プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神社もウリナラ起源ニダ
■史学者、現存する日本神社の多数が韓半島起源確認  2ch東ア+

 日本全国にある多くの神社が、古代韓半島の直接的な影響を受けてできたもので、相変らず我々(ウリ)の神さまを祀っていることを、韓日研究陣が確認した。
 シン・ジョンウォン韓国学中央研究所教授が導く韓日史学者4人は去年、東京と近隣埼玉県、神奈川県など関東地方と京都の神社50余所を訪問、このような事実を把握した。
 教授らが最近発刊した「韓国の神さまをまつる日本の神社」というタイトルの研究書によると、古代韓半島渡来人たちは、日本に定着して故郷での慣習どおり祭壇を建てて氏神と豊年を祈る祭祀を定期的に行った。これによって韓半島系統の神社を日本列島で祈るよう
になった。
 西暦927年に完成した日本古代律令集である「延喜式」の神名帳には当時、全国2千861個の重要神社と祭神が記録されており、その中でかなり多数が韓半島渡来系神社に推定された。
 代表として埼玉県の「高麗神社」が挙げられる。この神社は日本で「高句麗」を「高麗」と表記、「コマ」と読んだという事実で、韓半島渡来系神社なのが容易に確認される。
大阪府の飛鳥戸神社は百済系飛鳥戸造一族の氏神である「飛鳥大神」の祭祀を行っている。「飛鳥大神」は百済の崑枝王だ。徳島県には「新羅神社」がある。
(中略)
 シン教授は「今回の研究の収獲は、日本全国に散在した多数の神社が古代韓半島に起源があることを目で確認したこと」と言い「靖国神社によって関心が高くなった日本の神社に関する新しい理解に役に立つように願う」と言った。

 ソース:世界日報(韓国語)を抄訳<現存日本神社多数韓半島神さま仕えて>
http://www.segye.com/Service5/ShellView.asp?TreeID=1052&PCode=0004&DataID=200601020809000893


キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

いずれ、「神道もウリナラ起源!」って言ってくるだろうとは思ってたけど、まさか正月にとは!!(苦笑

で、あいかわらずツッコミどころが多いです。
>シン・ジョンウォン韓国学中央研究所教授が導く韓日史学者4人は去年、東京と近隣埼玉県、神奈川県など関東地方と京都の神社50余所を訪問、このような事実を把握した。
母集団が少ないなぁ  しかも、場所の選定が故意的すぎ
だって神社をたどるなら、それが渡来人による影響だと主張するならば、出雲か奈良、或いは北九州が妥当でしょ?
当時、田舎も田舎、というより未開の地である(言いすぎ?)関東にある神社なんて調べてどうすんだよ?もしも、起源説を唱えるのであれば、当時の主要の地だったところか、もしくは渡来人が多かったと思われる土地を調べるのが妥当だろ? なんで関東?

京都だって難しいぞ。渡来人は主に5・6世紀頃で、京都は日本の表舞台になるのは、つまりは平安時代の始まりは9世紀なわけで。

>西暦927年に完成した日本古代律令集である「延喜式」の神名帳には当時、全国2千861個の重要神社と祭神が記録されており、その中でかなり多数が韓半島渡来系神社に推定された
漢字をろくに読めないのにわかるの?しかも推定??( ´-ω-)y‐~~

で、調べてみると「延喜式神名帳 神社一覧」と言うサイトが見つかりました。で、見てみると確かに半島由来らしき神様はいますが、
どこが多数???

それで、これは別のサイトですが、半島ゆかりの神社でも、帰化人で一定以上の功績があったから祀られているんであって、半島で祭られている神様が直接来たってのは見つからないん出すよね。
記事中にも出てきている高麗神社だって、帰化人を祭ってある神社ですよ。

で、言うまでも無いことですが、功績があった人間を祭るなんていうのは、神道では滅茶苦茶良くある。ゆえに、これをもって韓国起源だ!言うのは、結局、研究対象をろくにしらないのでは?いまさら言うまでも無いことだけど。
(つうか、これで教授の肩書き持ってるのがさすがウリナラ。)

