プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮相手だとあま~い朝日の記事
■テポドン発射準備 北朝鮮の真意は?  朝日新聞

(前略)
 「危機の演出で米国を揺さぶり、直接交渉に誘い出すことに加え、軍事技術の進展を示して生活苦にあえぐ国民の目を国威発揚に向ける」。テポドン2発射の動きを止めない北朝鮮の狙いを、韓国の外交筋は19日こう分析してみせた。
 北朝鮮にとって当面の最大の課題は米国による金融制裁問題だ。マカオの口座を始め、金正日(キム・ジョンイル)総書記を支える「血」ともいえるカネの流れが細れば体制の揺らぎに直結する。だが、核開発問題をめぐる6者協議を「人質」にとってまで制裁解除を迫る北朝鮮に対し、米国は「6者に戻れ」の一点張りだ
 今回のミサイル準備には、そうした閉塞(へいそく)感を打開したいとの思惑が色濃くにじむ。得意の瀬戸際戦術を一層危険な領域に進めた形だ。
 「米国の敵視政策のせいで自衛のための軍事力を拡大せざるをえない」(北朝鮮外務省)。北朝鮮にすれば、ミサイル(ロケット)開発も一主権国家としての正当な権利。金融制裁解除を求める北朝鮮は、発射に踏み切った後、改めて発射凍結を米国との交渉材料に持ち出す可能性がある。
 さらには、発射で国内向けにも軍事能力を誇示でき、国民の団結を訴えて体制固めに利用できる。そんな計算も働いているに違いない。


かばいきれないけど、かばってあげたい! という感じが滲んでくる朝日の記事ですね。
>北朝鮮にすれば、ミサイル(ロケット)開発も一主権国家としての正当な権利
( ̄~ ̄).。oO(日本や米国なら問答無用で叩くくせに)

ただ、確かに開発する権利はありますけどね。でも、了解を得ずに他国へ向かって飛ばす権利は無い。(日本は飛ばすには理想的な東に何も無いから良いけど、そこに特に国がある場合には神経を使う。まして技術的にも信用が無い北朝鮮じゃなおさら。)
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/300-91184d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。