プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エセ嫌日流で日韓ネチズン意見一致
ここのところ皇室典範ばっかりなので、久しぶりに韓国系。
■無茶な『嫌日流』出版~韓国ネチズン「我々も荒唐」  2ch東ア

 韓流の向かい風に乗り、昨年日本で人気を得た『マンガ 嫌韓流/山野車輪:作)に反論するマンガ『嫌日流』が最近国内で出刊されて論難が起きている。
 ヤン・ピョンソルという作家が出したこのマンガは、相手を論破すると言うよりは屁理屈的な主張と不満を抱く皮肉が点在されていると、韓国と日本の両ネチズンから同時に袋叩きにあっている。
 このマンガとは別に、昨年から漫画家の金城摸(キム・ソンモ)さん(37)が来る3月に同じタイトルのマンガ、『嫌日流』を出版すると予告していた所に登場したのでネチズン達を更に混乱させている。
 ヤン・ピョンソル氏の『嫌日流』が出版されると日本のネチズンは直ちにマンガ本を日本語で翻訳し、インターネットで公開して大きな関心を寄せている。几帳面な分析から日本ネチズンの『moko』はマンガの内容が不実極まりないと辛辣な批判をこぼしている。
 1章の『妄発対局』では明治維新の頃、日本の女性たちは着物を掲捲って路頭で用を足したが当時の朝鮮女性たちは尿瓶を使ったという内容で始まっている。日本は未開で韓国が発展していたという意味。
 独島の方では『チォックバリ』という卑語を使っているし、『領海は卵円形で描くのが普遍的な心理だ』と荒唐な主張も載せられている。
 またマンガでは『成形大国編』では『日本に来て我が国の女性が綺麗なの分かった』と言う韓国留学生の断片的で主観的な言葉をそのまま伝えるとかの、生半可な主張で読者の共感を得る事ができない。
 数十章のマンガ翻訳本を見た日本ネチズンは「韓国を美化して日本を卑下する努力は仮想するが、まともな理論がたった1行も無いので労しい」とし、「嫌韓流と話の導びき方が似ていて盗作に過ぎないくだらないマンガだ」と断定している。
 うち(韓国)のネチズンも嫌日類の一部を紹介したブログ『demate』を尋ねてマンガに対する批判を言っている。
 あるネチズンは「朝鮮王が新羅王冠を使い、新羅君主が李舜臣君主で登場するなど考証が出鱈目」と指摘し、また別のネチズンも「日本の幼稚園児が石を投げたら韓国の幼稚園児が石を投げ返したありさまだ」と批判した。
 しかし嫌日類の出版で胸がすっきりしたという意見もある。ネチズン『herz』は「多くの韓国人が非難したが、日本の攻撃に反する長所もないか」とヤン・ピョンソル氏の嫌日類を援護した。
 一方、ヤン・ピョンソル氏の正体は謎に包まれている。マンガ担当の某日刊紙記者は「少しでも知られたマンガ描きなら分かるが、ヤン・ピョンソルという作家は初耳だ」と語った。


もともと嫌韓流に対して、韓国で嫌日流が出されるという話はありました。ただし、作者はキム・ソンモ氏で3月だか4月に出版されるという話。
それが、ここ何日かで嫌日流が出版されたと聞いたとき変だなと思いました。

そしたら、この記事で書かれているように、やっぱり当初言われていたモノではなくて、全く別。しかも、当の韓国人ですら混乱しているらしい。

で、翻訳したサイトなどを見ましたが酷いね。確かに記事中にある通り内容がめちゃくちゃ。当初は、竹島に関してろくに法の知識が無いと指摘されていたら、「あー やっぱり韓国人ってそんなもの(笑)」とか思っていたら、そんなの序の口で肝心の歴史考察がめちゃくちゃで、韓国人ですら違うと叩いてる。どんな屁理屈ならべるかと期待していたけど、あまりにも酷すぎて萎えた。

嫌日流論破される


まあ、もともと期待しているのは本家、金氏の嫌日流の方ですから、同族からも叩かれる劣悪なモノなんてどうでもいいわけですけどね。


にしても、日韓の意見が合うなんて珍しいね(笑
(こんな劣悪なマンガだって韓国人ならば、褒め称えてもおかしくないのにw)
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/182-5bb617ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。