プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか今日は左よりの新聞の活きが良い件について
なんか、今日はやたら左よりの新聞が社説に力を入れてたのでそれについてそれぞれコメントでも。

まずは大御所から。
■瞬発力外交の負の遺産 小泉政権、閉幕へ  朝日新聞社説

(前略)
●世論とらえた決断力
 (中略)
 だが、マイナス面も小さくなかった。平和主義を掲げる日本が、大義のないイラク戦争を即座に全面支持したことは、反対を押し切って自衛隊を派遣したこととともに歴史に苦い記録として残る。アラブ世界での日本のイメージを傷つけたことも無視できない。
 対米重視が意味を持つのは米国が世界の安定装置として機能していたからだ。だが、米政権の単独行動主義は世界の安定を危うくした。米国が判断を誤るとき、同盟国としてどうただすか。日本が準備してこなかった問いが残された。
 小泉外交のつまずきはアジア、とくに中国との関係だった。

●アジア戦略の挫折
 政権初期から、いまのようなささくれだった中国、韓国との関係を思い描いていたわけではなかろう。良好な対米関係を基礎としつつ、近隣国やアジアと親密なつながりを築く。これが当初の外交ビジョンだったに違いない。
 それを頓挫させたのは、靖国神社参拝に対する国際的な反発の強さを読み違ったことだ。
 政治や経済などあらゆる面で日中は競い合い、あつれきが生まれている。アジア全体でも両国関係は大きな意味を持つ。これをどう安定させるか、外交の真価が問われる時期に靖国参拝で逆に抜き差しならない対立をあおってしまった。
 修復のための努力はあった。新たな国立追悼施設を検討すると金大中・韓国大統領(当時)に約束したのもそのひとつだ。だが、参拝が度重なるなかで、売り言葉に買い言葉のような不毛な応酬に陥り、手がかりを失っていった。
 中国などとの対話を重視する福田康夫官房長官が官邸を去り、やがて毅然(きぜん)とした外交が持論の安倍晋三氏が官房長官に登用される。それは近隣国外交での首相の挫折を反映した人事でもあったろう。
 ここ数年の小泉外交で目立ったのは戦略の混乱である。戦略の欠如と言ってもいいかもしれない。国連安保理の常任理事国を目指すならば、アジアの大国である中国の理解は欠かせないはずだ。それが中国はもとより、隣国の韓国の支持まで得られなかった。

●「靖国」克服してこそ
 北朝鮮問題でも、中韓との連携が不可欠なのにぎくしゃくした対応を強いられた。日中の不協和音は、両国を軸にした地域の発展戦略を模索する東南アジア諸国を困惑させている。
 もともと外交とは複雑な連立方程式に似ているのだ。全体を貫く戦略性がなければ、ばらばらになってしまう。
 靖国問題でダイナミズムを失ってしまった日本のアジア外交をどう立て直すか。自民党総裁選では靖国の争点化を避ける動きも出ているが、この問題を乗り越えることなくして展望が開けるとは思えない。小泉外交が残した最大の負の遺産なのだから。


最初の心にも思っていないだろう小泉首相を称えるところは省略しましたが、実際は通常1日2つの社説を1つにまとめたのでいつもより長め。(略しても長いですけどね。)

まぁ、でもこれは、いつもの朝日と言えば終わりかな。 最初は褒めておいたところで、「だがちょっと待って欲しい」とか「しかしだからといって」の接続詞なんかを使って、実際の言いたいことは後半部であり、そこで批難する。

まさに今回は単に長いという点を除けば、まさにその朝日社説の典型であり、内容も今までと大して変わらない。
だから、まあ、コメントもありきたりですが、
>小泉外交のつまずきはアジア、とくに中国との関係だった
アジアじゃなくて特定アジア。仮にアジア全体としても、その"とくに中国"除いたら、韓国だけじゃん。
>自民党総裁選では靖国の争点化を避ける動きも出ているが、この問題を乗り越えることなくして展望が開けるとは思えない
ガス田問題、尖閣問題、軍事費の不透明性etc・・・・
何より前原前民主党代表が日中の軋轢に実は靖国問題はあまり関係ないことを証明してくれましたね。(「靖国参拝をしない」と明言していたにも関わらず、ガス田問題や軍事費の問題で引かない前原代表が訪中した際にろくな扱いしなかったのに。)


