プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そりゃいくらなんでも、無理ありすぎ
本日は私のクラスの国語教師の話。

うちのクラス担当の国語教師、突然、授業にノイズがはいる。
そう、まさに何の突拍子も無く、"突 然 入 る"(´・ω・`)

国語で北山晴一著「衣服は肉体になにを与えたか」から衣服という社会という評論文を勉強してた時には、
(ちなみにこの評論文自体は中々おもしろかったけどね。)
流行とは何か?から、何故か、昨今のサッカーの国際試合で、日本の若者が日本の選手を応援してるという話に変わって、
「応援はわかるけど、愛国心を出すのはねぇ」「これについて、愛国心の高まりを危惧してる人もたくさんいて、本もたくさん出てて」「ああいうのを見てそういう関連の人達や国の統治者が喜ぶんですよね」

工エェェ(´д`)ェェエ工

まあ、つまり彼はサヨクだ。 ただ、これだけならただのサヨク。
今までも似たような感じの教師は身近にいたし、単に左よりならもっと酷い人さえいた。
ただ、この国語教師が他と違うのは、例えば今のサッカーなら、最後に
「そもそも、愛国心をわざと炊きつけてるかもしれません」
と、小学生だって笑っちゃうような陰謀論に持ってく。

原爆投下からの悲劇を書いた「夏の花」を取り扱っていた時は、
『そのとき、警戒警報が出た。どこかにまだ壊れなかったサイレンがあると見えて、その響きがする。』
の一節に差し掛かったら、突然、町に設置されてるスピーカーの話を始める。


一応、知らない人の為に話しますが、
(ただあくまでうちの町の話。学校のある所はもとより、他の地域も一緒じゃないので一概に今から説明する通りとは限らない。)
町中にスピーカーを設置。基本的に人のいるところはどこでも聞こえるくらいに設置してあり、
定時になると音楽などがなって時間を知らせたり、
(農業やってる人が多いので、屋外で時間を知るのに良いんです。)
何か事件(例えば火事や行方不明者)があったとき、それを緊急で知らせたり、
あるいは町からの知らせ、訃報やイベントなどを知らせるのに使われてる。
(この三番目はよほどのことが無い限り、無料で配られたラジオみたいなののみですが。)
他にも夏休みなどの長期休みになると、小学生や中学生相手に、もう夕方だから家に帰りましょうね。みたいな放送も流れてる。


何を言い出すかと思えば、
「あれは確かに便利な面もあるんですが、それは本当の目的じゃなくて、本当は戦争になった時にこれのように空襲を知らせたり、つまり、戦争ができる国にするために国が主導でばれないように設置してるんですよ。」「こういうところから、また日本が戦争への道を歩むきっかけになったりすんですよね」

   。 。
  / / ポーン!
( Д )

そんなこと言ったら、
教育は戦争のための人材を育てる為に行なわれてるんだよ。なんて言っちゃうこともできるわけで。(というかどこぞのサヨクが言ってたが)
国家自体が戦争をしやすくするためのシステムなんですよ。なんて言っちゃうこともできるわけで。(というかどこぞのアナキストが言ってたが)

本当に小学生でも笑っちゃうような陰謀論に持ってきたがる。 (他にも徴兵制云々があった気がしたけど、内容を忘れてしまった。残念。)

そんで、今日もまた、ノイズが発生した。
(というより今日のノイズは陰謀論でこそ無かったが、あまりにも内容的に酷かったので今日、これを書こうと思ったわけだけど。)
自分について書く場合には、まず自己について考えてみるというような話になり、
「例えば生まれてから一生、箱の中で暮らし、他の人間に会ったこともなく、というより他の人間がいるということも知らずに育てられれば、その人間は自分とは何かわからない。なぜなら比較対象がないからだ。」という感じで、かなりまともに始まる。だけど、それはそう唐突に始まる
「そして、例えば人を殺すことをどうとも思わない、まさに鬼畜という言葉が似合うような男がいたとして・・・」

(´ヘ`;)???

「でも、その男はフランスの傭兵部隊では凄腕として評価されていたように・・・・」

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル  斉藤さんのことだ・・・

ここで普通、斉藤さんのこと出すか・・・? 何の関連があるんだよ。
僕は別に斉藤さんについては肯定も否定もしない。 イラクだろうが、どこだろうが、戦場において危険はつき物だし、何より本人が自己責任というものを一番自覚してただろうし。
そも、イラク云々の話で斉藤さんの評価云々に関する話題ならば、まだ良かった。
何で自分を表現してみる。という話から、こういう話になるのか? 今回のはいくらなんでも、酷すぎやしまいか?

( ̄△ ̄)y─~.。oO(言いたくて言いたくてたまらないんだけど、そういう面を隠そうとして、中途半端に出て来る感じなんだよなぁ。まあ、本人は上手く出したとか思ってるのかもしれないが。これからも、もっと凄いこと言いそうで、半分ワクワクしてるけど。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/07/22 05:32】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/27-75b56f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。