で、最後に靖国がどうのこうの言っているのがイマイチ意味がわかりません。

追伸:
さて、正直、ウリナラ起源にまともに付き合うのは、労力の無駄だとはわかっていますが(笑)、それでも1つ疑問点として、と言うより、今回の調査に対するもっとも根本的なところですが、最初に「神道はウリナラ起源」とこそ言いましたが違うんですよね。
「神社はウリナラ起源」ないし「神はウリナラの神」って言ってるんですよね。

これって仏教に例えるならば、「仏教の起源」ではなく、「寺の起源」ないし「仏陀や阿弥陀の起源」
キリスト教に例えるならば、「キリスト教の起源」ではなく、「教会の起源」ないし「イエスや聖バレンタインの起源」(聖バレンタインは日じゃなくて人名ね)
と、言ってるんですよね。(ま、訳の問題もあるかもしれませんが。)

で、これらは似てるようで、互いに独立した概念です。
宗教その物の起源は、そこに祀られたり崇められたりする対象やそれを祀る祭壇の造りの起源と必ずしも直結しませんからね。

祀られている神の中に半島系列がいるからと言って、氏神信仰しいては神道が韓国起源だと言うのがむちゃくちゃ。
氏神信仰なんて世界中あちこち古い体系の宗教ではポピュラーなんだから、先祖を祀ると言う概念が大陸から日本へ渡ったとしても、それは先祖を祀ると言う概念であって神道ではない。
当たり前ですが、親や先生を敬うと言う概念があったとしても、それ自体が孔子の教えじゃない。

今回、この韓国人は「神道の起源は韓国だ!」と言いたかったのか、それとも、「神道で祭られているのは韓国の神(韓国人)だ!」と言いたかったのか非常に理解に苦しむ。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

今頃何を騒いでいるのか>韓国の学者さん(爆)
と言う感じすらしますが、言っていることは事実ですよ。
古代の日本は、我々が知っている「日本」とは似て非なるものなのです。
源氏物語ですら、内容の1割くらいの部分を、当時の中国語の読みで読んでいた、とされているくらいなのです。「国風文化」すら、まだできていなかった時代ですもの。
見方を変えれば、日本の文化は、渡来人(人口の3割くらいとされています)も加わって、いつの間にか出来てきたものなのです……、そこに「純粋な日本のモノ」と期待することは無理です。現に、大和民族以外の何者でもない私も、名字からするとどうやら渡来系みたいですからね。

古代日本社会における渡来人の存在の大きさを認めましょうよ。
文化として、日本列島と朝鮮半島が同源です。むしろ、その後の約1000年の積み重ねで、お互いに価値を共有できないほどに、文化的な差ができた……、このあたりのことを探ることが、「歴史」の意味だと思います。

(追記)
帰化人、という表記はやめませんか?
あなた(方)が嫌いな「中華思想」丸出しの表現です。
認めたくないかも知れませんが、明治時代まで日本は、
日の本こそが中華を継承するべき国なのだ、と考える人が多くて、
この言葉も、中華思想でコチコチな中国の史書から無批判に引用し、法律用語にまでしてしまったのです。僕も中華思想が大嫌いです。あんな尊大な考え方に染まるのがいやなので、渡来人とします。
【2006/01/05 22:25】 URL | デルタ #- [ 編集]

コメントどうも
何か勘違いされてるようですが、帰化人の功績を否定してますか?むしろ、今回のエントリーでは神として崇められた者もいたと肯定してますね。

今回問題なのは昔の朝鮮半島に神道の起源と呼べるようなモノがあったかどうかです。
氏神信仰ならば世界各地にあるから理由になら無いし、神道は氏神信仰のみではない。
奉られている神に半島系がいても、それは気化した後なら意味が無いし、その前でも少数なら、結論付けできない。

そして今回の調査は、そもそも関東中心だったこと、50個とやたら母集団が少なすぎることなど杜撰であり、これをもって神道を半島起源と論じることはできない。

論旨を理解できてますか?

