プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田興毅のこないだの試合に関する所見
非暴力平和主義者は人の殴り合いなんて見るに耐えないのでボクシングを始めプロレスやK1とか格闘技を見ません。

アクション映画なんかでも、終始銃撃戦というよりは、最後は必ずと言っても良いほど、汗や血、汚れにまみれてのガチンコ対決だし。ああいうの見ててあまり良く感じませんね。演出として生々しいのが良いのかもしれないけど、私は銃で手っ取り早くやって欲しいなぁ。スティーブン・セガールくらい鮮やかだとまた話は別ですけどね。

脱線しました。そして矛盾しました。
なので、当然おとといの試合も見てませんが、その後の流れを知ると相当酷かったみたいですね。

まあ、興味ない、試合見てない。と言っても、家が新聞でスポニチを取っているので試合前に亀田がキューピー人形送って挑発したら、相手におしゃぶりとオムツで返されて逆ギレしたとかは一面で報じられていたので知ってましたけどね。(この挑発の返し方は良かったなぁ。こういうの大好き。)

まあ、もといアンチ亀田のように亀田自身が好かないからより良く感じたのかもしれませんが。ボクシング関係無しにああいう人間は好かない。別に暴力的な人間が嫌だというわけでもないですが。現に「やしきたかじん」や「ビートたけし」の武勇伝とか好きだし。
まあ、しょせん亀田のはパフォーマンスだし、パフォーマンスだとしてもチンピラ。 あれでカッコいいとかキャーキャー言われてるのだから、世の中わからないものですね。

そもそもね、努力家だなんだ言われてますが、それは他のボクサーと比較して成り立つことでしょうに。それをTBSの密着取材とかで、亀田一家のみクローズアップされてるから、亀田は人一倍努力家だという風に見えるんじゃないの?(本当に努力家だったら、バラエティー番組に出る時間も惜しむと思いますがね。また、実際のボクサーって収入が少ないからバイトとしかして生計を立ててかなりつらい生活を送っているらしいですが、亀田の場合には父親がボクサー関係者なのとマスコミがスポンサーについてるのを考えると、あまり凄いとは思わないですけどね。)

と、また脱線。
今回のエントリーはあくまでおとといの試合に関してですね。

最初にも述べたように格闘技自体興味無いし、実際に試合を見てないので「あれは八百長くさい」とか言うつもりは無いし、つうか、それを述べるためのエントリーでもない。ってかむしろ「八百長でも面白ければいいんじゃね?」というタイプの人間なので八百長疑惑云々は本当にどうでもいい。

あの物言いからアンチも相当数いても、いやアンチがいることも含めての亀田の人気というのは、低迷しているボクシング界に救世主ともいえる存在だとか。

まあ、瞬間視聴率が50%超えるくらいだから、悪名だろうがなんだろうが、スポンサーのTBSや興行主にとっては問題ないのだろう。

しょせん興行。しょせん見世物。しょせん亀田はパフォーマーで、単なる客寄せパンダ。
今までだって世界ランク上げるために、かなり怪しい試合を行ってきたくらいなんだから、八百長だなんて何を今さらという気さえ起こる。

さて、八百長であっても、面白ければいいんじゃない?と言いましたが、逆に言えば「八百長であり、かつ面白くない」は相当問題だということ。

つまるところ、亀田の勝利に関して、会場に詰め掛けた人ですら「えー」なんて言っているくらいならば、これは見世物として失格だったということだ。

そもそも、亀田が人気があるのは亀田が勝利し続けているからじゃない。TBSの密着取材により、それが本物であれ演出であれ、その亀田一家に視聴者が触れることで共感が生まれ、人気があったわけだ。

それが、誰しもが負けだろうと思った展開の試合に判定勝ちという微妙な勝ち方をしたもんだから、当然荒れる。誰も亀田が勝つという「結果」のために応援しているのではなくて、その勝利を呼び込むための「過程」に共感して応援しているんだからさ。その辺りをTBSを始めとする黒幕は勘違いしていたみたいだな。

