プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇が航海を禁止したのは強制労働された朝鮮人保護の為ニダ
浮島丸は日本軍が故意に爆沈した~証拠を発見  東亜板

 光復の喜びを抱いて帰国していた549人の朝鮮人の命を奪い取った日本軍艦浮島丸の爆沈事件は、日本軍部が故意に起こした決定的な手がかりとなる日本軍の秘密文書を見つけたという主張が出されて注目を集めている。
 釜山外国語大学の金文吉(キム・ムンギル)教授は、日本の天皇が1945年の8月21に日本海軍指揮官に指示した命令書(天皇勅語)を記録した大海令52号の6項で、「8月24日午後6時以後偵察任務以外に航海を禁止する」と言う内容を捜し出したと23日に明らかにした。
 金教授はこの秘密文書は、太平洋戦争で勝利した米連合軍が強制動員された朝鮮人労動者達を保護する為に日本の天皇から各軍の指揮官に大海令を出して、別途の指示があるまで朝鮮人を帰国させないと言う天皇の命令を記録していた事により、浮島丸が故意に沈沒されたという証拠であると主張した。
 すなわち日本海軍の司令部が天皇の指示を無視し、青森県の大湊から朝鮮人の強制労動者達を乗せた浮島丸を出航させたのは計画的であると言うのである。
 金教授は、当時天皇の勅語を無視して船を出航する動きを怪しく思った一部の朝鮮人と日本人の基幹兵(上等兵)が、船に乗船しないと訴えて逃走したとしながら、これについて確認が出来る日本人の生存者の証言も押さえていると付け加えた。
 金教授はまた、浮島丸は玄海灘を渡り釜山港に行く直線航路を選択せずに、日本海軍基地が位置して海底に機雷が多く設置された舞鶴へ移動した事も、意図的爆沈を裏付けると主張した。
 今回発見された秘密文書は、日本の歴史研究の大学教授らが参加している財団法人・史料調査委員会が、1982年に日本の防衛庁文書室に保管されていた大海令を集めて作った編集本に含まれている物で、浮島丸殉難者追悼会の余江勝彦会長から渡してもらったと金教授は説明した。
 金教授は、「先月に資料収集で日本を訪問した際、史料調査委員として活動する余江勝彦会長が保管していた海軍司令部の秘密文書を見て、貴重だと判断して彼の了解を得て韓国に持ち帰った」と語った。
 浮島丸事件は日本に強制的に連れていかれた朝鮮人3千735人が、光復を迎えて帰国する為に1945年8月24日の午後5時、日本海軍の輸送船である浮島丸に乗って行く途中に船腹が京都近くの舞鶴湾で爆発、沈没しながら549人が死亡した事件である。

ソース:NAVER/連合ニュース


大海令は別に機密文書じゃないと思うが。
まあ、その大海令の文書を見つけて、ウリナラ論理展開が始まるわけだ。

天皇の命令で航行が禁止されていた文書発見
→これはGHQが朝鮮人労働者保護のために朝鮮人を故郷に帰らせないようにしていた証拠
→なのに浮島丸が出航した(=軍部が命令を無視して勝手に船を出した)
→命令を無視したのは朝鮮人労働者を殺すためだ

最初からしてもう無理がありすぎ。航行禁止したのは、朝鮮人保護のためって。。
よくわからんが、航行禁止したのは機雷の掃海が終わってないから、航行するなという命令じゃないのか?

ならば、機雷を避ければ問題ないと勝手に判断して出航させた。と見る方が自然だと思うけどね。(そして、何にしても、航行が禁止されていたわけだから、あえて直通航路は避けたと。)

無論、後半の掃海からは、全部私の予想ですが、少なくとも金教授の見解よりか、マシだと思いますけどね。
で、この浮島丸沈没に関して仮に日本軍の仕業だとすると、動機の面でいささか都合が会わない。
当時、船は非常に貴重だった。それを、朝鮮人労働者を殺すためになぜ、爆破しなければならないのか。

そもそも、何故、敗戦した日本軍が朝鮮人労働者を殺す必要があるんだよ。貴重な船舶犠牲にしてまで。それも、死亡者は3700人中500人だ。非効率すぎる。まして、乗組員にまで被害が出てる。何か何まで無駄すぎ。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/353-2f61c8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。