追伸:
帰化人と言う表記はやめませんね。結果として、日本にやってきた百済の人間は、日本人として生きることを選んだ。日本に来てあくまで朝鮮人としてのアイデンティティを持っていたなら渡来人でも結構ですが、そうじゃないから帰化人なんですよ。そもそも帰化と言う言葉が中華思想由来であるからと言って、中華思想のまんまで使ってる人がいますか?私の知りうる限りではいませんね。単に土着するくらいの意味でしか使って無い。
南蛮なんて帰化よりももっと酷い言葉だし、帰化よりも簡単に意味が推測できますが、普通に使われてますね。中華思想からと言う理由で何でも排斥するんですか?(ちなみにグーグルで検索すると南蛮の方が多くヒットしますね。)

中華思想に染まって無い歴代王朝はありませんから、中華思想がいやだと言う理由で否定しだしたら、キリが無いですよ。朝鮮からの文化の流入は認めろ、支那からの文化の流入は認めない。面白いですね。

あと、
>明治時代まで日本は、日の本こそが中華を継承するべき国なのだと考える人が多くて
始めて聞きました。よければそれを端的に示す何か事例が無いでしょうか?
【2006/01/05 23:11】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]


寝ようと思ったら1つ言い忘れていた事がありました。
弥生初期の渡来人と、5世紀ごろの帰化人を一緒くたにしないでくださいね。
【2006/01/06 01:46】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]


>今回問題なのは昔の朝鮮半島に神道の起源と呼べるようなモノがあったかどうかです。
これは異なることを。
普通に考えて移民1世や2世が、祖霊祭祀を現地の風習に合わせて行うでしょうか?一般論として考えて欲しいのです。もし異なる部分があろとすれば、移民2世たちは、自分たちの親のやるとおりに祭祀を執り行ったことでしょう。
古代の祖霊崇拝が、日本と朝鮮半島とで全く同じものだったか、微妙に違ったのか……、それは私にもわかりません、というより、推測のしようがないです。同じ場合には、朝鮮半島にも起源があったといっていいでしょう。異なっている部分があったとすれば、それらが日本において混在していない、ことをあなたが証明する必要があります。朝鮮由来のものでない、と断言するのですから。

普遍的な「祖霊崇拝」から神道に深化した過程が、日本ーいや「神道」独自であることに私も同意しています。しかし、すると、今度は「日本の神道」の起源を中世以前に遡れないことになります(それ以前の崇拝と神道とを区別しないのは、猿人以前の類人猿を人類の祖先するようなものです)

>朝鮮からの文化の流入は認めろ、支那からの文化の流入は認めない。
どこが由来、ではありません。また過去にどのような言葉を使ったかを問うつもりでもありません。
南蛮の例は史料以外の(現代に書かれた)歴史記述に出てきません。言い換えれば「南蛮」という言葉を現在私たちは捨てています。一方で、「帰化」は現代も生きた意味で使っている言葉です。
個々の人間のアイデンティティをどう測るのか不明ですが、
ある社会で生きていくという決心と、自分が何者かという自意識とは直接の相関がありません。今風の言葉でいうと前者は「国籍取得」であり後者は「同化(帰化)」が近似の言葉になるでしょうか。
少なくとも秦氏などは渡来以来数百年、”公式には”後者にまで進める意図を表明していませんでした。(個々の人間がどう考えていたか、は論じられません)

今我々が、文化のどの部分を継承していくのか、選択しよう、というお話です。
【2006/01/06 23:33】 URL | デルタ #- [ 編集]

つくづく論旨が理解できない人ですね
良いですか?仮に半島起源だったとしても、今回の研究で半島起源だとは到底言えない。って言ってるんです。何回言ったら理解することができますか?
そして、故意的に引用しないでくださいね。その引用文はその下「論旨を理解できてますか?」までかかっているんですからね。

なので、今回はあくまで学問や研究としてどうなのかという話に帰順してるんです。そこをよく理解してくださいね。

で、わざわざ寝る前に書いて言ったように、あなたの言う渡来人とは弥生初期の話ですか?それとも5世紀ごろの話ですか?その間ですか、縄文時代ですか、豊臣秀吉の時代ですか?
わざわざ言っているのに無視するのは、意図的なのか、単にどういう意味を持つか知らないだけなのかわかりませんが、後者だったら、「まず中学の日本史の知識を入れて来い」としか言いようがない。

その辺はっきりさせてから、この件についてはおいでくださいませ。


あと、帰化について、国籍取得・・・・
アイデンティティやら、国籍取得でしょうって、本気で言っているんですか?
そもそも国民国家と言う概念知ってますか?知らないよね。知ってたら、これまでの中華思想の話から出てくるわけ無いよね。

私が説明しましょうか?それとも知ってて、言ってないだけですか?どっちですか?


