プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで盧武鉉って大統領になれたんだろ?(それは反日ry
今日は雑多に韓国関連の時事が多かったのでまとめて。
■親日反民族行為者財産調査委員会、正式に発足  聯合ニュース

 親日派の財産を国に帰属させる政府機関「親日反民族行為者財産調査委員会」が18日、正式に発足した。大統領直属機関として4年期限で活動する同委員会は、親日反民族行為をしたとされる人物の財産を調べ国に帰属させるかどうかを決めるほか、日本人名義で残っている土地の調査や整理などを担当する。
 同日午後、ソウル市内の事務室が正式にオープンした。キム・チャングク委員長は「親日派の財産生産作業は、民族の正気を立て直し、社会正義を具現する意味を持つ」とあいさつした。
 親日反民族行為者とは、「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」に基づき、乙巳条約(第2次日韓協約)や韓日併合条約などにかかわったか独立運動家を殺傷するなど親日行為の度合いが重大だと委員会が決定した人物を指す。合計104人からなる委員会は、職権調査または国や自治体、裁判所からの依頼による調査を開始し、在職委員過半数の賛成で財産を国に帰属させるかどうかを決める。当事者が不服とする場合は異議の申し立てや行政審判と行政訴訟を起こすことができる。
 委員会は学界や民間団体の研究結果を積極的に活用し、調査が決まった財産の処分禁止仮処分を申請するほか、特別法施行後に第三者に財産を処分した場合は不当利益返還請求権を行使することなどを検討している。国に帰属された親日派の財産は、独立運動に献身した人の処遇改善などに優先的に使われる。


いわゆる親日派(=売国奴)の子孫の財産を没収して独立に貢献した子孫に分配するという、罪刑法定主義やら財産権やら近代国家としてあるまじき法律が今日、韓国で施行さたと。

人権とかに比べて軽く見られがちですが、財産権も近代における重要な権利なんですがね。野蛮人にはそれがわからんのです。

で、そもそも「ウリ達も北朝鮮に倣って歴史の総決算しなければならない!」と称してこの法律の作成を推進した盧武鉉大統領関連2つ。
■盧武鉉大統領 「ブッシュ大統領は私が好きなの」  東亜板

 盧武鉉大統領は13日、一部の言論社幹部との昼食会で米・日関係に対する見解を明らかにしたと言う。安保問題と関連し、盧大統領はブッシュ米大統領との対話に難しさをうちあけたが「個人的にブッシュ大統領は私が好きだ」と言う表現をしていると文化日報は伝えた。一方、アメリカは対北問題に対して極端的な考えを持っており言葉が通じないという要旨の発言もしたと伝えた。
しかし日本に対しては「存在しない脅威を作って目立たせている」と言う否定的見解を表したとも伝えた。
また盧大統領は「中国は北朝鮮の核兵器保有に対してあまり深刻に考えていないし、核兵器技術も高くないと見ている」と言う発言があったと報道した。

ソース:朝鮮日報


>個人的にブッシュ大統領は私が好きだ
(; ̄ Д ̄)・・・・・・・
あー なんて言ったけ?自分の願望と現実の境目がわからなくなるビョーキの名前。

■盧大統領「私が何を間違ったのか分からない」  中央日報

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は今月13日、マスコミ各社の幹部ら数人を青瓦台(チョンワデ、大統領府)に招いて「支持率で頭を悩まされたことがほぼないが最近は少し悩んでいる」と述べたもようだ。文化(ムンファ)日報が18日に報じた。
同紙によると盧大統領は「任期がほぼ終わりかけていて人々が言うことを聞かなくっているようだ」という趣旨の発言をした。レームダックについての負担感を吐露したのだ。また「支持率については悩まなかったが最近は悩んでいる」とし「私が何を間違ったのか分からない」と述べた。続いて「執権する間に発生した懸案は、成人向け娯楽室、商品券の問題だが、青瓦台が直接取り扱うべき性格のものではないと思う」とした。
そして金大中(キム・デジュン)前大統領の支持度を挙げ「それでも私のほうがさらによいのでは」と述べたもようだ。さらに「残った任期の間に改革政策を進めるのはむずかしく、以前進めていた政策を管理することだけ考えている」としたとのこと。北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の再開などについては「これ以上できることがない」とし「状況がさらに悪化しないように管理し次期政権に渡さざるを得ない」と述べたものとされる。
また北朝鮮について「頑固一徹」と表現したり「北朝鮮関連の情報が不足し合理的な判断が外れることも多い」と語った。一方、有事の際に備えた作戦計画「5029」については修正すべき、との立場を表明したもようだ。盧大統領は「作戦計画5029には、米国が北朝鮮に軍隊を進入させることになっている」とし「中国は鴨緑江(アムノッカン)まで米軍が接近するのを望んでいない」と述べたものとされる。
とりわけ盧大統領は「有事の際に米国と中国が韓国を外したまま北朝鮮問題を処理する恐れがある。有事の際に韓国が平和的に問題を処理できるようにすべき」と説明したとのこと。


(; ̄ Д ̄)・・・・・・・・・・・・

>支持率で頭を悩まされたことがほぼないが最近は少し悩んでいる
もっと悩めよ。
反日演説してれば支持率は落ちないと思ってたけど、最近日本を批難しても支持率が回復しないから心配になってきたってことか?
>任期がほぼ終わりかけていて
まだ1年半も残ってるだろ、あんた
>執権する間に発生した懸案は、成人向け娯楽室、商品券の問題
北朝鮮問題とか、主にウォン高による経済力低下とかetc・・・ 懸案事項ありすぎだと思うんですが
>北朝鮮関連の情報が不足し合理的な判断が外れることも多い
いや、絶対に情報不足だけじゃないと思うぞ
>有事の際に米国と中国が韓国を外したまま北朝鮮問題を処理する恐れがある
それ、自ら撒いた種でしょ



あー 大統領職を退いた後に逮捕されないことをせめて願う。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/351-85670b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。