プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行の預金金利で資産が増える事を錬金術と呼ぶか?
結局のところ、株に肯定的な人も否定的な人も「株で儲けることは楽なことだ」なんて考えてるから、おかしくなる。

株取引が錬金術?銀行に金を預けて金利で金が増えることを錬金術と呼ぶなら、株取引も錬金術と呼んでも文句は無い。
何もしない、何の知識も無い、そんなんで金儲けができたら、とっくの昔に誰でもトレーダーになってるつうの。

「個人トレーダー」なんてはやし立てられて、最低限度としての高校程度の経済知識も無ければ(私が一番驚いたのは、公定歩合を知らないで株取引やるか?)、新聞の経済欄も読んでなかった(いや新聞自体読まない)、というような奴が、突然、株取引やって億万長者になれたら奇跡だよ。そいつはまさに天才だ。

大儲けなんて狙わずに堅実にやるなら、銀行に預けるよか、金利はいいでしょう。
根本的に、例えば欧米などで個人も株取引を行うってのは、そういう面からの話で、誰もが億万長者になるために株取引をしているわけじゃない。もっというなら、副業以下の存在だ。(銀行に預金して、その金利で元金を増やすことを副業とは言わないでしょ?)

そこを大穴狙いで、変動の激しい株なんか買うから失敗する。成功すれば大きいですけどね。しかし、そんなに簡単に成功なんかできない。

さらに言うなら、金持ちは利子生活ができるなんて言われてるように、元々の元金が大きければ相対的に還って来る金が大きいのは自明の理。それはファンド投資も同じ事。

「庶民は低金利で大して儲からない時代に、総裁が1500万円儲けた」って、結局、根本的なところを知らないだけだろ。銀行の金利が良い時代に、金持ちが1000万円預けて利子で1500万円の利益を得るのと一般庶民が10万円預けて15万円の利益しかえられないこと比較して、文句でも言うのか?

結局、金利などで資産を増やす一般的な方法には、銀行に預金することでしかできないと思い込んでる、無知が原因なだけで。

もちろん、個人向けファンドが全て善良で、金を預ければ、必ず利益を確定させてくれるなんて言うつもりもありませんけどね。(もっとも銀行の提示するプランにだって悪意に満ちた物があるわけで銀行なら安心というわけでもないが。)
補足:
なんかわかりにくかったので補足。
個人の株取引というのは、基本的に堅実な株を買っておくということであり、こういう株取引によるやり方は、ようは銀行に預金しておくと言うのとある意味で似てる。

その点をとって錬金術と呼ぶならば、確かに特別な知識も特別な行動もいらないから楽して金を得ると言う意味であっているかもしれない。(ただし、得られる金額は大して大きくは無い。)


しかし、本気で株取引を職業として、さらに何千万、何億と稼ぐ場合には、それ相応の手腕や知識、あるいは才能というものが必要になってくる。とても錬金術のように簡単に金を稼げるわけじゃない。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/306-2475a810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。