プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイル小泉!(シュタッ!
「小泉はヒトラーだ!」
って、ヒトラーに失礼だ。ヒトラーの方が政治手腕は高い。
というのはともかくとして、「郵政民営化賛成か?それとも解散で非公認か?」
と、二択を迫るのはヒトラーじゃないよ。同じドイツ人ですが、ビスマルクの方ですよ。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
反対勢力が強いのもそっくりだし。

まあ、それはともかく、今回の小泉首相のやり方のどこがヒトラーになぞられるほど問題なのかと。

もし郵政改革に反対だったら郵政改革を標榜する小泉氏を総裁にすべきでなかった。
小泉首相の郵政改革以外の点を肯定して選らんで、郵政改革は反対だったも理由にはならない。
何かを選ぶと言うことは、メリットと同時にデメリットも受け入れることあり、小泉首相を選んだ時点でそれは郵政改革を受け入れたと言うことだ。(これは議員が総裁を選ぶことだけじゃなく、その議員を選ぶ有権者にも適応されるが。)
どうしても郵政改革を肯定できなかったならば、当たり前の話だが離党すべきだった。
まして自民党は郵政改革を公約にあげていたんだから、自民党で当選することは郵政改革を支持することだったはず。
(その点に関しては、最たる例として荒井参議員が特に酷い。)

既に自民党議員であることが『郵政民営化賛成』であるはずなのにこれをしなかった。
ならば、解散し、公認をつけないことは当たり前で暴君だの独裁だの言うのは筋が違うっての。

まさか、公約を守らない政党が良いの?
同じ政党内で意見バラバラで足引っ張り合って、政党の公約を守れない政治の方が良いの? 政党政治を否定したいの?

そして、残念なことに自民党は今まではそうだった。
そして、それを解決するためにはかねてから小泉首相の言うように「自民党をぶっ壊す」しかないでしょう。
それが今回の解散総選挙。何が問題なのかと。

また、郵政に関わらない所でも確実に旧宗派の排除を進めてるし。
◆橋本元首相は引退の方向 純粋比例認めず、党幹部
 体調不調を理由に小選挙区不出馬を表明した自民党の橋本龍太郎元首相(68)に関連して、複数の自民党幹部が12日までに、今回の衆院選で純粋比例候補は認めない方針に「例外はない」と言明、橋本元首相は政界を引退するとの見通しを示した。
 橋本氏は11日、後援会幹部らに、次期衆院選に岡山4区から立候補しない意向を正式に表明したが、比例中国からの出馬については「県連に任せる」とし、要請があれば応じる考えを示唆していた。
 後援会は代わりに久美子夫人(63)の岡山4区からの出馬を強く要請、夫人も前向きな姿勢を示している。
 橋本氏は旧橋本派の1億円献金隠し事件発覚後、昨年7月の派閥総会で、派閥会長を辞任し同派を離脱するとともに、次期衆院選で「小選挙区では出ない」と言明していた。(共同)(産経)


残念なニュースも。
◆首相、15日参拝見送り意向 靖国神社問題 
 小泉純一郎首相は12日夕、終戦記念日と前後の靖国神社参拝を見送る意向を示した。記者団が官邸で、2002年4月に参拝した際に発表した「終戦記念日やその前後の参拝にこだわり、再び内外に不安や警戒を抱かせることは私の意に反するところだ」との所感について「思いは変わっていませんか」との質問したのに対し「変わりません」と明言した。(後略)(産経)

どうせ常任理事国入りも、もう難しいから参拝しちゃえば良いじゃない。と思うんだけどなぁ。
まあ、しょうがない気もするが、残念ですね。(理由こそ間違ってるが、一応森田実の予測は当たりか。)


