プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男系派は論点を明確になされてはいかがですか? 閑話休題
このブログで最近述べている皇室典範の疑問点はあくまで男系と女系という観点から見ているので、その周りの話には一切関与してませんん。具体的に言えば、有識者会議だとか、小泉首相が改正を急いでいるだとか。

本来は全部の疑問点を示してから移るべきでしょうけど、「紀子さまご懐妊」や最近、女性から見た女系賛成/反対ってのを見たので、いったん休止してその辺りを。

まず始めに、紀子さまがご懐妊したから急ぐのを止めた方がいいという意見。これってどうかな?
結局、男の子が生まれればその子に継がせて終わりだから、問題は解決するって言いたいのか・・・
仮に紀子さまの子供が男の子だったとしても、結局、男系の現皇族ってのはその男の子だけっていうことになる。
つまり、その生まれた男の子の子供もまた男の子が生まれないとまた同じ問題が起こる。それも、可能性は今よりも大きい。

で、あくまで上記は男の子だった場合の話。実際には女の子の可能性もある。女の子だった場合は結局、改正の話が持ち上がる。それも、今よりもっと切実な問題として迫るだろう。そしてそのとき世論、少なくとも男系派はどういう態度を取る?例えそれを「祝福する」と言ったところで、結局男系という主張を崩さないのであれば、当然、紀子さまには負担だろう。「なんで男子を産まなかったんだ」と別にそう主張する人がいなくても、そういう人がいると考えてしまうのが人間だし。

そもそも、今現在改正を論じているのが既に遅い。愛子さまが生まれる前にある程度は決めておくべきだった。けっきょく、後へ後へ送ってきた結果が今なのであり、また男の子が生まれる可能性があるから~ といって先延ばしするのか。

まあ、男の子にしても女の子にしても、それがどっちかわかる前に改正(女系を認めるだけじゃなくて、旧宮家の復活なども含めて、どういう風に維持するかの改正。)してしまうのがその子にとっては良いと思うがね。


そして、
「出産・育児と天皇の公務を同時に行うのは無理だ」というような意見。
ちょっと考えればわかりますが、出産や育児を行う年齢で天皇になってると思う?
むろん、近代では明治天皇や昭和天皇といった早くに皇位についたのがいますが、明治天皇はいささか比較するには古いし、昭和天皇の場合は、大正天皇が早くに亡くなったから。

医学が発達したいまらなば、当然寿命も延びているし、皇室典範などによって都合よく誰に皇位を継がせるか決められるわけじゃないから、そうそう若いうちに皇位に就くと考えるのは難しい。

全く無いとは言いませんが、愛子様だって、まずは徳仁皇太子が皇位につくというワンクッションがある。
育児と公務を両立するのは大変だから~ っていうのはちょっと現実を考えるとありえないと思われる。


追記:2/8
小泉首相が天皇陛下の御意思であるかのように吹聴している。という意見を多々見受けるわけですが、普通にニュースに接している者としては全くそうは感じないんですけどね。(だってさ、答弁とか見てもそんなこと微塵も言ってないわけで。)
それで、その話の出所はどこか調べてみたら、今月初めの産経新聞の記事らしいですが、その記事っていうのも、「らしい」とか「関係者が言うには」的な曖昧な表現が目立つ。普段、朝日新聞がこんな記事を書けば非難轟々のくせに。
で、それ以上は調べても出てこなかった。
ということは、「小泉首相が天皇陛下の意図に基づいているかのようにこの問題を推し進めている」という根拠は、この曖昧な記事1つのみってことだ。
それが勝手に一人歩きして、ソースも提示しないで「小泉首相が天皇陛下の権威を笠にしている」というのが半ば既成事実化されていっているのは、サヨクを見ているようで非常に危機感を覚える。

関連:
男系派は論点を明確になされてはいかがですか? その2(代価案と旧宮家)
男系派は論点を明確になされてはいかがですか?(系譜と権威)
スポンサーサイト

テーマ:皇室典範について - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/180-a4d0e911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。