プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人もまんざらじゃないね うん
■おち○ちん国際比較サイズ-膨張率に強い日本人-  超絶
 日本人のおち○ちんは小さいといわれるが、国際レベルで比較するとどうなのだろうか。
(情報元:altPENIS-2005年4月)
 今回データ比較するのは、アメリカ合衆国・ドイツ・スペイン・フランス・日本・ブラジル・イタリア・ベネズエラ・メキシコ・ギリシャ・インド・サウジアラビア・チリ・コロンビア・韓国の15ヶ国。この15ヶ国の中で日本は勃起時のおち○ちんサイズが8位で5.1インチ(約13cm)と、可もなく不可もなくな微妙な成績に輝いた。
 ちなみに、1位のフランスは最大平均値6.2インチ(約16cm)、日本人マダムの心をわしづかみにしている韓国人は最下位の3.7インチ(約9cm)。意外にもアメリカは5.0インチ(約13cm)と日本と肩を並べる結果となった。
 さて、ここで注目していただきたいのがFlaccid Length(平常時)の項目である。データのない国が多いものの、勃起時では上回っていたはずのアメリカより、日本の平常時のサイズは小さいことがわかる。つまり、日本人はアメリカ人より膨張率が高いということである。
 勃起時で1位を誇るフランスの平常時と勃起時の差は1.5インチ(約4cm)であるのに対し、日本の差は2インチ(約5cm)と強豪フランスを抜くだけでなく、膨張率に関しては1位という快挙。
 ちなみに、「平常時が小さければ小さいほど膨張率が高いらしいよ」という情報もいただいたが、平常時で最下位に輝いた韓国の差が1インチ(約3cm)というデータが痛々しいので、日本人マダムの夢を壊さないためにも深く追求するのはよそうと思う。
 これからは「日本人ノアソコ小サイネ」とバカにされても、「膨張率なら世界に負けはせぬぞ」と胸を張って生きよう。
 ワロタw 平時はふぬけでも、有事と言ういざという時に底力を発揮するのが日本人って何かステキw
日本人が国別で中くらいというのも今までの常識(?)から考えれば意外ですが、もっと意外なのはアメリカ人とほぼ同じということですかね。何かといえば白人でアメリカ人が引き合いに出されて日本人は小さいみたいなイメージがあったんだけど。(白人=アメリカ人ってのがあるせいだけど)
あと散々なこと言われてる韓国人をあえて擁護すると1位のフランス人と膨張率は同じですよ。(約1.3倍)良かったネ。

■妹殴打の中1兄「家出を見られ殴った」  ―産経新聞
 長崎県平戸市で、中学1年の少年(12)が小学6年の妹(11)を木製バットで殴り重傷を負わせた事件で、少年が長崎県警に対し「家出しようとしたところを妹に見られ、告げ口されると思って殴った」と動機に関する供述をしていたことが1日、分かった。
 少年は6月29日、学校で期末テストを受けて帰宅。自宅で妹を木製バットで殴り、頭部陥没骨折の重傷を負わせた。その後、自宅を出たが、平戸市内にいたところを平戸署に保護された。
 少年は「殺すつもりでやった」と殺意を認めており、同署は殺人未遂の非行事実を佐世保児童相談所に通告。児童相談所は長崎家裁佐世保支部に「強制的措置が相当」との意見を付けて送致、少年は長崎少年鑑別所に収容されている。
 家裁は今後、動機や背景をさらに詳しく調べ、審判を開くかどうかを決める。(共同)
家出した時点でバレれるのに(つうか家出ってそういうもんなんだが)告げ口されると思い妹を殴ったってなぁー
結局、単にテスト結果悪くて親に怒られるのが嫌だったから家出しようとした。そこにテスト結果が悪くてむしゃくしゃしてたか、何で俺が家出しないといけないんだというな逆ギレのはけ口として、妹だったのか、ともかく妹を殴ったこと自体の動機は、告げ口なんていう下等な理由よりなお下等な理由だろうな。
トラバ打つの忘れてた_| ̄|○
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/24-2d7fe148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ディエゴ・マラ童話

ズルイ時もズル時もやはり神の左手なのだろうか?... 404 Blog Not Found【2005/07/12 01:45】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。