プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月から日経新聞ワケワカラン
前エントリーと同じく日経から。

■首の皮一枚、粘った経済  日本経済新聞

あなたの嫌いな国はどこですか?。

 一位中国四三・七%
 二位韓国二八・七%

 今年二十歳になる大学生千人に聞いてみた。十五年後におそらく会社の中堅社員として、学校の先生として、あるいは何人かはスター経営者として世に出る卵たち。そんな彼らの多くに隣人の中国、韓国が「嫌い」としか映らない。ちなみに中国を「好き」と答えたのは九・四%だけだ。
 「今の日本は百年前と似ている」と作家の黒岩比佐子(47)は指摘する。日露戦争は実は薄氷の勝利だったにもかかわらず、勝利に陶酔して自らを「一等国」と言い始め、国内ではナショナリズムが台頭。その後に大きな敗戦が待っていた。
(中略)
 雨雲が現れた途端に悲観主義が支配し、晴れ間が広がると過剰な楽観主義がまん延する「日本病」。いま振り子は悲観から楽観へ振れ始めたかに見える。だが座して配当を受け取ることができる時代は終わった。
 大学生の話に戻ろう。嫌中・嫌韓感情の広がる彼らの七九・一%が「日本は国際社会で尊敬される努力をすべきだ」と答えた。外交評論家の岡本行夫(60)は「あと十五年で中国指導部はイデオロギー志向が薄い世代に交代する。日本はこれを追い風にしなければならない」と指摘する。負のエネルギーはプラスに転換できる素材でもある。
 バブル崩壊後の十五年という時間の経過で再び確認できた日本の底力がある。新たに身に付けた力がある。そして失われた力がある。自己を相対化し、冷静に立ち位置を点検するところから次の十五年が見えてくる。長い苦闘から反転した日本には、世界でも通用する経験と実力が備わったはずだ。国にとっても企業や個人にとっても、二〇〇六年は強い時代の始まりとなる。


中国や韓国に対し個別に「好きか嫌いか?」と聞いたんならまだしも、「嫌いな国はどこか?」と聞いて、中韓が出てきたことに不服と言うならば、日経はどこの国がランク上位になれば満足したのかね?

よもや日本と政治や経済に直接関係が無いアフリカの小国を挙げれば良かった?でも、直接関係の無い国ってのは嫌いと言う原因も無いと言うことだから、出てこないが。
「嫌いな国はどこですか?」なんて聞いた時点で、この結果を持って何かを論じることはできないし、意味が無い。

でも、それをこの記事は論じちゃってるんですよね。仮に中韓個別の友好度調査だったとしてもよくわからない。
具体的に言えば、なんで隣国への感情悪化の原因が楽観主義になるのかわからない。ポーランドのドイツ嫌いや、インドとパキスタンの対立などの原因は楽観主義にあったの?

当然、それらには何らかの理由がある。歴史的対立やイデオロギー的対立、領土問題などなど。当然、対中韓感情悪化にもそれなりの理由があるわけで。(まあ、言うまでも無いですが。)
まさか、中韓感情が悪化したのは不景気に回復の兆しが見えたからなんて論じてるわけじゃ無いでしょうね(苦笑


で、そもそもそういう結論に達した原因になったのが、
「今の日本は百年前と似ている」と作家の黒岩比佐子(47)は指摘する。日露戦争は実は薄氷の勝利だったにもかかわらず、勝利に陶酔して自らを「一等国」と言い始め、国内ではナショナリズムが台頭。その後に大きな敗戦が待っていた。
凡人には、何が100年前の日露戦争後に似ているのかさっぱりわかりません。中韓嫌いが増えたのは確かですが、あの当時の日本人は中韓が嫌いだった?近代体制に移れない野蛮人と言う認識でしょ。それが嫌いと言う感情に直結するかどうかは別。
そして現代日本は何かに勝利した?「日本は一等国」なんて言っている人いる?日露戦争後のナショナリズムのそれと現代のナショナリズムの盛り上がり方は一緒?現代におけるその後の大きな敗戦って何?太平洋戦争で負けるその前に第一次世界大戦で勝利してるんですが。

この黒岩氏って日露戦争について本を書いているノンフィクション作家のようですが、自身の著書のために無理やり日露戦争にこじつけた?では無かったら、本気でヤバイですよ。

まあ、唯一まともにみえるところは、
外交評論家の岡本行夫(60)は「あと十五年で中国指導部はイデオロギー志向が薄い世代に交代する。日本はこれを追い風にしなければならない」と指摘する。負のエネルギーはプラスに転換できる素材でもある。
ここですが、正直言って今の中国政府にイデオロギー志向ある?
日本共産党じゃなくても、「あれは共産主義じゃない」っていうでしょう。小平が市場経済化したことも含めて、沿岸部と内陸部の貧富の格差など既に中国は共産主義とは言えない。
にもかかわらず強固な対日路線でいることで、と言うよりも共産主義を標榜しながら、共産主義とは全くかけはなれた現状に対する国民の不満そらしに対日路線を取ってる。逆に言えばイデオロギー志向が低くなれば低くなるほど、対日路線をより強固にとっていくんじゃないですかね。(イデオロギーが低くなって、中国人らしく実利主義にはしたとして、対日強行路線が不利益になると理解すれば、確かに日中関係は良くなるかもしれませんがね。少なくとも国内の不満そらしに日本を使っている現状では無理です。)
むしろ、毛沢東が実権を握っていたときの方が日本に対する感情が良かったような。「日本は国民党軍を弱めてくれた」なんて日中戦争を謝罪する日本の政治家に言ったエピソードもあるくらいだし。


日本経済新聞って、ガス田問題などには中国を批判しているから、朝日や東京とは一線を画しますが、正月からこんなこと報じてたら今年はどうなるか心配で心配で。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/156-c637c046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日経新聞の分析

 「ネット右翼」という用語は蔑称的な意味合いで使われているようである。まぁ語感として悪くはないし、売国サヨクの方が、筆者のような者をさして「ネット右翼」というなら別に構わないと思う。むしろネット上での言論活動を通じて「ネット右翼」という言葉を「いい意味」 ネット右翼と呼ばれて【2006/01/04 09:33】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。