プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嫌韓流2」と「嫌韓流のここがデタラメ」のちょっと感想
嫌韓流2と嫌韓流のここがデタラメ を、ちょっと本屋で立ち読みしたのでそのちょっと感想。

嫌韓流2は発売して結構経ちますが、すっかり読むのを忘れてました。で、嫌韓流2が発売された時にも少し述べましたが、やっぱり主観に偏るような題材はなるたけ避けた方が良い。また、例によって内容は、△インターネットで見た ですから、真新しいものはないし。
(いや、まあ、嫌日流と同じと言うつもりはありませんよ。 そういえば、本家、嫌日流は一体どうしたんだ?日の丸に矢を指した斬新なデザインの表紙を去年のうちに公開していたくらいなのに!)

さて、それよりも酷いのは「ここがデタラメ」だ。
確か嫌韓流1の方で韓国人は論理じゃなく感情論で推し進めるみたいなことを指摘し批難していたと思いますが、まさにソレ。結局、嫌韓流が指摘している欠点をそのまま貫徹している。
確かに最初の方は、史料とかデータとか(それが事実かどうか、また故意的な物しか集めてないとかどうかは別として。)提示してましたが、竹島問題や日韓併合の話になるとグダグダ。補償問題に至っては既に韓国政府ですら、日本政府への一方的な責任転嫁を諦めたと言うのに、感情論で日本政府が悪い!としか言わない。

嫌韓流の批難というか手法で指摘されていることに主人公は理知的だが、対する韓国人は感情的だ。そこで読み手に悪印象を与えている。なんてのがありますが、まあマンガの特性上しょうがない。まともな韓国人がいることは念頭に置かなければならない。(というより、この辺りは書き手よりも読み手が気をつける部分だが。読み手がそのまま受け取るならば、それは読み手が馬鹿なだけ。念のためいうと肯定派が。)

もっとも、あくまでマンガの手法上出てくる問題。しかし、ここがデタラメはまんま感情論だから、マンガで誇大化されて茶化されてる韓国人像そのまんまなんですよね。

まあ簡潔に言ってしまえば、要は、嫌韓流の反論つうか、今までの韓国人の主張そのまんま。嫌韓流の反論なのに、嫌韓流で反論できるような内容。こりゃ駄目だね。

勝海舟でさえロシアの脅威を考えて先に日本が朝鮮半島を制すべきだみたいなことを言ったとか憤慨して見せるも、この辺りも韓国が日韓併合は違法だと認めさせるために開いた自前の国際会議の場で、国際法の権威が「当時は、周辺地域の安全保障のために支配下に置くということは普通にあった」みたいなこと言われて思惑外れて撃沈してる。

あと嫌韓流を良く思わない人の中にも嫌韓流の問題点を上手く指摘している人はいる。(さきの手法の指摘とか。)ただ、そう言う人にしても、嫌韓流の発生が韓流の反動だと思っている。その前提が間違っている限り、的確な嫌韓流の反論本は出てこないと思う。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/311-726adf25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。