だから、「試合に勝って勝負に負ける」なんて言葉が良く似合う。

興行として、見世物として、国民的人気を得るという思惑からするならば、あの試合は負けておくべきだった。賢い稼ぎ方としては、「復讐に燃える男」として宣伝して、リベンジマッチでさらに荒稼ぎしておくべきだったな。

こりゃ、明らかにTBSや亀田一家の失策だ。
ただでさえアウトロー路線は綱渡り。成功している限りにおいては問題ないが、失敗した場合のリスクは大きい。

しかも、そのアウトロー路線にしても、中途半端で単なる「チンピラ」

本当にアウトロー気取るなら、「言いたい奴には言わせておけばいい」じゃなくて「こんな勝ち方で手に入れたベルトは汚名に過ぎないから返上する」くらいのことを言ってみろよ。
たとえパフォーマンスでもその方が見世物になるからさ!


追伸:
「八百長だという人はボクシングを知らない奴だ、たとえダウンし、その後フラフラでちょこちょこ手を出す程度でも、勝つことはある」と言う人(つうか、亀田興毅も言っていたが。)もいるけど、それについても、興行的にまずいといえる。

結局、見てくれる人が理不尽だと思うようなルールという時点で見世物として失格。

勝つために、姑息だが合法な手を使うというのはありだろう。(むしろ、俺なら絶対にそれをやる。)
だが、それで人気が得られるかといえば、それは別の話。

何にせよ、勝てば人気が上がると勘違いしたゆえの結果だろう。

TBが遅れないのでテスト
http://ameblo.jp/kanbe49/entry-10015437316.html
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

TBさせていただきました。

あの番組を一切見ていない、というのは、幸運なことですよ。
番組構成が悪すぎて(とにかく番組開始から試合までが長い)、八百長試合としても興行としても面白くない。

試合前、ずっと垂れ流し続ける、亀田一家のヒューマンストーリー、昔の写真や映像が出てくる出てくる。もう、他人の家のホームビデオやアルバムをみせてもらっているような感じ。
解説アナウンサーもただただ亀田選手を応援して、全く公平性はなし。

もう一度言います。
あの番組を一切見ていない、というのは、幸運なことですよ。

私はおかげで、人生の内で4番目ぐらいに入りそうなぐらい、無駄な時間を過ごしてしまいました。


【2006/08/05 13:47】 URL | 飲み屋。 #- [ 編集]


TBどうもです。こちらからも返させていただきました。

そういえば、本文には書きませんでしたが、TBSが「抗議の半分は、構成についての苦情です」なんて言い訳していたけど(半分だとしても、2万件だが。)、確かに他人の家のホームビデオやアルバムを延々と見せられても面白くも何ともないですね。(まあ、それが好きな人もいるだろうけど、あくまでメインはボクシングの試合ですからね。)

まあ、見なかった私は勝ち組と言うことで。。。
【2006/08/05 19:49】 URL | Eule@管理人 #lEPD.dko [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/341-6d22d589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

亀田興毅、世界王座決定戦は娯楽番組だろう。

TVやマスコミが用意周到に練り上げた番組「ライトフライ級王座決定戦」亀田ファミリーを前面に押し出し、親子の絆、父親への恩返しなどと一つのドラマを作り上げて来たマスコミ。先日行われた試合は亀田興毅が主人公であり、彼の為に作られた娯楽番組であった。試合の判定を プールサイドの人魚姫【2006/08/04 15:16】

亀田興毅のこないだの試合に関する所見

非暴力平和主義者の私は人の殴り合いなんて見るに耐えないのでボクシングを始めプロレスやK1とか格闘技を見ません。アクション映画なんかでも、終始銃撃戦というよりは、最後は必ずと言っても良いほど、汗や血、汚れに 飲み屋。は真夏の夜の女王になれるか?【2006/08/05 13:27】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。