プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウリナラは北東アジアの金融ハブになれるニダ!!
■「韓国資本市場急成長、北東アジア金融ハブの可能性大」  中央日報

 「ソウルは中国のウォールストリートに成長するに十分な条件を備えている」--。
外換(ウェファン)銀行ロバート・フェラン議長は7日、本紙記者と会ってローンスターに売却を控えている外換銀行の最近の構造調整の経過を話した際、韓国金融市場に対してこのように評価した。
同氏は「韓国は資本市場が急速に成長している上に金融インフラが拡充、人的資産が優れていることから北東アジアの有望な金融ハブになるだろう」と述べた。彼はこうした可能性を外換銀行が取引する国内企業の生産現場を見ながら実感したと明らかにした。
同氏は「現代(ヒョンデ)自動車とポスコを訪問したところ、これらの企業がどうして世界的な競争力をもつようになったのかわかった」と述べた。彼は「国内最大の鳥肉処理業社であるハリムを訪ずれるため全北益山(チョンブク・イクサン)にも何度も行ってきた。韓国は携帯電話と半導体、鉄鋼、自動車だけではなく、農産物と食品加工でも世界的な競争力を取り揃えているという点に驚いた」と話した。
しかし彼は米国のドルが弱い状況が続き、為替安定なしには輸出の好調は長期持続しないと指摘した。また「ドルが弱いことで利益を得るのは米国ドルと連動した中国だけ」とし「韓国と日本が中国を引き込んでドルに対して同時に価値を上げる第2のプラザ合意を導かなければならない」と強調した。
同氏は「現体制では韓、日、中の3カ国は輸出で稼いだお金をそっくりそのまま米国の国債買入に使う悪循環を繰り返している」とし「輸出が国内総生産(GDP)の40%にのぼる韓国がこうした悪循環から脱するのは関連国家とともに為替を調整するほかない」と付け加えた。
外換銀行の競争力に対しては「資本構造を充実させた結果、国際決済銀行基準自己資本の割合が国内最高水準である13.6%にのぼった」とし「40年の伝統がある企業金融と外為部門では国内最強の競争力を回復した」と強調した。


(´ヘ`)?韓国が中国のウォールストリート??
ごめんなさい。私には意味がわかりません。

これは中国に併合されるだろうという皮肉なのか。そして、タイトルの「北東アジアの金融ハブになれる可能性が大きい」なんてどこにも書いてない。書いてあるのは、意味不明な「韓国が中国のウォールストリートになれる」という点だけ。

念のために言っておくと、これだけを読むと韓国人がどうのこうのではなく、痴漢知韓の欧米人が変な事を言っただけの記事にも取れますが、そもそも韓国政府が政策として「韓国を北東アジアの金融ハブに!!」と言っているので、あくまでその延長線上の話です。(だから、突然タイトルに金融ハブの可能性大と出てきたんだろうと思う。)

あくまで常識に基づいてこのロバート氏の発言を見ると、単に「韓国経済はある程度強くなった。そこで、日本と協力して中国に対し通貨切り上げを行うべきだ」くらいにしか読めない。絶対に北東アジアの金融ハブになれる可能性大なんて読めない。

で、韓国政府がかかげる北東アジアの金融ハブ構想ですが、通貨の信用度では三本の指に入る日本の円があり、肝心な市場ではシンガポールがあり、さらには急成長の上海市場もある。にも関わらず外国からの投資が減っているからテコ入れしなくてはというニュースも流れた韓国市場が、IMFの世話になったときよりは回復しました程度で金融ハブになれるなんて、微積分ができればいずれノーベル賞やフィールズ賞が取れると言っているようなもんですよ。

ここまで書いたところで、確か似たようなニュースを去年見た気がするんですよ。と思い、朝鮮日報を調べてみたら、
■「金融ハブ目指すなら、金融市場の先進化が優先されるべき」  朝鮮日報


シティグループのドナルド・ハンナ理事
 「金融ハブですか。金融市場の先進化が優先されるべきだと思います」
 シティグループ内の証券部門系列社のシティグローバルマーケットの新興市場担当のドナルド・ハンナ(Hanna)理事は韓国政府が推進している「北東アジア金融ハブ」について「優先順位が誤っている」と指摘した。同氏は「(ハブという名目)よりも金融市場を発展させることの方がより重要である」と説明した。
 同氏は「金融市場を効率的に発展させて、金融ハブになるのが最善策である」とし「そうすれば、たとえ『金融ハブ』になれなかったとしても、韓国国民は金融市場の先進化に伴う恩恵を受けることができるだろう」と述べた。
 同氏は「金融ハブとは韓国がなりたいと思ってなれるものではなく、韓国がそれに見合ったインフラを整え、全世界の金融・企業人がそれを認めたときに実現可能なものである」とし、「何よりも規制方式を、規制可能な部分を先に指定し残りを全て禁止するポジティブ(positive)方式から、一定の部分だけを規制し残りは全て認めるネガティブ(negative)方式に移行することが重要である」と語った。
 同氏は金融ハブを実現する上で最も重要な社会インフラとして、「英語」と「標準化」を上げた。ハンナ博士は「ニューヨーク・ロンドン・シンガポール・香港といった金融ハブは、全て英語が自由に通じ、通信手段などが国際基準に合わせて標準化されている」とし「韓国も世界的な金融ハブになるためには、英語・標準化に力を入れなければならない」と述べた。
 ハンナ氏は親会社のシティグループが韓美(ハンミ)銀行の買収後、労使問題で頭を悩ませていることについては直接的な言及を避けつつ、「我が社が投資したのは韓国金融市場の未来に確信を持っているからだ」と述べるにとどまった。
 ハンナ氏は米ハーバード大で経済学博士号を取得しており、シティグループで15年以上をアジアで活動してきたアジア・太平洋経済専門家である。同氏は8日、ソウルの新羅(シンラ)ホテルで「北東アジアの金融ハブの繁栄と協力の道」というテーマで開催された国際会議にも参加している。


同じ白人のインタビュー記事でもやっぱり朝鮮日報は違うな(笑

そして、私は前者の今日の中央日報の記事なんかより、後者の去年の朝鮮日報の記事の指摘の方が正しいように見えますけどね。


(最初の記事に戻りますが)そういえば、この前、米国のシンクタンクが元はもとより円も1$=70\に切り上げるべきだみたいなニュースが流れてましたけどね。「第2プラザ合意を行って共通して切り上げるべきだ」とロバート氏が述べているの見るとその辺の思惑があるのかもしれない。米国債を買うのは悪循環だ!とか、言っているけど、それはドルが基軸通貨ゆえの弊害だろうに。輸出に頼っている国である限り、円高、この場合はウォン高を抑えるため米国債を買うのは必然。内需に移行できない限り、通貨切り上げただけで悪循環を断ち切るなんてムリムリ。さらに今の米国のバブルも日中の米国債を買うことで成り立っているからなお悪循環かもしれないが、だからって通貨切り上げした場合には、素人目に見たら日中韓、そして米国をあわせて共倒れするような気がするけどね。(プラザ合意で日本が内需に移行できたのだって見てみると奇跡だと思うし。)
ならば、変な事をいう白人どころか、適当な事を言って韓国を喜ばせて落とす、米国(或いは欧州)の工作員かも。ワロス曲線とも関連があったりして。

これは黄色人種に危機感を抱いた白人共の陰謀だったんだ!!(な!なんだってー!!
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/222-f820cd9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。