プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知山線脱線事故1週間の経過を見て思う
まず、怪我をされた方にお見舞いと亡くなられた方にお悔やみを申し上げます。

 それで、まず、事故その物については何も言いません。いや、そもそも何も言えない筈なんです。だって、まだ事故の原因や真相は明らかになってないんですから。 これは俺みたいな素人ではなくマスコミにも言えますよ。少なくとも原因について論じるならば、事故調査委員会の最終発表とまではいかないまでも、ある程度報告がまとまったところで報道すべきなんですよ。それを、「運転手は去年も・・」「ATSが・・・」「過密ダイヤが・・・」と、勝手に話を進めてるのは見てて良いものとは思えませんよ。しかも中には国鉄民営化が原因と暗に言ってる物まであったらしい。 もっとも、「○○少女殺害事件」とかセンセーショナルな事件が起これば、犯人像についてはあれこれテキトーなこと言ったりするわけですから、今回に限った話ではないんですけどね。
マスコミは国民に知らせる媒体であって、調査機関ではない。ってことですよ。越権行為も良いところ。
しかも、これが薬にも毒にもならないのならばまだ報われるような気もするんですが、少し前にあった井内東京地検特捜部長が就任の際に行なった演説が表すように単に毒になってるんですよ。



 (前略)
 以前に、法の華三法行という組織の犯罪について強制捜査(これ自体は警視庁が担当したものですが、本質は何も変わりません)の前打ち報道をしたことが原因となって証拠隠滅がなされたことがあり、読者からその前打ち報道について批判されたことがありました。その批判に対して、その社の記者は、「捜査の進展を把握し、正確かつできるだけ迅速に伝えることは、報道機関の責務であり、捜査機関をチェックするうえでも必要なことだとも考えている」旨の弁明記事を掲載しました。しかし、これは、私に言わせれば詭弁の最たるものです。どこに捜査の進展を把握し、正確かつできるだけ迅速に伝えることによって事件が潰れ、犯罪者がその罪を免れて良いと考える国民がいるでしょうか。少なくとも良識のある国民はそんなことは一つも望んでいません。しかも正確な報道どころか、誤った報道が多いのですからこの弁明は噴飯ものです。また、そもそも捜査機関のチェックをすることによって事件を潰してしまったら元も子もないはずです。それ以上に捜査機関のチェックができるだけの見識と良識を持った記者に今までついぞお目にかかったことがありませんし、本当に捜査機関のチェックをするというなら捜査後でなければし得ないはずです。
 そのような意味で、マスコミは、やくざ者より始末に終えない悪辣な存在です。少なくともやくざ者は、自分たちが社会から嫌われ、また社会にとって有害な存在であることを自覚し、自認しています。ところが、マスコミは表面的には社会正義の実現などというきれい事を標榜しながら、実際はそのような卑しい薄汚い動機に基づいて捜査を妨害し、社会正義の実現を妨げ、犯罪支援を行っているのです。厚顔無恥も甚だしいものがあります。まさに百年河清をまつ思いです。

 (後略)



 無論、今回の事故の報道が結果として事故調査の邪魔になるとは言いません。しかし、その報道によってあらぬ疑いやあらぬ責任追及されてると言う気がします。
 責任といえば、現時点では事故の原因に置いてよほどのことが無い限り、今回の責任というのは運転手>JR西日本です。いくら、JR西日本の監督に問題があったとしても、JR西日本が睡眠薬入りのお茶を飲ませたとかでも無い限り、事故と運転手の因果関係自体には責任があるわけがない。それなのに何故かこの一週間の推移では運転手の責任を希釈してJR西日本のみの責任に一本化しようとしてるように感じられます。社員や会社に関わる問題について会社が責任を取るのは当たり前ですが、その会社と言う責任と事故発生自体の責任とを一緒のようにされてるのが見てて嫌ですね。



追伸:メーデー
一昨日の5/1のメーデーでは長野県内だけで、4万1000人も参加したらしいです。
そこで毎年見て思うんですが、あれはあくまで労働者の祭典でしょ?メーデーって。胡散臭い市民団体や左翼団体の集会じゃないでしょ?何で反戦やら護憲やらを訴えるんですか? その辺が理解できない。そりゃ、昔はそれ系統の運動と絡めたんだろうけど、近年のは逆に反戦や護憲がメインになってきたような気がします。むしろ不景気なんだから、本来の問題に立ち返ると思うんですけどね。しょせん、メーデーってそんなもんなんでしょうか?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/2-fa1428a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。