プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86歳の強制連行されたボケ老人の戯言
■平和の礎を再考 韓国・朝鮮人の刻銘進まず 沖大でシンポ  琉球新報

 23日の「慰霊の日」を前に、韓国・朝鮮人の強制連行への認識を深め、沖縄戦の実像に迫りながら平和の礎を再考するシンポジウム(主催・桜井国俊沖大学長ら呼び掛け人23人)が22日夜、那覇市の沖縄大で開かれた。韓国・朝鮮人の刻銘が進んでいない実態を議論し「加害の歴史」に真摯(しんし)に向き合い、謝罪する必要性が指摘された。また平和の礎が「あらゆる戦争を否定し軍事力を用いず平和をつくる」という当初の理念と異なり「軍事基地容認による平和にねじ曲げられている」などの意見があった。
 第一部では沖縄戦当時、阿嘉島に強制連行され過酷な労働を強いられた姜仁昌(カンインチャン)さん(86)が体験を証言した。
 仲間12人が日本兵に処刑される現場で、遺体を埋める穴を掘らされた経験などを証言し「日本政府には恨みがいまだ強い。日本人は謝罪するつもりはあるのか」と、会場の聴衆にも怒りを表した。
(中略)

■仲間は銃殺、死体埋めた/強制連行の姜仁昌さん
 1944年6月18日に捕まった。3カ月間飛行機の滑走路建設に働いてもらうという話で同じ地域から3千人が移動した。6月で暑いのに冬の軍服を着せられ、訓練させられた。
 沖縄に到着して次の日から軍夫として働いた。船から爆弾や食料を保管場所に運ぶのが任務だった。軍は月給100円、小遣いを1カ月で30円あげると言ったが、まったくもらえなかった。
 軍隊の慰安婦計約200人を目撃した。中隊長以上の人たちは1人ずつ慰安婦と一緒に住み、ほかの兵隊は近くに慰安婦が住んでいた。
 わたしたち軍夫は阿嘉島、座間味など5つの島に600人ずつ配置され、阿嘉島でわたしは山の下に穴を掘り爆弾を入れる作業をした。8人1組で爆弾を海に運び、また穴に入れる一種の軍事訓練をした。
 45年3月24、25日に空爆と艦砲射撃が激しくなり2日間動けず穴の中にいた。26日夜、毛布など荷物を持ち山に逃げた。海は大小の船がたくさん浮かんでいた。空ではたくさんの飛行機が乱射をし船からは艦砲射撃。「今日死ぬ」と思った。
 次の日から空襲は減ったが、おなかがすいて草も食べた。民間の農地まで下り稲やサツマイモを掘って食べた。農地から取った稲をポケットに入れた仲間が日本兵に13人つかまった。
 夜7時半に13人を銃殺するという。責任者2人と葬る人3人が決められた。葬る人の1人がわたしだった。13人が処刑場所にいく途中、1人は縄がほどけて逃げたが、その場所でシャベルで穴を掘らされた。12人は銃殺され、死体を埋めさせられた。
 逃げた1人が「夜逃げて米軍の捕虜になろう」と提案、7人で逃げた。月夜の中で島のがけを下り日本軍の警備の中をやっと船着き場に到着。ハンカチを枝に巻き火を付けた。小さな船から黒人米兵が服を全部脱ぐよう合図したのでパンツだけだったわたしらは、それを脱いで船に泳いで行き捕虜になった。
 日本の警察や軍が言っていた労賃は全部うそ。日本政府はうそばかりで人間とは思えない。恨みは強い。


いやー もう、これ読んだら揺さぶりかける前に、一発でこれですよ。
異議あり2

強制連行されたのに、軍に「月給100円、小遣いを1カ月で30円あげる」と言われたとは物凄く変ですね。(しかも、これは尉官以上の給与だそうで。)
その後、山に逃げたことに関しては、軍人じゃないのでしょうがないと見ても、「毛布などの荷物を持って」ということは、強制連行されたのに毛布が支給されてたんですね。優しいね、大日本帝国!

そして、今回一番の肝である処刑された仲間の話が来るわけですが。
>次の日から空襲は減ったが、おなかがすいて草も食べた。民間の農地まで下り稲やサツマイモを掘って食べた。農地から取った稲をポケットに入れた仲間が日本兵に13人つかまった。
さて、舞台は3月下旬。沖縄は3月下旬には田畑に稲や芋があるのかね?(少なくとも長野では)苗を植えるのでさえ5月下旬頃だが。(しかし、沖縄なら取れそうな気もする。二毛作はおろか三毛作してそうだし。ただ、三毛にしたって3月に食えるだけに育ってるかなぁ。まあ、何にせよ泥棒に違いは無いが。)
ということは、掘って食べるなんて不可能。だって無いのだから。となれば、備蓄されてる農作物を狙ったとしか思えない。

つまり、納屋、下手すれば家そのものを13人で襲撃して農作物を略奪したわけだ。そりゃ、同じ事をしようとするバカに対する警告も込めて死刑でも文句は言えないわな。

むしろ、掘ったとかありえない嘘ついて自分達の罪を希釈し、尚且つ、それを逆に懲罰した人間に対する批難材料にするとは人として恥ずかしいね。

>日本政府はうそばかりで人間とは思えない

異議あり
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

阿嘉島にも座間味にも田んぼはありません。つまり、沖縄本島から運んだものか本土から
運び入れた軍需物資ですね。軍需物資を夜に盗んだらそりゃ銃殺ですよ。
【2006/06/24 19:36】 URL | 1156 #- [ 編集]

コメントありがとうございます
あー そうか。水資源に乏しいから、そもそも田んぼもないのか。
まあ、何にせよ、嘘つきですね。(むしろ、砲弾が飛んでくる極限の状態でも、軍規に照らして墓穴まで用意して処刑を行った日本軍が凄い。)
【2006/06/24 23:17】 URL | EULE@管理人 #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/303-f6c90f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平和の礎

今日は「沖縄慰霊の日」、今から61年前に沖縄戦での日本軍の組織的な抵抗が終わった おじんのIT今昔【2006/06/24 15:05】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。