プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコ条約を根拠にしてたのはお前らじゃないかよー
■サンフランシスコ条約に『根拠』無し~『ハンギョレ新聞』  2ch東ア板
ソース:NAVER/ハンギョレ(韓国語)<<島根県『竹島の日』制定~米-日講和條約に『根拠』なし>>

大日本講和条約と言う派手なショー
 日本が独島に『竹島』という名付けたのは1905年だった。その年の1月28日、明治政府は閣議で独島を竹島と名付けて島根県の管轄とし、島根県は2月22日にその事を告示した。
 2005年3月16日、島根県議会は告示101周年を迎えたその日(2月22日)を『竹島の日』と決めるという条例を制定した。今年の2月22日、島根県は竹島の日公式行事を盛大に行った。日本が独島を自分達の領土と主張する根拠として揺り動かす一つの根拠はサンフランシスコ講和条約がそう決めたと言うのだ。
 日本が竹島領有権を主張する1年前の1904年2月23日『韓日議定書』が調印されたが、外部大臣李址鎔(イ・ジヨン)と日本公使の林権助が交わした。李址鎔は翌年11月17日内務大臣の資格で第2次韓日協約(乙巳保護条約) 締結にも加わって李完用(イ・ワンヨン)などと一緒に『乙巳五敵』になった者だ。第1次韓日協約は1904年8月22日に締結された。韓日議定書1次・2次協約はその年の2月8日、日本軍が仁川沖合のロシア艦隊を攻撃する事から始まった日露戦争で、朝鮮を利用する為に強制した事実上、一方的な取り計いだった。そして朝鮮は外交財政などの自立権を完全に奪われて、実質的な植民地状態となった。
 国際法の上の『無主地(人が住まない地)先行獲得の原則』によって、独島は自国の領土と先に宣言した日本の、一貫された論理の出発点だと思う。数千だけが暮らす幼主地の朝鮮全体を潰す場面での無主地先行獲得宣言は下書きだったのだろうか。こんな朝鮮殖民化の過程を、秘密裏に保障してくれた国がイギリスでありアメリカだったし、1905年7月29日、日本外相の桂太郎とアメリカ国務長官ウイリアム・ハワード・タフトが取り交わした『桂-タフト密約(覚書き)』は帝国主義国家同士での奴隷の売買計算文書の典型だった。
 アメリカはその後、サンフランシスコで『大日本講和条約』と言う更に派手なショーをする。朝鮮戦争が真っ最中だった1951年9月8日に締結され、翌年発行したサンフランシスコ講和条約の下書きに、最初は連合国の一員と同時に戦勝国と明記された韓国は、100万の在日韓国人を共産主義者に例えて、彼らを戦勝国民と待偶するようになれば、日本が滅びると強弁した当時の吉田茂日本総理と、日本復興をアジア戦略の核とした、ジョン・フォスター・ダラス米国務省顧問の談合で、名簿から抜けてしまった。その吉田の外孫が現在の日本の外務大臣、麻生太郎だ。
 最大の被害国である南北朝鮮と中国は招かれる事も無かったし、ソ連なども締結を拒否した中で敗戦国日本とアメリカが米・日安保条約という同盟関係を同時に別に結んだ彼らだけの『講和条約』・・・その条約どこに『独島は日本の領土』が明記されていると言うのだろうか。


あのねぇ
「独島はウリナラ領土ニダ!その証拠にサンフランシスコ平和条約に独島の記述が無いニダ!放棄された証拠ニダ!それを李ラインを持って無主知取得したニダ!」
と、言っていたのはどこのミンジュクだったか。

そもそも日本側の主張ってのは、あくまで1905年の竹島編入が根拠。
その上で例えば上記のような韓国側の意見に対して、サンフランシスコ条約において竹島が日本から離脱したことは無いから、韓国側の占拠は違法だと説明をしているわけで。

それが、「日本はサンフランシスコ条約を根拠の1つにしているニダ!」と突然言っても「はぁ?」と思うわけですよ。「そりゃお前らだろ?」と。

で、先に述べたように、むしろ韓国が突いてきたように、フランシスコ条約には『独島は日本の領土』なんて明記されてない。のに、あたかも明記されているような感じの上でフランシスコ条約自体意味が無いんだ!という論旨は理解不理解。


さてとサンフランシスコ条約に関して。
>翌年発行したサンフランシスコ講和条約の下書きに、最初は連合国の一員と同時に戦勝国と明記された韓国
草案。あくまで草案。下書きってのは修正される可能性があるから下書き。
そして削除されたのも、何も日本のせいだけじゃあないんだ。
他でもない米国からも英国からも韓国が一員とすることに反対論が出された。むしろそっちの方が大きいだろう。そしてその理由は言うまでも無く、上海臨時政府は認められてなかったから。また、金日成辺りの抗日戦線と多少の小競り合いがあったが、本気で日本の統治に対して戦いを起こしてないってのも連合国軍の一員と認められなかった要因だし。

また、吉田首相の発言というのも、当時の三国人というのを考えた上の発言。このニュースでは「100万の在日韓国人を共産主義者に例えて、彼らを戦勝国民と待偶するようになれば、日本が滅びると強弁した」なんて悪く言っているが、本当によく言うよ。

あと細かいところ。
>『無主地(人が住まない地)先行獲得の原則』
違うから。所有権が曖昧な所だから。人がいるとかいないとか関係ないから。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/223-8c681a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。