プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうそう3/1は独立運動だった
■「ドイツ見習え」 盧大統領が日本の指導者に苦言  朝鮮日報

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は1日、第87回3.1節(独立記念日)記念式で韓日関係について言及した。
 盧大統領は「この1年間、神社参拝、歴史教科書の歪曲、そして独島(竹島)問題まで、ほとんど何も変わっていない。指導層の神社参拝は続き、侵略戦争で独島を強奪した日を記念日にまでしている」と述べた。
 盧大統領は特に、「国の指導者の行為は、人類普遍の良心と歴史の経験に照らし適当であるのかということを基準に評価すべき」と語った。
 盧大統領は「“周辺国が抱いている疑惑は根拠がない”と言うだけではなく、疑惑を持たれる恐れのある行動を慎むべきだ」とし、「既にドイツのような世界の国々が実践している例がその基準になるだろう」と述べた。


確か「外交戦争だ!」なーんて、宣戦布告と取られてもおかしくないような演説を行ったのも1年前の今日だったかな。(もしかしたら違うかも。ただ3月だったとは思うが。)

まあ、内容もいつもとちっとも変わらないし、その目的も支持率回復以外の何者でも無いとわかりきってる。なので、内容についてこれといって言うことは無いんですが、自分の考えをまとめておくために改めてツッコミと。


と、突っ込もうとしたが、本当に新しいもの無いな!!
「靖国問題・教科書問題(=歴史認識問題)・竹島問題」なんていつものことだし、「人類普遍の良心」だの常識だのグダグダ言うのもいつもといっしょ。そしてドイツを引き合いに~

しかも、この記事には書いてないですが、憲法改正についても、

盧大統領は演説で「(日本には)謝罪に合った実践を要求しており、謝罪の裏返しとなる行動に反対している」と指摘。憲法改正については「日本が『普通の国』になることは法を変えて軍備を強化することではなく、人類の良心と道理に合った行動をして国際社会の信頼を確保しなければいけない」と述べた。(共同)


なんていってるしね。他国の憲法に口出すのは人類普遍の良心なのかね。

国際社会の信頼を確保ってのも、特定アジアだけだしなー
周辺国と仲が悪いのは当たり前だしなー
疑惑のもたれるような行動って例えば無断でウラン濃縮とかだしなー
ドイツは何回も憲法改正しているしなー
しかも、ドイツは徴兵制を行っている数少ない先進国だしー
竹島は侵略戦争で取ったなんてしてないしー
そもそも韓国と戦争してないしー
他国の憲法について口を出すのは主権侵害の何者でもないしー
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/215-ff57c989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大恥をかくのが好きなようです。

こんばんわ、super_xです。さて、お隣のお馬鹿な整形大統領が、また、とんでもないことを言っている。これは、3.1節(独立運動記念日)を記念した式典で言い放った純ちゃん批判を含めた発言が、おかしすぎるのだが…リンク先の説明には…3.1節- 独立運動記念日 韓国独立運動 SUPER-X.COM【2006/03/04 00:10】

夢想に妄想で付き合ってみる。

こんにちわ、super_xです。あの月1連載の夢想コラムニスト…「少し気が早いが…」と、遠慮がちに、お隣の大統領選の取材をいつものように自慢している。どはははは…ネタがなくなったのかと思わせる。最近、パワーがなくなってきてたからねぇ~、社説のほうでも髭の殿下に SUPER-X.COM【2006/03/04 00:10】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。