そして、真っ只中で混乱を極める民主党。
◆ 【2005総選挙】民主、連合と一線 「改革」前面に 
自民反対派との連携否定

 連合(笹森清会長)に強力な支持を仰いできた民主党は十一日、衆院選で自民党の郵政民営化反対派の前議員を支援するという連合の方針に、同調しない立場を明確にした。郵政をめぐり民主党と連合の間の「ねじれ」が露呈した格好だが、岡田克也代表は昨年五月の就任以来、「労組頼み」の体質からの脱却を目指しており、連合との距離もそうした岡田戦略の延長線上にあるといえる。
 連合の笹森会長は十日の臨時中央執行委員会後の記者会見で、自民党の造反議員について、「良識をもち行動した人を放っておけない。選挙区事情を考え支援を検討したい」と述べ、民主党が候補を立てない空白区で、無所属で戦う前自民党候補の一部を支援する考えを示した。
 連合には、民主党が単独過半数に達しない場合、自民党反対派との連立で政権交代を実現させたいという思いがある。
 これに対し、岡田代表は十一日、記者団に「自民党のコップの中の争いに口を出すつもりはない。法案に反対した人たちと手を組むことはない」と言明し、連合の方針に同調しない考えを強調。同日の政権戦略委員会の会合でも、選挙中、選挙後も自民党の反対派とは連携しない方針を確認した。同委員会の枝野幸男事務局長は記者団に、「小泉純一郎首相を間にはさんで反対側の人と組むことはあり得ない。反対の理由は百八十度違う」と言い放った。
 民主党の空白区は約十選挙区程度にとどまる方向で、連合が自民党反対派候補を支援する選挙区は限定される見通しだが、民主党としては連合の方針には容易に乗れない事情がある。
 「郵政」を最大の争点にすえようとする自民党の戦略をかわすことに腐心する中、党内には「連合があえて郵政をクローズアップしようと動き出した」(中堅)という疑念が芽生えている。「連合に同調すれば、『改革つぶし』のイメージが強い自民党反対派を間接的に支持していると受け取られかねない」(幹部)との懸念が捨てきれない。
 しかし、党内からは郵政民営化への党の立場を明確にするよう求める声も漏れているのも事実。「党内の動揺を封じるため、連合と距離を置く姿勢をみせることで引き締めを図った」(中堅)との見方も出ている。
 民主党は、連合傘下で郵政民営化に反対する日本郵政公社労働組合(JPU)と全日本郵政労働組合(全郵政)から支持を仰いでいるが、同党幹部は「改革への抵抗勢力とみられがちな労組との関係を覆い隠すのも選挙戦略のひとつだ」と語る。労組依存体質の見直しを打ち出している岡田執行部には、連合との距離をあえて演出することで「改革政党」をアピールする思惑も見え隠れする。(産経)

もう、何がしたいんだか記事を1回読んだだけじゃわからない。
中はおろか、支持母体も交えてあーでもない、こーでもない。なんてやってる。これで改革なんかできるかどうか謎だよ。

そして、挙句の果てにオカラ君はテレビで、
猪瀬 : 小泉政権は公務員を削減して小さな政府を目指してます。
      岡田さんは大きな政府と小さな政府、どちらにしたいんですか?
岡田 : あ~~え~~ おお大きいとか小さいとかじゃなくて、第3の政府を目指します。
猪瀬 : (@_@;) ???????
 
最初ネタかと思ったら、ワイドスクランブルで本当だったらしい(ノ∀`)アチャー


既に存在自体が危うい社民党は・・・ 
◆国民を見ずして、改革なし 社民が衆院選スローガン
 社民党は11日の幹部会で、衆院選で掲げるスローガンを「国民を見ずして、改革なし。」と決めた。「国民不在で自己中心的な小泉純一郎首相の政治に対する反論の意味を込めた」(幹部)という。サブスローガンは「平和と暮らしが一番」。今後作製する選挙用のビラやパンフレットに明記する予定だ。
 福島瑞穂党首は同日、党本部で開いた全国幹事長会議で「国民主権を無視した小泉内閣に反対を言いたい。首相の構造改革の下で国民の暮らしは疲弊しきっている。社民党は国民の立場に立った真の改革を訴えていく」と強調した。(共同)(産経)

『総選挙で国民の声を聞く』と言っている相手に「国民を見ずして改革なし」「国民不在」「国民主権を無視した」

は?

もういいよ。まともな対抗表明さえできないなら、今度の選挙で消えちまえ!
(対して、共産党の公約は野党として。って、内容はともかく対抗表明としては良いと感じる。)
スポンサーサイト

テーマ:2005総選挙 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/34-489d87e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。