まあ、あなたに関して1つわかったことは、渡来人にしろ、帰化にしろ、或いは別件の武士道にしても、あなたの場合、論理で攻めるんじゃなくて、知識で攻めるタイプだ。でも、その知識がお粗末(なのか、言ってないだけかは判断できませんが)で、かつ、散々言っているように論旨をわかってもらえないから、返答に滅茶苦茶困るんです。

今まで、私が尊敬する相手、明らかに私より知識のある相手、私の方が間違っていたこと、相手が間違っていたこと、色々な話合いや論戦をしてきたけど、あなたほど返信に困る人は始めてです。


それと、
>明治時代まで日本は、日の本こそが中華を継承するべき国なのだと考える人が多くて
始めて聞きました。よければそれを端的に示す何か事例が無いでしょうか?
【2006/01/07 02:11】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]

じゃ、一体何を騒いでいるのですか
>今回の研究で半島起源だとは到底言えない。って言ってるんです。

気になって、中央日報の原記事を確かめに行ったのですが、
相当数の神社が、韓半島起源であった、と書いてあるだけで、
神道の起源が韓半島にあったなど、一言もありません。
つまりあなたが言いつのっていることと、差がないのです。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71292&servcode=400§code=400

>あなたの言う渡来人とは弥生初期の話ですか?それとも5世紀ごろの話ですか?その間ですか、縄文時代ですか、豊臣秀吉の時代ですか?

読解力のない、と言う言葉を、そっくりお返ししておきます。
いうまでもなく、古墳時代から奈良時代にかけての渡来人です、
この話題で語る限り、当然のことでないですか?
一人で混乱しないでください。
【2006/01/08 18:50】 URL | デルタ #- [ 編集]

はいはい 私が悪い悪い(棒読み)
>相当数の神社が、韓半島起源であった、と書いてあるだけで、
>神道の起源が韓半島にあったなど、一言もありません。
このエントリーの後半部を読んでないでしょ?

それで、「相当数の神社が朝鮮起源だった」と言う研究だとしても、私の言っていることは代わりません。今回の研究で、相当数の神社が朝鮮起源だったとは言えない。
もし、今回の研究で相当数の神社が朝鮮起源だったと言える根拠を教えてもらえませんか?ちなみに言えない根拠は既に散々書いてあるので。

>いうまでもなく、古墳時代から奈良時代にかけての渡来人です、
>この話題で語る限り、当然のことでないですか?
当然じゃないです。
いや、もとの話(今回の研究)ならば当然と言えば当然ですが、あなたの主張だと当然と言えなくなる。
いいですか?信仰とか祭祀というのは何も文明ができてからできるわけじゃないんですよ。
日本だって土偶が示すように縄文時代から祭祀はあったわけですよ。日本でいうところの縄文時代に朝鮮半島に祖先を祭る信仰があって、それが弥生初期の人の移動で伝わったと言う可能性もあるわけです。あなたはあくまで、こっちの意見を歪曲して、神道が半島起源かどうかに持ち込もうとしているからこそ、よりいつ頃の渡来人かを規定する必要が出てくるんですよ。

で、おそらく理解して無いだろうから、「中学レベルの歴史を入れてきては?」と言ったんですよ。言った後に多少後悔していましたが、今回のコメントで間違って無かったと確認できて良かったです。

私の場合はあくまで今回の研究を否定するから受動的。あくまで研究それ自体に言うならば、その研究が論じてる年代を軸にすればいいですからね。
ところが、あなたの場合は、今回の研究とは直接関係無い。今回の研究結果の是非を言っているんじゃなくて、今回の研究のテーマ、つまりは神道のルーツを述べてます。だから、年代を特定する必要があるんです。そうしてもらわないと、意見のしようがない。