次は東京新聞。
■苦い歴史は消えず  東京新聞社説

 宮廷女官を描いた韓国の連続テレビドラマ「チャングムの誓い」に惹(ひ)かれた小旅行が、苦い歴史を振り返る機会ともなった。
 王朝時代の宮殿を見学して気づいたことだ。英語、中国語、日本語による説明文の中で、日本語の文章がいやに短い。
 英語や中国語では、豊臣秀吉の朝鮮征伐によって歴史遺産が損壊されたことが明記されているが、日本語では省略されている。
 さらに、日本の植民地時代に李朝の王宮を壊した跡に朝鮮総督府が建てられていたが、これも日本語の説明では簡略化されていた。
 日本人観光客には、日韓間の不幸な歴史は詳しく知らせたくないのだろうか。
 しかし、説明文の違いが分かれば、秀吉の時代までさかのぼる朝鮮半島での「加害」の歴史を避けて通れないことをあらためて悟らされる。
 中国は違う。南京大虐殺記念館などを訪れたとき、旧日本軍の残虐行為が日本語で赤裸々に説明されていた。
 ところで、「チャングムの誓い」のセットを使ったテーマパークはソウル郊外にあり、「冬のソナタ」に代わって日本人や中国人にも大人気だ。
 ここではドラマの場面ごとに日本語の説明が丁寧に付いている。ファンにとってはたまらない。韓国ドラマの世界に魅了され、宮廷の内側を知ることもできる。
 本物の宮殿見学で歴史の苦さを味わったのとは対照的だ。
 旅行は異国の現在に触れるとともに、過去を知る機会でもある。
 韓国ドラマが日本人の韓国観を変えたように、観光交流が進んでお互いの歴史を知れば、もっと相互理解が増そう。


さすが「なあにかえって免疫力がつく」の東京新聞。韓国マンセー記事もとい社説。(いや、本気で在日記者だらけちゃうの?と思う。)

まあ、この手の文禄・慶長の役を出しながら「豊臣秀吉の時代から加害の歴史が~」なんて馬鹿げた論理には元寇は?の一言で済みますがね。(白村江出してもいいけど。)

ってかさ、この手の論理って、韓国や、或いは日本国内でもホロン部とか頭の軽そうなコメンテーター辺りなら良く見るけど、まさかそれなりに発行数を誇る新聞が社説で書くか? まあ、「なあにかえって免疫力がつく」の東京新聞ですからしょうがないかもしれませんが。

あと、蛇足ですが「チャングムの誓い」の原作者は、これは「フィクションだ」と明言してますがね。(見せ場である料理対決は、日本のマンガを参考にしたとも答えましたしね。)


