プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPS症候群で車の運転ができない・・・・・・
春休みに入り、浪人ケテーイなので、そちら方面で特別忙しいわけじゃないので車の教習所に通ってます。

前に過疎地の郵便局が無くなる云々の時にも言いましたけどね、田舎ってのは自動車の保有率はとても高いんですよ。それだけ自動車に乗る人が多い。公共交通機関が未熟なんでね、車が無いととてもじゃないけどやっていけない。

だから、別に私みたいにヒマとかじゃなくても、免許を取れる年齢、つまり18歳になったら、大体、教習所に通いだす。それこそ男も女も関係なく。
(うちのクラスも2,3人除いてあとみんな免許を取ると言っていたっけ。)
ただ、校則で「進路が決まらないと取りにいってはならない」って高校がほとんどなので、就職なんかで内定しているか、こっそり取りにいくなんてことやらない限りは、この季節に集中してしまうんですけどね。


で、まあ背景はこのくらいにしておいて、私自身は、田舎のベンツこと軽トラに乗れる必要があるので、マニュアル車を選び、こないだ何とか仮免受かりました。が、FPS(TPS)症候群ってのにかかっていてちょっと気を抜いて油断すると危ない。

FPS症候群。多分、この名前を初めて聞く人も多いでしょう。
この病気の一般的な症例は、例えば「物音に敏感になる」とか、「窓際から誰かが狙っているような錯覚に襲われる」なんていう感じで言ってみれば精神不安定のような感じ。そこから、絶えず窓枠に注意してみたり、曲がり角など死角となる場所に必要以上に注意するようになる。やがて病気が進行すると、大きな音に対してしゃがんでしまうとか、曲がり角を大きく円を書くように曲がるとか、脳ではなくて体が反応するようになり、最終的には、どこかに空間の裂け目があるように感じたり、死んでも生き返れるなどといった非現実的な感覚が体を支配するようになる。


と、冗談はこのくらいにしておいて、FPSというのは、First Person Shooterの略。日本語で1人称シューティング。つまり、ゲーム。ゲームの感覚が現実にも現れてしまうのを俗にFPS症候群と呼ばれたりしている。無論、正式な病気じゃない。

ただ冗談といっても、私はFPS症候群にかかってます。まあ、さすがに、何度でも死ねる。とか人を殺したくなるとかそういうのは無いですが。
それでも、携帯電話の音にビックリするので、着信音量をギリギリまで下げたり、気づくと足音を立てないように歩いていたり、ふいに誰かに狙われているような気がして後ろや窓の外を見て、知らない人と目が合ってこちらを不思議そうに見られるとか日常茶飯事ですけどね。

まあ、上記の症例は別に車の運転には何の危険も無い。どちらかというとFPSというよりTPS症候群と言ったほうが妥当かな。TPSとは3人称シューティング。基本はTPS症候群と一緒。ゲームの感覚が現実にフラッシュバックする。

そのねぇ、TPSで、GTA(Grand Theft Auto)というゲームがあるんですよ。私の大好きなゲーム。1つの大きな町を舞台に大変自由度の高く、銃を撃つとか、車の運転ができたりすんですよね。世界的大ヒットで有名な米国製のゲームなんですが、これは意外と知っている人は多いかもしれない。
最近、神奈川県でゲームなどの規制を行うというニュースが流れてましたが、その問題になったゲームというのがGTAの3作目。

脱線しました。
それが車の運転とどう関係があるのか?大いに関係があるんですよ。
先に述べましたように米国製のゲーム。日本と米国の車の運転において最も違うのは何か・・・?


右側通行と左側通行

つまり、私はゲームによって右側通行になれている。そのため、実際に運転する際に気を許すと右側を走ろうとしてしまう。(何を隠そう今日も危うく右側を走ろうとするところでした。。)

さらに、対向車が突っ込んでくるような幻覚にも襲われる。そのため緊張しっぱなし。体に力が入って上手く運転できない。

でさ、教習所の車だから、道を譲ってくれたりしてくれる優しい方もいてさ、「そんな車が突っ込んでくることなんてありえない」なんて考えてやっとリラックスできると、


「労働者の権利を守ろう!労働者は共に戦おう!」

なんてスピーカーを屋根に乗っけたワゴンが優先関係無視して突っ込んできやがる。

「うわー そういや春やー」とか思いつつ、再び緊張して、もう死ね。市ねでも氏ねでもなく、死ね
本気で死ね。

いやー あの時ほど労働組合(なのか共産党なのかはわからないが)を憎んだのは生涯の一度も無かったなー
(一応、運転に適度な緊張は必要ですけどね。しかし、ギアをチェンジする時に、入ってカクンとなった瞬間に左手が吹っ飛ぶのはどうよ?)


「そんなバカな」とか「ありえない」と思うでしょ?でも本当。まあ、そういうどうしようもない人間も社会には確かに存在するんですよ。とどのつまりは・・・ 私のような・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私なら更にワゴンにドライブバイ→炎上爆破
がフラッシュバックしそうですw
【2006/06/14 20:00】 URL | 名無し #L1ch7n1I [ 編集]

コメントありがとう
うわッ 私より重症。

でも、最近(というか免許を取った後)長期でSAやってたら、その記事書いた時よりもさらに病状が悪化してますけどねー
(黒塗りのワゴンに乗ったFBI職員が大量に押し寄せてくるとか、不良やチンピラが私の存在に気が付いたら銃を撃って来るだとか。)
【2006/06/15 23:43】 URL | Eule@管理者 #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/229-860e9bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。