プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうか韓国で伊勢神宮参拝批判が高まりますように
■小泉、伊勢神宮参拜"陰険で兇悪な本心? 2ch東ア+

 去る4日「靖国神社参拜に干渉するな」と言った小泉純一郎は、この日三重県の伊勢神宮を参拜した。杉浦法務大臣、川崎厚生労働大臣など閣僚のみならず民主党の前原代表も参拜した。
 1955年、自民党初代総裁である鳩山一郎総理を始めに、1967年佐藤栄作総理の参拜以後、伊勢神宮参拜は日本の政治家の年中行事になった。小泉の伊勢神宮参拜は、今度が五番目。しかし総理の伊勢神宮参拜は日本平和憲法(20条)が決めた「政教分離」原則に違背する。

◇「政教分離」原則に違背
 「天皇」の氏神である「天照大神」の祭祀を行う伊勢神宮は宗教団体(宗教法人)だ。しかも「政治」と結びついた神社だ。日本は伊勢神宮を通じて師弟の役目を遂行、国民の団結をはかると同時に政治的権威を獲得しながら「天皇」と「信徒」という二つの軸を維持して来た。
 植民地時代朝鮮総督府がソウル南山に建てた朝鮮神宮も日本天皇家の氏神を納めて天皇と皇族の神さまに仕える所だった。伊勢神宮は靖国神社、明治神宮とともに天皇イデオロギーと国家神道を支えて「侵略戦争」遂行の精神的支えの役目をして来たのだ。
 日本平和憲法の「政教分離」原則は国家神道が日本ミリタリズムを支えて来たという点を反省、これを乗り越えるという宣言と同時に約束だ。平和憲法は国家・国家機関が宗教活動に関与することも、宗教団体が政治的権力に介入することも禁止している。したがって総理の伊勢神宮参拜を一般市民の「新年初詣」のように「慣例的行事」と見ることはできない。
 総理が平和憲法が規定した「政教分離」原則の背景を知りながらも、伊勢神宮を参拜するということは日本政府が憲法原則を崩していることを象徴する。ひいては平和憲法が否定しているミリタリズムを復活させようとする意図に解釈される。
 第1野党である民主党も総理の後に従っている。民主党代表は2003年から一年も欠かすことなしに参拜している。総理とは参拜性格を異にすると標榜するが伊勢神宮参拜で一年の政治業務を始めるという点では集権自民党と別段違うところがない。

◇小泉の薄っぺらな狙い
 伊勢神宮では小泉のまた他の狙いが覗き見える。伊勢神宮で靖国神社参拜を正当化しようとする意図だ。
 小泉は「靖国神社参拜は違憲」という司法部判断に対して「伊勢神宮にも参拜しているが‘違憲’とは言わない」と強弁した。そのうえ「伊勢神宮でも芳名録に‘内閣総理大臣小泉’と記録している」と声を高めた。
 問題は総理の伊勢神宮参拜が「私的か公的か」「公用車で移動したか」など靖国参拜の時には聞こえた指摘が聞こえないという点だ。靖国神社参拜に批判で一貫するいわゆる進歩言論すら伊勢神宮参拜に対しては口をつぐんでいる。
 ある日本人ネチズンはブログで「(日本は勿論、韓国や中国が)総理の伊勢神宮参拜に対して何も言わなかったら、少なくとも‘靖国神社参拜が政教分離原則に違背する’と言う批判はできないだろう」と書いた。
 子安宣邦大阪大名誉教授は彼の著書『日本の靖国・靖国の日本─靖国神社と国家神道』(訳注:日本語タイトル『国家と祭祀─国家神道の現在』(青土社刊200408))で伊勢神宮参拜に対する世間の無関心を皮肉って「自民党はもちろん民主党議員まで伊勢神宮を参拜するということは一部極右勢力のみならず日本政治家全体が‘呪いの力’にかまけているということを見せてくれる」と強調した。
 小泉は、靖国神社参拜に対して一貫した論理で反駁する。靖国神社を国内外の政治的カードに利用する姿だ。私たちの目が靖国神社に向いている時、小泉とポスト小泉たちはまた他の神社で「天皇」を奉じてミリタリズムを唱えている。

