を自分で持ち出しているのに、精神面を否定している、つまりは自己否定、自己矛盾を引き起こしているから語る資格が無い。と言っているんですよ。当たり前の話でしょう。

ただ、その前提となるところが、確かに国益と言う現実性を求めるべきと言うのが論理の飛躍でした。もうしわけない。


>大塩平八郎~水戸光圀……の例を出しながら、
>日本は死者を貶めない、と総括する脈絡が、
はい?もう一度読み返しては?
(まあ、今見てみると二通りの読み方ができてはしまいますが、そういう結論はまず出てこないので、ちゃんと読んで無いでしょ?)

また人の意見を勝手に創ってる。

>そもそも中韓は死者を貶めるが日本はしないと散々言ってる事だし
>いう決めつけが、大胆すぎる勇み足ですよね。
まあ、故事なんかに出てきますが、墓を掘り起こして鞭を打つとか、死体自体を切り刻んで川に流すだとか。それに近代に入ってからも、墓を暴いて死体を引きずり出すのをやってますし、ダイナマイトで墓自体を吹っ飛ばすなーんてやってますけどね。つい最近も何か風水に基づいた呪術で墓を呪うようなことやってましたっけ。

ちなみに日本では墓や廟といったものにそんなことやってません。
(あくまで目的があって死体を辱めることはありますが、その後はちゃんと辱めた本人の指示で埋葬されます。大塩平八郎にだって墓はありますよ。単に私怨で死体を辱める例はあんまり無いなぁ。つうかすぐには思いつかないな。)

それを言った人間がいるかといえば、靖国参拝に抗議し始めたころに、中国の政治家相手にそう説明した日本の政治家もいますから。別にこんなの靖国に限らず、また日本人の考えに限らず、各国の文化や国民性を論じた書籍や論文ではよくでてきますけどね。


まあ、私が指摘する「武士道を持ち出した事ゆえの矛盾」を否定するならば大いに結構。でも、あなたの意見はそうじゃない。
だから、論旨を理解できてますか?と、もう何度も言った通りです。
【2006/01/09 02:02】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]

さすがクオリティペーパー
「子供のけんかをやめて、大国らしい仁や品格を競い合うぐらいの関係」←これは昨年中韓が国を挙げて繰り広げたキムチ戦争こそ大人のけんかだということです。
【2006/04/14 17:51】 URL | zz #QJm/eL3k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/152-8d4d18aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

謹賀新年さっそくぶちかますか新聞社説

ちと遅れましたが、あけましておめでとうございます。まだ本ブログも誕生したばかりですが、生暖かい目で見守って下さい。さて、元旦の各新聞社社説をリストアップしてみました。 下っ端街道まっしぐら。【猫餌まぐろ味】【2006/01/02 01:12】

駄洒落で反日遊戯する朝日新聞の元旦社説

<font size=3>平成18年・皇紀2666年。朝日新聞は今年も読者を楽しませてくれるつもりらしい。おめでたいことだ。今日、平成18年1月1日の朝日新聞社説<font color=red>「武士道をどう生かす 2006謹賀新年」</font>を読んでそう思った。駄洒落で反日を謡う 松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG【2006/01/02 09:28】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。