プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際関係を国内の人気取りに利用してはいけないニダ
■2006年世界はどうなる(2) 前韓国首相高建氏――東アジア共同体。  日本経済新聞

 ――日韓の国交正常化四十周年だった昨年は民間交流は進みましたが、政治的にはぎくしゃくしました。
「昨年は独島(日本名は竹島)、歴史教科書、靖国参拝という波が次々と押し寄せ、両国の政治関係は閉塞(へいそく)状態となった。特に小泉純一郎首相の十月の靖国神社参拝で急速に冷めた。今年も大きな変化がない限り、政治関係に改善の兆しがみえない」
 ――打開の方策は。
「日本の責任ある政治家たちが靖国参拝を続ける限り、韓国と良い関係を維持するのは難しい。韓国が主張する『第三の追悼施設』に、日本が誠意ある態度を示すことが問題解決のカギだ。政治家の過去についての刺激的な発言で両国関係が悪化することもある。政治家は国際関係を国内の人気取りに利用する誘惑を捨てなければならない」「国際社会で日本がその能力に相当する望ましい役割を担うためには、まず国際的な常識を土台に近隣の国々と理性的に交流すべきだ。同じ経験をもったドイツの先例を思い出してほしい」
 ――歴史認識問題をどう乗り越えれば日韓関係は好転しますか。「両国が設置した第二次歴史共同委員会を通して歴史認識を虚心坦懐(たんかい)に論議し、市民社会と教育の現場に反映させる制度をつくらなければならない。両国の歴史認識は違うが、未来のビジョンを共有するためには過去の歴史問題を一緒に認識し、改善していく努力が必要だ」
 ――日韓の自由貿易協定(FTA)締結交渉も停滞しています。「経済交流は政治的状況と関係ない。相互互恵的な交流を積極的に維持すべきだ。経済論理に従い、妥結に向けた努力を続けるべきだ」
 ――歴史認識問題は「東アジア共同体」をめざす日中韓関係にも影響を与えています。「北東アジアの歴史問題は、現在、未来の問題でもある。時間がたてば忘れるという考えは捨てるべきだ。韓中日三カ国の間には北朝鮮問題や金融、環境、テロ問題など協力すべき課題が数多くある。世界的に地域主義が進むなか、歴史問題で北東アジアの全般的な交流と協力が遅れることは望ましくない」<後略>
(聞き手はソウル支局長 池田元博)


政治家は国際関係を国内の人気取りに利用する誘惑を捨てなければならない










y=ー( ゚д゚)・∵.ターン
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/155-570d3317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元工作員が北朝鮮をぶった切る(動画)

子どもの頃夕方近くになると家の人から「人さらいがくるよ」とよく言われた。子どもが早く家に帰る為のおどし文句だとばかり思っていたら、本当の事だったのである。新潟県の海岸近くの町では夕方海岸へ行ってはいけないという暗黙の了解があったらしい。拉致に合った被害者 プールサイドの人魚姫【2006/01/08 19:28】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。