で、最後は中日新聞。つうか、文体からも内容からも強い電波が出てます。
■鎮魂の夏と総裁選と  中日新聞社説

 週のはじめに考える
 長梅雨がやっと明けるかと思えば目前に鎮魂の八月。「靖国」がまた騒々しい。逆に政権党の総裁選は低調ムードで、はや消化試合の趣。なんて、アンバランスな。
 皇居に近い千鳥ケ淵の戦没者墓苑を訪ねました。「拡充」話がひょっとして本物になるか、とも思って。
 人影まばらな六角堂。献花台で白菊を一本、手向けてきました。
 納められているのは遺族の元に戻れない戦没者三十五万人余の遺骨。太平洋戦争で海外にあって命を落とした二百四十万人の一部です。
 お堀に沿う緑陰を少し歩けば靖国神社。並行して走る一方通行の狭い車道はタクシーの絶好の“休憩所”になっていました。
 静寂こそがふさわしい
 毎年八月十五日、武道館での追悼式に先立って歴代首相はたいてい参っています。小泉さんも。なにかと大騒ぎになる靖国とは違って、静かにつつましやかに慰霊の儀式が営まれます。もちろん、無宗教で。
 墓苑拡充話は、三十代の女性記者が七月十八日付本紙政治面に書いていますから重複は避けます。
 この話、自民党の中から出てきました。意図はもう一つはっきりしませんが、にっちもさっちもいかなくなった靖国問題と、たぶん無関係ではないのがミソ。
 墓苑拡充で外国要人も献花できる国立の追悼施設にと期待する人もいれば、靖国がないがしろにされると反発する人もいるようで、結論は簡単に出そうにない。それが残念ではありますが、靖国問題解決の一案であるなら、自民党の「良心」の表れと、いい方に取っておきましょう。
 私たちはこう考えてきました。鎮魂・慰霊には、やはり静寂な場こそふさわしい、と。今も、です。
 靖国神社だって、本来は静寂を旨としたはずでしょうに、自ら騒がしい場にしてしまった。昭和天皇の発言メモにあるように、一宮司による「A級戦犯合祀(ごうし)」によってです。
 「争点にしない」の欺瞞
 ここ数年でいえば、騒ぎにしたのは小泉さん。「信教の自由」とか、「心の問題だ」とか「個人の自由」とか、弁解もいよいよ、聞くに堪えない荒っぽさで、あきれます。
 国の最高責任者がこれでは本当に困るのですが、そんな小泉スタイルを面白がったり、支持してしまう、世間の空気があったのを、認めないわけにもいきません。
 人気取りで妙なナショナリズムをあおった方も悪いが、その術中にはまって拍手した方も悪い。といっても私たち、そこにストップをかけるには、とうとう至らなかった。
 そして、日本と中国や韓国とのどうしようもない関係悪化。アジアだけでなく欧米にも右傾ニッポンへの警戒感が芽生えかねない状況に。ジャーナリズムとしての非力を、厳しく自省している次第です。
 ようやく世論調査で「首相の靖国参拝避けるべし」が間違いなく多数派となっても、小泉さんはその言動からすると、参拝を強行する気のようです。「十五日」は一度も果たしていない“公約”でしたし。
 だいたい取り巻きに、諫(いさ)められる人がいないのです。情けないことに皆さん、言っても聞かないと、さじを投げてしまっている。以前はいましたよね、中曽根康弘首相のときの官房長官、後藤田正晴さんとか。
 現官房長官の安倍晋三さんは靖国問題を何と言っているか。「一国の指導者がその国のために殉じた人に尊崇の念を表するのは、どこの国でもすることだ」。一般論でのすり替えです。参拝するか、と問われて、するしないを言うつもりはないと、答えにもならない答え。
 ポスト小泉の自民党総裁選へ最強候補と見られている人が、靖国を争点から外そうとしているのです。一方でホットなテーマを、こっちでは触れずにすり抜ける。これを欺瞞(ぎまん)と言わずして、何と言うべきでしょうか。
 さて、あと五十日ほどで結論の出る総裁選の話。外交姿勢で「アンチ小泉」の呼び声高く、世論調査でもそこそこ期待のあった福田康夫さんが土俵にも上がらないものだから、始まる前からしらけ気味です。
 福田さんのおっしゃるには、出れば国論が二分するとか。官房長官当時の懇談会がまとめた無宗教の国立追悼施設造営を「是」とした原則的立場は、一体どこへ行ったのやら。
 「靖国参拝を控える」と、ようやく立候補表明した谷垣禎一さんが言いました。でも、控えた後はどうする。控えておけば靖国問題は自然消滅と、お考えか。語尾不明。
 吉田茂さんの時代の人で最近再評価の著しい白洲次郎さんの言葉を借りれば、大事なのは「プリンシプル(原則)」。政権を目指す人たちにぜひ、かみしめてほしいことです。
 核心避けぬ議論をぜひ
 原則を欠く政策論争など、聞くに値しません。近隣外交も日米同盟も財政再建も社会保障でも。まずは基本の考え方を明らかに、そして懸案処理の方策と段取りを示すこと。
 そうでないと、次の首相が日本をどこへ導くか、国民は判断するすべがありません。戦没者も安らかに眠っておれなくなってしまいます。


>ジャーナリズムとしての非力を、厳しく自省している次第です

( ゚∀゚)ァハハ八八ノヽノヽノヽノ \ノ \ / \ / \ / \ / \

ジャーナリズムとしての権力で、激しく自慰している次第だろ?なんだこの文章。なんだこの内容。何が言うことにことかいてジャーナリズム。笑わせるなよ。

先に述べたように内容だけでもアレなのに、文体までこう来られたら痛い通り越してかゆい。


そして、わかりづらい。
一般論にすり替えたなんだ喚いたと思ったら、原則に従えって、一般論と原則論の違いは何よ?
「信教の自由」や「国家元首の国の殉死者への追悼」は原則じゃないとでも?

むしろ、私が思うのは小泉外交ってのは外交の原則を守ってるからこそであり、小泉首相独自の外交戦術なんて皆無。原則を守っているからこその小泉首相であって、原則を守れとはこれいかに?
むしろ、今までが異常ですよ。近隣の、領土問題を抱えていて、しかも共産主義国で思想も価値観も違い、チベットや東トルキスタン或いはベトナムに侵攻し、軍事費が凄い伸びで、ミサイル向けられ明らかに敵意を向けられてるのに、唯々諾々と土下座して要求を飲んでいる方がおかしい。外交の原則なんてこれっぽちもない。

何より、外交の原則に乗っ取った結果が北朝鮮制裁案全会一致だろうに。

読んでて思うのが絶対"原則"の使い方が間違ってる。


今再評価が行われているというだけで、こんな電波社説に持ち出された白洲次郎が草葉の陰で泣いてるぞ。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/336-f27a2099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。