プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗主国様の逆鱗に触れました
■「上海は韓国領土だった?」の主張に中国ネチズンが激怒  中央日報

「上海が韓国古代王朝の領土だったと?」。高句麗(コグリョ、B.C.37~A.D.668)、百済(ペクジェ、B.C.18~A.D.660)、新羅(シルラ)の三国の領土が中国大陸にあった、という内容の本のため、中国のネチズンの間に激論が広がっている。
上海商報は、9日「大田(テジョン)大副総長だった林均沢(イム・ギュンテク)氏が『韓国歴史』との本で、韓国古代王朝の三国が中国大陸に進出していたとの見方を示した事実が、中国のネチズンに伝えられ、インターネットに議論が広がっている」と報じた。東方早報の電子版「東方網」も、歴史学者オ・ジェソン氏が著述した『隠された歴史を探して』、『地図で見る韓国歴史』などの本から抜粋した図表とともに、内容詳細を伝えた。
これら本でオ氏は、高句麗・百済が活動した範囲が、内モンゴル・山東省・福建省などに至る、とした。中国のネチズンは、主に「唐の新疆統治組織だった安西都護府が、統一新羅のチベット統治機構に伝えられたのはとんでもないこと」と指摘している。
それらは「歴史系列の本を書く著者としてこうした図表を作るのは、読者を欺くことであるだけでなく、歴史に無責任な行為」とした。東方網によると、上海の韓国領事館側は「林前副総長の見解は韓国史学界の主流の観点ではなく、私見」とし「『韓国歴史』も学生教育向けテキストではない」と説明した、とのこと。


あーあ ついに宗主国様がお怒りだよ。
しかも、そういう仮説があるとかならまだいいが、
>韓国古代王朝の三国が中国大陸に進出していたとの見方を示した事実
完全に事実だと思い込んでいるようですねw


 さらに宗主国様を激怒させるようなニュース。
■中国大陸を'占領'した新しい「韓半島虎」の絵、注目集める  2ch東ア+
ソース:聨合ニュース(韓国語)

 日本の独島(竹島)領有権挑発と中国の東北工程(訳注:高句麗を中国辺境政権に位置付けようとする動き)が国民感情を刺激している中、過去我が領土だった中国大陸にまで「領域」を広げた新しい「韓半島虎」絵の地図がインターネットに上がって人目を引いている。
 ネチズン金某(42.全北全州市)さんが上げたこの絵は現在の南北朝鮮領土のみを形象化した既存の「韓半島虎」と異なり、高句麗と渤海が支配した間島と沿海州など中国大陸まで皆含んでいる。この虎は満洲原野に座っており、立ち上がって太平洋に向けて吠える姿で既存の虎よりずっと強烈な感じを与えている。
 また中国大陸深く納まっていて柄も二倍半ほど大きく、最近ニュースの焦点になっている独島も鮮やかに表示されている。絵の土台になった地図には古朝鮮を始まりに大韓民国までの国号の変遷史と連帯が書かれており、ソウルを含めて当時の首都名を表記している。
 この絵と地図がインターネットポータルサイトに上がると500個を超えるコメントがつくなどネチズンたちの反応も熱くなっている。あるネチズンは「素敵な絵だ。そして、現実になればいいのに」と明らかにし、別のネチズンは「その地をまた尋ねることはできないとはいえ、その気性だけでも取り戻そう」と言う文を書いた。
 絵の創案者である金さんは「最近独島と高句麗の領土をめぐって隣国の挑発が続く状況で「我が民族の気性が虎のように猛々しく、領土もひとときこんなに広かった」ということを考えて見ようという意味で考案をした」と言った。


この記事中にもあるように、中国は中国で高句麗を中国史に収めようということをやっている。

島国で結果として異民族に支配されたことのない日本人にはピンと来ないが、ある土地を常に一定の国が治めているということは絶対じゃない。ゆえに、違う国が同じ土地に対してそれぞれ歴史を持っているということもありうる。
例えば、今のモンゴルが、チンギス・ハンが率いたモンゴル帝国を歴史で教える場合に、その時に範囲内にあった領土を"自国史"として教えるべきかという話。当然、今のモンゴルと中国は違う。
しかし、歴史を見る際にモンゴル帝国=元王朝は、モンゴル史でもあり中国史でもある。

だから、仮に高句麗が中国からみて中国史に編入されようと、それは別に朝鮮半島史(韓国史)じゃなくなるというわけではない。

まあ、その点を除いたとしても、李氏朝鮮は属国だったわけですし、有史以来、旧日本帝国が解放するまで中国の影響下にいたわけだから、別にいまさら高句麗が中国史に含まれる程度、大して違わないですよ。( ̄∀ ̄*)

まあ、韓国のスタンスは「属国であった」という事実ですら認めてない、あくまでウリナラは半万年独立国家を歩んだという歴史があってそれが日帝によって潰されていたと思っているので、日本人と同様に他国史と共有することになるということに違和感を覚えるのでしょうね。
日本はあくまで有史以来、独立国家だから、違和感を覚えるですまされますが、韓国はそうじゃない。恨むなら、日本や中国じゃなくてどうか自分達の先祖を恨んでください。

もっとも東北工程が「朝鮮半島は中華人民国領アル」という政治的意図が絡んだ物だったら話は別だけど、あくまで学術的なものだと私は思う。何にせよ、これ自体は、あくまで当時の中国の範囲の話であって、今の中国の範囲の話じゃない。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/13 10:35】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/274-8dbf6bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。