プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国がロシアの南下政策に対抗できてりゃ問題無かったわけよ
ひとまず問題が解決しても、さらに反日を煽って支持率UPの材料にしようとするのが盧武鉉大統領のやり方。で、今回も例に洩れず↓
■「独島は主権守護の象徴」 韓国大統領が談話  産経新聞

 韓国の盧武鉉大統領は25日、日韓が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)問題について特別談話を発表し「独島は日本が日露戦争遂行のために占領したものだ。日本の主張は過去の植民地に対する領土権を主張するもので、韓国の解放と独立を否定するものだ」と述べ「独島はわが国民にとって主権回復の象徴」と竹島に対する韓国の領有権を主張した。
 談話は最近、竹島周辺を含む排他的経済水域(EEZ)での日本の海洋調査計画をめぐって生じた日韓の外交摩擦に関連し、韓国政府の竹島問題についての基本的考えた方を改めて明らかにしたものだ。
 しかし来月から行われることになっているEEZ交渉など具体的な方針にはとくに触れず「今後、独島問題への対応を全面再検討する。日本政府の誤りを正すため国家的力量を総動員し、いかなる犠牲を払っても決して妥協しない」との強硬姿勢だけをを明らかにしている。
 談話はまた、竹島問題は靖国神社参拝問題や歴史教科書問題とともに歴史認識に関する日韓関係の基本問題だとし「単なる小さな島の領有権問題ではなく、韓国にとって主権確立を象徴する問題だ」と述べ、いかなる経済的利害関係や文化的交流もこの問題を解決することはできないとの考えを表明した。


前もそうだったけど、韓国は日露戦争をどう思っているんだろ?( ´-ω-)y‐~

日露戦争→竹島→過去の植民地に対する領土権主張だ!

この論理展開。中学生辺りが言うなら笑ってすむが、大統領自ら言ってしまうのが韓国たるゆえんか。(なんの整合性も無いよ。_| ̄|○ 竹島は植民地ですら無いし。)

まあ、単純に直結させてしまう土壌があることを否定するわけではないけどね。日露戦争とは、確かに日本が朝鮮半島を勢力化に置けるようになった戦争であることには間違いないから。しかし、逆に日本が負けていれば朝鮮半島はロシア領。さらに大事なことは、別に朝鮮半島のみを守ったということではなくて、ロシアの南下政策をやめさせたという点に日露戦争は価値があるわけで、中国でさえ日露戦争における日本の勝利は評価している。(さらに非白人圏では有色人種が始めて白人を破ったと評価するわけだが。)

で、最後も全く逆だよなぁ。
「小さな島といえど領土は主権の問題である」というのには盧武鉉の主張といえど肯定するが、これを「靖国問題や教科書問題と同列だ!」と言ってしまうとは。「靖国問題(or教科書問題)は主権侵害だ!」と言うならまだわかるが。(いや、失敬。同列に扱うなんて理解できない。)

まあ、一番最初に支持率UPの材料と言ったが、韓国内でも今回の合意を「ヘタレだ!」「問題の棚上げだ!」と批判する声が多い。結局、今回の問題を竹島と直結させて煽ったツケは決して安くなかったわけだ。

追伸:
前回の続きにもなるが、韓国が今回の約束を破った場合はどうなるのかが抜けていた。
確かに最終的な国益よりも国内世論に傾きがちな盧武鉉大統領ならば、今回の約束を破り6月に提案するかもしれない。が、曲がりなりにも日韓という国家間で合意に達しているわけで、その国家間の約束を一方的に反故にした国が国際会議という場で信用されるだろうか?ましてこの問題は日本の方が韓国側の主張を片っ端から反証していて有利なんだ。(ただし海洋調査だけがネックだったけど。)

国家間の約束を反故にしてもやっていけるのはアメリカだけだって。
スポンサーサイト

テーマ:領土・領海・・経済水域 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/264-8f600477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『日韓禁断の歴史』金完燮(キムワンソプ)

せっかく竹島の問題で、何とか折り合いが付いたと思っていたら、韓国の盧武鉉(ノムヒョン)大統領が、対日政策に関する特別談話を発表して、竹島の領有権を改めて主張したうえで、今回の件を植民地支配の歴史と絡めて強く批判、強硬手段も辞さず、と述べたと新聞に出てい 本を読もう!!VIVA読書!【2006/04/25 21:32】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。