プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言い訳がましい朝日新聞
■産経妙4/2  産経新聞

 昭和五十七年の教科書検定事件は報道各社の誤報から始まった。高校の教科書に初め「日本軍が華北(中国北部)に侵略」とあったのに検定で「侵略」が「進出」と書き改めさせられた、と誤って伝えたのだ。産経新聞以外きちんとした訂正もしなかった。
 ▼その罪は大きい。だが、コトを大きくしたのは政府や政治家たちの定見のなさだった。中国、韓国から抗議を受けると右往左往、真偽も確かめないまま、検定を間違いとする官房長官談話を発表する。以後、中韓が教科書問題に介入するきっかけを作ったのだ。
 ▼今年発表の高校教科書検定では、島根県の竹島を「日本の固有の領土」と、記述を改めさせられたケースがあった。誤報ではないし、当然の検定である。これに対し、韓国は日本政府に「遺憾と抗議」を伝えてきた。ここまでは二十四年前と同じような推移である。
 ▼違っていたのはマスコミや政治家の反応だった。ほとんどの新聞は韓国の抗議を伝える記事を、ベタ扱いにしていた。政治家もピクリとも動かなかった。歴史認識と領土問題との相違はあるにしても、四半世紀近い間に日本も外交的に一応の「進化」をしたのだろう。
 ▼しかし、少しもそれを感じさせない人たちもいる。「日中関係を改善するため」と中国へ出かけた日中友好議連などの人たちだ。会談した胡錦濤主席から「(首相が)靖国参拝をやめれば首脳会談に応じる」と「内政干渉」発言を引き出してしまったからである。
 ▼今こちらから動けば外交的に利用されるだけなのに、まんまとハマる。しかも団長の橋本元首相らは、ほとんど反論もしなかったという。会談は三十一日だった。「一日早いエープリルフールじゃないの」と言いたくなる稚拙さだった。


そういや、ハニートラップにかかったポマードは、中国へ行っていたんですよね。

で、再び日本国内での発言力を得るために中国へわざわざ行ってお伺いを立てようとしたら、安部氏と麻生氏で去年の中国大使館員自殺に伴うスパイ事件の非難を行い、遺書の公開で、ポマード狙い撃ちと。

ポマード、罠に引っかかりすぎだな。

そういや、何も考えなしに消費税を上げたのもポマードでしたね。唯一評価されるのは中央省庁再編くらいですか。それも外務省は再編できなかったですけど。


まあ、ポマードの話はこのくらいにしましょう。タイトルからわかるとおり、このエントリーはポマードじゃなくて、朝日新聞に関してです。

さきほどの産経妙の冒頭。

 昭和五十七年の教科書検定事件は報道各社の誤報から始まった。高校の教科書に初め「日本軍が華北(中国北部)に侵略」とあったのに検定で「侵略」が「進出」と書き改めさせられた、と誤って伝えたのだ。産経新聞以外きちんとした訂正もしなかった。


この事件。
誤報と書かれているように、文部省が進出と書き改めるようになんて言っている事実は無かった。が、当時の宮沢内閣が、土下座外交の本質に則って、事実確認しないまま、即座にお詫び。しかも、近隣諸国条項なんていうありえないオマケまでつけて。

結局、中韓の内政干渉が強くなるという結果を招いた事件です。(この事件を見ても、謝罪外交すれば良いなんていうのが幻想だってわかるもんですけどね。)

で、後にはっきりと誤報とわかった後に、誤報でしたと謝罪したのは産経新聞だけだった。一番炊きつけた朝日新聞は謝罪なんてしなかった。沈黙。

沈黙も、メディアとしては許されるべきじゃないが、まあ、100歩譲って認めよう。そしたら、同日、朝日の記事。
■「進出」書き換え問題 中韓抗議で謝罪、安倍氏「誤り」  朝日新聞

 安倍官房長官は2日のフジテレビ番組で、中国侵略を「進出」に書き換えたとする報道から外交問題化した82年の高校社会科教科書検定について「中韓から抗議が来て(政府は)事実上それを認め謝罪したが、あとで『進出』と書き換えられた事実はなかった(ことが分かった)」と述べ、謝罪は誤りだったとの認識を示した。
 安倍氏は「あの時にちゃんと調べて説明すれば良かったが、当時は『とりあえず頭を下げようじゃないか』と。言うことを聞いて反論しない方がいいということで、結果として大変な誤りを犯してしまった。中国、韓国にとっては書き換えたのは事実になってしまった」と語った。
 この問題では当初、「侵略」が文部省検定で「進出」に変わったと報道されたが、問題になった81年度検定に限ると書き換えがなかったことが分かった。ただ、それ以前から検定作業を通じて「侵略」を「進出」などに書き直すことがあったのは事実で、当時の政府の対応もそうした経緯を踏まえてのものだった。


開き直ってる・・・ ( ̄△ ̄;)


さすが天下の朝日新聞
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/247-a8af8287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。