プロフィール

Eule

  • Author:Eule
  • ・小泉信者
    ・保守派?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

夕闇のトゼン草
多岐な話題に雑多に個人的な意見
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から、コリアン系は単発エントリーで。
◆「日本が独島を欲張る本当の理由」は日露戦争戦勝の自尊心 2ch 東ア+
 「日本が独島領有権を主張するのは、1905年露日戦争の戦勝が影響している」
 鬱陵島現地団体である「青い鬱陵(ウッルン)・独島を手入れする集い」が独島関連資料を集大成した「日本は死んでも分からない独島話88」というパンフレットを発刊して話題だ。
 この集まりの会長である李イェギュ(58)さんと運営委員である金ソンホ(38)さんは、この本で日本が独島を欲張る理由に対して変わった分析をしている。日本の独島領有権主張の本質を分かるためには、日本が独島を強奪した1905年の状況をよく知らなければならないと主張した。日本で海神として敬われている東郷平八郎提督が、ロシアバルチック艦隊を東海に迎えて、1905年5月28日午前10時30分頃降参を受けた場所が独島沖だったという。
 金さんは「独島は日本が露日戦争を勝利に導くのに、決定的役目を果たし、作戦範囲の核を成した戦争の終決地点だった」と分析した。すなわち独島は小国日本が、最高の強大国の一つだったロシアを打ち破って弱小国から強大国に飛躍した戦勝記念聖地と同時に民族の自尊心を象徴するというのだ。李さんは「日本が物質的価値より精神的価値を求めるため、欲望を捨てることができない。今年は露日戦争100周年だからもっと意味が大きいだろう」と言った。
 この外に、有名俳優が鬱陵島森林伐採権を持っていたという話、独島で行われたウサギ撲滅作戦などこれまでの独島を扱った本にはなかった内容と250点の独島写真など独島関連資料を集大成した。


>戦勝記念聖地と同時に民族の自尊心を象徴する
いかにも朝鮮人らしい考え方だなと。

致命的なのは日本人の大半はそんなこと思いも寄らないわけで。
(バルチック艦隊を破ったのも対馬沖と教えますし・・・・)


>独島で行われたウサギ撲滅作戦など
あの岩島にウサギ?
砂浜も無いのにアシカがたくさんいただの、
真水の確保もできないのに人が住んでただの、
それが返って、韓国の言う島は竹島じゃない。って証明してるのに、いつ気がつくんだろ。
スポンサーサイト

テーマ:日韓問題 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://quietmidnight.blog9.fc2.com/tb.php/36-187e0f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。