プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日和見も仕方ないと思えば仕方ないのだけど
韓国ソースというのはひっかかるけど、台湾人の意識調査のニュース↓
■台湾国民の67%、『統一も独立も嫌』  NAVER/ソウル新聞

 台湾国民の中で、統一と独立の一方を支持する人はそれぞれ10%に過ぎない事が調査により分かった。現状維持を望む国民が3分の2を越えた。
 台湾国策研究員(INPR)が最近の有権者1067人を対象にアンケート調査を実施した結果、現状態が良いと回答した人は66.9%となった。
 一方、『中国との統一を望む』と、『独立を望む』人はそれぞれ12.0%と17.7%に留まった。応答者の87.1%は『台湾の未来は台湾である自らが決めなければならない』と言う意見を表した。
 中国が台湾との関係を、平和的でない手段で解決するのに反対するという意見は88.7%、台湾との統一という目標を規定した中国の国家分裂反対法に反対するという意見は67.0%と調査された。陳水扁総統が先月、国家統一委員会(国統会)の運用及び国家統一綱領の適用中止を宣言すると、中国側はこれを台湾の制度的独立の為の試みと見なして強く反発している。
 陳総統は、「国統会の運用は台湾・中国の統一という一つの将来のみを強制している、これは民主国家として相応しくない」と言う理由で、国統会の中止宣言以降両岸の緊張は高まっている。
 中国は去る1949年、台湾での国民党政府の樹立以降、統一のために場合によっては武力行使も辞さないと言った立場を固守している。
 一方で馬英九国民党主席が、来る16日からアメリカを訪問する予定だと国民党スポークスマンが明らかにした。消息筋は国民党が100億ドル(約10兆ウォン)規模の米国産武器購入に反対の立場を見せていたので、訪米期間はこの問題が論議されると見通している。(韓国語)


独立を宣言してその後、起こるであろう中国との争いのリスクと、中国との統一後に起こるであろうリスクを考えれば現状維持を望むというのは当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

ただ文字通りに「現状が維持」され続けるならば良いですが、この先、何かしらの問題が発生してそれが崩れた時、台湾はどうなるんだろ。。
まあ、中国の自爆を待つということなんだろうけど、その前に暴発する可能性も無きにしも非ず。

あと統一派さえ10%ちょっとなんですよね。
外省人は、統一を望んでいるとか良く言われますが、大多数は内省人と同じく現状維持を望むと。私はここが意外でした。
スポンサーサイト

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/220-ad1c5cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。