そして、何にしても、今回の私の意見は、あくまで「今回の研究からは半島伝来だとは言えない」と言うエントリーであって、神道の起源を論じてるエントリーではないのです。そこを理解できてないと毎回申し上げているのですが。

で、何でこんなことが起こっているかと言うと、あなたは私の考えを勝手に創り上げてるんですよ。あなたは相手にしている意見は、あなたの創り上げた私の意見。 私の意見じゃないです。

こう言っても理解されないと困るので、具体的に指摘して起きますが。
「神道が日本固有の文化だとは言ってない」「朝鮮半島からの文化の伝達があったことを否定して無い」「今回のエントリーは文化を論じてない」

まあ、もっとも良い例はあなたの一番最初のコメントにあるこれですか。
>古代日本社会における渡来人の存在の大きさを認めましょうよ。
あなたが勝手に私の考えを作ってるのがよくわかりますネ(苦笑

単に私が朝鮮半島に否定的だからって、全否定しているように思い込んでるのが原因ですよ。先入観であなた自身が勝手な論点を創り上げていると言えばわかりやすいですか?
言ってもいない(つうか私の持論ですらない)事柄に、あなたが反論しているから、私は混乱せざるを得ないのです。


それで、
>明治時代まで日本は、日の本こそが中華を継承するべき国なのだと考える人が多くて
早くこれを端的に示す事例を教えてくださいな

あと、あなたの言っているのが古墳以後とわかったので、
>渡来人(人口の3割くらいとされています)も加わって
のソースも教えてくださいな。

追伸:
帰化の話は終わりですか?
国籍を持ち出されたので、ぜひ国民国家を軸にした論理展開を期待しているのですが。
【2006/01/09 00:19】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]


ってか馬鹿らしいね。
起源が韓国と中国から来てるのは当たり前のことだ。
【2006/01/19 21:32】 URL | 高麗王若光王 #- [ 編集]


   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒
【2006/01/21 21:56】 URL | Eule@管理者 #lEPD.dko [ 編集]


わろすじゃねえよ 馬鹿か?
お前は他人や他国を批判できるほど偉いのか?
どうせ大した事はないと思うけどね
少なくともお前の様なそんな考えしか持たない人間より
帰化人や朝鮮・韓国人の方がよっぽど愛国心もあって優れていて
人間らしいと思うね。
【2006/04/28 20:39】 URL | K #- [ 編集]


   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはい人間らしい人間らしい
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒
【2006/04/29 09:57】 URL | EULE@管理者 #lEPD.dko [ 編集]

荒れてますなあ
 はじめまして。。。

 古代日本とペルシャの交流を調べていてきました。

>古代日本社会における渡来人の存在の大きさを認めましょうよ。
>文化として、日本列島と朝鮮半島が同源です。

 乱暴だなあ。。。私は神道の起源がひょっとして西アジア、ペルシャ、メソポタミアの可能性があるのかとフリフリ見ていたのだが。。。日本と朝鮮文化が同源としても、それは朝鮮がオリジナルとは思えない。。。

 アジア全域の文化、広葉樹林文化圏、針葉樹林文化圏、騎馬民族文化、海洋文化が錯綜している。

 少なくとも朝鮮を最初の起源にするのはすごく難しい。高句麗はWikipediaでは満州の方の騎馬民族が移住してできたというから、系統的には北方遊牧民族系なのだろう。現在の朝鮮半島の信仰形態のルーツさえどこであったか怪しい。

 天皇家はキルギスのシャーマンの風習を濃厚に受け継いでいるという。日ユ同祖論の根拠の一つに、山伏の服装とそっくりのヘブライの行者姿がある。

 地図で見るとキルギスと古代ユダヤ(メソポタミア)がすぐご近所なので、古代西アジアの風俗を日本とユダヤに濃厚に残っておりよく似ているのではないか、もしくは、キルギスを出た一族が、シルクロードを通らず、ペルシャ、メソポタミアを経由して海路で日本に入ってきたので似ているのはないかと山をかけている。

