プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判に負けても前向きですね
■『言論弾圧』認めず  東京新聞

君が代不起立 実質的勝利と被告
 卒業式の「君が代」斉唱の強制に反対し、生徒らに不起立を呼び掛けた元都立高校教諭藤田勝久被告(65)に対する三十日の東京地裁判決。都教育委員会が、式典での「国旗・国歌」の完全実施を進める中で起きた事件だったが、「式会場を混乱させた」と威力業務妨害の罪で起訴した検察側に対し、「言論の弾圧だ」とした被告側の無罪主張は認められなかった。 
 午前十時からの判決言い渡しでは、裁判所の事実認定に対し、元教諭が「そこは全然違う」と異を唱え、村瀬均裁判長から「退廷を命じますよ」と注意される場面もあった。傍聴席からは、支援者らの「不当判決だ」との怒声が。
 この日、東京地裁前には朝から元同僚ら大勢の支援者が詰めかけた。午前十時すぎ、弁護士が「不当判決」と書かれた紙を持って走り出ると、どよめきが起きた。
 元教諭は、二〇〇四年三月、かつて七年間、社会科教員を務めた都立板橋高校の卒業式に、二年ぶりに足を運んだ。前年十月には、都教委が式典での日の丸掲揚、君が代斉唱の厳格な実施を求める通達を出しており、斉唱時に起立しない教職員の大量処分が予想されていた。
 元教諭は、式会場で不起立を呼びかけた理由を「都教委(の姿勢)が度を越していることを知ってほしかった」と説明している。
 当日の同校の卒業式では、生徒の大半が君が代斉唱時に起立しなかった。五日後の都議会で、式に出席していた都議から元教諭の行為を追及された横山洋吉教育長(当時)は、即座に「重大な業務妨害。法的措置をとる」と言明。その十日後に、都教委と同校は警視庁に被害届を出した。
 弁護団は事件の本質を「教育現場における『日の丸・君が代』強制に反対する言論の弾圧」だとして、公訴権の乱用を主張してきた。
 同年の卒業式を含め、君が代斉唱をめぐって都教委から懲戒処分を受けた教職員は、今春の卒業式までに延べ三百四十五人に上る。

■「事実ゆがめて業務妨害成立」
 藤田勝久元教諭は同日の判決後、十一人の弁護士とともに弁護士会館で記者会見し、「懲役八月の求刑に対し、スピード違反並みの罰金。無罪の宣告と受け止めた」と語った。
 しかし、判決で、教頭の制止にもかかわらず保護者にビラを配布し続けた、と事実認定された点については「卒業式の参加者に確認すれば(教頭による)制止の事実がないことは分かる。政治的判断による有罪判決だ」として、威力業務妨害罪を成立させるために事実が恣意(しい)的にゆがめられた、との認識を示した。
 一方、弁護団の沢藤統一郎弁護士は「量刑は軽微だが、こんな事件に罰金を科すことは許されない」と強調。小沢年樹弁護士は、最近、ビラ配布を住居侵入として摘発する事件が相次いでいる事実に触れ、「ビラ配布への弾圧事件と同様に『言論・表現の自由』の圧殺効果は計り知れない」とする弁護団の抗議声明を読み上げた。


この手の輩はどんな判決でも、勝利だと受け止めるといいかねないなぁ。
明らかに負けではないか?
現に被告の弁護士の発言や取り巻きの態度を見れば明らかに負け認めてる。それなのに、被告はスピード違反並の罰金刑だから実質無罪だと受け止めるって前向きすぎだなぁ。

ちなみに罰金刑の理由は、妨害によって被った被害が式典の開始2分遅れで与えた損害が実質微量だったから罰金刑というだけ。

スピード違反並の罰金刑だから実質無罪だの何だの言っているが、普通の人間の感覚からすれば開始2分遅れただけで50万円20万円の罰金刑になったとなると完全に敗北だと思うんですがねぇ。(つうか、50万円の罰金ってスピード違反だとしたら、一体何kmオーバー?)

まあ、負けず嫌いなだけなんだと思いますけどね。


あと、不法侵入したビラ事件と比べるのはいつもの手というところですか。別に駅前とかでビラ配っちゃいけないとは言ってないだろうに。(まあ、それもそれで迷惑だが。)
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/283-4de94ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。