京郷新聞(韓国語)を翻訳「小泉、伊勢神宮参拜"陰険で兇悪な本心?"」:写真


まー なんだ。一言で言うなら「釣れた」

その是非はともかくとして、靖国問題というのは2つあります。国内問題と対外問題。
前者は政教分離の原則が適応されるかどうか。後者はA級戦犯が祀られていると言う理由での抗議。

だから、個人的な予想としては、
ある日本人ネチズンはブログで「(日本は勿論、韓国や中国が)総理の伊勢神宮参拜に対して何も言わなかったら、少なくとも‘靖国神社参拜が政教分離原則に違背する’と言う批判はできないだろう」と書いた。
あくまで国内問題としての場合に、政教分離の原則を持ち出すサヨクについて述べた文だと思うんですが。"(日本は勿論、韓国や中国が)"なんて勝手につけて印象操作していると思われる。

ただ、一般に日本の右派でも、後者に関しては懸念を示しても、前者の政教分離の原則に違反するかどうかは、国民次第だという人もいる。

何にしても、政教分離の原則に外国が言ってくる事自体が既におかしいし、言われる理由が無い。そして、政教分離の原則に違反するかどうは、未だ一般はおろか専門家の間でも意見が分かれているから、韓国が違反だと断定なんて当然できない。

ちょっと脱線しましたが、
あくまで中韓の抗議と言うのは、靖国神社には「A級戦犯が祀られている」と言う点です。「靖国神社が軍国主義の象徴だった」は関係無い。なら、GHQが燃やすのを取りやめた時点、つまりは戦後すぐに抗議しているはず。(A級戦犯合祀を理由にしても、すぐに抗議してこなかったけど。)

それが突然、「政教分離の原則に違反する」やら、「天皇と神道は関わっているから伊勢神宮参拝も止めろ」なんて言い始めたら、神道自体の否定が来てもおかしくないですね。

日本が非難できるならば、理由なんて特別こだわっていない。と言うのがわかる記事じゃないでしょうか?

妥協したら要求がエスカレートする
さんざん言われていることです。


で、最初にこれを「釣れた」と言いましたが、
さすがに今までは靖国神社の正当性に絞って言えば、一般の日本人でも1か0では断定はできなかったが、伊勢神宮参拝までケチをつけてくるならば日本人はどう思うか、、、 言うまでも無いですよね。

それを理解しているから日本のサヨクは、靖国神社を政教分離の原則に違反すると裁判を起こしても、伊勢神宮など他の神社への参拝に対する裁判を起こさないし、起こしたとしても朝日や毎日は報じない。

だから、今回の意見は、逆に中韓の意図ってのを理解する日本人が増えるので、性悪的ですが今回の意見が大きくなるのを応援します(苦笑

まあ、今回のこれはあくまで韓国の一新聞の戯言ですので、これが中韓の主流意見になってくれないかなー
(中国は無理でも韓国ではなりそうな気がする)
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
はじめまして
初めてコメントさせていただきます。
伊勢神宮にも文句つけてくるようになったら、政治家は無宗教であれとか
言うことになってしまいますね。本当にそうなったら、自民と連立組んでる
某政党は完全にクロとなるので、それはそれで見てみたい気もしますが。
まあ、冗談は置いといて、こういう韓国マスコミの報道が
日本でも広く知られるようになってほしいですね。
奴らは日本を叩くためなら手段は選ばないってこと、改めて確認できました。
【2006/01/09 14:56】 URL | レッドキラー #- [ 編集]

コメントありがとうございます
あくまで今回のやつは、最後にも言っているように、韓国の有力紙でもない新聞の記事です。それを知ったところで、自分で記事書いてこういうのも難ですがあまり意味が無い。
だから、あくまで、これが韓国世論にまでならないかなと思うところまでで終わらせて起きます。

あと実際、政教分離の原則って、例えば国教と言う制度がある国が少なくないように、きっぱりと政治と宗教の分離って意味じゃないんですけどね。
【2006/01/11 19:00】 URL | Eule #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/161-de49215a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。