 案外、神道というのは古代アジア全域のありふれた習俗だったのかなあ。。。

 まあ、半島経由であっても起源ということはないだろう。
【2006/06/13 14:58】 URL | KK #- [ 編集]


こちらこそ始めまして。そして、コメントありがとうございます。

私は宗教にあまり興味なく、古代史にも興味が無いので、神道のルーツはどこか?という話になるとまったくわかりませんが、中東アジアから来ていたする見方は面白いですね。私は太平洋の島々の宗教観と似ているという話を目にしていたので新鮮でした。

まあ、文化という物の性質を考える上で、「うちが起源!」なんて無意味以外の何物でもないんですけどね。学術的に調べていくならまだしも、明らかに韓国の場合は「自分達の国は偉い!」と言いたいがための物ですから。

これは時代が多少遅くなりますが、日本だと小学校の歴史で、正倉院の琵琶や壷に似たそれらが、琉球や中国(無論、朝鮮半島も)、或いはもっと西の地域にもあることから、「シルクロードを渡ってきた」と教えてますが、韓国の場合だと正倉院と似た物があるから、ウリナラが文化を伝えたと教えたりしてますしね。(しかも、こういう、「日本に文化を伝えてやった」という書籍が青少年推薦図書に選ばれてるから、さすがウリナラ。)

まあ、他にも檀君神話を持ち出して、中国の起源はウリナラ!って言ってますしねぇ。(もっと凄いのになると、四大文明はウリナラ発祥とか、北朝鮮にいたっては人類の起源ですから。)
【2006/06/14 01:59】 URL | Eule@管理者 #lEPD.dko [ 編集]


>そして今回の調査は、そもそも関東中心だったこと、50個とやたら母集団が少なすぎることなど杜撰であり、これをもって神道を半島起源と論じることはできない。

まず、ここで、統計学の基礎を理解できていないことがモロバレです。(同じ間違いをしているBLOGを沢山みましたけど)

この場合の母集団は日本の神社全体、彼等が調査したものは、「標本」です。
(しかも、彼等は延喜式について前もって調査している……これが一次標本。そこから抽出した具体例を実地調査しにきた、という手順である)

神道の一部に朝鮮系の人間の何らかの影響を与えている、ということを示すためには、一次標本の数も十分だし、
標本検定=「神道には朝鮮系由来のものが混じり込んでいない」という仮設命題を棄却する検定において、命題に対する十分な反証を得られている。約2800分の50の反例が見つかっているから、上の命題を棄却できる、としているわけです。

手続きを見る限り、この調査を指導した人はよく社会調査のやり方をわかっている様子です(当たり前のことですけど)

国籍と喩えたのに引っかけて、国民国家というものがわかっていないと言われたので、反論を要点だけ。
国民国家だけを近代以降に有効な国家モデルと考えてしまっているから、私のいうことが変に聞こえるのでしょう。
しかし、近代法の原理を突き詰めていくと、「国籍」のみが国民であるかどうかの判定基準になります。政府はどうがんばっても個人の内心を束縛できないから(束縛しようとする国もあるけど、成功していないでしょ)。これを、法哲学では「法の価値中立原則」といいます。
よってどういう文化を負い、どういうアイデンティティを持ち、どういうコミュニティーを作っているか、は一切不問で、社会的便宜を得ることを目的に人が社会生活を営みだすと、国家は成立してしまうのです。その合意に参加している証左が「国籍」なのです。この他に、法的な必須要素はありません。なのにそれ以上の意味を持たせる……これは、古今東西、政治家たちの悪いクセです。

飛鳥時代の「帰化人」は、旧来の君臣の関係を捨てさせ、大和朝廷(=政府)への帰順を宣誓することと引換えに班田を賜った人々を指してました。だから、日本列島内には、当時の言葉でいう「帰化」をしていない渡来人もいたわけです。しかも、それは尊厳や価値観に係わると、帰化を拒否した人もいたのですから、「帰化」の言葉でまとめるのが乱暴と言いたいわけです。さらに、今の議論の対象は日本列島にコミュニティーを作った不特定多数の朝鮮系の人々、なのだから、何の検証もなく「帰化」したというのに反対なのです。

日本の中華思想については、まずは
山鹿素行の「中朝事実」あたりを、まずは読んでください。水戸学の代表的な本です。
【2006/08/01 01:21】 URL | デルタ #- [ 編集]

7ヶ月経っても論旨を理解してない
突然消えて、7ヶ月も経ってやってきたと思ったら、まだ内容を理解してない!?それとも、何を論じていたかさえ覚えてないのに、またやってきたの?

