プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火に魅入られた民族か
韓国で放火と性犯罪は国技! なんて揶揄され、ほぼ毎日のように放火犯罪のニュースが流れてましたが、その統計情報のニュース。
腹立ちまぎれの放火が急増~昨年は火災件数の10%  東亜板

 衝動的に火を付ける放火事件が著しく増加している。昨年発生した火災の10件中1件は放火であり、かなりの大部分が個人的・社会的な不満から腹立ちまぎれに火災を起こした場合であった。放火は大部分が全く予想ができない状況と場所で発生するので、蚕室考試院火災事件のように大型事故になる可能性がかなり高い。
(後略)

ソース:

target="_blank">NAVER/世界日報
放火って犯罪心理学では弱者の犯罪なんですけどね。(まあ、それ抜きに昔から言われていることだけど。)

損害を与えるにしろ、殺すにしろ、相手に対面せずに済むし、特別な知識もいらない。火なんて小学生でも扱えて、一度付いてしまえば、あとは勝手に大きくなっていくから、弱者でも使える。

だから、放火犯の多くは、子供、老人、女性、自信欠乏者

そして、放火の動機は、大きな炎を見ることで性的快感を覚えるという真性の放火魔で無い限りは、大体「腹いせ」が多い。おー 確かに、韓国で行われる放火の動機は「腹いせ」が多いじゃないか。


放火を「弱者の犯罪」という観点から見ると、その弱者の犯罪を行う比率が多いということは、それはつまり、、、
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/352-f21f2a7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。