私はわざわざ追記してまで「神社と神道」を混同しないようにしたのに、「神社と神道を混同してる!」みたいな指摘して最後消えたかと思ったら、7ヶ月経ったら、自分が神社と神道を混同して書き込むとは笑えない話ですね。


>「神道には朝鮮系由来のものが混じり込んでいない」という仮設命題
そんな命題がどこに存在してるの?私もシン教授もそんな命題立ててませんよ? 勝手に人の意見を作るなと散々言ったのに、7ヶ月も経つと忘れちゃいましたか?それともあなたのいう「仮説命題」とは、一般的な意味とは違い、あなたが「相手や教授はこういう命題を立てたに違いない」という仮説に基づいた命題のことですか?

統計学の基本を知らない? 統計学以前に史学として失格だといっているんですが。
例えてみますか? 「ここに赤玉が5つ。青球が1つ。」これが最初の状態。そこに後から、青球を4つくわえる。 その時に、青球が出る確率は1/2。
そしたら、その結果を持って、「始めから青球の出る確率は1/2だ!!」と、言うつもりですか?歴史的経緯を踏まえてないと批難しているのに、統計学の基本を知らないなんていわれてもね。よく読めとしか。

そうねぇ。私ももう19歳だから、年上の人間には敬意を払って懇切丁寧に御説明いたしましょうか?(でもやっぱ面倒くさいので要点だけ書いておくので、何度も理解できるまで読み返してください。7ヶ月前の堂々巡りなんてめんどくさいもの)
「帰化人(渡来人)が神として祀られていることは、神社が朝鮮半島由来だという根拠にはなりえない。」
「神道に朝鮮含めて外来の思想が含まれていない、日本特有の純粋な物だなんて一言も言ってない」

それに、今回元となった記事に延喜式には「重要な神社」と書かれているように、まあ、それもあまり正しくない。正確に言うなら「官社」について書かれているのが「延喜式」なわけで、官社じゃない神社もあったわけですよ。その点は理解してますか?

しかし、7ヶ月前に比べて弱気になりましたねぇ。 神道の大部分が半島起源であるかのように述べていたのに、ここにきて「一部」とは。(一部なら否定しませんよ。もとい、端から否定なんかしてませんけどね。)


さて帰化人・渡来人の話ですが、始めからそう言えばいいのに。朝廷に帰順することを誓い班田を賜った人をそもそも帰化人というから、反対だと。それなら、別に私としてもアイデンティティだの国民国家だの言わずに「あー そうなの」で終わったのに。

ただこれだけ。
>法的な必須要素はありません。なのにそれ以上の意味を持たせる……これは、古今東西、政治家たちの悪いクセです。
帰化という法律用語にそれ以上の意味を持たせて、色々言っている人のセリフじゃあないですね。


>日本の中華思想については、(以下略
あのねぇ。私が問いただしたのは、
>明治時代まで日本は、日の本こそが中華を継承するべき国なのだと考える人が多くて
仮に水戸学の代表的な文献に中華思想が書かれていたとして、それがあなたが7ヶ月前に言った"多い"証拠にはなりえないでしょ?当たり前ですが。

で、最後に。
あと、あなたの言っているのが古墳以後とわかったので、
>渡来人(人口の3割くらいとされています)も加わって
のソースも教えてくださいな。
【2006/08/01 03:23】 URL | Eule@管理人 #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/154-d9e2b85c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神社もウリナラ起源ニダ

■史学者、現存する日本神社の多数が韓半島起源確認  2ch東ア+ 日本全国にある多くの神社が、古代韓半島の直接的な影響を受けてできたもので、相変らず我々(ウリ)の神さまを祀 飲み屋。は真夏の夜の女王になれるか?【2006/01/03 12:33】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。